転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/04/19 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 面接対策をする > 転職の面接当日に辞退したい場合は?

転職の面接当日に辞退したい場合は?

電話で辞退連絡をしようとする男性面接日の当日に、他に受けていた企業で内定が出たり、入社意欲を失ったりして、応募企業を辞退したくなったらどうしたらいいのでしょうか。

面接を辞退する場合の、応募企業への連絡方法や伝え方をご説明します。

当日に辞退したい場合は、すぐに電話する

できるだけ早く、応募企業の採用担当者に面接辞退の旨を電話で伝えましょう。企業側は、面接のために時間を空けて待っています。また、面接の内容によっては、管理職や役員のスケジュールを押さえている可能性もあります。辞退の電話をかけるのは心苦しいかもしれませんが、一刻も早く連絡し、辞退の旨を伝えましょう。

なお、転職エージェント経由で面接調整を依頼し、採用担当者の連絡先が分からない場合は、転職エージェントに電話し辞退を伝えます。転職エージェントから企業の採用担当者へ、辞退の旨を伝えてもらえるでしょう。

辞退理由は何て伝える?

辞退の理由を聞かれた場合、基本的な姿勢として、「誠意をもって正直に」伝えましょう。企業の採用担当者は、当日に面接を辞退されて残念な気持ちになっています。お詫びの意も添えるようにしましょう。

辞退の伝え方例

「他社で内定が出ましたので、大変急ですが本日の面接を辞退させていただけませんでしょうか。ご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございません」
「当初は転職を考えていたのですが、転職活動を続けるうちに現在の会社でキャリアを磨いた方がいいと判断いたしました。当日のご連絡となりご迷惑をお掛けする形となりますが、入社する意思がないのに貴重なお時間をいただくのも大変心苦しく、申し訳ございませんが、辞退とさせていただけませんでしょうか。」

面接を受けてみると、気持ちが変わる場合も

やむを得ない事情があり、どうしても辞退したい場合はすぐに採用企業に連絡を入れるべきですが、「志望意欲が薄れた」「現職に気持ちが傾いている」など、気持ちの変化による辞退の場合は、念のため面接に行ってみることをお勧めします。それまで気がついていなかった企業の魅力を知ることができたり、採用担当者と話をしてみたら、想定外の提案をされたりと、自身の目で確認してみたら入社意欲が高まることはよくあるケースです。

後悔のない転職活動を行うためには、企業の採用担当者に「具体的な仕事内容」や「働く環境」などを確認する必要があります。辞退の連絡を入れる前に、本当に行かなくて良いのかを、もう一度考えてみることをお勧めします。

記事作成日:2019年3月26日 EDIT:リクナビNEXT編集部