転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/12/11 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職の準備をする > 5月は転職に向いている時期? 5月に転職活動するメリットとは

5月は転職に向いている時期? 5月に転職活動するメリットとは

年度が新しくなる4月に組織変更や異動などがあり、5月に転職活動を考え始める方も多いようです。

では、5月は転職活動を開始するのに適している時期なのでしょうか。5月の企業の採用活動の特徴や転職活動者の傾向、5月に転職活動をするときのメリットなどを「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーに聞きました。

アドバイザー

株式会社リクルートキャリア キャリアアドバイザー

金島 典子

理数科目を担当する塾講師を経て、リクルートキャリアに転職。現在、転職エージェントサービスを手掛ける「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、主にインターネット業界全般を担当。

年間の転職動向

転職活動の成功を左右する要因のひとつに、「企業の採用活動」と「求職者の動向」があります。企業が採用活動を活発化させている時期の方が求人は多く、転職活動のライバルでもある求職者が少ない方が選考の通過率は上がるからです。

一般的な企業の年間の採用動向は、「4月から採用計画に基づき採用活動を始め、上半期の採用結果によって下期(10月以降)の採用活動を見直す」という流れです。4月や10月の期初入社に向けて1~3月や7~9月に採用活動を強化する企業も多く、新卒採用と中途採用を同じ担当者が担っている企業は、4~5月は新卒採用に注力しているケースもあります。

一方、求職者が本格的に転職活動に動き始めるのは1~2月頃が一般的。これは、「冬のボーナスをもらってから辞めよう」と考える人や、年末年始の長期休暇中に自身のキャリアを見直して転職を考える人が多いためです。同様の背景から、8~9月も夏のボーナス後にあたり、夏休みの長期休暇中に転職を検討する人が増加する傾向にあります。

5月に転職活動をするメリットは?

5月に転職活動を始めるメリットをご紹介します。

企業側の事情

5月は企業が新卒採用に注力しているタイミングということもあり、中途採用が活発な時期ではありません。ただし、中途採用の場合は、継続して採用活動を行っている企業も多く、夏休みに入ってしまう前にある程度選考を進めておきたいと考える企業も少なくありません。

また、5月は今までになかった新たなポジションや、未経験可の案件が出やすい時期でもあります。4月に新しい体制や組織がスタートし、採用計画では想定していなかった人材を現場から求められたり、配置転換などで退職者が出て「欠員募集」が求められたりするためです。緊急度が高いポジションも多いので、気になる求人があればすぐに応募し、チャンスを逃さないようにしましょう。

求職者の動き

前述のとおり、一般的に8月から9月頃に転職活動を始める人が増える傾向があります。そのため、比較的求職者が少ない5月に転職活動を始めると、同じ企業に応募するライバルが少なく、書類選考にも通過しやすいというメリットが期待できます。

5月の転職活動のポイント

5月に転職活動を始める場合は、ゴールデンウィークの期間を有効に活用しましょう。企業のリサーチや履歴書の準備などを早めに済ませておけば、その後の活動がスムーズに進みます。夏休み明けに求職者が動き出す前に内定を得るイメージで、転職活動に臨むといいでしょう。

なお、転職するかどうか迷っている方は、5月のゴールデンウィークを利用して自身のキャリアを見直してみることをお勧めします。転職について考えることで、自分のやりたいことが見えてくるかもしれません。実際に転職活動してみると、応募先企業からのフィードバックから自身の市場価値をつかめたり、思わぬ可能性に気付けたりするというメリットもあります。このタイミングで、自身の思いに向き合ってみてはいかがでしょうか?

5月に入社したい場合は?

一方、5月に入社を希望している場合は、内定を3月頃に獲得するイメージで動く必要があります。この時期は年度末で企業の採用担当者も忙しいため、1月頃には転職活動を始めた方がいいでしょう。

すでに会社を辞めている方は、面接の日程を合わせやすく、内定が出て入社が決まったらすぐに働くことができるため、必ずしも1月ごろに転職活動を始める必要はありません。転職活動期間の目安は「応募から面接までに1~2週間程度」、「面接から内定までに2週間~1カ月程度」です。5月入社を希望しているのであれば、少なくとも3月の半ばごろから転職活動を始めるようにしましょう。

記事作成日:2019年3月29日 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる