転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 年収を聞かれたら、手取り額と総支給額のどちらを答えるべき?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

年収を聞かれたら、手取り額と総支給額のどちらを答えるべき?

面接で前職の年収をたずねられました。手取り額を答えるべきでしょうか。それとも総支給額を答えるべきでしょうか。

(T・Kさん、ほかからの質問)

総支給額を答えてください。

一般的に「年収」とは、社会保険料や源泉所得税、その他の控除(住民税や積立金など)が引かれる前の「総支給額」を指します。面接で年収を聞かれた際には、総支給額を答えてください。

面接担当者が年収を質問するのは、自社の給与規定に照らして、あなたの収入がどの程度変動するかを確かめることが目的。「手取り額」は控除される税金の税率が地域によって異なるうえ通勤交通費も含まれることから、自社の給与規定と比較しにくいのです。

ちなみに、源泉徴収票の「支給額」欄に書かれた金額が総支給額になります。どこの会社でも年末に源泉徴収票は必ず作成されています。自分の年収が正確にはわからないという人は、一度確認しておくといいでしょう。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)