女子1000人に聞いてみた!「最悪だった合コン」エピソード

f:id:itorikoitoriko:20150409174013j:plain

思わずドン引き…73%もの女子が「最悪な合コン」を経験!

 新年度のバタバタもひと段落した頃。新しい部署、新しい仕事…だけでなく、新しい恋にも出会いたいものですよね☆「新しい仲間たちと、合コンでも企てるか!」なんて意気込んでいる人もいるのでは?

 一度や二度の合コン経験をお持ちの人は多いと思いますが、女子の皆さん!振り返るとありますよね?「ああ、あの合コンはヒドかった…」という伝説の合コン。
 今回は、男性ビジネスパーソンのためにリクナビNEXTジャーナル編集部が一肌脱ぎましょう!同じ轍を踏むことがないよう、「女子がドン引きした合コン」をアンケートで洗い出してみました。

「社会人になってから合コンをしたことがある」と答えた女子1014人のうち、「最悪な合コンを経験したことがある」人はなんと73%。おお、結構いるものですね…。
皆さん、どんな最悪な合コンを経験したのでしょう!?

<話がつまらなすぎ>
「仕事の愚痴ばかりを言う男性陣で、聞き役でもげんなりした」(34歳)
「男性チーム全員がJ○の社員の人で、電車の話や線路の話ばかりだった」(34歳)
「相手側が慣れてなくて女性陣が話題をかなり振らないと全然話にならなかった」(25歳)
「意識高い系の男たちが多くて、朝活について熱く語っていたが興味ないのでつまらなかった」(33歳)

<女子への気配りが足りない…>
「料理のオーダーが体育会系で、がっつりしたもの過ぎて食べる気にならなかった」(27歳)
「男性のほうが人数が多く明らかに飲んでいたのに、飲み代をきっちり割り勘で、飲み屋にしては金額が高すぎるほど請求された」(27歳)
「1円単位まで割り勘しようとする男性陣に引いた」(35歳)
「勝手に強いお酒を飲んで、勝手に男性陣だけ潰れた」(27歳)

<その態度は失礼では!?>
「みんなスマホをいじっていた」(26歳)
「店員さんに対しての態度が悪い。同じ会社の人を見下した発言」(34歳)
「女性陣の一人にだけ人気が集中。引き立て役が辛かった」(30歳)
「一次会男性陣が支払ってくれたけど、もちゃもちゃしていたので女子だけで二次会に行ったら、さっき貸したお金返してとカラオケまで取りに来た…。最悪」(33歳)

<下ネタにドン引き>
「男性陣が合コン慣れしている感じで、途中から下ネタばかりで面白くなかった」(33歳)
「とにかく持ち帰ることしか考えてない男性陣。会話も下ネタばかりで最悪だった」(32歳)
「初対面なのにべたべたと体に触れてきたり、自己紹介から下ネタトーク」(35歳)

<そもそも対象外>
「一人だけ歳が10歳近く上で、かなりやる気満々で、その時点で引いた。後日、遊びましょうと言われたが、彼氏もいたので断った。しかしその後、女の子全員に遊ぼうと声をかけていることが発覚、誰でも良かったらしいということが判明」(31歳)
「男性が4人中3人既婚者で、そのことを秘密にして参加していた」(33歳)
「男性陣の中に、先輩の旦那さんがいて、本人はバレていないと思って、独身と偽り、女の子を口説いていた」(35歳)

f:id:itorikoitoriko:20150409174014j:plain

 下ネタも含め、男子側が女子の気持ちそっちのけで自分たちだけで盛り上がってしまったり、女子との会話を楽しもうとする雰囲気がない点に対するコメントが多いようですね。

「割り勘」に関しては男子にも言い分はあるかもしれませんが、女子が「残念」と思ってしまっているのは事実のようです。せめて男子のほうが多く飲んだり食べたりした場合は、会計の際に多少なりとも配慮してあげたいものですね。

話を盛り上げ、引き出す…「気配り上手」が合コンを制す!

 では、逆に「参加してよかった!と思った合コン」を聞いてみたところ、以下のような声が上がりました。

<よかった合コンエピソード>
「ガツガツした感じがなく、楽しくお酒を飲もうという雰囲気で、居心地が良かった」(30歳)
「普段接点のないタイプの職業の人との合コンで、その仕事ならではの話を聞けて面白かった(33歳)
「明るく楽しく話してくれるメンバーで、ノリもいい」(26歳)
「男性がリードして場を盛り上げてくれて、飲み代も出してくれた。付き合ってはいないが、友達として遊ぶメンバーになった」(32歳)
「自分たちの話ばかりするのではなく、女性の話に耳を傾け、盛り上げてくれた」(31歳)

f:id:itorikoitoriko:20150409174015j:plain

 見事に「最悪だった合コン」の傾向とは逆の結果が出ましたね(笑)。男子側が意識して盛り上げてくれたり、女子の話を引き出してくれると、初対面でも安心して、肩の力を抜いて話せるようです。

 また、「知らない話をしてくれたのが面白かった」との意見もポイント。「最悪」エピソードでは、「男子側しかわからない話ばかりで盛り上がっていてつまらなかった」との声が目立ちましたが、部外者でもわかるように説明しながら話してくれると、「新たな知識につながった」「視野が広がった」とプラスに感じてくれるようです。

 つまりは、合コンでモノを言うのは「気配り」ということ。男子の皆さんは「どうせ女子は、顔や年収でオトコを判断しているんだろっ!?」などと思っているかもしれませんが、「よかった合コンエピソード」を参考に女子への気配りを徹底すれば、モテ男子になれるかも!次の合コンからぜひ、どうすれば女子に楽しんでもらえるか考えつつ、会話を引き出し話を盛り上げてみてください。

…って、あれ?これってビジネスでも同じなのでは?そういえば、こんなコメントもありました。
「合コンには一度しか行ったことはありませんが、お相手は営業職の方だったのでとても気遣いが上手で終始会話も楽しく盛り上がり、気持ちのいい合コンでした」(34歳)

 合コンを制する者は、仕事も制する、のかもしれませんよ?!

【アンケート概要】
インターネットリサーチにより、全国の20代、30代の女性ビジネスパーソンで「社会人になってから合コンに参加したことがある」と回答した1014名にアンケート。調査期間2015年3月20日~23日。

EDIT&WRITING:伊藤理子

【あわせて読みたい】

Pagetop