着回し力バツグン!夏に使える!羽織ものアイテム&オフィスコーデ【3選】

夏は「室外の暑さ」と「室内の冷房」で寒暖差が激しく、温度調整が難しい季節。その対応策として黒やグレーといった「定番色カーディガン」をオフィスに置いたままにしている方も多いのでは?

一見便利ですが、いつも同じような格好になってしまうのは悩ましいですよね。
今回は、寒暖差に対応できるコーディネートをご紹介!置きっぱなしにしがちな、「定番色カーディガン」以外の「羽織ものアイテム」をぜひチェックしてみてください。

1.爽やかなホワイトコーデに水色のロングカーディガンでアクセントを


pants…andme
shirt… ZARA
bag… ZARA
pumps…GU

ホワイトコーデはどんなコーデにも負けない夏らしい爽やかさを演出できます。シンプルになりすぎないように、大きめのピアスとシルバーのパンプス、濃いめのリップでポイントを♪

【+α】cardigan… Tomorrowland

濃い色のカーディガンは夏らしくなく、重たく見えてしまいがち。ロングカーディガンならばなおさらです。そんなときは、パステルカラーのカーディガンを肩からかけて軽やかにしてみましょう。
「定番」とは異なる、ロングカーディガンやパステルカラーのアイテムは、コーディネートが難しいように感じるかもしれませんが、実はたった1枚持っていれば、夏らしさが演出しやく大変優秀なんです♪

2.ブラックコーデにはシャツを羽織ってマニッシュな雰囲気をキープ

pants…andme
tops…basement_onlie
bag…FENDI
pumps…GU

1つ目のコーデとは打って変わってブラックコーデ。引き締まって見えるので、細見え効果も期待できます。鎖骨が出るトップスはキリっとした印象を和らげ、女性らしい印象にしてくれます。

【+α】shirt… ZARA

全身黒のクールなコーデには、雰囲気を崩さぬよう、水色のシャツを合わせました。手首を少し出すと、シャツを独特のかっちりした重たさを軽減でき、爽やかなコーディネートになります。シルバーのパンプスで、さらに涼しげに。

3. 水色ストライプシャツ×ネイビーカーディガンでこなれモードに


pants…GU
shirt…ZARA
bag…FENDI
pumps…GU

【+α】cardigan…UNIQLO

水色とネイビーの配色は、鉄板の組み合わせ。カーディガンは袖を通さなくても、肩から羽織って首元を覆うだけでも冷房除けになりますよ。こなれたコーディネートにも見え、おすすめのカーディガン活用術です♪

 

いかがでしたか? 忙しい中、コーディネートと併せて、寒暖にまで気を配るのは大変です。今回ご紹介したコーディネートを応用して、羽織りの選び方や着こなしを楽しめるといいですね。

【写真・執筆:by.acoand】

小学生の子供を持つ30代ママ。
仕事は企業の受付をしています。読者モデルやサロンモデルとしても活動中。カジュアルなカラーコーデが得意。年齢相応の美しさ、可愛さを大切にしています。

Instagram:https://www.instagram.com/by.acoand/

Pagetop