リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

注目の企業

5月の京を彩る「葵祭」の見どころ徹底解剖&魅力度2位の京都・観光の最新事情に迫る!

5/15は京都「葵祭」!観光地ランキングで常に上位に支持される京都の魅力に迫る。

【予約殺到!「ななつ星in九州」】客が熱狂するクルーズトレインの魅力とその経済効果に迫る!

大人気のクルーズトレイン「ななつ星in九州」。高額な料金にもかかわらず、定員に対してなんと約20倍もの申し込みが!その魅力の理由に迫る!

脳の研究にビジネスチャンス! 瞬時にやる気が出る「やる気スイッチ」は作れるか!?

パチン! とスイッチを押す気軽さで、瞬時にやる気が出てくればどんなにいいことでしょう。21世紀は脳の時代です。脳科学に基づいて開「やる気スイッチ」を作ることが可能なのか、少し考えてみました。

クールビズの普及にはなんと30年!?成功の秘訣を探る

企業によっては、5月からOKになることもある「クールビズ」。最近ではかなり認知されていますが、普及にはなんと30年もかかったそうです。一体なぜなんでしょうか?

5月1日は休みじゃないけど「メーデー」だ! で、「メーデー」って何の日?

皆さんは「メーデー」を知ってますか?聞いたことはあるけど…いまいちよくわからない…という方、ぜひ読んでみてください。

現役CAがニコ動降臨で31万再生!JALが「ニコニコ超会議2015」に全力協賛した背景とは?

4月25日、4月26日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2015」。協賛・出展・協力企業も年々増加を続け、4回目となる今回は約70社がブースを出展した。その中でも、飛行機をバックに初音ミクのオリジナル曲「39」を現役客室乗務員(CA)が踊る動画をニコ…

想定市場規模は2兆円以上!? マイナンバーで変わるビジネス未来予想

CMなどで最近何かと話題のマイナンバー制度。「そもそもマイナンバーって何よ?」いまさら聞けいないマイナンバーの基本から、想定市場規模2兆円以上とも言われるビジネス未来予想まで紹介します!

空飛ぶ店員?“ドローン”が靴を運ぶ「空中ストア」

昨年末のNHK『紅白歌合戦』で、Perfumeの舞台を賑わせた“ドローン”。これを使ったクロックスのシューズイベントに密着。イベントの企画者にその発想について伺います。

80パーセント以上の花粉を落とす!?AOKIが開発した高機能スーツ

桜がようやく開花して、いよいよお花見シーズンに突入!しかし、花粉症をお持ちの方は、まだまだ油断できない季節。目はかゆいし、鼻はグズグズ、喉はガラガラで、花粉症の症状が気になって花見どころではないという方も多いのではないだろうか。ビジネスシ…

【世界で勝てる“日本発ネットサービス”を作る!】外資アパレル副社長から「スマートニュース」に飛び込んだマーケティングディレクターの「戦略と勝算」

日米1000万ダウンロードを突破した「SmartNews」。米アパレルブランド「ディッキーズ」日本法人副社長という立場から転職してきたマーケティングディレクターの松岡洋平さんに、戦略や今後の見通しを聞いた。

音楽ファンドから、地場産業、震災復興ファンドまで――ミュージックセキュリティーズが目指すもの

マイクロ(小口)ファンド運営会社のミュージックセキュリティーズ。音楽ファンドから、地場産業の支援・再生、被災地応援へとファンド対象を広げている。代表取締役の小松真実さんにその理由や想いを聞いた。

日本人は日本の本当の良さに気付いていない?多国籍なメンバーで作る外国人観光客向けサービス

2020年の東京オリンピック開催へ向けて、外国人旅行客を獲得すべくさまざまなサービスが生まれつつある。しかし、実態は外国人旅行客のニーズとは合致しないことも多く、日本人が当たり前と感じている何気ない文化にこそ、ビジネスチャンスが隠されているケ…

【この美しさ、解けますか】 スマホ製造装置で世界展開する町工場が、なぜ「数楽アート」を生み出したのか?

100年続く町工場で、「世界のOHASHI」と称される大橋製作所。同社が作った数式をステンレス製の立体構造で表現した「数楽アート」がテレビ番組などで取り上げられ話題に!町工場が、なぜ数学?なぜアート?その真意を伺った。

【連載・“最高の授業”を世界の果てに 3】アクションは熱いうちに

The end of life is not knowledge but action. ―人生の最大の目的は、知識ではなく、行動だ。 映像授業によるe-ラーニングを新興国で実践。19歳でノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士に認められ、バングラディシュ・グラミン銀行グループの研究ラボ…

【連載・“最高の授業”を世界の果てに 2】真のパートナーは見つけるのではなく、“なっていく”

“ICTの力を駆使して、途上国の都心部と農村部における教育格差を壊し、若者に希望の光をともす”。映像授業によるe-ラーニングをバングラデシュ農村部で実践し、「バングラの東大」といわれるダッカ大学をはじめ、多くの合格者を輩出したe-Educationプロジェ…

【連載・“最高の授業”を世界の果てに 1】“ドラゴン桜”を五大陸で実現した現役早大生

落ちこぼれの高校生が、東京大学合格を目指す人気漫画『ドラゴン桜』。有能な予備校講師の授業を、DVDを通じて全国で受講できる『東進ハイスクール』。この2つの教育モデルをヒントに、途上国の農村部で、国内随一のカリスマ教師によるDVD授業を展開。2010年…

「おカネはあるが、明日はわからない」時代に何が売れる!?商品ジャーナリストが語る「2015年ヒット商品」の条件

ヒット商品は世の中のトレンドを映し出している。ヒット商品からビジネスのトレンドを読んだり、アイディアを生み出す視点を学ぶこともできそうだ。元『日経トレンディ』編集長で、現在は商品ジャーナリストとして活躍する北村森さんに、2015年の動きを予測…

「美術の根源は多様性、だから最初から限度なんてつくらなかった」~大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ・北川フラム氏インタビュー

「面倒臭くて手間がかかって生産性がないものほど“つなぐ力”がある」。3年に1度の世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」のアートディレクター、北川フラム氏インタビュー。

【隠れたトップシェア企業の経営者】傘の神様と呼ばれた男

傘の神様と呼ばれる男がいる。国内の「傘」トップシェアを誇る洋傘メーカー、株式会社シューズセレクションを率いる、林秀信氏だ。「すべてのアイディアを1人で生み出している」という彼の傘にかける情熱について伺った。

【あの有名企業の異分野進出】音響メーカーのオーディオテクニカが「寿司」で成功した理由

オーディオ周辺機器メーカーとして知られるオーディオテクニカが、「寿司ロボット」を手掛けていることをご存じだろうか?一体いつ、どんなキッカケで、全くの異分野である「寿司」に進出したのだろうか?

【藤田晋氏×兼元謙任氏×石渡美奈氏】トップ経営者が説く「失敗力の身につけ方」~組織編~

「失敗力」にフォーカスし、著名なビジネスリーダーを招いて、起業と経営のヒントを共有した、一般社団法人新経済連盟による『失敗力カンファレンス』。組織の失敗力の身につけ方について。

【墨田区の町工場から世界へ!】 リーマン危機で窮地に追い込まれたバネ工場が「コラボ」に活路。 「てのひらトング」誕生秘話

東京都墨田区の小さな町工場。そこで生み出された「てのひらトング」はリーマンショックによる会社の危機を救った。その誕生までの苦難の道のりを、笠原スプリング製作所笠原克之代表に伺った。

【手帳評論家に聞く!】スマホとの使い分けは?綴じ型・システム型?手帳スキルを上げる「選択術」

これから2015年の手帳を探すあなたのために、手帳活用のコツを知り尽くした「手帳評論家」に、2回に分けて選び方のポイントを教えてもらいましょう。第2回は「選択術」編!

【藤田晋氏×兼元謙任氏×石渡美奈氏】トップ経営者が説く「失敗力の身につけ方」~個人編~

「失敗力」にフォーカスし、著名なビジネスリーダーを招いて、起業と経営のヒントを共有した、一般社団法人新経済連盟による『失敗力カンファレンス』。個人の失敗力の身につけ方について。

【手帳評論家オススメ】職種別・2015年「手帳」の選び方

これから2015年の手帳を探すあなたのために、手帳活用のコツを知り尽くした「手帳評論家」に、2回に分けて選び方のポイントを教えてもらいましょう。第1回は、職種別のオススメ手帳!

【キーワードは“大家族”】国際結婚カップルが提案する“子育てもシェア”オフィスの中身がスゴイ

元新聞記者と元NHKWorld記者の国際結婚カップルが手がけた、独創的なシェアハウスとシェアオフィス『Ryozan Park』を紹介。

【ワンコインで送迎託児!】時間自由・子連れOK・出勤不要のママ企業が“頼り合い”で急成長

昔ながらの“頼り合い子育て”を今の時代に合わせて、より安心に、便利に実現させよう。そんな声に賛同し、子育て中の母親たちが次々と参画しているリアルとネットを融合した子育て支援ビジネスが盛り上がっている。 2009年創業の株式会社AsMamaは、子育てを応…

給与の7割が外食費、イタリアンのために山形まで遠征…実名グルメサービス「Retty」社員の「振り切ったユーザー目線」

実名グルメサービス「Retty」の社員は、「社員全員、外食が趣味」であり、「その頻度が尋常じゃない」らしい。どれほど「食」の世界に没頭しているのか?武田和也社長に突撃取材したところ、スゴい特徴が見えてきた!

【東京で林業?】街のオフィスに、東京の「森」を届けたい

「東京で林業をやることに意味があるんです」そう語るのは、株式会社トビムシ代表竹本吉輝さん。地域再生を目指して当地の林業を支援などを事業としている。東京で林業をやる彼の真意とは一体?

【わるなら、ハイサワー♪】タモリさんも絶賛!博水社・田中秀子社長の“大人・楽しい”脇役道(後編)

「わるなら、ハイサワー」のテレビCMソングでおなじみの割材『ハイサワー』。1980年に発売された「ハイサワー レモン」以外にも、「ハイサワー グレープフルーツ」「ハイサワー 青りんご」「ハイサワーハイッピー」などさまざまな商品が売られている。これら…

【わるなら、ハイサワー♪】タモリさんも絶賛!博水社・田中秀子社長の“大人・楽しい”脇役道(前編)

「わるなら、ハイサワー」のテレビCMソングでおなじみの割材『ハイサワー』。シチリア産レモンを約30%しか搾らない贅沢な“真んなか搾り果汁”とピチピチ強炭酸入りの、お酒を割るための炭酸飲料だ。 アルコールといえば、日本酒やビール、ウイスキーしかなか…

【ママも「ひとりの大人の女性」】子を持つ母親だからこそ生まれたビジネスモデル3選

『横浜ウーマンビジネスフェスタ2014』の参加者の中から、女性視点や母親視点を上手に活かしたビジネスモデルを3つご紹介。

上場企業を“萌えキャラ”に!「IRroid」の登場で投資家人口は増えるのか!?

「萌えキャラクター」が、上場企業のIR情報を発信するという新しいWebサービス「IRroid」。運営主である金融情報サービス会社のQUICKに、このようなな「振り切った」サービスを始めた理由を聞いた。

【BMW・ダイエー・日産の元経営者】林文子横浜市長「“寄り添う感性”や“受容力”は女性の強み」

横浜市で11月9日(日)、第2回『横浜ウーマンビジネスフェスタ2014』が開催。ファーレン東京、BMW、ダイエー、日産の元経営者、横浜市長が女性視点の強みについて語った。

【聖徳太子の命で創業】世界最古の会社・金剛組の倒産危機を救った国宝級の匠技となにわ節

世界最古の企業、金剛組の創業は1西暦578年までさかのぼる。聖徳太子の命を受けた金剛重光が、四天王寺を建設。戦乱、飢饉、当主の自殺、倒産の危機など、数々の試練を経て、いまなお続く1436年の歴史。その謎に迫る。

【墨田区の町工場から世界へ!】成田国際空港でヒット中、1足6200円の「ニット製ルームシューズ」誕生秘話

ポロシャツの衿や袖などに使われる「リブニット」を手がけて60余年の小高莫大小工業(こだかめりやすこうぎょう)株式会社。2005年に代表就任した3代目の小高集さんは「下請けからオリジナルブランドの直販へ」をテーマに第二創業を目指した。終わりの見え…

【5km以内に豚禁止?】1000兆円の巨大市場へ挑戦!日本企業がイスラムビジネスで成功するには

2030年には1000兆円に達すると言われているハラル市場。ヤクルトやキューピーなど、多くの日本企業が進出するハラルビジネスの実情レポート。

【伊藤穰一氏×牧野正幸氏 “未来のIT”対談】文系理系に分けるのはNG!日本の教育に物申す

MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏とワークスアプリケーションズ社代表取締役CEOの牧野正幸氏が、日本の教育問題や人材育成について語った。

【1着15万円のオーダーメイド・セーターが即完売!】全国から注目を集める編み物会社、気仙沼ニッティングの魅力とは?

気仙沼ニッティング代表、御手洗瑞子さんのインタビュー。

【水で発電できる電池】東日本大震災の教訓を活かした、紙製容器の非常用電池「マグボックス」誕生秘話

海水や水を入れるだけで発電できると話題になった非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」。その誕生秘話をインタビューした。

【東大卒エリート記者が指折りの日本酒蔵元に】「米も酵母も秋田産」「添加物一切ナシ」の酒造りに込めた美学~新政酒造・佐藤祐輔氏~

押しも押されぬ人気酒“新生・新政”。蔵を継ぐ気など毛頭なかったという佐藤祐輔社長の転職のきっかけと仕事への原動力とは?

【東北の新たな観光事業】100棟100色の美しすぎるツリーハウスづくり!気分はトム・ソーヤ?

夢のようなツリーハウスを東北に100棟作り、そこにある豊かな自然、文化、産業を活かしながら観光客を誘致し、観光事業の振興を図ろうとするプロジェクトを進行中の一般財団法人「東北ツリーハウス観光協会」事務局長・斉藤道有さんにインタビュー。

「お化け屋敷プロデューサー」五味弘文氏の仕事のこだわりとは?

お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さんに、どんな仕事なのか、なぜこの道を選んだのかインタビューした。

【メイドインジャパンの品位】倒産寸前の藍染絣工場から世界トップクラスのデニムメーカーに

国産デニム生地のパイオニアとして業界トップシェアを誇る「カイハラデニム」取材記事

【アントレプレナー×グローバル】巻き込まれたもの勝ち!ビジネスリーダーが説く学生イベント

ビジネスリーダーと学生たちが気軽に交流を持てるイベントSTUDENTxMeet Upレポート

【トレンドハンターの目】”世界のお母さんを裏切れない”開発者の気持ちを込めた「世界のKicthenから」

人気清涼飲料水のシリーズ「世界のKitchenから」開発者にインタビュー!

失敗談こそ大いに話せ!日本初上陸の失敗自慢カンファレンス『FailCon』は定着するのか?

6月18日(水)に行われた失敗談をテーマにした起業家カンファレンス『FailCon』レポート

【ぼくらのプロポーズ大作戦!】婚約成立続出!ザ・リッツ・カールトン大阪の裏ドラマ

ザ・リッツ・カールトン大阪のプロポーズプランをご紹介。

深夜営業、お酒も飲める“森の図書室”が渋谷に登場。その「仕掛け人」とは?

7月1日、渋谷に「図書室」が誕生。オーナー森俊介さんは大手企業を退職し、クラウドファンディングで資金を集めた。なぜ、今、図書室なのか。想いを聞いた。

【縁と運をつなぐ】縁を紡ぎだすモノづくりで世界進出した兄弟

世界の有名店で扱われる日本のバッグブランド「コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ」は、国内よりも先に、海外の目利きとの出会いによって大きく飛躍。デザイナー・岩永大介さんにお話を伺いました。