リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

育児、仕事、ボクシング。三足のわらじを履く“戦うシングルマザー”「勝って、娘をリングに上げたい!」――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論

プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。

f:id:k_kushida:20171017193353j:plain

吉田実代(よしだ・みよ)

EBISU K's BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。

これまでのすべてが報われた勝利

──先日の高野人母美選手とのタイトルマッチでの勝利、おめでとうございます。リングアナウンサーから「勝者、吉田!」とコールされた瞬間、顔をくしゃくしゃにして号泣していたのが印象的でした。

もう涙が自然と溢れて止まらなくて(笑)。しばらくずっと泣いてましたね。みんなに「おまえ、どんだけ泣くんだ」って言われたんですが、泣くことしかできなかったですね。

──どんな気持ちだったのですか?

これまでやってきたことが全部報われたなという思いです。10年前、ハワイに行って初めて格闘技を始めた時のことから、帰国して始めたキックボクシング、総合格闘技でのプロデビュー、また立ち技に戻って絶頂期のタイミングでのボクシングへの転向。さあこれからボクシングでチャンピオンを目指すぞという時の結婚、妊娠、離婚、引退決意、復帰など、これまでの格闘技人生、よかったことも悪かったことも、成功も失敗もいろんなことがあったけど、全部ひっくるめて、報われた気がしました。ああ、これまで頑張ってきてよかったと。

ジムの会長や周りの皆さんにこれまでさんざん迷惑をかけてきたので今回チャンピオンになれたことでちょっとだけ恩返しできたかなと。ほっとしました。

f:id:k_kushida:20171017193440j:plain

▲試合後、愛娘の実衣菜ちゃん(2歳)をリングに上げ、喜びを噛みしめた吉田選手

──試合の2日前にインタビューさせていただいた時、勝って娘さんをリングに上げたいと言っていたので、それが現実になったシーンを見てこちらも胸が熱くなりました。

そのインタビューに答えることでこれまでのことを思い出して、改めて絶対勝たなきゃと気合いが入ったのでよかったです(笑)。

これまで、娘はまだ小さいし泣いたりするといけないので試合会場には連れて来ずに、東京ドームホテルの託児所に預けていたんですが、今回のタイトルマッチは勝って娘をリングの上に上げたいと思って、ジムの会員さんに連れてきてもらいました。それもあってますます勝たないといけないと思っていただけに、勝ててよかったです。

プレッシャーを闘志に変えて

──試合にはどんな思いで臨んだのですか? 緊張やプレッシャーはありましたか?

計量の直後くらいまではすごいプレッシャーで緊張して、不安もすごく感じていました。ボクシングの歴史に残る戦いだし、大勢の人の期待も背負っていたし、自分でも人生で最後のチャンスだと思っていたし、負けたらこれまで私を支えてくれて応援してくれたみんなをがっかりさせちゃうと思っていたので。

今回新設されたバンタム級のベルトも女子プロボクシング界のスターである(対戦相手の)高野選手のために用意されたような雰囲気になっていたので、私なんかじゃベルトを巻くのは無理なのかなと弱気になったりもしました。

でも発想の転換で、この女子バンタム級初代タイトルマッチという歴史的なタイミングで、しかも相手は前々からマスコミが大々的に取り上げ、知名度抜群の高野選手。だからこそ普通の選手と戦うより、俄然注目度もアップします。ここまで好条件が揃う舞台に上がれるのって一生に一度あるかないか。しかもこれで勝ったら全部引っくり返せる。だから、これは私にいい流れが来てると解釈して、私の人生最大のチャンスはここしかない、この一戦にすべてを賭けようと覚悟を決めたわけです。

それと、私は元々不安やプレッシャーを感じた時は、それを打ち消すためにものすごく練習するタイプなので、今回もそうしました。だから後楽園ホールに入る頃は、もう試合で勝つためにやれることは全部やりきったという思いがあったので、リラックスして、もう後はやってやるぞ! という気持ちになれたんです。トレーナーも「あれだけ練習したんだから後は楽しんでおいで。とにかく今まで練習してきたことを全部出し切ろう。そうしたら必ず勝てる。それで負けたらしょうがない。高野選手が強かっただけの話だから」と言ってくれました。

f:id:k_kushida:20171017193520j:plain

▲高野選手(右)との身長差、リーチ差を物ともせず、試合で終始攻め続けた吉田選手(左)

ちょっとピリっとしたのはバンテージ巻いた時だけかな。後は控室でも会長たちとはははって笑ってウォーミングアップも気持ちよくわーってやって入場も全然緊張しませんでした。

入場してリングに上がってゴングが鳴る前、会長が「やっとここまで来たね。絶対ベルト取るんだよ。勝って実衣菜(娘)をリングに上げるんだよ」と言ってくれたことで、そうだ、実衣菜を上げるんだ、ここで負けちゃダメだと思ってわーってテンション上がりましたよね。毎回、試合直前の会長の言葉はすごく心に響くんです。

──チャンピオンベルトを巻いた時の気持ちは?

最初の印象は「あ、ベルトだ、かわいい、すごいな」みたいな感じです(笑)。当日は全然実感がなくて。試合後の記者会見の時も、ベルトなんて意識してなかったです。とにかく勝つことしか考えてなかったので、このベルトは私のものだという感覚がなかったから。

本当にベルトを獲ったんだという実感がもてたのは翌日の朝です。帰宅して、枕元に置いて寝たんですが、翌朝起きてはっとベルトを見て「夢じゃない!」みたいな(笑)。それが一番うれしかった瞬間ですね。「夢じゃない!」ってトレーナーにLINEしたら、「おまえ顔腫れてるだろ? 夢じゃないから」って(笑)。どこかで、起きたらもう一回試合前だったらどうしようって思ってて。やっぱりそのくらい追い込まれてたんでしょうね。プレッシャーで。

f:id:k_kushida:20171017193623j:plain

▲ジムの皆さんと。写真右端が会長の加山利治氏

──今回のタイトルマッチは新設された女子バンタム級王者を決める戦いで、それに勝ったことで女子ボクシングの歴史の新たな1ページに名を刻んだことになるわけですが、その初代王者になったことについてはいかがですか?

背筋がピンと伸びる思いですね。まさに今後もボクシングの歴史にずっと私の名前が残るわけなので、それに見合う人間にならないといけないなと思いました。プロボクサーとしてもっと強くなることはもちろん、人としてもさすがチャンピオンだねって言われるような人間にならないといけないなと。そのために、一(いち)ボクサーとしてだけではなく、初代チャンピオンとしてもっと自覚をもって行動しなきゃなと気が引き締まりました。

好きなことで生きていくために

──国内のプロボクシングの世界ではチャンピオンクラスでもファイトマネーだけではとても生活できないと聞きますが生活するためのお金はどうしているんですか?

そうですね。ファイトマネーだけでは親子2人、とても暮らしていけません。でも、今回は初代チャンピオンになって歴史に名を残せたことの方が重要ですね。そのおかげで知名度も上がって取材も増えたので、それが後々収入につながって行くと思うので、お金はどうでもよくなりました。

収入に関しては、ボクシング関係では、自分の試合のチケットを売ってジムからいただく何%かのキックバックと、スポンサーさんからいただくスポンサー料です。メインの収入源は、フリーのインストラクターとしてボクシングやキックボクシングを教える仕事です。

ボクシングに転向する前、総合格闘技やキックボクシング、シュートボクシングをやってた時代もプロとはいいつつファイトマネーだけではなかなか食べていけなかったので、喫茶店、バー、引っ越し屋、整体師などいろんなアルバイトをしました。アルバイトって時間でがっちり縛られるし、時給も基本的に安いですよね。そうなると子育てや練習が思うようにできないし、生活も苦しくなっちゃう。

なので、離婚してシングルになってからは、いかに1時間あたりに稼げる額を上げて、なおかつ練習する時間、娘と一緒にいる時間を増やすかを考え、そのために短時間で稼げる能力を身に着けようと試行錯誤しました。その結果行き着いた今の格闘技のインストラクターの仕事は雇われ仕事ではなく、自分が個人事業主としてやってる仕事で、料金も自分で決められるし、1時間あたりの収入もかなりいいんです。いろいろ大変なこともありますが、今は好きなことでごはんを食べられるし、なにより自分で自由にスケジュールを調整できるのでいい感じです(笑)。

──格闘技のインストラクターの仕事について詳しく教えてください。

キックボクシングジムと契約してそこの会員さんに教えたり、個人や法人と直接契約して個別レッスンやグループレッスンを行っていて、1日に数カ所のジムを回っています。自分で戦うのも好きなのですが、ボクシングを教えるのもすごい好きで、やりがいを感じています。

このレッスンが結構好評で、教えている方々が友人・知人をどんどん紹介してくださるので、全然宣伝してないのですが順調に増えているんです。今は全部含めると100人以上の人に教えています。男女比は女性:男性で7:3くらいですね。

1人3役。分刻みのスケジュール

──吉田さんは2015年4月に出産して、一度ボクシングから離れていますが、復帰後はどんな生活なのでしょう。育児と仕事とボクシングの両立はどうしているのですか? 日々のスケジュールを教えてください。

練習を再開したのは出産から3、4ヶ月後くらいです。だいたい毎日7時に起きて、娘に朝ごはんを食べさせて身支度をして、9時に保育園に連れていきます。10時から15時くらいまでインストラクターの仕事。時間に余裕があれば接骨院で身体のケアをして16時から18時までEBISU K's BOXで自分の練習をします。18時30分に保育園へ娘のお迎えに行って、19時くらいに帰宅。でもインストラクターの仕事が遅くなることが多いので、先に保育園へ行って娘を引き取ってから、19時30分くらいにベビーカーでジムに連れてきて、夜、22時くらいまで練習しています。その間に、会長やジムの会員の方が娘にごはんを食べさせてくれたり、面倒を見てくれているのですごく助かってるんです。娘は私の練習風景も見て、マウスピースを外してくれたり、お水を飲ませてくれたりするんですよ。小さなトレーナーですね(笑)。娘もジムが大好きで、練習が終わって帰るよと言っても、「帰らない、ママだけ帰れば?」とか言うんですよ(笑)。

それから帰宅して、掃除、洗濯などを家事をして、娘を寝かしつけて、翌日のお弁当を作って、娘と私の翌日の準備などをします。試合が近いと試合を観に来てくれる人からのチケットの問い合わせやメディアからの取材の対応など、全部自分でやらないといけないので、なんだかんだで寝るのは0時か1時くらいですね。

──毎日めちゃくちゃ大変ですね。限られた時間の中での練習は大変でしょうね。

そうなんですよ。だから復帰後はいかに練習の密度を濃くするかを工夫してきました。特に今回の相手の高野さんとは身長差、リーチ差がすごくあったので、高野さんと同じ身長の男性ボクサーや、2階級上の東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者の後藤あゆみ選手とスパーリングを重ねました。後藤選手が所属するワタナベボクシングジムは五反田にあるんですが、私が所属する恵比寿のK'S BOXING GIMから五反田まで自転車で行って、スパーリングをやった後、娘のお迎えに池尻の保育園まで走って行ってました。行きに乗ってきた自転車はトレーナーに運転していただいて。仕事も育児もしなきゃいけなくて、圧倒的に時間が足りなかったので、移動時間もトレーニング時間にしてたんです。

f:id:k_kushida:20171018111339j:plain

つらいなんて言っちゃいけない

──仕事、育児、練習というものすごい大変な毎日でつらいと思うことはないんですか?

たまに疲れたと思うこともありますが、それは言っちゃいけないと思っています。幼い娘がいることも日中は生活のために仕事をしなきゃいけないことも全部私の都合なのに、会長に「娘をジムに連れてきていいよ」と言ってもらえたり、会員の皆さんにも娘の面倒を見てもらったりと、ボクシングと育児を両立できる環境を作ってもらっています。また、娘も生後間もない時から保育園に預けて、その分、自分はボクシングができているんです。

だから、娘も含めて皆さんの協力で好きなボクシングをやらせてもらっているし、こういう生活自体自分がやりたくてやってることなので、きついとかつらいとか言っちゃいけないんですよ。つらいなら辞めればいいという話なので。だからもう嫌だとか辞めたいとかは思ったことは一度もないです。むしろ毎日、生きてるというすごい充実感を得ています(笑)。

──そんな中でほっとできる時間は?

やっぱり娘と過ごすひとときが唯一ほっとできる時間ですね。娘はたまにぐずったりすることもあるんですが、とても育てやすいんです。本当にお利口さんで、私がすごく疲れている時、「ママ、いい子ね」と頭をなでてくれたり、「頑張ってね、大好き」と励ましてくれるんですよ。

最初は寂しい思いをさせるかなと不安だったのですが、なかなかかまってあげられない時もジムの皆さんが遊んでくれたりして、愛情はたくさんもらってるから、片親だけどすごく明るくてやさしい子に育ってくれてます。保育園でもそう言われているみたいで。本当に支えてくださっている皆さんのおかげです。

──できた娘さんだしジムの皆さんもいい人ばかりなんですね。

そうなんですよ。妊娠がわかった時はすごく悩んだり、生まれてからもいろいろ大変なことはありましたが、娘がいたからこそ成長できたし、いい方に導いてくれたので、今は本当に産んでよかったと思っていますし、娘にもすごく感謝しています。もちろん、私と娘を受け入れてくれたジムにも感謝しかないですね。

 

身を削るような思いをしてまでボクシングに人生を懸ける吉田さん。第2回ではボクシングの魅力や、女性ながら格闘技の世界に身を投じた理由、これまでの人生の歩みについて語っていただきます。乞う、ご期待!

文・撮影(試合):山下久猛 撮影:守谷美峰 協力:EBISU K's BOX