先輩・同僚に「おっ」と思わせる、“秋色”キレイめコーデ4選

もうすぐ10月ですね。

9月末日で上半期が終わり、来週以降下半期に入る企業も多いのではないでしょうか。節目を迎えて、企業によっては、研修やキックオフなど、全社イベントが増え始めます。普段は、部署が違う同僚や上司・先輩などと、久々に顔を合わせる機会も多いはずです。

そんな時、思わず「おっ、雰囲気が変わったな」と思われるような、少しだけ背伸びしたコーデを人気インスタグラマーがご紹介します。

「グレー」のトップスで“こなれ感”を演出

tops…fifth
bottom…ViS
shoes…AmiAmi
bag…PLAIN CLOTHING

周りの人に差をつけて、「おっ!」と思われるならば、グレートップスを合わせるのがオススメ。さらに、“とろみ”素材を選べば、こなれ感も演出できます。ネイビーのパンツは、何にでも合わせやすいとは言われるものの、「お仕事コーデ」となるとシンプルになりすぎてしまいます。そんな時は、バッグを白にして、スカーフをハンドルに巻くことで、知的爽やかな印象も簡単にプラスできるでしょう。

可愛らしい「赤チェック」のスカートはひざ下丈を選んで大人っぽく

tops…UNIQLO
skirt…UNIQLO
bag…PLAIN CLOTHING
shoes…不明

赤チェックのスカートは、柄や丈の選び方を間違えると幼い印象になってしまうことも。今回のコーデで着用しているような、丈がひざ下まであるデザインを選べば、幼くなることもなく、大人っぽくフェミニンな印象を与えることができます。さらに、トップスとパンプスを同じ色で合わせれば、まとまりのあるコーディネートになります。

きれいめな淡い「ワントーンコーデ」でやさしい雰囲気に

tops…RETROGIRL
skirt…ROPÉ PICNIC
bag…PLAIN CLOTHING
shoes…不明

白とベージュのワントーンコーデは、組み合わせによってはぼんやりとしたコーディネートになってしまいます。しかし、こちらのコーデのように、少しタイトでウエストにポイントのあるスカートを選べば、女性らしくまた大人っぽくなります。髪も、すっきりまとめると知的な印象になります。

「ブラック」のトップスで、カラーアイテムの色を引き立てて

tops…UNIQLO
skirt… SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH
bag…kalie.
shoes…不明

ストレッチが効いているこちらのタイトスカートは、お気に入りで色違いも持っています。ブラックのトップスを合わせ、ほかのアイテムのカラーを引き立てました。スカートには、スリットが入っているものの、ひざ下丈で上品さをキープ。フェミニンな印象にもなるのでおすすめの一着です。

 

いかがでしたか。

今回ご紹介したコーデに、ジャケットを追加すれば、これからの季節の通勤スタイルにも応用できます。

印象の変化には、普段顔を合わせるメンバーじゃないからこそ、敏感に気づいてもらえるかもらえるかもしれません。

新しい季節にむけ、コーデを楽しみつつ、気分を上げていきましょう♪

【写真・執筆:tmi.12345】

平日はフルタイムで働くワーキングマザーです。
Instagramでは、通勤コーデや休日コーデを紹介しています。

Instagram:https://www.instagram.com/tmi.12345

PC_goodpoint_banner2

Pagetop