新社会人の基本は挨拶!相手に好印象を与える挨拶とは

 日常生活において人と接する時にする挨拶ですが、仕事上ではとても重要になります。仕事は人とのコミュニケーションによって成り立つものなので、挨拶は欠かせない要素となるからです。社会人にとって挨拶はビジネスマナーの基本とされています。そこで社会人が相手の人に好印象を与える挨拶方法、挨拶のシチュエーション、挨拶言葉について見ていきましょう。

f:id:r_kihara:20160822114134j:plain

好印象をもたれる挨拶のポイント

 職場の上司や同僚と良好な関係を築ければ、仕事をしやすくなります。相手に好印象をもたれる挨拶を心がければ、自然とそのような関係を築くことができるでしょう。そこで相手に好印象をもたれる挨拶のポイントがいくつかあるので知っておくことが大切です。まず自分から明るい笑顔ではっきりと挨拶しましょう。明るい表情で話しかけられて気分を害するというのは決して多くはないと思われ、自分自身を受け入れてもらいやすくなると考えられます。また、はっきり挨拶できるようになれば職場の雰囲気を明るくでき、他の社員の人も一緒に仕事をしたいと思うようになるでしょう。それから相手の目を見ながら挨拶するとより効果が高まるでしょう。相手の人も自分のことを気にかけてくれているなと感じ、好印象を持ってもらいやすくなることが多くなります。

 次に姿勢を良くした状態で挨拶するといいでしょう。背筋がしっかり伸びているだけで、その人から自信や力強さが伝わるからです。逆に姿勢が悪いとだらしない人だという印象を相手に与えてしまい、いくら明るい笑顔ではっきり挨拶しても効果が半減してしまいます。さらに職場の同じ部署の社員だけでなく、他の部署の社員や社内に関わっている警備や清掃スタッフの方などにも挨拶をすることにより、すべての人に対して同じように接する人だなと思われる可能性が高まり、印象がさらに良くなる期待があります。つまり、好印象をもたれる挨拶を日頃からしていると自然と自分のまわりに人が寄ってくると言えるでしょう。職場で仕事を円滑に進めるために好印象をもたれる挨拶を心がけたいですね。

職場での挨拶のシチュエーション

 職場での挨拶はいろいろなシチュエーションがありますが、その中でも出社時、退社時、外出時に挨拶することが多いでしょう。そのためこれらのときに、相手に好印象を与えるような挨拶の仕方を知っておきたいですね。まず出社時ですが、「おはようございます」と言って挨拶する人が多いでしょうが、ただ言葉を発すればいいわけではありません。挨拶する時の声やしぐさによって相手に与える印象が大きく変わってしまうからです。例えば相手の人を見ないでボソボソした声で挨拶した場合、相手の人に形式上済ませたのだなと思われ、印象も悪くなってしまいます。これに対して相手の人を見て笑顔で挨拶すると親しみを感じてもらえ、好印象を与えられるので、このような形で挨拶するといいしょう。また自分が挨拶する時だけでなく、相手の挨拶を返す場合も同じような形ですることが大切ですね。

 次に退社時の挨拶ですが、自分が退社する場合と他の社員が退社する場合で挨拶の仕方が変わります。自分が退社する場合は基本的に「お先に失礼します」と言って挨拶する人がほとんどでしょう。ただ退社する状況によっては少し気を遣いたいですね。例えば他の社員が残業している中、自分だけ先に退社する場合は、「申し訳ありませんが、私用があるのでお先に失礼させていただきます」など相手の状況を考えた挨拶をするといいのではないでしょうか。他の社員が退社する場合は、相手の挨拶に応えるような形で「お疲れ様でした」と返せばいいでしょう。それから外出時ですが、「行ってまいります」と言って外出するのが一般的です。場合によっては行き先まで言うこともあるでしょう。外出先から戻ってきた場合は「ただいま戻りました」又は「ただいま帰りました」です。また他の社員が外出する場合、挨拶に対して「いってらっしゃい」と声をかけ、他の社員が外出先から戻ってきた場合、「お疲れ様です」とねぎらいの挨拶をすることになります。出社時、退社時、外出時の挨拶は基本なので、職場で好印象をもってもらうためには是非マスターしておきたいところですね。

知っておきたい挨拶言葉

 職場での挨拶は他の社員との関係を良好に保つためのコミュニケーション方法です。しかし挨拶言葉を理解していないと挨拶しようにもすることができません。そのため、職場で使用する挨拶言葉をしっかり覚えておきたいものですよね。よく使用する挨拶言葉として、オフィスから短時間席を外す場合に使用する「少々席を外します」です。会社内で仕事をしている最中に他の部署に行ったり、トイレや休憩に行ったりする場合など使用する機会も多いので覚えておきたいですね。

 次に仕事中に他の社員とすれ違った時に使用する挨拶言葉が「お疲れ様です」です。この場合は「こんにちは」と声をかけることもあるでしょう。それから他の社員が仕事をしている際に話しかけようとする時に使用する挨拶言葉が「お手すきですか」や「失礼いたします」です。この挨拶言葉を使用する場合、相手に話しかけるタイミングも重要になりますね。話しかける相手の作業がひと段落した時に挨拶言葉をかけるといいのではないでしょうか。さらにお客さんや社外の取引先の人とコミュニケーションを取るとき、最初に発する挨拶言葉に「いつもお世話になっております」があります。日常的に使用することになるので、自然と出てくるようにしたいところですね。また仕事でミスをして関係者に謝罪する場合もありますが、この場合は「申し訳ございません」又は「申し訳ありません」を使用します。職場で使用する挨拶言葉をしっかり使用できるか否かで仕事上のさまざまなシーンで与える影響は大きいです。職場でよく使用する挨拶言葉はしっかり覚えておきましょう。

PC_goodpoint_banner2

Pagetop