リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

『横丁』初心者でもOK! な有名横丁・飲み屋街6選【東京編】

f:id:arkcomm:20160421064523j:plain

ちょっと前までは「中高年の集まる場所」というイメージが強かった飲み屋街や横丁が、 近年では若者も増え、おいしくお酒と肴を楽しめるスポットとして注目されています。

今回は『横丁』初心者にもオススメのメジャーな横丁・飲み屋街を紹介します。「温かみはあるけど、しがらみは少ない」、ステキな横丁へ出かけてみてはいかがでしょうか。

新宿西口 思い出横丁

f:id:arkcomm:20160421064546j:plain

新宿のガード下から線路沿いを西口方面へ延びる一角に約80軒の飲食店(焼き鳥、モツ焼き、居酒屋、ラーメンなど)がひしめき合う昭和レトロな飲み屋街。カウンター席だけで、隣の客と肩が触れ合うぐらい小さな店も多く、そこがまた人気の理由です。思い出横丁にモツ焼きの店が多いのは、終戦直後の闇市の名残り。1947(昭和22)年当時、厳しいGHQの取り締まり食材(統制品)ではなかった牛や豚のモツを使って商売したのが始まりです。悲しいかな以前は「しょんべん横丁」なんて愛称で呼ばれてましたが、衛生面や設備の改善努力の成果があり、最近は本当にキレイになりました。今では、西新宿にあるホテルに宿泊する外国人観光客が多く訪れ、昭和世代の常連客や会社員たちと交流するなんて場面も多く見られます。

f:id:arkcomm:20160421071338j:plain
▲老若男女&多国籍な人々が行き交う

住所:東京都新宿区西新宿1丁目
アクセス:JR・東京メトロ「新宿」駅よりすぐ 

恵比寿横丁

f:id:arkcomm:20160421071618j:plain

恵比寿駅東口からすぐの恵比寿横丁はビルを通り抜ける屋内市場タイプなので雨が降っても安心。明るい雰囲気で若者が行きやすい&盛り上がりやすいカオスさです。昭和の時代に栄えた「山下ショッピングモール」を改装。中国小盆屋台、肉寿司、魚串料理、浜焼き酒場、豚焼肉、きのこ料理などの個性的&アジアンテイストな飲食店が集まり、かつての活気を取り戻しました。個性的な飲食店主と従業員、そしてお客さんが飲食店街から地域を盛り上げています。外国人も多く訪れる人気のスポットですが、最近は「隠れ婚活スポット」としても注目を浴びてるとか!?

f:id:arkcomm:20160421073118j:plain▲店と通路、店と店の境界も曖昧でかなりカオス(良い意味で)

f:id:arkcomm:20160421105200j:plain

住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-4
アクセス:各線「恵比寿」駅より徒歩2分

赤羽 OK横丁

f:id:arkcomm:20160421074837j:plain

赤羽一番街の裏に沿うようにある「赤羽OK横丁」。50メートルほどの路地には20数軒の居酒屋やスナック、バーなどが並び、会社帰りのサラリーマンや地元の常連さんで賑わっている「通好み」な飲食街です。元々、赤羽は終戦直後は焼け野原になり、その後バラック小屋が建ち、闇市ができた復興・再建が力強い地域。日本の経済発展とともに街が整備・再開発され、「OK横丁」も1955年に区画整理の流れで誕生しました。「OK横丁」という名前は「西部劇の『OK牧場の決闘』から」「何でも食べられ、何でも飲める=何でもOKな横丁」など諸説あり。現在も昭和テイスト満載な路地ですが最近では、赤羽愛に溢れた次世代が新たに店を構え、若いビギナーが訪れ、横丁の若返りが見られます。まさにタフな街・赤羽のタフな呑み屋街なのです。 

f:id:arkcomm:20160421084125j:plain▲『赤羽一番街』を一本左に入るとガラリと雰囲気がかわって『横丁』らしく

住所:東京都北区赤羽1丁目18
アクセス:JR各線「赤羽」駅より徒歩約3分 

渋谷 のんべい横丁

f:id:arkcomm:20160421084331j:plain

渋谷といえば、ファッションやカルチャーの最先端で、スクランブル交差点やセンター街など若者をはじめとした多くの人が集う華やかな街というイメージ。そんな変化の激しい若者の街にある「渋谷のんべい横丁」は渋谷駅東口からすぐの、線路沿いの一画にあります。60年の歴史があるだけに、個性豊かな居酒屋が所狭しと軒を並べ、一歩足を踏み入れるとタイムスリップしたような昭和の雰囲気が漂うのです。それと同時にオシャレな店も多いのでビギナーでも入りやすいのも特徴の一つ。女子会にも最適な横丁といえます。外国人のお客さんも年々増えているので国際交流もできそう。また、2012年より10月上旬頃に「渋谷のんべい横丁祭り」という3日間行われるイベントも開催。今年の開催に関しては、Facebook「渋谷のんべい横丁実行委員会」で要確認!

f:id:arkcomm:20160421084605j:plain▲線路脇に小さいお店がぎっしり! なかには5、6人が座ればいっぱいのお店も

住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25
アクセス:各線「渋谷」駅より徒歩約4分

吉祥寺 ハーモニカ横丁

f:id:arkcomm:20160421084825j:plain

一番住みたい街ランキング1位の「吉祥寺」。でも、オシャレなお店とはちょっと違う昭和の香り漂うディープな雰囲気の路地裏が「吉祥寺ハーモニカ横丁」です。「ハモニカ横丁」と呼ばれることもありますが正式には「ハーモニカ横丁」なのでお間違いなく。その名の由来は、ハーモニカの吹き口のように小さなお店がぎっしりと並んでいるところから。飲食店に限らず、洋服店や雑貨店、カフェなど約100軒のお店が、縦横に走る狭い路地に密集しています。焼き鳥屋、串カツ屋、居酒屋のほかに女性でも気軽に利用できるバルも人気。また、毎月第3日曜日開催の「ハーモニカ横丁朝市」もオススメ。新鮮な野菜、お菓子、おいしい朝ごはん、雑貨など様々なお店が出店。日曜日は早起きして、朝の「横丁ルネサンス」体験もいいですよ。

f:id:arkcomm:20160421085309j:plain▲吉祥寺らしく若者が多い印象。立ち呑みスタイルの店も多く、ふらりと寄ってみたくなる魅力に溢れる

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目1番
アクセス:JR「吉祥寺」駅北口を出てすぐ

荒木町商店会

f:id:arkcomm:20160421085410j:plain

新宿通りと外苑東通りがクロスする四谷三丁目交差点から靖国通り方面に行くと右手にあるのが荒木町。明治の頃は「お江戸の箱根」と呼ばれ、名の知られた景勝地で、そののち料理屋が軒を連ね芸者らが行き交う風情ある花街として栄えました。今ではミシュランの星をつける名店が数多くありますが、高級割烹からリーズナブルな居酒屋までバラエティ豊富なので若者やビギナーも安心。また毎年11月頃に、街呑みイベント「ミシラン」も開催して、地域おこしにも一役買っているのです。実はこの街、迷路のようになっていて、気に入った店にまた行こうと探してもなかなか見つからない時もあるのです。それさえも丸ごと楽しんで「迷って」ください。冒険心にあふれた人、お店散策が趣味だという人は「荒木町」がうってつけです!

f:id:arkcomm:20160421090909j:plain▲通りから逸れる小路もステキ

住所:東京都新宿区荒木町3
アクセス:東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅より徒歩約5分/都営新宿線「曙橋」駅より徒歩約10分

* * * 

文:魚住陽向 (facebook
編集:大山勇一(アーク・コミュニケーションズ