読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXT JOURNAL】

帰宅が遅くなっても、ありもの&コンビニで大丈夫! 忙しいときのお助けレシピ×5品(主食にサラダ、スープ、デザート付)

ライフ ピックアップ グルメ
f:id:blog-media:20160307235449j:plain

こんにちは、ホマレ姉さんです。

遅くまでお仕事をしているみなさま、ご苦労さまです。仕事をたくさん抱えて、毎日のように残業……って人も多いのではないでしょうか?

そんな忙しい日は外食で済ませてしまうのもいいですが、毎日続くとなると栄養の偏りが気になるし、出費もかさんでしまいます。

そこで今回は、夜遅くに帰宅しても、お家で簡単に作れるレシピのご紹介です。使う食材も普段置いてありそうなものをできるだけ利用しています。

主食が2品、サラダとスープ、それと食後のデザートのレシピです。今日帰ってからでもすぐ作れちゃいますよ。

ご飯が炊けてなくてもすぐできる! ぶっかけうどん

f:id:blog-media:20160307235447j:plain

食べるラー油と豆腐の冷やしぶっかけうどん

最近、家庭で食べるうどんが美味しくなった……って思いませんか? たぶん「冷凍うどん」って商品が開発されたおかげですね。

ホマレ姉さん家の冷凍庫にも必ずこの「冷凍うどん」が入っていて、お昼どきにはササッと、ご飯が炊けてないときにもパパッとうどんを作ります。

ササッとかパパッとか……大袈裟だと思われるかもしれませんがホントです。「冷凍うどん」はね、レンジで3分30秒加熱すればOKなんですから。

今回のレシピは栄養価も考慮して、豆腐を加えた「ぶっかけうどん」。食べるラー油が入るので、最後は冷やした麻婆豆腐のようになって2倍楽しめます。

安い! 旨い! 早い! おまけに片づけも楽チン! 帰宅が遅くなった日はこんな4拍子揃った「ぶっかけうどん」は、いかがでしょうか。

材料(1人分)

冷凍うどん 1袋
1個
絹ごし豆腐 150g 1パック
細ネギ 適量
削り節・食べるラー油 適量
醤油または市販の3倍濃縮つゆ 適量

作り方

  1. ネギを小口切りにしておく
  2. うどんをレンジで1袋当たり3分30秒加熱し、冷水で冷やし水気を切っておく
  3. 器に2.を入れ、豆腐を適当に崩しながらのせ、中央に卵黄をそっと置く
  4. 削り節と小口切りしたネギをのせたら食べるラー油を好みの量かける
  5. 醤油または濃縮つゆをサッと回しかける

ご飯があれば素早く作れるチャーハン

f:id:blog-media:20160307235445j:plain

お漬物で作るQチャーハン

まず冷蔵庫を開けてみてください! 一人暮らしの方は、あまり食材が入っていないかもしれませんが、お漬物が入っていたりしませんか?

今回はそのお漬物を使ってチャーハンを作ろうと思うのですが、お腹が空いていても慌てないでくださいね。

美味しいチャーハンを作るには調理中の手際の良さがカギを握ります。そのために、まず材料をすべて揃え 、下準備を済ませてから調理に入るのが大切です。

火は最初から最後まで強火! ご飯をマヨネーズでコーティングしているので鍋に油をひく必要はありません。

水分の多い漬物は必ず最後に加えるようにしてください。ご飯を炒め始めて3分程度で完成させるのが理想です。

材料(1人分)

温かいご飯 200g
漬物(今回は「きゅうりのキューちゃん」を使用) 1/3~1/2袋くらい
漬物の汁 小さじ1/2
ネギ 適量
マヨネーズ 大さじ山盛り1
醤油 小さじ1/2
鶏ガラスープの素 3つまみ

作り方

  1. ネギを粗みじん切りにする
  2. 漬物を具と汁に分けて、具は粗みじん切りにし、汁気を絞っておく
  3. ご飯にマヨネーズをよく混ぜる。その間に中華鍋を1分強火で加熱する
  4. 火加減は強火のまま、ご飯を鍋に入れ、最初はお玉で押し付けるようにし、次にひたすらお玉でかき混ぜる
  5. パラパラご飯ができたら鶏ガラスープの素を加え、鍋肌から醤油と漬物の汁を回し入れサッと混ぜる
  6. 5.にネギと粗みじん切りにした漬物の具を入れ手早く混ぜる。器に盛ってネギを散らしたら完成!

きっと常備している野菜を使ったサラダ

f:id:blog-media:20160307235433j:plain

もやしとニンジンの中華風サラダ

いつも安価で手に入るもやしは家計に優しい食材として人気ですが、それだけではありません。低カロリーで栄養価も高いので、美容にダイエットに効果抜群なんです。

もやしのカロリーは100グラム当たり約15キロカロリー、一袋食べても大したことないので、夜遅くに食べても安心ですね。

免疫力を高めるのに必要なビタミンCと便秘解消に良い食物繊維が多く含まれているので、翌朝スッキリ! 万全の体調で臨めます。

今日はそんな優秀なもやしに、これまた抗酸化力が強く、健康野菜の代表みたいなニンジンを合わせてみました。

味付けはみんなが大好きな中華風! チョッとボリュームを出すため春雨を加えてますが、なければ省いてもかまいません。

材料(もやし1袋分)

もやし(1袋) 約200g
ニンジン 60g
春雨 40g
酢・レモン果汁・砂糖・醤油 各大さじ1
ごま油 小さじ2
一味唐辛子(七味でもよい)・塩 少々

作り方

  1. 春雨は袋の表示通りに茹でて水ですすぎ、水気を絞って食べやすい長さに切る
  2. もやしを洗い鍋に入れ、もやしのかさの半分くらいの水と塩少々を加え蓋をして中火にかける。湯気が出てきたら上下を入れ替えるように混ぜ、1~2分蒸し茹でにする
  3. 2.をザルに広げて冷ます
  4. ニンジンは皮を剥き、千切りにする
  5. ボウルに酢、レモン果汁、砂糖、ごま油、醤油を入れ、混ぜ合わせる
  6. 5.1.の春雨、3.のもやし、4.のニンジンを加え混ぜ合わせ、器に盛る。あればパセリ(分量外)などを散らしても良い

冷蔵庫に残った食材を使ったミルクスープ

f:id:blog-media:20160307235438j:plain

ベーコンと白菜のミルクスープ

旨味の塊のようなベーコンと淡泊な白菜が相性抜群のスープです。ホマレ姉さん家ではチョッと肌寒い日によく作ります。

白菜ってよく鍋に使いますが、大抵使いきれずに残ってしまいますよね。そんな中途半端に余った白菜を利用して作ればいいんです。

コンソメスープの素や片栗粉を入れたレシピもありますが、ホマレ姉さんのでは使いません。そのかわり、もし物足りないときはクリームシチューのルーを少し使います。

温かい牛乳が疲れた身体を癒してくれる……そんな気持ちまでもホッとする家庭的なスープのレシピです。

材料(1人分)

白菜 80g(1枚)
ベーコン 18g(1枚)
牛乳 100ml
バター 8g
塩・コショウ 少々
クリームシチューのルー 適量(物足りないとき)

作り方

  1. 白菜は白い部分は一口大の削ぎ切りにし、緑の部分は一口大のザク切りにする。ベーコンは1cm幅に切る
  2. 鍋にバターを熱し、1.のベーコンと白菜をしんなりするまで炒める
  3. 2.にヒタヒタの水(分量外)を加える
  4. 白菜の白い部分が柔らかく煮えたら牛乳を加え、沸騰させないように3分ほど煮て、塩、コショウで味をつける
  5. 味が物足りない場合はクリームシチューのルーを少量加えて煮溶かす(顆粒の方が使いやすいが、固形の場合は包丁で切って加える)

アッという間にできる大人のデザート

f:id:blog-media:20160307235442j:plain

アフォガート・チョコソースかけ

やっと夕食が済んだあとは甘いものでホッと一息つきたいですよね。そんな食後にピッタリなのがアフォガート。

このレシピ、ホント簡単過ぎて、わざわざ載せるのが申し訳ないくらいなんですけど、遅く帰ってきてから作るんですから、これくらい楽チンじゃないとね。

味はチョッピリ大人味。アイスの甘さとコーヒーの苦さが絶妙なんです。ホマレ姉さんはコレにチョコソースをプラスしていただきます。

材料(1人分)

バニラアイスクリーム 100mlくらい
インスタントコーヒー 適量
市販のチョコレートソース 適量

作り方

  1. 普通の2倍の濃さでホットコーヒーをカップ1/2杯分入れる
  2. バニラアイスを器に盛り、1.のコーヒーを好みの量注ぐ
  3. アイスの上からチョコレートソースを好みの量かける

* *

早く、簡単に作れる料理5品……いかがでしたか? いつもホマレ姉さんが忙しいときに作っているものばかり……でもそれだけじゃありませんよ! 味にだって自信があるんです。

ミルクスープなんて結婚してすぐのころ義母に教わって、それ以来ずーっと作り続けている大切なレシピなんですよ。

忙しくて何も作りたくないとき、ぜひこのお助けレシピを試してみてくださいね。もし気に入ってもらえたら、レシピたちもきっと喜ぶことだと思います。

著者:ホマレ姉さん (id:homare-temujin)

ホマレ姉さんのアイコン画像

1997年に岡山県で新規就農、有機野菜農家のホマレ姉さんです。
オシャレなレシピから初心者でも簡単なレシピまで、野菜を中心とした料理ブログを書いています。「作りたくなる料理ブログNo. 1」を目指して奮闘中です。

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

>>「ビジネスパーソンのためのグルメ特集」はこちら

ビジネスパーソンのためのグルメ特集

 あわせて読みたい