• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

グローバル採用を展開する大手企業に直撃!

外資系メーカー

外資系メーカーは
日本の技術者に何を求めているか?

日本に進出する外資系企業は数多いが、長引く不況の中、日本市場はどのように映っているのだろうか。また、国際的な採用のボーダーレス化が進む中、日本人エンジニアの強みや弱みとは何だろうか。通信インフラ系と自動車サプライヤーの外資系企業2社に、本音で語ってもらった。

(取材・文 総研スタッフ/高橋正志 撮影/平山 諭) 作成日:10.09.22

ノキアシーメンスネットワークス/企業もエンジニアも世界ナンバーワンに

洗練された日本市場で製品を開発し、世界に展開させていく

ノキアシーメンス

ノキアシーメンスネットワークス株式会社
人事部 人事課長
ジェレミー・ウィルソン氏

世界第2位の通信インフラベンダーとして知られるノキアシーメンスネットワークス。日本法人は2007年の設立だが、世界各地で培った技術とノウハウで積極展開を進め、大手携帯キャリアに独自のインフラサービスを提供している。なぜこれほど日本市場に注力するのか。人事課長のジェレミー・ウィルソン氏はこう語る。
「日本は通信インフラ市場として世界で最も大きなマーケットのひとつであり、かつ、さまざまな製品やサービスが最初に開発される場所でもあります。つまり、洗練された日本市場は十分な収益を上げられる場所であり、ここで開発した製品やサービスを世界に展開していく、他国を率いていくような存在と言えます」

同社は顧客である携帯通信キャリアと密接な開発体制を取る。特にR&Dチームは顧客と共に基地局などのスペックやサービスのレベルを考え、フィンランド、ドイツ、アメリカ、中国、インドなどの開発センターと連携する。顧客の課題をフィードバックして、解決に向けて策を練るというわけだ。
また彼らは、日本のパートナーであるパナソニックや富士通などと顧客との、懸け橋のような役目も果たすという。顧客ともそうだが、こうしたパートナーと直接仕事をすることが多いのは、日本の特殊性に合わせたにカスタマイズが必要なため。開発センターのエンジニアは世界標準の製品を開発するが、その製品をカスタマイズするのは日本のR&Dチームなのだ。
「現地のR&Dチームがお客様と接点を持つというのは、実は一般的ではありません。日本、中国、アメリカを中心とする、ごく限られたケースのみです。なぜなら、こうした国のお客様は要求のレベルが高く、かつ、お客様自身の技術スキルも非常に高いからです」

多様な国や顧客と経験を積んで、世界ナンバーワンになろう

ノキアシーメンス

同社では携帯無線通信エンジニアなどのR&D職種以外にも、モバイルネットワークの設計と最適化を行うNPOエンジニアや、基地局設置工事のプロジェクトマネージャー、日本ではなかなか採用が難しいというネットワーク監視ソフトのプロダクトエンジニアなどを募集している。彼らに第一義に求められるのは技術スキルや経験であり、語学力はその次になる。
「多くのグローバル企業は世界の手法を日本に導入しようとしますが、弊社は日本の手法を世界に拡げようとしています。ですので、言語以上にスキルを重視しています。ただ、さまざまなサポート体制がありますので、入社したらぜひ英語を覚えてバイリンガルになってください。もちろん、海外拠点で働けるチャンスもありますよ。フィンランドやドイツだけでなく、シンガポールでもドバイでもブラジルでも(笑)」

実はウィルソン氏の前職は同社のエンジニアで、日本在住は10年を超える。世界を知る元エンジニアに日本のエンジニアについて聞くと、「とても前向きで仕事に対して献身的、技術的レベルも高い」という返事。「常に最善の製品・サービスを追及している姿勢」も特徴的だという。逆に弱点は、「ひとつのことにフォーカスしすぎて視野が狭いこと」のようだ。
「日本一般の話ですが、国内で1社に勤めて、お客様が変わらないことも多い。ヨーロッパやアジアのエンジニアはいろいろな国で仕事をしていて、お客様も多様ですから、経験の幅が広いんですね。その可能性はあるのに触れていないというのが私の印象です。
エンジニアがすべきは自分のスキルを伸ばしていくこと。LTEや高速無線通信が一般化する新しい時代の中で、弊社は世界ナンバーワンを目指しています。エンジニアの皆さんもそれぞれの業界や技術分野で、世界ナンバーワンを目指してください」

TI Automotive Japan/語学と勇気、世界市場に出る準備をしよう

世界各国の工場と連携する仕事、エンジニアに英語力は必須

TI Automotive

TI Automotiveは自動車サプライヤーとして1世紀近い歴史を持ち、世界の主要な自動車メーカーを顧客に持つ。日本には横浜本社と名古屋オフィスがあり、横浜では樹脂性燃料タンクやポンプモジュール、名古屋ではブレーキや燃料配管(金属やプラスチックのチューブ)が主力製品となっている。名古屋オフィスの技術職にはCADの設計エンジニアと品質保証の品質責任者があり、彼らの仕事について配管システム事業部、General Managerの町田實氏はこう語る。
「設計エンジニアはお客様の試作図を元に提案しながらやりとりを重ねて、形状を決めていく仕事です。それに基づいて中国、韓国、タイ、インド、オーストラリアなどにある弊社の生産工場が量産し、完成品を日本、あるいはお客様の海外工場に納入します。生産工場への指示なども設計者が行うので、共通語である英語は必須。かつ現地工場の母国語である中国語や韓国語などがわかるとベストですね」

品質責任者も顧客の課題に対して工場のスタッフと相談したり、現地に出向くこともあるため、設計職と同様に語学力が求められるという。また、日本人同士なら別だが、同社では外国人が参加するミーティングや会議は英語で行われる。英語の読み書きだけでなく、「会話力」や「コミュニケーション力」も問われてくるというわけだ。
「海外の大学に留学した、子どものころに海外で過ごしたなどの経験を持つエンジニアは、確かに弊社には多いです。ただ、技術用語の知識から英語の文章に習熟する方が多いように、専門用語を使うことで驚くほど早く英語が話せるのが技術職の特徴だと思います。勉強すればするほど結果が出るのが語学ですから」

メーカーエンジニアの環境が厳しくなる中、「勇気」を持ちたい

TI Automotive

日本の自動車生産台数は回復しつつあるものの、リーマンショック以前とは比較にならず、エコカー補助金制度も終了して先行きは不透明だ。それでも町田氏は、日本市場が魅力的だと語る。
「日本の自動車市場はしっかりしています。今後の飛躍は望めなくても安定感は期待できます。それは自動車メーカー各社が個性的だからではないでしょうか」
同社では、日本のエンジニアが海外の工場やヘッドオフィスで働くことも可能で、教育などの研修で海外工場への転勤もあるという。そのためには技術や語学などのスキルは当然として、「自分を売り込むアグレッシブさ」がカギになるそうだ。
「開発チームという考え方ではありませんが、開発を含めた顧客ごとのグローバルなチームで、現在日本人のチームリーダーは3人おります。その中にはエンジニアもおり、弊社のグローバルビジネスのコアになる職務に就いています」

町田氏は一般的な日本人エンジニアについて、技術知識が豊富で、優秀な人材が多いものの、ある面では物足りなさも感じている。
「失礼な言い方かもしれませんが、勇気がない。海外での経験が少ないこと、語学が不得手なことが理由なのかもしれません。国内市場の成長が期待できない今後、国際舞台では競合他社の外国人エンジニアとやり合い、社内では海外部隊をも引っ張るようになります。ここで必要なのは『話す』ということ。文章だけでは問題を解決できません」
町田氏は、メーカーエンジニアが置かれる環境はこれから厳しくなると見る。そこでより必要とされるのはリーダーシップと積極性であり、日本人にもポテンシャルは十分にあるという。
「もちろん、技術も語学も積極性も…といったパーフェクトな人間はいません。私だってそうですし、弊社のエンジニアもそうです。ただ、そんなエンジニアがいたら、企業は絶対に離しません」

本レポートは総合転職サイト「リクナビNEXT」連動コンテンツです。 Supported by リクナビNEXT

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートを読んだあなたにオススメします

エンジン設計、可変動弁、解析のプロフェッショナルが証言

クルマの心臓、エンジンを作る

クルマの心臓部とも呼べるエンジン。工業製品というより芸術品に近いこの精緻なメカの塊は、どんなエンジニアが作っているのか…

クルマの心臓、エンジンを作る

リストラ、提携、再編成、技術の空洞化…内側から見た現実

製造業はどうなる?メーカー技術者400人の声・前編

日本の製造業が危機的な状態に陥っている。自動車は回復基調にあるが、家電と半導体は戦後最悪とも呼べる状況だ。製造業の要と…

製造業はどうなる?メーカー技術者400人の声・前編

カーエレクトロニクスの進化を牽引するデンソーが次に目指すもの

デンソーのデバイス技術トップが明かす次世代事業戦略

人気企業の採用実態カーエレクトロニクスの進化を牽引するデンソーは、車載用半導体をプロセス開発から自前で行っていることでも知られる。同社の…

デンソーのデバイス技術トップが明かす次世代事業戦略

技術者採用でも加速するグローバル化!あなたはどうする?

エンジニアが世界市場で戦うための「絶対条件」

事業のグローバル化に向けて、海外で活躍できるエンジニアを求める企業が増加中だ。一方のエンジニアも、海外と連携した業務に備えて、語…

エンジニアが世界市場で戦うための「絶対条件」

派遣社員時代に培った技術が高い市場価値に!

自動車メーカーに転職して地位を築いたY.Eさん

エンジニア☆マル秘転職活動記season.2人気の自動車業界への転職は狭き門とされる。有名大学を出て、著名企業で高度な技術スキルを磨いた者しか入れないのだろうか。Y.Eさん…

自動車メーカーに転職して地位を築いたY.Eさん

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP