• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
エンジニア給与“知っ得”WAVE! Vol.87
不況で減額もやむなし?2008年冬のボーナス額と満足度
急激な景気後退の中で、企業の設備投資や生産調整、人員調整が続いている。日本経済には、急に暗雲が立ちこめ、雷鳴轟き、嵐が吹きすさぶという感じだ。2009年はもっと経済が悪化するという予測もある。急激な不況下の2008年冬のボーナス、どんな状況だろう。
(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/宮みゆき イラスト/絵理すけ) 作成日:08.12.26
全体平均69万円。26%が「昨年冬より減った」と回答
 2007年冬のボーナス実態調査を分析したとき、経済環境についてこのような寸評を述べた。
「サブプライムローン問題は、米国景気の今後に黄信号をともす要因となっているが、その余波が2007年秋以降、日本にもじわじわと及んでいる。米国経済が減速すれば、日本からの輸出は伸びず、輸出依存型の製造業にはインパクトは大きい。さらに、原油高、材料高も、その恩恵をこうむる企業を生み出す一方で、商品の値上がりが消費マインドの冷え込みにつながり、それが景気全体の足を引っ張る要因ともなりかねない」  原油価格の急降下をのぞいて、ほぼ予想通りの展開となった。ただ、景気後退のグローバル規模でのスピードとその影響範囲は予想以上で、とりわけ製造業の生産・設備調整、人員調整は深刻度を増している。こうした不況の陰が、冬のボーナスにどのように反映しているかが最も関心のあるところだ。

 エンジニアの実感値をベースに聞く、Tech総研恒例のボーナス調査。今回は25〜39歳のエンジニア1000名が対象だ。2008年冬のボーナスの金額は、全体平均は69万円(税込み)という数字になった。昨年(2007年)冬のボーナスと比べると、26%が「減った」と回答、「変わらない」が74%である。
DATA1 2007年冬のボーナス額と比べて「減った?増えた?」
DATA1 2007年冬のボーナス額と比べて「減った?増えた?」
 日本経団連の調査によれば、大手企業の今冬ボーナス交渉の妥結額は88万9064円で、前年冬と比べ0.36%減となり、6年ぶりの前年割れということだが、Tech総研の「ボーナスをもらう側」に焦点を当てた調査では全体額こそ低いものの、前年比マイナスまでには至っていない。とはいえ、Tech総研調査でも2006年冬に行った同様の調査では、全体平均が80万円だったから、それに比べると大幅なダウン傾向は明らかだ。
DATA2 職種・年代別/2008年冬のエンジニアボーナス額
職種名
20代後半
(25〜29歳)
30代前半
(30〜34歳)
30代後半
(35〜39歳)
IT系 研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理 50万円 77万円 92万円
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 56万円 86万円 73万円
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 56万円 65万円 84万円
社内SE 60万円 54万円 82万円
システム開発(Web・オープン系) 50万円 63万円 78万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 44万円 60万円 76万円
コンサルタント、アナリスト、プリセールス 53万円 61万円 76万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発 52万円 61万円 68万円
運用、監視、テクニカルサポート、保守 52万円 58万円 74万円
システム開発(汎用機系) 52万円 53万円 64万円
IT系 平均 52万円 63万円 77万円
モノづくり系 研究、特許、テクニカルマーケティング 65万円 82万円 87万円
回路・システム設計 62万円 75万円 84万円
半導体設計 63万円 65万円 106万円
制御設計 - 78万円 74万円
生産技術、プロセス開発 57万円 77万円 79万円
セールスエンジニア、FAE 53万円 64万円 94万円
機械・機構設計、金型設計 54万円 74万円 71万円
光学技術 70万円 56万円 80万円
サービスエンジニア 36万円 63万円 60万円
品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 49万円 65万円 60万円
モノづくり系 平均 57万円 72万円 75万円
影響は深刻。たとえ今期は維持しても、来期は厳しそう
 不況の影響はボーナスに反映されていないのか。このあたりについて今回は特に「現在の不況でご自身の給与・賞与に影響があったことがあれば、ぜひ聞かせて下さい」という設問を設けて聞いている。そこで聞かれたのは、不況の陰がひしひしと押し寄せる厳しい現実だった。
DATA3 給与や賞与に不況の影響を感じる?
DATA3 給与や賞与に不況の影響を感じる?
 たしかに「特に影響ない」という声も3割程度あるが、多くは、「会社の業績が急速に悪化」「ふだんの残業時間が減った」「給与とボーナスが減額された」という声。たとえ今期のボーナスに影響なくても、来期の予想は厳しく、みんな不安を募らせている。
 給与やボーナスが減っているという声からいくつか拾ってみよう。
ナマゴエ!!
不況に強いといわれていた業種なのに、今回は全体的にボーナスをカットされた(Web・オープン系SE/31歳)
会社の業績が落ちてきているのでボーナスの業績連動部分が低くなっている(Web・オープン系SE/34歳)
会社が金融商品の運用に失敗したため、業績にかなり影響。それがボーナスにも反映されている(Web・オープン系SE/34歳)
金融系のシステム開発を行っているが、昨今の金融不安により銀行から支払われるお金が減っている。これが、売り上げの減少→賞与の減少に繋がった(汎用機系SE/36歳)
残業時間が大幅に減少している。9月までは平均60時間。10月、11月は平均40時間、12月に入ると20時間のペース。このため、給与は減っている(機械・機構設計/36歳)
年間協定なのでボーナスは今冬に関しては影響がないが、給与は残業完全禁止なので影響が大きい(制御設計/36歳)
(冬のボーナスが)3.05カ月の予定だったのが、2.8カ月になってしまった(機械・機構設計/28歳)
(ボーナスが前年比)20%ダウン(サービスエンジニア/39歳)
 ボーナスは会社の業績を反映する部分が大きいため、会社の業績が上がらないからという理由で減額されれば、なかなか文句のつけようはない。しかし、中には企業経営者の後ろ向きなマインドで減額されたケースや、労働組合の不満を上げる声もあるようだ。なにより、不況とボーナス減が消費意欲を冷え込ませていることは問題だ。消費減退→企業の売上悪化→さらなる業績低迷という悪循環に繋がるからだ。
ナマゴエ!!
会社の業績は悪くはないが、将来に備えて内部留保に回したためボーナスの支給額が減らされた(運用・監視/39歳)
会社全体は不況の影響を受けていないが、世間が不況という理由で全体的に渋っている(ネットワーク設計・構築/34歳)
景気が良くても給与・賞与はまったく上がらないが、不景気になれば給与・賞与は下がってしまう。ここ15年くらい春闘でもベースアップの要求すらしていない(ネットワーク設計・構築/39歳)
給与は変わらないので安心だが、賞与でテレビを買いたいと思っていたけど、結局止めました(機械・機構設計/27歳)
 ちなみにTech総研は同時期に、エンジニア1万人を対象にした意識調査で不況の影響について聞いている(詳しい調査レポートは次回)。それによれば「かなり不況の影響を感じている」が36%、「やや不況の影響を感じる」が39%で、全体の3分の2の人が、なんらかの形で不況の影響を感じている。
会社の業績を考えると仕方がない?
 ボーナス調査の内容をさらに見ていこう。
 職種分野を大きく「IT系」と「モノづくり系」にわけると、それぞれの平均は「IT系」が67万円、「モノづくり系」が71万円になる。ハード系職種がソフト系職種を上回る傾向は依然続いている。

 同じモノづくり系でも職種別のばらつきがある。最も高いのは「研究、特許、テクニカルマーケティング」のグループで81万円。逆に「機械・機構設計、金型設計」「光学技術」「サービスエンジニア」「品質管理、製品評価、品質保証、生産管理」は60万円台以下となっている。IT系でも「研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理」の職種が79万円と最も高く、最低の57万円である「システム開発(汎用機系)」とは22万円の差がついた。

 ボーナスの高いベスト3の職種は、モノづくり系で「研究、特許、テクニカルマーケティングほか」「回路・システム設計」「半導体設計」「制御設計」(最後の2つは同額)、IT系では「研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理」「システム開発(マイコン・ファームウエア・制御系)「通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)」となっている。

 ボーナス金額への満足度は、「自分の仕事内容と見合っている」が65.5%、「自分の仕事内容と比べて50万円程度安い」が28%で、この2つだけで9割以上を占めている。「仕事内容と見合っている」の回答が多数を占めるが、必ずしもそれは“心地よい満足感”の表れとはいえないだろう。「たしかに安いとは思うけれど、会社の業績もよくないし、自分も残業代などが減っているので、まあ、仕方ないかな」という苦渋の表現と理解すべきだろう。
「ボーナス金額の評価基準で最も影響があったと思われる項目」では、「会社の業績」を挙げる人が44.1%と最も多く、次いで「研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理」の職種が79万円と最も高く、最低の57万円である「個人の業績・成果」(25.9%)、「年齢・学歴・勤続年数」(12.8%)などとなっている。
DATA4 2008年冬のボーナスの決め手は何?
DATA4 2008年冬のボーナスの決め手は何?
DATA5 2008年冬ボーナスは、自分の仕事内容と比べて安い?高い?
DATA5 2008年冬ボーナスは、自分の仕事内容と比べて安い?高い?
無駄遣いをやめて、貯蓄か投資へ
 ボーナスには「出たらこれを買おう」「海外旅行に行こう」というワクワク感がふだんはあるものだが、今冬は世の中全体にそれが感じられない。今回の調査でも、ボーナスの使い道で圧倒的に多いのが「貯金する」(79.2%)だ。「ローン返済にあてる」も26%あった。「買い物をする」(45.9%)、「旅行する」(18.6%)もあるにはあるが、高額消費を忌避する傾向が見られる。(※複数回答)
DATA6 2008年冬のボーナスは何にいくら使う?(※複数回答)
DATA6 2008年冬のボーナスは何にいくら使う?(※複数回答)
 なにせ「現在の不景気に、自分なりの対策は?」という設問で最も多いのが「無駄遣いを減らす」「食費を節約する」「なるべく外食を控える」などのつましい声だからだ。無駄遣い排除・生活防衛に転じた消費者心理は、そう簡単に好転しそうもない。
 一方で、投資や給与以外からの収入源を模索する動きが強いのも、今回の特徴。株式、FXなどへの投資、サイドビジネス、資格取得などが「不況対策」のもう一つのキーワードになろうとしている。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ 宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
不景気だから貯蓄する人が多いのか?ふとそう思って、2007年冬のデータを振り返ってみたのですが、昨年も「貯蓄する」が79%とほぼ変わらぬ数字でした。今回よりも、2009年の給与・賞与がより不安と感じてるエンジニアの皆さんの貯蓄法・節約術とはいかなるものなのか。次回はさらに掘り下げていきたいと思います。

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア給与知っ得WAVE!

キャリアプラン、ライフプランの設計に「お金」の問題は欠かせません。エンジニアのお金に関する疑問に独自調査データとトレンド情報でお答えします。

エンジニア給与知っ得WAVE!

このレポートを読んだあなたにオススメします

エンジニア給与知っ得WAVE!

20年前の水準?記録的なマイナス幅の2009年冬ボーナス

エンジニア給与知っ得WAVE!日本経済は不況の影響から脱することができないまま、厳しい冬を迎えようとしている。2009年冬のボーナスについて調査を行ったところ…

20年前の水準?記録的なマイナス幅の2009年冬ボーナス

エンジニア給与知っ得WAVE!

前年比12%減!2009年夏のエンジニア平均額57万円

エンジニア給与知っ得WAVE!エンジニア1000人を対象にした2009年夏のボーナス調査では、昨年夏よりも12%のマイナスという結果。昨年来の深刻な経済危機を…

前年比12%減!2009年夏のエンジニア平均額57万円

残業ゼロ、給料激減、部署廃止…歴史的経済危機にじっと耐え忍ぶ

ドS不況VSドMエンジニア 100年に一度の攻防戦

100年に一度といわれる世界的な経済危機の影響を今、モロに受けているというエンジニアたち。今回、その悲惨な現実の数々を紹介すると…

ドS不況VSドMエンジニア 100年に一度の攻防戦

エンジニア給与知っ得WAVE!

2008年夏ボーナス額平均65.4万円!金融・鉄鋼が好調

エンジニア給与知っ得WAVE!大手企業の2008年夏のボーナスは、企業悪化を懸念して、全体に冷え込んでいる。だがTech総研が行ったエンジニア1000人調査で…

2008年夏ボーナス額平均65.4万円!金融・鉄鋼が好調

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

前年比7%増!2005年冬ボーナス平均額は68.5万円

エンジニア給与知っ得WAVE!景気回復を反映し、今年の冬のボーナスは3年連続アップが報道されている。だが当然、会社によってばらつきはある。Tech総…

前年比7%増!2005年冬ボーナス平均額は68.5万円

僕たち私たちの転職忍者の術★31

バレないようにコッソリ転職活動したいでござる の巻

在籍中に転職活動をする場合、今の会社にバレないようこっそり慎重に進めたいもの。ときには家族や友人にも内緒で活動したいケ…

バレないようにコッソリ転職活動したいでござる の巻

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP