• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
エンジニア給与“知っ得”WAVE! Vol.83
2008年夏ボーナス額平均70.2万円!金融・鉄鋼が好調
大手企業の2008年夏のボーナスは、景気悪化を懸念して、全体に冷え込んでいる。だがTech総研が行ったエンジニア1000人調査では、逆に前年よりもアップしているという結果が得られた。その使い道は「貯金」という回答が圧倒的な割合を占めている。さて、肝心の満足度は?
(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/宮みゆき イラスト/kucci(クッチー) 撮影/加納拓也) 作成日:08.08.01
全体平均70.2万円。前年より6万円アップ
 日本経団連が7月22日に発表した2008年夏の大手企業のボーナス交渉妥結結果によると、妥結額(加重平均)は90万9519円で、昨夏と比べると0.08%の減。減少幅は小さいものの、伸び率がマイナスとなったのは2002年夏以来の6年ぶりのことだという。

 マイナス幅が大きいのは、食品(−5.38%)、化学(−3.02%)、鉄鋼(−5.02%)など。逆に、機械金属の大幅アップ(40.13%)をはじめ、電気、車輌、造船などでは昨年同期よりも増えている。

 同様の傾向は、主要新聞社によるボーナス支給額の調べでも出ている。昨年までは鉄鋼、化学などが絶好調で、ボーナス相場を牽引してきた感があったが、今年は燃料や素材価格の高騰などによる業績悪化を懸念する企業が続出、全体的に人件費を抑制し始めたことがうかがわれる。

 Tech総研でも恒例により夏のボーナス調査を行った。今回のパネルは25〜34歳のIT系・ハード技術者1000人。業種はITや製造業に限らず、金融・サービス業も広く対象にした。これによれば、今年の夏のボーナスは全体平均で65.4万円となった。回答者が報告する昨年夏からのアップ額は平均で6万円である。経団連やマスコミ調べとは違い、全体に上昇傾向となった。昨年夏と比べて「増えた」という回答が全体の68%に達している。以下、詳しくアンケート調査の内容をレポートする。
DATA1 職種・年代別/2008年夏のエンジニアボーナス額
  20代後半
(25〜29歳)
30代前半
(30〜34歳)
職種 ボーナス平均額
(前年度比較)
ボーナス平均額
(前年度比較)
IT系
コンサルタント、アナリスト、プリセールス 73.8 万円
(12.8 万円)
69.4 万円
(7.4 万円)
システム開発(Web・オープン系) 58.8 万円
(7.4 万円)
60.4 万円
(6.2 万円)
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 57.1 万円
(5.6 万円)
73.1 万円
(6.1 万円)
システム開発(汎用機系) 60.9 万円
(3.6 万円)
63.4 万円
(3.6 万円)
パッケージソフト・ミドルウェア開発 56.6 万円
(14.7 万円)
67.9 万円
(-1.3 万円)
社内SE 56.3 万円
(5.3 万円)
68.9 万円
(8.2 万円)
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 70.7 万円
(8.4 万円)
63.0 万円
(4.3 万円)
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 63.0 万円
(7.8 万円)
73.8 万円
(4.7 万円)
運用、監視、テクニカルサポート、保守 49.7 万円
(5.3 万円)
52.5 万円
(7.5 万円)
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか 61.7 万円
(5.3 万円)
74.0 万円
(12.0 万円)
IT系 平均  58.7 万円
(6.8 万円)
64.6 万円
(6.3 万円)
モノづくり系
回路・システム設計 58.1 万円
(9.1 万円)
76.1 万円
(4.4 万円)
半導体設計 54.1 万円
(7.9 万円)
65.6 万円
(5.7 万円)
機械・機構設計、金型設計 61.6 万円
(8.6 万円)
73.7 万円
(5.0 万円)
光学技術 63.4 万円
(9.8 万円)
101.5 万円
(4.8 万円)
制御設計 42.2 万円
(7.8 万円)
68.8 万円
(6.0 万円)
生産技術、プロセス開発 59.1 万円
(13.5 万円)
87.9 万円
(7.8 万円)
セールスエンジニア、FAE 62.5 万円
(5.0 万円)
66.7 万円
(9.5 万円)
サービスエンジニア 38.0 万円
(2.1 万円)
54.4 万円
(7.8 万円)
品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 54.1 万円
(7.7 万円)
67.4 万円
(3.7 万円)
研究、特許、テクニカルマーケティングほか 58.5 万円
(9.8 万円)
80.6 万円
(5.4 万円)
モノづくり系 平均  57.3 万円
(9.1 万円)
75.3 万円
(5.7 万円)
年代別平均  58.1 万円
(7.9 万円)
70.2 万円
(6.0 万円)
DATA2 2008年夏のボーナスの決め手は何?
DATA2 2008年夏のボーナスの決め手は何?
DATA3 2007年夏のボーナスとの比べた増減
DATA3 2007年夏のボーナスとの比べた増減
「生産技術・プロセス開発」がトップ。モノづくり系上位の傾向変わらず
 職種別の集計で、ボーナス額が最も多かったのは、「生産技術・プロセス開発」の79.4万円。次いで、「光学技術」(76.1万円)、「コンサルタント・アナリスト・プリセールス」(70.6万円)、「研究・特許・テクニカルマーケティングほか」(70.0万円)となっている。これまでの調査では、毎回トップまたは2位に位置していた「コンサルタント職」が今回は3位に転落。企業の根強い設備投資意欲が、「生産技術・プロセス開発職」のボーナスを押し上げたのではないかと推測される。

 また、同じ「研究職」で比べると、電気・電子・機械などのモノづくり系職種が70万円であるのに対して、IT系は68.5万円と若干低いこともわかった。こうしたハード上位の傾向は、今回の全体の特徴でもある。モノづくり系のボーナス平均が68.7万円であるのに対して、IT系では62.2万円と、6.5万円の差をつけられている。ここ数年続いている、ボーナス額におけるモノづくり系優位の傾向が今年もまた鮮明になった。

 逆にボーナス額が低い職種のワースト3は、「運用・監視・テクニカルサポート・保守」(51.1万円)、「制御設計」(59.3万円)、「システム開発(Web・オープン系)」(59.8万円)である。いずれも製品やシステム技術を支える重要な職種であることには変わりがないが、意外と報われていないという印象が残る。
モノづくり系で目立つ20代と30代のボーナスの差額
 年齢別でボーナス額に差があるのは当然のことだが、それがどのぐらいの開きになっているかをみると──
 20代後半(25〜29歳)と30代前半(30〜34歳)の差は、IT系では5.9万円であるのに対して、モノづくり系では18万円と大きくなっている。職種別にみても、20代後半では職種間の差はほとんど目立たない(IT系58.7万円:モノづくり系57.3万円)が、30代になると開きが大きくなっている(IT系64.6万円:モノづくり系75.3万円)。モノづくり系技術者が多い製造業では、いまだ年功序列型の賃金体系が残っていて、年齢差がボーナス額にも反映されているのではないかというひとつの仮説は成り立つ。いずれにしても構造的な問題だろう。
マスコミ・広告、金融に比べると、製造業のボーナスは……
 もちろんボーナス額は日本の場合、職種別よりも業種別、さらに企業規模別の差が大きいといわれる。逆にいえば、ボーナス額を見ることで、好調業種がどれかということもわかるのだ。今回は同じ技術者でも所属する業種については幅広く対象としたので、業種別のボーナス・ランキングを出してみよう。
DATA4 業種別比較ボーナス額ランキング
業種
総計
銀行・信託・信金・信組・政府系金融
90.0 万円
マスコミ・広告
90.0 万円
鉄鋼・非鉄金属・金属・硝子・窯業・土石
88.8 万円
繊維・衣料
88.0 万円
医薬品・健康食品
86.3 万円
医療・福祉
86.3 万円
証券・商品取引
85.0 万円
生命保険・損害保険
81.6 万円
レジャー関連サービス
80.0 万円
紙・パルプ・木材
79.3 万円
自動車
78.4 万円
化粧品
75.0 万円
運輸・倉庫・物流関連
72.1 万円
新聞・放送業
72.0 万円
化学・石油化学
71.6 万円
その他製造業
67.8 万円
家電製品
67.6 万円
その他サービス
66.8 万円
電気通信業
66.1 万円
食品・食品加工
62.5 万円
電気・ガス・熱供給・水道
61.2 万円
卸売・商社
59.8 万円
薬品
57.0 万円
ソフトウエア・情報処理・その他情報サービス業
56.6 万円
飲料
50.5 万円
土木・建築・不動産・建築サービス
47.5 万円
日用雑貨・文具・事務用品
47.0 万円
教育
42.5 万円
出版・印刷関連
37.0 万円
 ベスト55は、「マスコミ・広告」「銀行・信託・信金・信組・政府系金融」「鉄鋼・非鉄金属・金属・硝子・窯業・土石」「繊維・医療」「医薬品・健康食品」の順(自由業・フリーランスは除く)。マスコミ・広告や金融系は平均して90万円もボーナスが出ている。鉄鋼関連は経団連調査では前年割れだったが、それでも水準は高い。医薬品業界のボーナス水準は昔から高いことで知られるが、ここでも上位につけている。

 一方、ワースト5はというと──「出版・印刷関連」」「教育」「日用雑貨・文具・事務用品」「土木・建築・不動産・建築サービス」「飲料」などとなっている。出版や土木・建築は今“構造的不況”に見舞われており、ボーナスもなかなかはずめないという事情が伝わってくる。

 技術者が多いと見られる「電気通信」「家電製品」「自動車」などは全体の業種別統計からすると、ほぼ中位に位置している。例えば自動車の78.4万円を、銀行やマスコミの90万円と比べたときにみなさんはどう感じるだろうか。金融資本主義とソフト化経済の浸透をあらためて感じる人もいれば、サブプライムローンなどの膨大な損失にもかかわらず、なぜこんなにボーナスが高いのかと、憤る人が出てくるかもしれない。
「自分の仕事に見合っている」が6割
 たとえ他業種・他業界に比べてボーナスが少なくても前年より大幅アップになれば満足度は高くなる。反対に、好調業種と言われながらも、個人や部署の業績が正しく査定されていないと感じれば、不満は高じる。

 ボーナス金額についての満足度を尋ねると、圧倒的に多いのは「自分の仕事内容に見合っている(60%)」という回答だった。次に多いのが「50万程度安い(34%)」というもの。モノづくり系に比べて、IT系での不満度が強い傾向はあるものの、総じて「並みの満足度」ということがいえる。同じ「見合っている」という回答も、個々に意見を問えば、さまざまな思いが交錯している。
DATA5 2008年夏ボーナスは仕事内容と比べて安い?高い?
DATA5 2008年夏ボーナスは仕事内容と比べて安い?高い?
ナマゴエ!!
ボーナスの満足度はさまざま……?
転職したばかりで、もらえるだけありがたい。今までの会社は年俸制で、ボーナスはなかったから(回路・システム設計/26歳)
業界自体が不調で、伸びが期待できなかったので(品質管理・製品評価/25歳)
上司との評価面談で、評価に対して十分な説明を受けたため(システム開発/31歳)
 最後に、これも恒例となったが、ボーナスの使い道についても尋ねた(複数回答)。
「貯金する」が81.6%と圧倒的に多く、その貯金額は40.3万円。2位が「買い物をする」の53.4%で、その金額は14.6万円。3位は「旅行する」32.1%では旅行代金として13.9万円を見積もっていた。
DATA6 2008年夏のボーナスは何にいくら使う?(※複数回答)
貯金する
40.3 万円
ローン返済にあてる
24.0 万円
買い物をする
14.6 万円
旅行する
13.9 万円
 調査対象や調査方法が異なるので一概に比較はできないが、昨年の夏ボーナスアンケートに比べると、「貯金する」という人の割合が増え、「ローン返済に充てる」という人の割合が減っている。

 原料・材料高や米国景気の悪化などの影響は、この秋以降さらに深刻度を増すという予測もある。それを見越して、夏ボーナスはせっせと貯金、という守備的な姿勢が強くなっているようだ。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ 宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
これまでのボーナスアンケートの中で、今回が最もボーナス額満足度が高かったように思います。そして、「貯金する」という人の割合も。また、同じ職種でも勤務先の会社業種によって、支給額に大きな差があったのも興味深い。景気のいい業界は人材ニーズも高いようですから、ぜひご参考に!

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア給与知っ得WAVE!

キャリアプラン、ライフプランの設計に「お金」の問題は欠かせません。エンジニアのお金に関する疑問に独自調査データとトレンド情報でお答えします。

エンジニア給与知っ得WAVE!

このレポートを読んだあなたにオススメします

エンジニア給与知っ得WAVE!

勤務先業種で満足度に格差!2011年賞与平均は106万円

エンジニア給与知っ得WAVE!東日本大震災や原子力発電所の事故に揺れた2011年。大企業のボーナス事情は明るかったが、中小企業は、非常に厳しい結果が報告されて…

勤務先業種で満足度に格差!2011年賞与平均は106万円

エンジニア給与知っ得WAVE!

20代、30代エンジニアの平均貯蓄額は、476万円!

エンジニア給与知っ得WAVE!景気の先行き感がいまだ不透明な時代に、頼れるのは貯金。とはいえ、給与・ボーナスが伸び悩むなかで、蓄財はそう簡単ではない。IT系と…

20代、30代エンジニアの平均貯蓄額は、476万円!

エンジニア給与知っ得WAVE!

前年比アップでも不満。2010年冬ボーナス平均は56万円

エンジニア給与知っ得WAVE!2010年冬のボーナス。デフレの深まり、円高の進行など景気の先行き感は不透明が続くが、大手企業では前年比プラスに転じているものの…

前年比アップでも不満。2010年冬ボーナス平均は56万円

エンジニア給与知っ得WAVE!

大手SIer・化学が健闘。2010年夏ボーナス平均は59万円

エンジニア給与知っ得WAVE!大手企業では3年ぶりに前年を上回っている一方で、中小企業ではボーナスの減額や、支給なしという企業もあるようだ。景気回復の波に乗る…

大手SIer・化学が健闘。2010年夏ボーナス平均は59万円

エンジニア給与知っ得WAVE!

不況で減額もやむなし?2008年冬のボーナス額と満足度

エンジニア給与知っ得WAVE!急激な景気後退の中で、企業の設備投資や生産調整、人員調整が続いている。日本経済には、急に暗雲が立ちこめ、雷鳴轟き、嵐が吹きすさぶ…

不況で減額もやむなし?2008年冬のボーナス額と満足度

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP