• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室 解析テーマ エアコン・空気清浄機

エアコンや空気清浄機が成長株として大いに注目されている。日本製モデルの省エネ性能や高機能性は世界の
知るところであり、国内需要に加えてエアコン普及率の低いアジア、欧州などで引き合いが強まっているのだ。
し烈な開発競争によって驚くような新技術も続々誕生。エンジニアにとっても面白み満載だ。
(取材・文/伊藤憲二 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:05.01.12
省エネ化、高機能化、環境対策などにより世界でニーズが急増中
業界事情
 日本では一家に1台どころか、ひと部屋1台が常識となりつつある家庭用エアコン。一時は飽和状態の様相を見せていたが今、再び注目を浴びている。インバーター、制御用コンピュータの高度化などで省エネ効果が飛躍的に高まったのに加え、マイナスイオンを発したり酸素濃度を上げたりといった、既存の空調に対する概念を覆すような新機能が、買い換え需要を大いに喚起しているのだ。

 エアコン需要の増大は日本に限らず、世界的なトレンドとなっている。日本冷凍空調工業会によれば、経済成長を遂げるアジアでは、2007年には年間3000万台規模に市場が拡大すると予想されている。さらにエアコンの普及率が低い欧米でも、近年しばしば熱波に見舞われたのをきっかけにエアコンへの関心が高まっており、販売増が見込まれている。
 日本国内の市場規模でも約7000億円とかなりのものだが、これら海外市場の伸びを見越して、新商品の開発熱はさらに高まっているのが実情だ。また、世界のエアコン業界を見ると、米国に巨大な冷熱メーカーがあるが、こと省エネ技術では日本陣営が世界のライバル企業を圧倒。その技術力は世界から注目されている。

 日本のメーカーに追い風となっている要素のひとつが、温暖化防止のための二酸化炭素の排出量削減を定めた京都議定書である。京都議定書を批准している欧州では、エアコン使用による二酸化炭素の増加を最小限に抑える必要がある。省エネ性能に優れた日本のエアコンは今後、国際競争の舞台でかなり有利に戦いをリードできると見られており、実際、既に多くの日本メーカーが海外販売の増強に成功している。

 一方、花粉やダニ、果てはディーゼル粉塵までも取り除くという新世代の空気清浄機も、エアコンと並んで人気商品となっている。近年はアレルギーの原因といわれているホルムアルデヒドなどの毒性成分をも分解する高機能タイプが人気で、売れ行きを順調に伸ばしている。
 エアコン、空気清浄機の人気は性能や機能に大きく左右されるため、企業サイドの研究開発意欲は相当に高い。エンジニアにとっても、かなり面白みのあるフィールドである。
採用動向
 エアコンや空気清浄機関連の人材ニーズは、昨今の技術開発競争を背景にかなりおう盛である。外資系企業を含めた大手家電メーカーはもちろん、回路、コンプレッサー、触媒など要素技術の設計を受託されるサプライヤーやラボラトリーまで、参入企業はさまざまだ。
 リクナビNEXTでは「エアコン」「空気清浄機」をキーワードにするか、業種別で「総合電器」や「家電」などを選び、職種で絞って検索すると求人情報をゲットできる。

 要求されるスキルは冷熱、触媒および電気が主だ。冷熱関係はエアコンの省エネ性能、空調性能の高さに直結するもので、ある程度の実務経験を要求される場合が多い。自動車、航空機、冷凍倉庫などの空調の経験があれば有利だ。
 熱交換以外の部分では、他業界からの転職希望者に対してもある程度門戸が開かれている。中でもエアコンの出力制御をきめ細かくコントロールするためのマイコン設計は、省エネ化のコア技術のひとつ。PAM、センサーを実装した回路設計の経験者なら、異業種からでも転職可能だろう。

 空気清浄機のほうは臭気、有害物質の分解のための技術が主となる。具体的には光触媒をはじめとする触媒全般、低温プラズマ、フィルター用の高分子素材などの経験があると有利。もちろんマイコンなど制御用回路設計をこなせる人材も必要とされている。また、最近のエアコンは、空気清浄機としての役割も重視されるようになってきており、これらのスキルがあるとエアコン開発の面でも有利だ。
 日本のエアコン、空気清浄機の省エネ性能、浄化性能は世界トップクラス。日本の空調メーカーで経験を積めば、外資系企業を含めて、活躍のステージは大いに広がる。関心のあるエンジニアはぜひ業界研究から始めてほしい。


  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

求人トレンド解析室

やっぱりオモシロイ!といえば研究開発職=R&D。次世代を担う新技術をキーワードに最新の業界事情と採用動向を解析します。

求人トレンド解析室

このレポートを読んだあなたにオススメします

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

パワーエレクトロニクス/省エネのコアテクノロジー

求人トレンド解析室電気エネルギーをコントロールする技術「パワーエレクトロニクス」が今、注目を集めている。地球温暖化防止が叫ばれる中で、省…

パワーエレクトロニクス/省エネのコアテクノロジー

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

超伝導/技術的ブレイクスルーに期待度上昇!

求人トレンド解析室夢のテクノロジーといわれた超伝導。現時点ではリニアモーターカーや医療機器など一部に試験的に使われている程度の萌芽的技術…

超伝導/技術的ブレイクスルーに期待度上昇!

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

リアプロジェクター/薄型ディスプレイ“第3の技術”

求人トレンド解析室プラズマや液晶が脚光を浴びる薄型ディスプレイ市場で、第3の技術であるリアプロジェクターテレビが急速に成長している。大画…

リアプロジェクター/薄型ディスプレイ“第3の技術”

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

ブラシレスモーター/革新の波が押し寄せる動力の源

求人トレンド解析室振動、騒音が少なく、トルクの安定性に優れたブラシレスモーターの技術革新競争が、世界で繰り広げられている。ハイブリッドカ…

ブラシレスモーター/革新の波が押し寄せる動力の源

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

低公害ディーゼルエンジン/究極の内燃機関への期待!

求人トレンド解析室世界中で開発競争が繰り広げられている、低公害ディーゼルエンジン。日米欧の3大市場で間もなく実施される厳しい排ガス規制へ…

低公害ディーゼルエンジン/究極の内燃機関への期待!

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP