女性のオフィスカジュアルって何が正解なの?会社へ出勤するときの服装

 入社する会社の服装規定がオフィスカジュアルの場合、どのような服装にするべきか悩む女性も多いのではないでしょうか。服装によって印象が変わることもあるので、できるだけ会社に合った正しい服装で出勤したいものです。そこで、失敗しないオフィスカジュアルについてポイントを紹介します。

f:id:r_kihara:20160822113706j:plain

オフィスカジュアルの定義は会社によってさまざま

 オフィスカジュアルとはスーツ程きっちりとした服装ではないものの、仕事をするうえで失礼にならない出勤時の服装のことを言います。仕事をしやすい服装であることが重要で、オフィスで着用する以上清潔感や、ある程度のきちんと感も求められるでしょう。パンツやスカートにカットソーなどを合わせた服装が定番といえますが、その定義はかなり曖昧です。会社によっても大きな違いがあり、ジャケットを着用していないこと以外はほとんどスーツと変わらないようなスタイルを推奨する会社もあれば、デニムにシャツというスタイルでも大丈夫という会社もあります。また、人によってもとらえ方が違うので、ある先輩には大丈夫といわれた服装が別の先輩に注意を受けるということも起こりえます。

先輩社員を参考にすれば間違いなし!

 オフィスカジュアルはスーツとは違い、毎日違うコーディネートが求められます。そのため、このパンツの質感は大丈夫だろうか?この色は派手すぎないだろうか?と迷うことも多いですよね。そんな時は、オフィスでおしゃれな先輩を見つけて真似をしてみるというのも良いでしょう。はじめのうちは、先輩の服装を参考に無難なコーディネートを心掛けていくうちに、なんとなくボーダーラインのようなものが自分なりにわかるようになります。また、参考にしたいと思った先輩に、どんなブランドで購入しているのか、服装の規定があるのかなど質問してみるのもいいでしょう。

NGな服から学ぶ!注意すべきポイント

 オフィスカジュアルの場合一般的にはNGというスタイルがいくつかあります。例えば、カジュアルすぎる印象を与えてしまうデニムなどは代表的です。特にダメージの入ったものなど清潔感のある印象とは対照的になってしまいます。もちろん、デニム生地スカートやシャツなどはカジュアルすぎる印象になるので避けたほうが良いでしょう。次に露出の多いスタイルもNGの場合がほとんどです。ノースリーブや丈の短いスカートなど、仕事場ではだらしない雰囲気に見えてしまう可能性があります。脚、腕、胸元など露出を少なくするために羽織物などを活用するといいですね。胸元はインナーに一枚タンクトップなどを着るだけできちんと感を出せます。また、服装の色味にも注意が必要です。蛍光色を大胆に使ったトップスや、原色一色のパンツなどインパクトの強すぎるものは避けるほうがいいでしょう。服装にアクセントがほしいときは、ジャケットのインナーにパステルカラーを使ったり、シャツに鮮やかなスカーフを合わせたりというワンポイントの使い方が上品に仕上がります。さらに、服装は正しいオフィスカジュアルでも、ネイルや小物の使い方で印象が大きく変わることがあります。ネイルOKな会社もありますが、どのくらいまでのものなら大丈夫なのか確認が必要です。小物は、ニット帽、派手で大きなアクセサリー、スニーカーなどオフィスカジュアルにはふさわしくないとされることが多いので気をつけましょう。このように、一般的にNGとされる服装を避けながら、仕事をするうえで失礼のない服装を選ぶのがコツです。

徐々に崩してオシャレを楽しもう!

 アパレル系やデザイン関係の会社など比較的カジュアルな服装でもOKの会社もあれば、営業系などできるだけきちんとした服装が求められる会社もあります。はっきりとしたことが分からない初めのうちは無難なスタイルでスタートし、徐々に崩せるところを学んでおしゃれを楽しむというのがポイントです。その場合、トップスはダボッとしたオーバーサイズのものではなく、スッキリとしたラインの物がおすすめです。白やベージュ、淡い色物のブラウスやシャツだと清潔感も出せます。パンツは動きやすいか、シルエットが綺麗かなどを基準に選び、大事な足元は黒やベージュを基本にしたパンプスだと失敗がないでしょう。アクセサリーは華奢な雰囲気の物を選ぶことで、全体が品良くきちんとまとまりやすくなります。ある程度、時間が経つと自分の会社のオフィスカジュアルのボーダーラインが分かるようになるので、パンツやスカートの質感、色物の使い方など少しずつアレンジを加えながら毎日のファッションをコーディネートしましょう。ネイルOKの会社の場合、確認したうえで単色のフレンチにワンポイントパールなどを加えたものなどが大丈夫であればおしゃれの幅も広がります。失敗しないオフィスカジュアルスタイルできちんとした印象を与えながらも、自分なりに毎日のファッションを楽しめるといいですね。

Pagetop