「させて頂く」は間違い!?正しい敬語を使おう

ビジネスパーソンが基本的なマナーとして身につけておきたいのが「敬語」です。とはいえ、正しく使えている人はそう多くありません。特に近年多くなったのが「させて頂く」という表現。これは敬語なのでしょうか。

今回は「させて頂く」の正しい使い方について紹介します。

「させて頂く」の適切な使い方

職場や取引先で「させて頂く」という言葉は頻繁に耳にします。非常に丁寧な言い方にも聞こえますが、使い方を間違えることで思わぬトラブルを生むこともあります。「させて頂く」について文化庁は、

基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合

に使うのが正しいとしています。つまり、

・相手の許可を受けているかどうか

・恩恵を受けるのかどうか

というこの二点が条件ということができます。こうした見方からいえば、普段耳にする「させて頂く」の中にも正しいものと間違っているものがあります。

例えば「スケジュールを変更させていただきます」という表現があるとします。これはスケジュールを変更するためには「相手の許可」が必要で、また変更したいのは自分なので恩恵を受けるという意味が含まれています。そのため正しい使い方といえます。お店やオフィスなどで「こちらは処分させていただきます」というのも正しい使い方です。処分は勝手にできないので許可が必要ですし、処分することで個人情報を守ることができたり会社のルールに則ることができるのはこちら側だからです。それではどのような場合が不適切なのでしょうか。

「ごあいさつさせていただきます」は少し微妙なところです。あいさつについては、「相手の許可」や「恩恵」というようなことが関わってきません。なぜなら、あいさつは許可を得なくてもするのが普通のことだからです。この表現は正しいというよりは、慣習化してしまった例といえるでしょう。大学の授業やプレゼンテーションで「これから発表させていただきます」というのも同じような表現です。厳しい教授や上司であれば「別に発表しなくてもいいよ、頼んでない」と皮肉を言うかもしれません。あいさつや発表のように、「許可」を必要としない場面ではあまり使わないほうがいいかもしれません。

「いたしました」でも十分伝わる?

このように「させて頂く」は線引きが難しい側面があります。いちいち「相手の許可」と「恩恵」という条件を満たしているか確認してから、敬語を使うというのは少し面倒です。そこで「いたしました」という表現がおすすめです。「いたしました」も「させて頂く」と同様に謙譲語ですが、「いたしました」は単に自分がすることに対しての表現です。つまり、相手の許可や恩恵といった条件は関係ないのです。

例えば先ほどの「これから発表させていただきます」という表現も「これから発表いたします」と言えば、「別に頼んでいない」と言われることもなくなるでしょう。

「させて頂く」に限らず、敬語を使う上で最も大事なのは場面や状況を意識することです。大学の教授がいかに皮肉を言おうとも笑いで済ませるかもしれませんが、重要なビジネスの場面ではそういうわけにはいかないこともあります。言葉遣いに厳しい人が取引先にいれば、たった一つの表現が思わぬトラブルとなってしまうかもしれません。

正しい使い方、間違った使い方

「させて頂く」の間違った使い方をいくつか紹介しておきます。1つ目が「くどい表現」です。

「本日お渡しさせていただいた商品ですが、ご確認いただいたでしょうか」

ここまでうっとうしい表現は、かえって迷惑です。「本日お渡しした商品ですが、ご確認くださいましたか」のようにスッキリすることで、印象も良くなります。

2つ目が「文法自体を間違っている表現」です。二重敬語はよく見かけるミスですが、それ以外にも尊敬語と謙譲語の使い分けなど、基本的な文法をおさえていない人も少なくありません。「拝見させていただきました」という表現は大きな間違いです。「拝見する」は「見る」の謙譲語ですが、「~させて頂く」も謙譲語です。意外に使われているのが「拝見いたしました」という表現。これも「いたします」が謙譲語のため、二重敬語ということになります。正しくは「拝見しました」です。敬語というと丁寧さを出そうとして、回りくどい言い方になってしまいがちですが、必ずしもそれが正しいとはいえないのです。敬語は社会人として基礎的なスキルです。きちんと勉強して、正しく使うことで人間関係を円滑にしましょう。

こちらの記事も合わせてチェック!

監修:リクナビNEXTジャーナル編集部

Pagetop