渋滞のピークは9月20日!? シルバーウィークを快適に楽しむポイント

f:id:macha310:20150910110157j:plain

photo by tomohisa suna https://flic.kr/p/76GJbH

今年の9月は6年ぶりとなるシルバーウィーク! 9月19日(土)~23日(水)の5日間の大型連休に、旅行の計画を立てて心躍らせている人が多いことでしょう。しかし、そんな大型連休の最大の懸念と言えるのが、高速道路の渋滞。少しでも渋滞を回避したいところですよね。

大渋滞が予想されるのは……

NEXCO各社が発表した高速道路の渋滞予測では、9月19日(土)~22日(火)の間に渋滞が多く発生するとされており、ゴールデンウィーク並みの混雑とも……。

10km以上の渋滞が予想されているのは、下り線が9月20日(日)、上り線が9月22日(火)。特に長い渋滞が起こりやすいと予想されるのはは、以下の通りです。

下りの渋滞のピーク予想

(東日本)関越自動車道 9月20日(日)8時頃。花園IC付近で50km。

(中日本)中央自動車道 9月20日(日)6時頃。相模湖IC付近で35km。

(西日本・本四)中国自動車道 9月20日(日)8時頃。宝塚東TN付近で35km。

上りの渋滞のピーク予想

(東日本)関越自動車道 9月22日(火)16時頃。高坂SA付近で45km。

(中日本)東名高速道路 9月22日(火)17時頃。大和TN付近で35km。

(西日本・本四)九州自動車道 9月22日(火)17時頃。広川IC付近で30km。

渋滞を回避する対策

ピークのときには最大で2時間近くもの渋滞が予想されていますが、少しでも早く快適に目的地に到着したいところ。出かける前に確認したい渋滞回避策のポイントを2つ紹介します。

渋滞が発生すると予測されている時間帯を避けて出発

NEXCOが発表している渋滞予測の時間帯を避けて出発することで、渋滞を回避できるかもしれません。各道路の渋滞ピーク時刻を見ると、いずれも7時〜18時の間で混む可能性があると予想されています。

夜間~早朝の間に出発すれば、渋滞に巻き込まれる確率が少なくなりそうです。また、連休の最終日も自宅で休養したいと考える人が多いため狙い目かも。

渋滞を回避するには、どのタイミングで一般道に降りるかもポイント。はじめから迂回ルートを選択する方が、早く目的地に着く可能性もあります。NEXCO公式サイトで、あらかじめ渋滞予想を確認することがオススメです。

ETC利用で料金所の通過をスムーズに

ETCは渋滞の軽減には効果的で、休日割引が適用されると料金が約30%割引されるというメリットも!

シルバーウィークは9月19日(土)~23日(水)は休日割引となるので、利用する区間が割引対象かどうか調べておくといいかもしれません。まだETCをつけていない人は、これを機に検討してみてはいかがでしょうか。

立ち寄りたいサービスエリア3選

高速道路での旅の楽しみのひとつがサービスエリア。渋滞の疲れを癒してくれるオススメのサービスエリアを紹介しましょう。

足柄SA(静岡県:東名高速道路)

富士山に近い場所にあり絶景が楽しめます。また、露天風呂やサウナなどのサービスが充実しています。

浜名湖SA(静岡県:東名高速道路)

美味しいグルメが堪能できるのが浜名湖SA。浜名湖名物のうなぎや、浜松名物の餃子はぜひ食べたい一品です。また、浜名湖を眺められるスポットでひと休みできるのも人気の理由。

海老名SA(神奈川県:東名高速道路)

ショッピングモール並みに施設が充実しています。ここで食べたいのが、名物のメロンパン! 外はカリカリ、中はしっとりで絶品と評判です。

大渋滞が予想されるシルバーウィーク。サービスエリアで適度な休息をとり、安全運転で旅をお楽しみください。

文/chan-rie

Pagetop