読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

「もう仕事辞めたい!」となる前に知っておきたい職場の人間関係に関するhowto

職場での人間関係に嫌気がさし、「もう仕事を辞めたい!」と感じたことはありませんか。1度人間関係がこじれると完璧に修復することは難しく、辞めたいと感じるような環境で働き続けることによって、ストレスを溜めこんでしまう方は多く見られます。

仕事を辞めてしまったとしても、次の職場が必ずしも辞めたいと思わなくなるような快適な職場とは限りません。仕事を辞める前に、他にできることがないかを考えてみませんか?

――実は、職場での考え方や行動を少し変えるだけで、仕事を辞めたくなるようなストレスは解消できることをご存じでしょうか。自分が気持ちよく働くためには、単に仕事をこなすだけでなく、環境や状況によって考え方や行動を変えることが大切になります。

そこで今回は、人間関係に悩まされないためのマインドチェンジ法や、具体的な行動をいくつかご紹介します。

 

「もう仕事辞めたい!」となる前に

 

【マインドチェンジ法その1】友人と同僚を区別する

相手が「近しい人間である」と意識するほど、人間は多くのことを求めるようになります。そのため、友人と同僚を混同して考えると、職場での人間関係にストレスを感じやすくなってしまいます。

本来、友人に求めているものと、同僚に求めるべきものは異なります。友人に対しては「優しさ・親切さ」を求めることができますが、同僚は仕事上の関係であるため、必ずしも優しさや親切さを見せてくれるわけではありません。

また、社会人として働いている方の中には、プライベートと仕事をはっきりと割り切っているような方も少なくありません。そのような方のプライベートに踏み込んでしまうと、信頼関係を壊してしまう恐れがあり、その結果として自分にもストレスが溜まってしまいます。

したがって、職場では友人と同僚をしっかりと区別し、あくまでも仕事上で信頼関係を築くように心がけましょう。

 

【マインドチェンジ法その2】相手に期待しすぎない

同僚に期待しすぎると、その期待が裏切られた時にストレスを感じやすくなります。仮に相手にその怒りをぶつけてしまうと、信頼関係や人間関係が壊れてしまい、さらに大きなストレスが生じてしまうでしょう。

職場では、多くの方が自分が担当する仕事に集中しています。したがって、誰かの役に立つ仕事であったとしても、自分がこなす必要がない仕事に関しては、無関心であるといったケースは少なくありません。そのような同僚に対して、「できれば〇〇をしてくれれば助かる」と期待しても、期待を裏切られてしまう可能性が高いのです。

また、同僚に期待しすぎないことによって、自分がこなす仕事の質が向上することもあります。周りに期待せず、しっかりと自分の仕事をこなすことができれば、周りからの評価も自然に高まっていくでしょう。

相手に期待しすぎない

http://static6.shutterstock.com/pic.mhtml?id=72332329&src=id

 

【マインドチェンジ法その3】何のために発言するのか考える

職場では、感情に任せて思ったことを発言すると、人間関係にヒビが入ってしまうことがあります。発言という行動は、「相手に何かを分かってもらうため」にするものです。したがって、仕事上のメリットがなく、ただ相手を不快にさせてしまったり、落ち込ませてしまったりする発言は控えることが大切です。

発言をする前には、自分が何のために発言するのか今一度考えてみましょう。例えば、仕事のスピードが遅い同僚に対して、「あなたのせいで仕事が遅れている」と率直に伝えても、単なる嫌味に聞こえてしまう可能性があります。同僚の仕事を促すどころか、逆に仕事の効率が落ちてしまい、さらに大きなストレスを感じてしまう恐れがあります。

このようなケースでは、「仕事の正確性はありがたいが、もう少し効率を上げてくれると助かる」のような伝え方が望ましいでしょう。自分の失敗に気付かせ、仕事への集中力を高めて欲しいという「目的」を実現できるような言葉を選ぶことが大切になります。

 

【マインドチェンジ法その4】素直・正直でいるよう努める

基本的に「言い訳」は言わないように心がけ、素直・正直でいるように努めることが大切です。

説得力のない言い訳を伝えてしまうと、上司や同僚をさらに怒らせてしまう恐れがあります。中には、言い訳を聞くだけで不快感を露わにするような方も見られます。

仕事で失敗してしまった時には、言い訳の代わりにこれから自分が起こすべき行動や、注意するべきポイントを考えてみましょう。仕事に対して前向きな姿勢を見せることができれば、上司や同僚も前向きに捉えてくれる可能性があります。

 

【具体的なアクションその1】悪口や陰口を言わないように努める

職場での人間関係に関する悪口・陰口を日頃から言っていると、本人にその内容が伝わってしまう恐れがあります。その結果として思わぬトラブルに巻き込まれ、大きなストレスが生じてしまうこともあるでしょう。そのため、悪口・陰口に関しては、日頃から言わないように努めることが大切になります。

また、人間は普段から悪口・陰口を言っていると、「自分も誰かに言われているのでは…」と不安を感じてしまう傾向が見られます。そのような不安が、大きなストレスにつながっているといったケースも少なくありません。

職場の人間に対しては、普段からその人の「長所」に目を向けるように心がけてみましょう。長所や尊敬できる部分に目を向ければ、その人に対する不満が気にならなくなることもあります。

悪口や陰口を言わないように努める

 

【具体的なアクションその2】会話をする時に「聞く時間」を作る

誰かと会話をする時には、自分が一切発言しない「聞く時間」を意識的に作ることが大切です。基本的に人間は、自分の話を遮られてしまうと不快を感じます。聞く時間を作ることによって、より良い人間関係を構築しやすくなるでしょう。

もちろん、自分が話す時間を作ることも大切なポイントです。自分が話す時間については、基本的に相手が全て話し終わったタイミングを選ぶようにしましょう。

相手の話を全て聞くことによって、話したい内容が新しく思い浮かぶ可能性もあります。このような方法で会話をすれば、ストレスが溜まりにくくなるだけでなく、より有益な会話をすることにもつながります。

 

【具体的なアクションその3】挨拶・返事・謝罪は徹底的に

挨拶・返事・謝罪は、社会人として当たり前の行動です。しかし、勤続年数が長くなり慣れてくると、これらの行動を軽視してしまうような方も少なくありません。挨拶・返事・謝罪はコミュニケーションにもつながるため、日頃から徹底するように心がけましょう。

挨拶に関しては、「おはようございます」「お疲れ様です」の2つを徹底すれば、特に大きな問題はありません。はっきりとした声と笑顔を意識し、相手に好印象を与えられるような挨拶を心がけましょう。

返事に関しては、タイミングと言い方に注意することが大切です。不必要な場面で返事をすると、相手に「本当に分かっているのか」と感じさせてしまう恐れがあります。また、「はーい」のような締まりがない返事では、相手に不快感を与えてしまいます。必要なタイミングを見極め、語尾を強めて締まりの良い返事にすることを心がけましょう。

謝罪に関しても、誠意の伝わる言い方を選ぶことが必要になります。自分がミスを犯した際には、「申し訳ありませんでした」とはっきりした声で言うことを意識しましょう。

 

【具体的なアクションその4】適度に屋外に出る

普段室内で仕事をしている方は、適度に屋外に出ることを心がけてみましょう。日光を浴び外の空気を吸うことによって、ストレスを緩和することにつながります。

特に、職場の人間関係でイライラしてしまった際には、1度職場の人間と距離・時間を置くことが大切です。一時的に距離・時間を置けば、冷静さを取り戻すことができるでしょう。

普段屋外で仕事をしている方は、仕事の現場から一時的に離れてみましょう。同じ屋外でも、場所によってストレスの感じやすさは変わってきます。

 

仕事を辞める、その前に

ここまで、人間関係に悩まされないためのマインドチェンジ法や、具体的な行動について紹介してきました。

職場で上手に人間関係を構築することができれば、ストレスが溜まりにくい環境を作ることができます。そのため、基本的には「より良い人間関係を構築する」ことをスタンスとし、普段から自分の発言や行動に注意することが大切です。

今回紹介したマインドチェンジ法や行動は、誰でも簡単に行えるものです。人間関係に悩まされ仕事を辞めたいとまで考えている方は、今回紹介した方法を積極的に試してみましょう。