• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
「お金を取るか? 世界有数の技術と仲間を取るか?」に迷ったらどうする?
「給与大幅減」でも1年ガマンの末、転職したK・Tさん(32歳)
会社が倒産寸前、給料は遅配……続々と周囲が辞める中、それでも会社を離れなかったK・Tさん。魅力的な新技術の卵、一緒に夢を追ってきた仲間の存在が大きかったからだ。だが、長期化する無給状態からついに転職活動を始め……。
(取材・文/中村伸生 総研スタッフ/木下ミカエル) 作成日:03.06.25
THANKS! 「会社の経営状態が悪化していて給料が大幅ダウン。仕事は面白いが、今後どうしようか悩んでる」(rempeiさん・29歳)などの声からこの企画は生まれました。
PROFILE
中堅半導体商社に転職した
K・Tさん(32歳)
96年、大手電機メーカーに入社し、半導体設計部門で活躍。99年には大規模な設計プロジェクトのリーダーとなるが、マネジメント業務が増加。次第に純粋な開発・設計を続けたいという思いが膨らむようになり、2000年、以前から注目していたベンチャー企業の無線機器開発メーカーに転職。ところが、転職した翌年の2001年より業績が悪化。再生のめどが立たないため、やむなく転職を決意。2003年1月、中堅半導体商社A社にフィールド・アプリケーション・エンジニアとして入社。
SCHEDULE 転職決意から入社まで169日
2000.4 無線機器開発メーカーに転職
大手メーカーからベンチャーへ
2001.4 勤務先が最初の資金難に
給料遅配ぐらいは覚悟
2001.5 人材紹介会社登録
著名企業からのオファーで自信
2001.8 勤務先が大プロジェクト受注
ほぼ無給でハードワークが続く
2002.4 大型商談失敗
残念。再び勤務先に暗雲が
2002.10 やむなく転職決意
もう妻に苦労をかけたくない
2002.10 社長に打ち明ける
将来の再会を誓い合う
2003.1 半導体商社A社に入社
オフタイムは前社の仕事を手伝う
||  キッカケ編  ||  給与激減、ボーナスカット……それでも踏ん張る日々
||  決断編  ||  ほぼ無給状態が1年。ついに転職を決意
||  活動編  ||  今の会社への思いを秘め、自分を売り込む
キッカケ編 給与激減、ボーナスカット……それでも踏ん張る日々

2001年4月10日 給与が半額!?

 今月分から給与が半額になることを知らされる。会社の資金繰りが悪化しているらしい。入社2年目になったばかりとはいえ、わずか30人の会社だ。経営状態が悪いことはうすうす感じていた。けれど社長が全員の前で月給の半額カットを言い渡さねばならないところまできているとは思わなかった。

4月11日 なんとか頑張りたい

 昨晩、妻には正直に事実を伝えた。だが、先輩や同僚の中には、家に帰っても家族に言い出せなかった人が多いようだ。転職を考えているという人もいる。

 しかし自分は安定を捨てて大手メーカーから転職してきた。少々の待遇悪化は覚悟しているつもりだ。待遇はよくないが、ここでは大手ではできない世界有数の技術を身につけることができると思う。モノづくりの楽しさもある。何より今、開発中の無線関連技術も世界に向けて誇れるレベルだと思っている。ここは自分自身が頑張って、なんとか会社を盛り上げていきたい。

5月12日 万が一を考えて……

 今の会社を離れる気が起ったわけではないのだが、人材紹介会社に登録してみる。万が一を考え、ここで一度、自分自身の市場価値を確かめておきたいという気持ちからだ。

5月19日 登録結果

 自分の技術力には自信があったが、予想以上に多くの企業からオファーがあるとエージェントから連絡が入った。聞けばそうそうたる企業ばかりだ。とくに自分の無線関連技術が高く評価されているらしい。これで万が一、今の会社を離れることになっても大丈夫かもしれないとホッとする。

5月25日 今度はボーナスカット

 資金繰りは相当悪いようだ。この日、今夏のボーナスは出ないと言われた。ボーナスぐらいで夢を捨てられるか……と思ったのは少数派だったようで、次の日からくしの歯が欠けるように社員が辞めていった。

7月2日 とうとう4人に

 3カ月でほとんどの社員が退職し、社長を含めてわずか4人になってしまった。だが、マネジャーなどコアメンバーは残っている。僕自身はこの会社を辞めたいという気持ちはないが、それはただ「のんびりしている」だけなのだろうか?

8月10日 大型受注! でも……

 8000万円ほどの大型開発依頼を受注した。これで会社は一息つけるだろう。だが、本来なら20人でこなす規模の案件を2人でこなさなければならない。明日からが大変そうだ。

12月20日 会社のためなら

 大型受注との引き換えに、多忙な日が続いている。郊外の開発センターに寝泊まりする毎日だ。帰るのは週末だけ。これも会社の明日のためだ……と自分を励ます。なんとか乗り切りたい。
決断編 ほぼ無給状態が1年。ついに転職を決意

2002年2月15日 ほぼ無給状態に

 無休どころか、ほとんど「無給」状態が半年以上も続いている。昨年秋から、妻はパートに出るようになった。彼女に迷惑をかけていると思うとつらい。

4月3日 商談がとん挫

 二つ目の大型プロジェクトの案件がとん挫してしまった。コスト削減が理由だ。待ち望んでいた無線関連技術の先端開発だった。成功すればうちの会社に対する評判もさらに上がり、次の受注につながるチャンスだったのにと思うと悔しい。あきめきれない気持ちばかりが残る。

8月30日 再び暗雲

 くだんのプロジェクトが完了した。ところが新たな案件がない。会社の経営状態は再び暗礁に乗り上げた。

9月20日 もう限界なのか

 ほとんど無給に等しい状態が1年も続いている。もう貯金は底をついた。妻には苦労をかけっぱなしだ。会社が急に持ち直す見込みもない。もう限界か。職を探すべきか。

10月01日 決意

 このままでは生活できない。転職しなければ……そう思った。他人は何と思おうが、この2年は無駄ではないと思っている。得難い技術・スキルを身につけられたからだ。コスト管理、経営的視点の大切さも身にしみて痛感した。さっそく人材紹介会社に足を運んでみる。

10月02日 しばしの別れを予告

 やむをえず、近いうちに転職したいことを直接社長に伝える。社長は「こんなことになってすまない」と言ってくれた。自分だってこの人と一緒に夢を追い続けたい。胸が締めつけられた。そして、本心から「必ず戻ってきます」と言った。
 それにしても、転職後も何らかの形で今の会社を手伝う方法はないものだろうか。

活動編 今の会社への思いを秘め、自分を売り込む

12月20日 A社1次面接

 以前から目をつけていた中堅半導体商社A社に、話をつけてほしいと人材紹介会社に頼んでいたのだが、ようやく面接となった。A社を選んだのは、無線機器に搭載するLSI本体について学ぶことで、将来、今の会社に戻るときに役立てたいという気持ちからだ。

 面接では、人事トップと技術マネジャーと話し合った。技術力を見てもらうには自分の作った製品を見せるのがいちばんだろう、と考え持っていったところ、かなり好評だった。
 ……が、今の会社にいずれ戻って再興するつもりであること、またオフタイムに今の会社を手伝いたいと考えていることも正直に言ってしまった。こんな言い方で受かるかどうかはかなり怪しい。こんな応募者ないよな、と苦笑してしまった。

12月24日 トントン拍子に

 予想に反して、面接通過。さらに入社の方向で話が進んでいるそうだ。先方にはこれまで培ってきた無線関連の技術力が評価されたらしい。それに、転職後も今の会社を手伝いたいという希望は、ベンチャースピリットとして評価されたそうだ。
 あとは給与面の交渉。人材紹介会社とボトムラインだけ示し合わせて、あとは任せることにした。


12月26日 A社内定

 A社の内定が決まる。業務内容は半導体製品の顧客サポートだ。給与もこちらの希望した額で折り合いがついたようだ。これで貯金をとり崩す生活をせずにすむ。とりあえず、ホッとした。早く来てほしいという先方の希望に応じて、年明け早々から出社することに決まった。
今だから言える・・・反省の小部屋
技術志向だけじゃダメ。エンジニアにも経営的視点はいる
 今回の件で、つくづくエンジニアにも経営的な視点が必要だと感じた。大手企業を辞めて前社に入社したときは「自分のやりたいことがしたい」としか考えなかったが、どんなに技術力があっても、それを実現する資金がないと形にならない。前の会社には今でも愛着があるが、コスト意識を無視した経営は危険だと痛感した。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
木下ミカエル(総研スタッフ)からのお願い
「世界に誇る技術」「夢」「やりたい仕事」が満たされながらも「お金」の面で、転職を余儀なくされたK・Tさん。今回は「お金」VS.「技術+仲間」でしたが、転職の際に条件や待遇の「二者択一」で悩まれた経験のある方、また現在悩んでいてなかなか転職に踏み切れない方、ぜひご意見をお聞かせください。

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア☆マル秘転職活動記

エンジニアが転職を決意してから入社するまでのプロセスを日記形式で紹介。行動、感想、入社後の反省点などをリアルに綴る転職ドキュメントです。

エンジニア☆マル秘転職活動記

このレポートを読んだあなたにオススメします

経営していた半導体装置メーカーが倒産!

自らの手で倒産……転職でどん底から復活したF.Sさん

エンジニア☆マル秘転職活動記season.2転職は企業に雇用される社員がステップアップや環境変化を求めて利用する手段とは限らない。外資系半導体装置メーカーに転職したF.Sさ…

自らの手で倒産……転職でどん底から復活したF.Sさん

半導体製造のコア技術を武器に企業を転々

「自分の責任でやり遂げる仕事」にたどり着いた・40歳

エンジニア☆マル秘転職活動記短期間での内定獲得や引き抜きなど一見、順調にステップアップしてきたかに見えるT・Kさん。しかし、納得して働いている現在…

「自分の責任でやり遂げる仕事」にたどり着いた・40歳

メーカー3社を経験し、コンサルタントとしていよいよ起業

半導体プロセス技術習得のため転職を経て独立・28歳

エンジニア☆マル秘転職活動記H・Kさんは起業を見据え、世界的にも高い技術力で知られる企業やワールドワイドで知られる大手企業を通過点とし、華麗にステ…

半導体プロセス技術習得のため転職を経て独立・28歳

情報システム開発スキル・流通系CRM業務ノウハウをピンポイントアピール!

40歳の壁を越えてコンサルタントに転身した/A・Eさん

エンジニア☆マル秘転職活動記A・Eさんが新卒入社したのは日本を代表する大手電機メーカー。しかしメーカー系SEとしての立場に疑問を感じ、大手SIer…

40歳の壁を越えてコンサルタントに転身した/A・Eさん

若きベンチャー経営者があえて転職市場に挑戦!

大企業→外資系に選社基準を転換して再転職/E・Yさん

エンジニア☆マル秘転職活動記E・Yさんは大学在学中にホスティングの会社を起業し、軌道に乗せた経験をもつ。一度は社会を知ろうと転職サイトを使って電力…

大企業→外資系に選社基準を転換して再転職/E・Yさん

僕たち私たちの転職忍者の術★31

バレないようにコッソリ転職活動したいでござる の巻

在籍中に転職活動をする場合、今の会社にバレないようこっそり慎重に進めたいもの。ときには家族や友人にも内緒で活動したいケ…

バレないようにコッソリ転職活動したいでござる の巻

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP