読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

知らなきゃ損する!?SNSにもビジネスマナーを

 今では広く浸透したFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス、略してSNSですが、疎遠になっていた知人や遠いところで暮らしている友人と再びつながりが持てるというメリットがある反面、SNSを通して社会的信用や地位を失うなどの負の側面も知られるようになりました。SNSはビジネスの場でも使われているので、使い方を間違えると明日からの仕事が難しくなるというリスクもはらんでいます。しかし、SNSを有効的に使えば逆にビジネスチャンスにもつながるので、大切なことはSNSが持つリスクを正しく理解することといえるでしょう。それでは、ビジネスシーンでSNSを使用する際のマナーについて、一緒に見ていきましょう。

f:id:r_kihara:20160802153452j:plain

仕事中にFacebookを使ってもいいの?

 世界中に利用者がいるSNSの王様「Facebook」は、実名登録を基本としているので、ビジネスの場でよく使用されるSNSのひとつです。しかし、実名登録だからこそ、誘われたらSNSで繋がらないという選択をすることが難しいという側面があります。SNSをビジネスで使用するとき、大切なことはプライベートと仕事用にアカウントを分けることです。ビジネス用のアカウントを持っていれば、私生活を取引先や上司に見せてしまうことはありませんし、家族や友人に仕事をしている姿を見られることもないでしょう。また、アカウントを分けることで、仕事中にFacebookを開いていたとしても問題がないという可能性もあります。仕事に関係ないプライベートなSNSを仕事中にしていると、周りから良い顔はされないでしょう。サボっていると思われるかもしれません。一方、同じSNSでもビジネス用のアカウントであれば、仕事中に見ていたとしても責められる可能性が少なくなります。なぜならメッセージを頻繁にチェックして返信することで、ビジネスの役に立つからです。しかし、もちろん仕事そっちのけでビジネス用のFacebookにかじりつくのは危険なので、外出中など業務の邪魔にならない範囲にしておくことが大切です。プライベート用のアカウントは、休憩中など業務の時間とは別のプライベートな時間に覗くようにしましょう。 

メッセージでスタンプは避けたほうが無難?

 SNSの多くにあるスタンプ機能ですが、ビジネスの場で使って良いのか悩んでいる人も多いことでしょう。特に取引先や上司など目上の人とのやりとりで、スタンプを使って返信しても良いものなのでしょうか。そのような部下の悩みを知らずに、上司の方からスタンプを使ってのメッセージが届くことがあります。しかし、それに対して同じようにスタンプを使用して返信するのは少し待ってください。自分がスタンプを使うのは良くても、目下からスタンプを返されるのは快く思わない人もいます。また、上司がスタンプを使っていないのにこちらからスタンプを送るのはもっと危険です。上司などからスタンプでのメッセージが送られてきたとき、基本的には文章で返すと良いでしょう。相手の状態や会話の状況によっては、和ませたり笑わせたりするなど場の雰囲気を良くする目的でスタンプを使うのは結構です。しかし、あまりフランクになりすぎると不快感を与えてしまう可能性があります。逆に、上司の方でスタンプを使ってリラックスした会話を促しているのに、頑なにかしこまった文章だけの返信をするのも良くないので、状況を見て柔軟に対応するのがスタンプを使用する上でのマナーです。 

公開していい情報とダメな情報

 SNSでの失敗の多くに、情報の公開の仕方を間違うというものがあります。社内の機密事項や取引先の情報の取り扱い方を間違えると、それは全世界に公開されてしまいます。一度外に出てしまった情報はとり消すのが難しいので、自身の信用を落としてしまいます。まず大切なことは重要な情報はSNSに書かないことと、投稿する前は常に公開設定をチェックしてから投稿ボタンをクリックすることです。SNSによって違いはあるものの、たいていの場合は公開、限定公開、非公開の3種類から選べます。用心しておくために初めは非公開に設定しておき、後から公開や限定公開に手動で切り替えると安全性が増すでしょう。また、情報を公開したつもりがなくても、うっかりミスで重要な情報を出してしまうことがあります。例えば取引先の人が新製品に関する宣伝をSNS上で公開した際、それに対してコメントをしたとしましょう。取引先と自分の会社だけしか知らない情報をうっかり書き込んでしまうと、多くの人の目にさらされて情報が漏洩します。気が付いたらすぐに投稿を削除すべきですが、気づかずに放置してしまうと炎上してしまう危険性もあるので、自分のコメントは何度も読み返し、しっかりと責任を持って投稿ボタンを押すようにしましょう。