つい見落としがちな部分が実は重要

レジュメ入力「見直しポイント」

職務経歴や自己PRなどの「自由記入欄」は定期的に見直しブラッシュアップしているのに、なかなかオファーが届かない…という人、いませんか?もしかしたら、企業が重視している項目を更新していなかったり、安易に記入しているせいで、企業に見つけてもらえない可能性があります。今回は、うっかり見落としてしまいがちなポイントをまとめてみました。レジュメを少し見直すだけで、検索される回数がぐんと増えるかもしれませんよ。

2010年6月23日

●この4項目、登録してから一度も見直していないんじゃない?

「転職意欲」を「まだ考えていない」にしていない?

いくら求めるスキルにドンピシャであっても、「まだ積極的に転職を考えていない」という人には、企業はオファーを送りにくいものです。実際、いますぐ転職するつもりはなくても、心を揺り動かす出会いがあれば、真剣に転職を考えるかもしれませんよね?また、自分の市場価値も、企業に評価されるスキルや経験も、オファーが来てこそわかるもの。まずは「積極的に多くの企業に会いたい」に変えてみませんか?

「就業状況」変わっていない?

レジュメを登録した時は就業中だったけれど、今は会社を辞めて失業期間…という人、いるのでは?「人手が足りず、すぐに欲しい人材に来てほしい」「即戦力としてバリバリ活躍してほしい」と考えている企業の場合、「すぐに入社してもらえるから」という理由で、あえて「離職中」の人中心にオファーを送るケースがあります。就業状況は、登録者がいつから就業できるのか判断する目安になるので、常に最新の状況を登録しておきましょう。

「希望勤務地」を限定したままになっていない?

「今の勤務先が都内だから、希望勤務地は東京とその近郊にしておくか」などと深く考えずに登録した人、多いのでは?でも仕事は全国にあります。自分がやりたい仕事、スキルが最大限活かせる仕事は、もしかしたら意外な場所にあるかもしれません。実際、勤務地を「こだわらない」にしたら考えてもみなかった地域からオファーが来たが、仕事内容が魅力的だったので転職に踏み切った…という実例も数多くあります。せっかくのチャンスを逃すのはもったいない!特にこだわりがないならば、いったん勤務地の指定は外して、オファーを受け取ってからじっくり検討する…という方法もありますよ。

「希望年収」を高めに設定し過ぎていない?

オファーを出す前に、企業が必ずチェックしているのがこの欄。「現年収プラス100万円ぐらい上がるといいな〜」などと、ゆるっと希望を書いていたりしませんか?企業が出せる金額には限界があり、それを上回る希望額の人には「どうせ辞退されるだろうな…」と、オファーを出すのを断念するケースが大半のようです。年収アップが必須条件であれば、もちろんそのままでもいいですが、「希望年収のバーを一度取っ払い、オファーが来てから吟味する」というのも一つの方法ですよ。

●この3項目、登録したときと内容・レベルが変わっているんじゃない?

「経験職務チェック」の経験年数、業務領域、増えていない?

「経験職務チェック」欄は、企業が最も重視する項目。自社が求めるスキルレベルを持っているかどうか、この欄の星の数で検索しているのです。「登録した時は、○○業務の経験が2年ちょっとだったけれど、あれから1年経ちました…」なんていう人、放置していてはもったいない!経験年数3年未満と3年以上では、企業の評価は大きく変わります。また同様に、仕事の領域が増えている人もいるのでは?例えば「メイン業務は総務だが、今年から人事業務も兼務するようになった」、「営業職だが、最近では企画の仕事が増えてきた」などという人は、新しい業務もぜひ入力を。経験職務が増えれば、思わぬ職種・思わぬ役割のオファーが舞い込む可能性が高まりますよ!

「語学レベル」、UPしていない?

TOEICのスコアや会話レベル、上がっていませんか?実務の幅も広がっていませんか?仕事で使っていたり独学しているなら、数カ月単位でスキルレベルが変わっていることでしょう。語学力を重視する企業は、例えばTOEICのスコアや会話レベルを条件に、オファーを送る人を探しています。語学力を活かせる仕事に就きたい人ならば特に、この欄は定期的に見直しましょう。新しい語学を独学し始めた人も、ぜひひと言触れておきましょう。

「資格」も増えているんじゃない?

新たに取得した資格があれば、今すぐ追加しましょう。特にIT系企業の場合、資格をスキル評価の一つと考える企業は多いのです。また、IT・Web系や、医療・健康分野などの比較的新しい資格は、選択コードに含まれていないケースがあります。コードがなくても企業は資格名で検索をしているので、「資格名」欄にできるだけ正式名称で入力しましょう。

定期的にレジュメを見直して
プライベートオファーの確率を上げよう!

レジュメは充実させるほど、企業の目に留まる可能性が高まります。社会人はだいたい半年くらいで入力内容を更新できることがあるはず。求人企業は、ほかの登録者と比べる際に、レジュメの更新日時が新しい人からチェックしていくので、定期的に見直して最新状態にすることで、オファーの確率が上がります。
「この人にオファーを送りたいけれど、オファーを出しても返信が来ないかもしれないな」とあきらめていた企業が、動き出すかもしれませんよ。ぜひ、今すぐレジュメを見直してみましょう!

今すぐ、レジュメを確認・更新する

スカウトに登録する

EDIT&WRITING
伊藤理子
ILLUST
さとうただし

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)