転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2016/12/7 UPDATE 毎週水・金曜更新!

建築、土木技術者の転職・求人情報

勤務地から探す

北信越

建築、土木技術者 の 転職ガイド

建築物の設計や施工、積算を担う「建築技術者」

建築物の設計や施工、積算を担う「建築技術者」

建築技術者の仕事には、建築物をつくるための設計や施工、積算があります。設計は敷地条件に合わせて建物を建てるためのプランを作成する仕事です。基本設計から詳細な内容まで盛り込んだ実施設計、設計通りに工事が行われているか確認する工事監理といった業務を担っています。施工は、ゼネコンや工務店などの施工会社で、実施設計をもとに施工図を作成し、工事現場で工程管理、や安全確認、品質管理といった工事管理全般を行います。
設計では一級建築士や二級建築士、施工管理では一級建築施工管理技士や二級建築施工管理技士といった資格を取得しておくと、キャリアアップが図りやすいです。積算は、図面や仕様書をもとに工事費を求める仕事です。個人の住宅やマンションからオフィスビル、商業施設など様々な建築物に関わるものがあります。

設備設計には、一般的な建築物の設備からプラントまで幅広い仕事があります。マンションやホテル、ビルなど、大規模な建築物では、配管空調設備や電気設備、上下水道処理設備といった設備設計は、専門の技術者が担当し、機械に関する知識が求められます。工場や石油化学プラント、火力発電所などのプラント設計では、建物部分は建築技術者の分野ですが、生産設備に関わる部分は機械設計の領域です。プラントによって必要とされる知識が異なってくるため、設備設計では多くの案件を対応することで、対応できる仕事の幅が広がっていきます。

規模の大きい社会基盤を手掛ける「土木技術者」

規模の大きい社会基盤を手掛ける「土木技術者」

土木技術者は、橋やダム、トンネル、道路をつくる、宅地造成を行うといった社会基盤を整備する仕事を担います。土木設計では地形や安全面で配慮するとともに、施工性や維持管理費などコスト意識を持って設計を行うことも求められます。土木施工管理は、施工計画を立案し、工事現場で工程管理や安全管理等を行う仕事です。土木技術者は一級土木施工管理技士や一級土木施工管理技士を持っていると、その分、転職やキャリアアップに有利です。