• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
アゲハ田中里実の“実のなる”ガールズアプリレビュー Vol. 12
女子が「スマホアプリ」の
占いに求めるものって何?
新年あけましておめでとうございます! 2013年第一弾のガールズアプリレビューは「占いアプリ」。女子が占いにどのような価値観をもっているのか、そして「スマホアプリ」の占いに何を求めているのかなどについて、リサーチ&レポートします。
(取材・文・撮影/田中里実 総研スタッフ/宮みゆき 撮影/佐藤聡)作成日:13.01.10
恋愛・仕事の悩み、相性占いetc. 女子がハマりそうな占いアプリのヒントは?

今回紹介するアプリ
タロット占い(ZAPPALLAS, INC.)

カード一式をOpenGLによる完全3Dグラフィックで表現。本格的タロットカード占いが楽しめます。


奇跡を呼ぶ的中数秘占い(Rensa co.ltd.)

占い師「オルサー・ラマザン」による数秘術で、毎日の運勢から未来の運命までを鑑定する本格的占いアプリ。


女子はどんなときに「占い」するの?

まず、女子はどんなときに占いをしたくなるのでしょうか?
「毎日」見る占いと、「たまに」見る占いで少し異なるようです。「毎日」見る占いは、おみくじのように運試しの要素も入った、ライトな占いが一般的。血液型や誕生日などによって占われたその日の運勢をチェックします。こちらは、占い大好きな女子でなくてもチェックしたことがあるのでは?

「たまに」使う占いの方が、どちらかといえばきっちり「占い」という感じ。いろいろな占いの方法がありますが、占いをしたくなるのは、特に「恋愛しているとき」と「気分が落ち込んだとき」、「仕事など将来で悩んだとき」など、重要な判断に迷ったときが多いですよね。

「恋愛で迷ったときは、鉄板で占い(笑)。相性占いとかは、必ずやる」

「いくつで結婚、とか、いつごろいい人に出会える、とか、占いで予習はバッチリ(笑)。占い師に言われたことや大事なことは、ちゃんと手帳にメモしてる」

など、恋愛のときは、みんな真剣!(笑)

「気分が落ち込んだときに、いい結果の占いを見返して気分を上げる。タロットなど、そのとき自分が置かれている状況を占えるアプリでは、現状に対して一つの意見をもらえてるような感じがする。占い結果を読むだけでも考えが深まるし(笑)」

「仕事での決断など重要なときに占いもする。結果に必ずしも左右されるわけじゃないけど、一つの指針を得たような気がして、判断を助けてくれると思う」

と、女子にとっての占いは、「相談相手」のような感覚もありそうです。

あとは、引っ越しや転職などの環境の変化のタイミングなどの節目に、新しい環境での心の準備をするための占いをすることも多いよう。例えば、年末年始のおみくじなども、その代表例かもしれません。

「初詣とおみくじはセット! 祈願をした後に、おみくじを引くと、すごく大切なメッセージをもらえる気がする」

みなさんの中にも、初詣に行かれた際に、おみくじを引かれた方も多いのでは?
結果に関わらず、良い一年を送るための指針になってくれたらいいですね♪

普段はどんな風に「占い」してるの?

さて、そんな占いですが、女子にとって人生のさまざまな局面で必要とされる存在であるためか、テレビや本、対面、電話など、リアルな場で占いする機会はたくさんありますよね。

例えば、先ほども話題に上ったような、朝のテレビ番組の占いや、おみくじ、ファッション誌の巻末占いなどの手軽なものから、分厚い本による占い、また、占い師さんとの対面による、カウンセラーに会いに行く感覚の占いなど、多種多様な占いの手段が用意されています。

「そのときの悩みの大きさや種類によって、いろんな占いをする。私は手相と宿曜占星術を一番信じてる。手相は、占い師に読んでもらって、占星術は、本で見ることが多い」

など、人によって、どんな風に占いをするか、どの占いをして、どれを信じるかは異なるようですが、その中でも特に、日常に入り込む占いは、どうやら朝のテレビの占いなどの「毎日見る系」と、占い内容を「見返す系」の二つに分かれるようです。

「朝のテレビは、参考程度に見る。でもラッキーカラーとかは、目に入ったら、参考にしちゃうことが多いかも。本当かわからないけど、運気が高い方が一日得する気がするし(笑)」

「私は、一冊、いつも何かのときに見返す占いの本を持ってる! 特に相性だけど、恋愛の相手や職場の上司や部下など、何かあったら、それで相性占いして、『ふむふむ』って一人でなってる(笑)」

「雑誌の巻末占いは、立ち読みで済ませてしまうことも多いけど、新年の『占い特集』みたいな雑誌は買っちゃう」

「占い師さんに占ってもらう内容は全部メモ(笑)。後で、見返すけど、ぴったり当たってたりしたら鳥肌! 次もまた行きます」

「毎日見る系」では、ライトさと参考にしやすさ、「見返す系」では、何より「当たる」と思える感覚と、コンテンツが充実していることが大切なようです。占いアプリでも、同様のことが言えそうですね。

では、どの占いをするかについては、どうやって決めているのでしょうか?

「占いにも流行があるけど、『当たる!』って言われてるものは大体一度はやってみる。昔、動物占いとか流行ったけど、それはみんなやってたよね(笑)」

確かに、私も昔やりました(笑)。モチーフの可愛さと、やっぱり何となく「当たってる!」って思った記憶があります。占いにも流行ってありますね。あとは、リアルなクチコミも大きく影響するようです。

「占いしたくなったとき、友達に何がいいか聞く。特に占い師さんとかは、占い好きの友達に聞いて行く。できれば自分で調べて行くより、信頼がおける人に教えてもらって、『知る人ぞ知る』っていう感じの占い師さんのところに行きたい(笑)」

「友達に『これは当たる!』って言われたら、その場ででもやっちゃう」

「女友達と話してると、『占いがどんな風に当たった』みたいなネタは定期的に訪れる(笑)。もちろん、後学のために、どんな占いだったか、事細かに聞く(笑)」

というように、仲のよい女友達や家族など、親しい人からのクチコミの影響力は特に大きいですね!

人気の占いアプリとそのポイントは?

今回ヒアリングして驚いたことは、「占いが大好きな女子たち。さぞかし多くの占いアプリを使いこなしていることだろう……」と思いきや、スマホの中にたくさん占いアプリが入っている女子が少数だったということ。中には、「占い大好きだけど、スマホでは占いしない」という女子も。

まず、なぜ「たくさんの占いアプリを使う」というユーススタイルにならないのでしょうか?
それはズバリ、「気に入らない占いアプリはどんどん消す」から!(笑)

「前は使ったことあるけど、もう入ってない。なんだっけ……何使ってたか、忘れちゃった」

という、想像以上に薄い反応。どうして?

「占いアプリって、使ってみると、デザインが微妙だったり、文章が変だったりするのが多いのはなんでなんだろう? 結果が当たっているかどうか以前に、ダサいと読む気なくす……」

「イマイチだったアプリは、消しちゃうなぁ。なんかしょうもないもん、入れてる気がするから」

なるほど! 確かに、占いとセットで「運気」みたいなものも、すごく意識しちゃいますよね。結果がどうであれ、何だか適当につくった感じがしたアプリは、抹消したくなる気持ち、わかるかも(笑)。占いアプリでガールズの日常に入りこむためには、UIや占い内容の「ちゃんとしてる感」が、最低限の必須事項になりそうです。

また、スマホで占いしない人は、普段はそれこそ「占い師にちゃんと見てもらう派」の人が多いようです。
自分が信じられるかが大切な占いだからこそ、占いの手段には好みがありそうですね。ただ、その中でもアプリと相性が良さそうだったのは、「対面でしかわからない」要素が極力少ない、数秘術や占星術など、ロジックがしっかりしている占いや、おみくじ、タロットのような、そのときの「運」や「シンクロニシティ」で占うものでした。

それでは、そんな占いアプリの中では、どんなアプリが、どんな理由で人気なのでしょうか?
まず、人気のスマホアプリも、占い自体についてのヒアリングでも考察したような、「毎日見る系」と「見返す系」に分かれるようです。

「毎日見る系」は、朝のテレビの占いよろしく、気軽にチェックできて、邪魔にならず参考にしやすいもの。ヒアリングの中で一番ポピュラーと感じたのは、「LINE占い」。これは、占いアプリというより、LINEの中で「LINE占い」アカウントをフォローする、という感じで使うのですが、いつも使っているアプリの中で、ちょっとした占いを見られるということで、使っている女子が多いよう。

ほかに、毎日見る系で人気だったのは、「夢占い」のアプリ。毎日夢を見る人は、朝起きて気になる夢だと、すぐに調べる習慣がある人も多いみたい。ただ、「どれが鉄板」みたいなものはまだないようです。

「夢占いのアプリもいくつか使ってたけど、全部の夢を網羅できてるものがなくて、結局ネットで、『遊園地 夢占い』みたいな感じで調べて、ヒットした占いを見てる」

などと、ちょっと惜しい状況なのかも。

次に、「見返す系」で名前が挙がっていたのは、「タロット占い」と「的中数秘占い」。タロット占いは、その「リアルさ」で、普段は占い師に見てもらう派の女子からも、「コレは良い!」という声も!

「UIが実際のタロットに忠実な気がする」

「UIがとにかく良いのと、自分でカード選んだりできるのがいいね!」

と、そのリアルさは、占いの仕組みだけでなく、UIも大きく影響しているようです。私もやってみましたが、確かにリアル!(タロット占いやったことないですが(笑))
タロットが台の上に出されて、それを念じながら混ぜたり、混ぜた後に重ねる順番を自分で決めたりするから、結果に納得感があるのかもしれません。

UI体験するだけでも、楽しかった♪ こういう細かいつくり込みが、女子の心をつかんでいるのでしょうね。

もう一つ、「奇跡を呼ぶ的中数秘占い」は、「彼とのことがバッチリ当たってた!」という声がありました。こうやって「当たる!」って言われたら、一度は使ってみたくなるもの。(相性占いには課金が必要です)

このアプリは占い結果のコンテンツがとにかく充実している、という点がポイントになりそう。占い結果の文が長く、しっかり書かれていて、満足感を高めてくれます。

「見返す系」の占いアプリに女子が求めるものは、まずは、「占いそのものが『当たる!』」ということはもちろんですが、もう一つ重要なのは、コンテンツの内容が充実していること。また、何でもいいことを書けばいい、というと本末転倒になってしまいますが、「ポジティブなことが書いてある」ということも重要。あまり良い結果でなかったとしても、そこからどうすればよいのか、「前向きなアドバイスがちゃんと載っている」ということが、女子に見返してもらうための条件になりそうです。

占いを見返すタイミングとして、気分が落ち込んでいるときや、疲れているとき、というのがあるようですが、

「消さないアプリは、良いことが書いてあるもの。しかも結構長文なほうが好き。手紙を読みかえすようなかんじ」

「なんか、帰り道とかに仕事で超疲れたなぁ……ってときに良いこと書いてある結果を見返して元気出す、みたいな」

女子にこんなニーズがあるのだし、ぜひ元気の出そうな内容を載せてほしいところですね。

また、ニーズが顕在化した状態で占いアプリをダウンロードする人が多いので、充実したコンテンツで占いをするためには、有料版もいとわない女子が少なくないようです。「無料版はコンテンツが充実してないことが多いから、ちゃんと調べたいときは有料版を使う」という意見もありました。

「タロット占い」と「奇跡を呼ぶ的中数秘占い」は、いずれもアプリ内に課金コンテンツがあります。タロット占いでは、「占い結果を保存するためには課金が必要」というように、女子の「見返すニーズ」を理解した仕組みになっています。的中数秘占いでは、いくつか占いを試して、さらに詳しく知りたいと思ったら、相性占いなどの追加のコンテンツを購入できるようになっています。

ほかには、裏付けがしっかりしていることも、安心のポイント。例えば占いの「由緒正しさ」をきちんと説明するコンテンツが充実しているなど。UIが美しいことも、好評価につながるようです。

女子と占いアプリの出会いについて

占いアプリと女子の出会いでは、やっぱり「クチコミ」が一番のキラーパス。

「友達と恋バナしてると、ちょいちょい『占いでもこう出ててね!!』みたいな話になる。そんなときに、スマホアプリの占いとか教えてもらったら、そこにいる女子全員ダウンロードする(笑)」

というくらい、友達からのクチコミは、強力! もちろん、アプリについての紹介記事を参考にしている女子もいるよう。ただその場合でも、ダウンロードするかどうかは、アプリのユーザーレビューが鍵になるようです。

「アプリレビューを参考にするかな。『これは当たった!』みたいな感じで紹介されてると、ついやっちゃう」

という意見は、「当たる占いならやってみたい」という女子のニーズからみると、ごく自然。逆に、レビューもなくて、何も参考にする記事などもない場合、ダウンロードしてまで使うかどうかのハードルは一気に上がるようです。

「スマホアプリじゃなくても、本とか雑誌とか、Webでも占いコンテンツはある。強力な魅力がないと、アプリではやらないかなぁ」

占い大好き女子とはいえ、こんな意見も出るほど。

ただし、占いアプリの場合は、クチコミも小手先のシェア戦略ではうまく行かない場合もあるようです。「占い」と少し似ているものに、「診断」がありますが、

「質問に答えて、あなたは○○タイプ、みたいに言われる診断結果は、みんなにシェアしたくなるものだけど、占い結果は、ガチだからソーシャルメディアに流したくない」

と、診断と占いでは、女子の心構えが微妙に違うようです。

「Twitter連携必須とかだと、どうしてもやりたいのだけやって、あとは消しちゃう」

無理矢理シェアしてもらう設計がむしろ裏目に出ることもありそうなので、注意が必要です。

では、どんなときに友達に占いアプリをオススメしたくなるのでしょうか?

「占い当たったら、絶対友達に言いたくなる。特に恋バナではそう!!」

当然のことながら占いアプリのクチコミは、「当たる!」の評価が一番。それにプラスα工夫するとしたら、恋愛系占いを充実させると、女子の間でのクチコミは起こしやすくなるかもしれませんね(笑)。そして、人気の占いアプリをレビューしてきたように、UIやコンテンツの工夫など、本来のプロダクト力を上げることが、大切になりそうです。

2013年、みなさんもおみくじ引かれたり、占い本をのぞいてみたりされたでしょうか? 占い結果がどうであれ、今年がみなさんにとって素敵な一年になるように願っています。

今年も、どうぞよろしくお願いします!


プロフィール
田中 里実

株式会社アゲハ取締役。
大学院入学と同時に株式会社アゲハを創業し、ブランディング、マーケティング、企画、デザインなどを主に担当。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学大学院政策・メディア研究科修了。
「みんなのアプリ」(Digital Garage Inc)で連載中!

株式会社アゲハ
2008年創業。「ユーザー参加型」を軸にマーケティング支援事業を展開。主な事業は以下。
■facebook/ソーシャルメディアを活用したプロモーション支援事業
■ユーザーの声からヒット商品を創る!新商品企画支援事業
■キャリアガールの”ほしい”を叶えるバッグブランド「オリヒメ」企画・販売事業

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

アゲハ田中里実のガールズアプリレビュー

アゲハ田中里実と「ソーシャル・ガールズ」が、話題のスマホアプリを使い倒し、どう女性の心を掴んでいるのかをカジュアルにレポートします。

アゲハ田中里実のガールズアプリレビュー

このレポートを読んだあなたにオススメします

アゲハ田中里実の“実のなる”ガールズアプリレビュー

恋人×スマホに関するニーズは?カップルアプリ大特集

アゲハ田中里実のガールズアプリレビュー今回のガールズアプリレビューは、「恋人×スマホ」に関するニーズと、人気のアプリをレビューします! カップル限定のSNS…

恋人×スマホに関するニーズは?カップルアプリ大特集

アゲハ田中里実の“実のなる”ガールズアプリレビュー

「お仕事大好き女子」愛用のワークライフハックアプリ

アゲハ田中里実のガールズアプリレビュー「お仕事大好き女子」のワークライフハックには、仕事効率化だけでなく、スケジュール管理、名刺管理、毎日のお洋服決めまで…

「お仕事大好き女子」愛用のワークライフハックアプリ

アゲハ田中里実の“実のなる”ガールズアプリレビュー

「お仕事大好き女子」のライフハックアプリを大研究!

アゲハ田中里実のガールズアプリレビューキャリアウーマン、バリキャリ女子、働きマン……。今回はそんな「お仕事大好き女子」たちに、仕事目線で使うスマホアプリに…

「お仕事大好き女子」のライフハックアプリを大研究!

アゲハ田中里実の“実のなる”ガールズアプリレビュー

女子はこう使う!スマホアプリ×旅行シーン徹底研究!

アゲハ田中里実のガールズアプリレビュー今回は少し趣向を変えて「スマホ×ガールズライフ」をレポートします。女子たちがスマートフォンをどのように使いこなしている…

女子はこう使う!スマホアプリ×旅行シーン徹底研究!

アゲハ田中里実の“実のなる”ガールズアプリレビュー

スマホで音楽を楽しむ女子に人気アプリAttacca/Lyrica

アゲハ田中里実のガールズアプリレビュー「秋」といえば「読書の秋」「芸術の秋」。秋になるとクリエイティブなものに触れたくなりますよね。そこで今回は、音楽系…

スマホで音楽を楽しむ女子に人気アプリAttacca/Lyrica

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP