• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

実録 求人魂!知られざるエンジニア採用の舞台裏 Vol.27

無資格でも応募OK!自動制御技術者
育成プロジェクトの全容

これまで採用ハードルの高かった大型ビルの自動制御施工管理技術者への道。しかし1級電気工事施工管理技士等の資格がなくても、1年の期間限定キャリア採用によってその道が大きく開かれようとしている、“あるプロジェクト”が始動した。その具体的取り組みについて探ってみたい。

(総研スタッフ/山田モーキン) 作成日:11.08.11

【今回の求人魂】 「人を中心としたオートメーション」を追求する、ビル制御の総合エンジニアリングカンパニー


今回紹介企業
株式会社山武

1906年に創業した株式会社山武は、azbil(Automation・Zone・Builder)というグループ理念やシンボルを掲げて事業を展開している。「“人を中心としたオートメーション”で、人々の“安心、快適、達成感”を実現するとともに、地球環境に貢献します」というメッセージとともに、建物市場でのビルディングオートメーション事業・工場やプラント市場でのアドバンスオートメーション事業・ライフラインや健康などの生活に密着した市場におけるライフオートメーション事業をそれぞれ展開している。
特に普段、私たちが目にする機会の多い巨大高層ビルの空調・熱源・照明・セキュリティ・エネルギー管理に至るビル設備の一括監視・管理を担う中央監視装置や、自動制御の根幹を担うセンサー、コントローラ、バルブなどを組み合わせた計装システムのマーケティングから開発・施工・販売・メンテナンスまで、ビルを自動制御するプロフェッショナル集団であることが同社の最大の特徴であり、また他社にはない強みだ。

【求人背景】ポテンシャルの高い人材を自社で育てるために今回、新たな「ビルプロ育成プロジェクト」をスタート

山武では5年以上前から、自動制施工管理御技術者のキャリア採用を本格的に展開してきたが、同社が求めている技術者に巡り合うチャンスが少ないことが当面の課題であった。その理由について、技術者採用責任者であるビルシステムカンパニー 技術本部 技術企画部部長の鈴木氏は「山武ならではの独特の“ポジション”にある」と指摘する。

「当社は長年、建物の空間を最適な状態にするためのセンサー、コントローラ、バルブなどを組み合わせた計装システムと中央監視・管理の構築をマーケティングから開発・施工・販売・メンテナンスまでを総合的に取り組んでいる企業です。
そもそもビルを建設するためには私たちの大切なお客さまである方々が数多く登場します。まずお施主様がいて、そこから設計事務所に依頼、そこからさらにゼネコンがビル躯体や内装を、サブコンが空調・電気・衛生の各設備の建設を請け負う構図があります(図1参照)。その中で、当社はビル全体の空調や電気・衛生・セキュリティ等の計測・制御システムの構築を一手に担うポジションにいるため、当社の技術者は日々、ゼネコンやサブコン、また設計事務所のさまざまなお客さまと綿密な打ち合わせや仕様に伴う提案、そしてその承認を経て業務を進めていかなければなりません。しかし非常に慎重かつデリケートな仕事で、このようなポジションで即戦力となる経験者を求めようとしても、当社以外で同じ業務を行った人がいないというのが実情。そのため、当社の求める人材に巡り合うチャンスが少なくなってしまうのも仕方がないといった面はあります」

そこで今回、山武としては初めての試みを実施する。その名も「ビルプロ育成プロジェクト」だ。「採用市場に求める技術者がいないのであれば、自分たちで育ててしまおう」。そうした思いからこの夏、満を持してスタートする。ではその具体的な取り組みについて探っていこう。


(図1)ゼネコン、そして空調・電気・衛生すべてのサブコンと各領域の計測・制御に関わる山武は、ビル事業のほぼすべての領域にかかわる重要な存在

【求人魂1】1年〜1年半の期間、山武でなければ絶対に経験できない、大型ビルの総合制御システム構築の実務に資格がなくても携われるチャンス!

今回のビルプロ育成プロジェクトの概要はこうだ。今までのキャリア採用であれば必須であった「1級電気工事施工管理技士」の資格保有の有無は問わず、建築業界でおおよそ2年以上の実務経験があれば応募可能であること。その後採用面接を受けて入社が決まれば1年から最長1年半の期間、主に新築のビル建設プロジェクトに配属されて、自動制御技術者としての実務を経験しながら、1級電気工事施工管理技士の資格を持っていない方は合わせて資格取得を目指す。そして期間終了後、本人の希望や適性を見極めた上で1.(資格取得している場合)正社員への登用試験を受けて正社員になる 2.本人の希望で協力会社への紹介 3.契約社員期間を更新した上で引き続き資格取得を目指し、取得後正社員登用試験を受けて正社員になる、といったそれぞれのキャリアプランを選択できる。(図2参照)

おおよそこのような流れになるが、1年〜1年半という短期間でこの制度を利用した場合、応募した技術者にとってのメリットはどこにあるのか?
「一番のメリットは先ほど紹介したように施主・設計事務所・ゼネコン・サブゼネコンなどビル建設にかかわるすべてのお客さまや関係者と直接打ち合わせた提案を重ねることで、ビル建設全体の流れ、特に設備構築(電気・空調・衛生)を理解できるということです。当社のようなポジションでビル全体を俯瞰した上で、建物全体の運用を把握しながら最適な自動制御システムを構築していくという業務は、中小の施工業者では決して経験できないこと。例えるなら、ビル全体の建設に関わる人員が100人いたとして、ゼネコンやサブゼネコンなど当社以外のポジションにいる人が99人いるのに対し、当社のようなポジションはわずか1人だけ。つまりそれだけ、貴重かつ重要なポジションを当社の技術者が担っているのですから、そのポジションを経験できることは、非常に大きな意味があるはずです」


(図2)今回のビルプロ育成プロジェクトのキャリアプラン。
さまざまなフォローアップで正社員への登用や資格取得をサポート

【求人魂2】50年余りの経験と実績に基づいた、山武独自の教育プログラムを受けられるチャンス!

このように、山武の技術者でなければ決して経験できない業務に携われることは、今後建設業界で活躍していく意思を持っている方にとって大きなチャンスといえる。
さらに実務以外でも、今回の制度を活用する大きなメリットとして鈴木氏が挙げたのは、山武独自の教育プログラムを受けられることだ。
「当社には50年あまりに及ぶ、ビルの自動制御システム構築のための膨大かつ貴重なノウハウがナレッジとして蓄積されています。そのナレッジを元に作られたe-learningなどで使用されるテキストや資料はすべて、当社の技術者による手作り。つまり座学とはいえ、現場の生きた情報や知識・知恵がふんだんに盛り込まれているので、ビルの自動制御技術者になるための基本的な知識はほぼ網羅しているといえます」
また教育プログラムには、1級電気工事施工管理技士の資格取得のための講習や外部講習会への参加補助なども組み込まれているため、普通に資格取得の勉強をするよりも、実務経験と合わせて効率的な学習が可能なのだ。
わずか1年程度の短い期間でありながら、その中身は決して他では経験できない非常に濃密かつエキサイティングなキャリアを積むことができると言えるだろう。

【今後の展望】今期から来期にかけて15名以上の採用が目標。7年で一人前になるこの世界で、5年に短縮できるようにしたい


「資格や経験以上に吸収力があり、ビルの自動制御技術者になりたい思いを抱く人にぜひ来てほしい」と語る鈴木氏

今回の新たな試みによって、ビルに関わるオールマイティな施工管理者に一人でも多く育ってほしいと語る鈴木氏。15名以上の採用を目標としている中で、今回同社が求める技術者とは、どのようなタイプなのか?
「1級電気工事施工管理技士の資格保有者でなくても、過去に建築業界での実務経験が2年以上あれば問題ありません。それ以上に当社が重視するのは“吸収力”。これまでご紹介してきたように、当社は総合的にビルの自動制御事業を展開しているため、現場の技術者が覚えなければならない知識や経験の幅が非常の大きい。さらに今回、1年〜1年半という短期間で設定しているため、限られた時間で幅広い知識やスキルを吸収できるということが大事なのです」

山武の自動制御技術者は、他の職種に比べても非常に幅広い知識やスキルが求められる難易度の高いポジションで、一人前になるには最低でも7年以上の経験が必要とされる。しかし鈴木氏は、今回の採用プロジェクトを通して5年程度に短縮したいという。
「吸収力があり、しかもビルの自動制御技術者という仕事に魅力を感じて今回採用される方であれば、これまでの常識を打ち破るほどのスピードで成長していただけると期待していますし、1年後には当社の正式なメンバーとして現場の第一線で活躍してほしいですね」
今回のビルプロ育成プロジェクトは、これまでハードルの高かったビルの自動制御技術者になるチャンスを大きく広げる試み。これを“絶好のチャンス”と捉える技術者であれば、応募してみる価値は大いにあるはずだ。

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

実録 求人魂!エンジニア採用の舞台裏

転職する側も必死なら、採用する側も負けてません。優秀なエンジニアの採用に知恵を絞る採用企業のアツイ姿をリポート。採用活動の舞台裏を公開します!

実録 求人魂!エンジニア採用の舞台裏

このレポートを読んだあなたにオススメします

ベテラン電気工事施工管理技士のステップアップ転職

オートメーションの老舗企業・山武へ

面接現場の舞台裏2008年10月、グループ名を「azbil」に変更した山武は、計測・制御技術による「人を中心としたオートメーション」の追求という…

オートメーションの老舗企業・山武へ

実録 求人魂!知られざるエンジニア採用の舞台裏

世界の最新技術が集結!エンジニアライフinマレーシア

実録 求人魂!エンジニア採用の舞台裏今回はこの連載企画開始以来、初めて海外勤務地で積極的にエンジニアを募集している企業を紹介。海外勤務ならではの魅力や、日本から海外…

世界の最新技術が集結!エンジニアライフinマレーシア

編集部注目の企業「ブロードバンドタワー」

クラウドの普及で市場拡大!データセンターが熱い

クラウドの広がりにより、着実に成長するデータセンター市場。そこで今回、編集部ではブロードバンドタワーに注目した。同社への取材を通…

クラウドの普及で市場拡大!データセンターが熱い

実録 求人魂!知られざるエンジニア採用の舞台裏

本気の証!一人の応募者にかける社長面接8時間の理由

実録 求人魂!エンジニア採用の舞台裏規模だけを見れば中堅だが、その技術の高さと先進性に基づく開発力によりシステム業界で異彩を放つコガソフトウェア。大手も高く評価する…

本気の証!一人の応募者にかける社長面接8時間の理由

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

『資格』を取るのはお金のため?スキルアップのため?

エンジニア給与知っ得WAVE!エンジニアにとって、資格は自分の知識を積み上げ、スキルアップするうえで目安となるもの。最近はより専門分野に則した資格も…

『資格』を取るのはお金のため?スキルアップのため?

応募者は「イケた!」と思ったのに……なぜ不採用?

スキルが高い人材でも「NG」を出した人事の証言

求人の募集要項にあるスキルは満たしていたのに、なぜか結果は不採用。そんな経験をした人も多いのでは? では、採用に至らな…

スキルが高い人材でも「NG」を出した人事の証言

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP