20代の貯金はいらない。「カネ儲け、よりヒト儲け」――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

大学在学中、21歳で地域活性化に取り組みたいとG-netを創業された秋元祥治さん。経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として紹介されるなど、活躍されています。そんな秋元さんの著書『20代に伝えたい50のこと』が話題となっています。

『20代に伝えたい50のこと』は現在38歳となる秋元さんご自身が、20代のころに伝えたかった内容をまとめたもの。この本をベースに、“これからの生き方を模索する20代”に向けて「指針」となるような言葉を紹介したいと思います。

第5回目となる今回は、「カネ儲け、よりヒト儲け」についてです。

プロフィール

秋元 祥治(あきもと しょうじ)

岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長
NPO法人G-net理事(創業者)

1979年生まれ。大学在学中G-netを創業。中小企業支援と若者をつなぐ長期実践型インターンシップ事業を立ち上げ、高校教科書「政治経済」に掲載されるなど高く評価される。一方中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事。2013年よりOKa-Bizセンター長に就任。4年間で8000件を超える相談を受け、売上アップをサポート。3~4週間の相談待ちがでる人気の相談所となっている。経済産業省「キャリ教育アワード」優秀賞、「ものづくり日本大賞」優秀賞などを受賞。早稲田大学社会連携研究所招聘研究員・内閣府地域活性化伝道師。
経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として、また雑誌「AERA」や書籍『社会起業家になる方法』では、日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている。

どれだけたくさんテーマや分野で「師匠」に出会えるか

学校を卒業して、就職する時。あるいは、転職のタイミングも20代のうちには訪れるでしょう。実際、大学卒業後に10年間同じ会社に勤め続ける人の割合は、
50%程度というデータもあるようです。

つまり、「どんな職場で働くか」というのは新卒にかぎらず20代共通の悩み。給与や福利厚生、あるいは知名度や安定性を重視する人もいるかもしれません。一方で、やりがいや成長できる環境かどうかを重視する人もいるしょう。

僕自身は21歳で創業し、そのままG-netの経営で20代を終えました。正直、給与水準はよくありませんでした。苦しい時もありました。大きな会社に勤めれば、もっと高い給与をもらえたのかもしれません。

ただ、20代を振り返った時に自身の仕事に後悔はありません。

以前、電気自動車を手掛けるベンチャー企業・ゼロスポーツ社長(当時)の中島徳
至(とくし)さんにこんな印象的な言葉をかけてもらいました。

20代は、お金儲けよりも、ヒト儲けの方が重要なんだ。

お金はないよりあったほうがいい。けれど、20代の稼ぎの大小を比べても、一部の特別な例を除けば大した差じゃない。それ以上に、色々な人々と出会ってご縁が広がり、つながりが生まれていくことのほうがずっとずっと重要なのではないか、と思うのです。そして、様々な魅力ある人とのつながりは、20代の仕事がその先の自身への【投資】になっているかどうかを見定める大きなバロメーターと言ってもよいのかもしれません。

仕事をするようになってから、「ヒトを知っている」ということがちょっとの差だけれど、様々なチャンスを得られるか否かの大きな違いになると感じることが多くなりました。

そして、師匠や兄貴としたい目指すべき存在がいるかどうかは、これからを分ける大きなポイントです。振り返ってみた時に、どれだけたくさんの師匠を持てているのか。テーマや分野ごとに、複数の尊敬しベンチマークできる存在がいれば、相談をしたり頼ったりすることも容易でしょう。

20代は前半戦。困難なチャレンジの中でのつながりこそ、今後に差をつける

20代にとって大切なのは、給与の多少の多寡ではなく、より自身を高めていける環境かどうか。そして、魅力的な人々とつながりご縁を持てているかどうか。もちろん、高い待遇とつながりづくりが両立できる仕事であれば、言うことはありません。しかし、どちらかを選べと言われれば、チャレンジングでそして様々なつながりづくりができる時間の使い方を私は選びたいと思います。まだまだ続く人生の中で20代は、前半戦。今後の展開で差がつく【投資】を自身にしてきたかどうか、がポイントなのです。

結果として30代以降、社会の中でより大きな役割や責任を持った時に差が生まれるからです。

20代はカネ儲けよりも、ヒト儲けできるかどうか。自身を高め、そしてヒト儲けができる時間を過ごしたいものです。

僕はスマホの中に「お会いしたい人リスト」をメモしています。著名な人もいるし、噂に聞く同じ業界の営業マンだったり。誰に会いたいか。そして、どんなことをお話ししてみたいか。お会いした人は、思いついた時にメモするようにしています。そして勉強会のゲストは誰にしよう……という時に、そのスマホのメモを見てみる。友人との会話の中で、リストにある方の名前や取り組みが出てくれば、うまくつながれないか探ってみたり。自ら「ヒト儲け」をするためにできる、ほんのちょっとの、しかし大事なコツです。ぜひ、皆さんもしてみたらいいと思います。

20代の貯金はいらない。
「カネ儲け、よりヒト儲け」

迷ったら、困難なチャレンジをしたらいい。力をつけてネットワークをひろげていく。そして、周りが付き合いたいと思うような自分になっていくこと。

それが30代以降に大きな差になっていくからです。

 

参考図書

『20代に伝えたい 50のこと』

著者:秋元祥治
出版社:ダイヤモンド社

 

Pagetop