• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
貯蓄ゼロで結婚が6人に1人、相手も同じエンジニアが4人に1人 俺は結婚できるのか!?気になるエンジニアの結婚事情
人生の大きな節目となる結婚だが、エンジニアにとって結婚がどんな意味をもっているのか? 既婚エンジニア600人に対するアンケートから今回、独身エンジニアにとって“気になる結婚データ”をご紹介しよう。
(総研スタッフ/山田モーキン イラスト/まきお)作成日:08.06.05
既婚エンジニア600人アンケート調査 5つのデータから見えてきた、エンジニアの最新結婚トレンド
「いつかは結婚したいと思うけど、今の状況ではなかなか自分の結婚をリアルにイメージできない」

現在独身のエンジニアにとって、「結婚」は気になるテーマ。
しかし結婚を現実のものとしてとらえようとしたとき、そもそも結婚相手と出会えるチャンスがなかったり、いざ出会えても結婚するタイミングがつかめなかったりするエンジニアも多いのではないだろうか?
そこでTech総研では今回、初めて「エンジニアの結婚事情」を探るために25〜39歳までの既婚エンジニア600人(IT・ソフト系300人/ハード・素材系300人)にアンケート調査を実施した。
このアンケートで調査した項目は、以下の5点。

結婚相手との出会いのきっかけ
結婚を決意したきっかけ
結婚時の年齢(本人と結婚相手)
結婚時の相手の職業
結婚時の年収と貯蓄額

それぞれの調査結果データをもとに、順を追って紹介していこう。
ちなみに今回のアンケート調査では86%が男性エンジニアからの回答であったため、主に「20代30代の男性エンジニアの結婚事情」を前提に話を進めていきたい。
エンジニア結婚データ1:出会いのきっかけ
出会いのきっかけについて
出会いのきっかけについて
「同じ職場」「知人の紹介」の2つで過半数を占める結果に。しかしソフト系とハード系で微妙な差異が。
出会いのきっかけ
まずは結婚への最初のハードルとなる「相手との出会い」に関してはご覧のとおり、「同じ職場」&「知人の紹介」合わせて55.2%と半数を超える結果になった。
しかしその結果をさらに詳しく見てみると、IT・ソフト系では「同じ職場」が最も多かったのに対して、ハード・素材系では「知人の紹介」が約33%と、およそ3人に1人の割合になった。
この違いはIT・ソフト系に比べ、同僚となるべき女性エンジニアが圧倒的に少ないハード・素材系の職場環境の特徴を浮き彫りにしていることもその一因と思われる。
また「コンパ」「お見合い」「出会い系サイト」においても総じて、ハード・素材系の割合が高い傾向が見られることも、より女性と出会う確率の高い“外の環境”に出会いを求めた結果といえるだろう。

ちなみに少数派として、以下のような「運命的な出会い」も。
・「保険の勧誘時に」(29歳・システム開発Webオープン系)
・「入院中の病院で」(37歳・ネットワーク設計構築)
・「飲み屋で絡まれているのを助けた」(31歳・生産技術)
エンジニア結婚データ2:結婚を決意したきっかけ
結婚の決意について
結婚の決意について
「なんとなく」が過半数を占める一方、個人それぞれの価値基準で結婚に踏み切るケースも多数あり
結婚を決意したきっかけ
無事、相手が見つかって順調に交際を続けていく中で、既婚エンジニア600人がどのタイミングで結婚に踏み切ったのかを調査した結果が、こちら。
ご覧のとおりIT・ハード系共に「なんとなく」が過半数を占める結果になった。
このことからも、「今、結婚したいから結婚に踏み切った」というよりも「付き合って何年もたつから、そろそろかな」といった意識が、今回の調査結果からは見て取れる。
また一般的に結婚に対する意識は、男性よりも女性のほうがより高い傾向にあるため、男性エンジニアの比率が高い今回のアンケートにもそれが影響しているかもしれない。
その一方、今回の調査ではエンジニア個人それぞれの「タイミング」で結婚に踏み切ったケースも多く見受けられた。
その一例を紹介しておこう。
・「結婚すると家賃補助が出るのを知ったので」(33歳・システム開発Webオープン系)
・「30歳までには結婚しようと決めていたので」(33歳・システム開発Webオープン系)
・「付き合いだしたころ、相手の両親が近所に結婚したと言いまわってしまい、そのままの流れで」(29歳・ネットワーク設計構築)
・「相手が同居すると言い出したから」(37歳・機械設計)
・「仕事に疲れて逃げたかった」(27歳・回路システム設計)
エンジニア結婚データ3:結婚時の年齢
結婚時の年齢について
結婚時の年齢について
既婚エンジニア600人の平均結婚年齢は約28歳&夫婦の年齢差は約2.3歳
結婚時の年齢
続いて結婚時の平均年齢に関しては約28.2歳で、IT・ハード系ともに特に大きな差異は見られなかった。また相手の年齢に関しても平均27.7歳と若干低いが、これも男性回答者が多いことが大きな要因だと思われる。
ちなみにリクルートが毎年、調査を行っている「ゼクシィ結婚トレンド調査2007」によると、結婚時の平均年齢(女性)は首都圏で27.5歳であることから、世間一般と比べても特にエンジニアならではの特徴は、今回の調査からは出なかった。
一方、夫婦の年齢差に関しては平均で2.28歳であったが同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2007」によると、年齢差は首都圏平均約1.8歳で若干今回の方が、年齢が離れている。ちなみに今回の調査では最大、12歳の年齢差カップルが600人中2人いた。

また今回の調査で特徴が出たのが「姉さん女房率」。
ハード・素材系の19.3%に比べIT・ソフト系が27.3%と高い傾向を示したが、その真意は定かではない……。
エンジニア結婚データ4:結婚時の相手の職業
結婚時の相手の職業について
結婚時の相手の職業について
「エンジニア同士」の結婚はおよそ4人に1人の割合。最も多かった職業は事務職
結婚時の相手の職業
結婚時の相手の職業に関しては、「同じエンジニア職種」「違うエンジニア職種」合わせて約28%と、4人に1人が「エンジニアカップル」であることが、今回の調査で判明した。
細かく見ると、IT・ソフト系は同職種・異職種それぞれ同じくらいの割合であるのに対し、ハード・素材系の同職種はわずか4%。この結果も先述したとおり、女性エンジニアが極めて少ない同業界ならではの特徴が出ている。

一方、多数を占めるそのほかの職種に目を向けてみると、ダントツに多かったのはIT・ハード共に事務系(職種総務・経理etc.)。続いて看護師などに代表される医療・福祉系などが上位を占めた。
また少数派の中には、以下のような職種も。
(IT・ソフト系)
・グランドホステス ・音響オペレーター ・足袋屋 ・芸能関係 ・観光船スタッフ
(ハード・素材系)
・パン屋 ・助産師 ・ピアノ教師 ・弁理士 ・調律師
エンジニア結婚データ5:結婚時の年収・貯蓄
結婚時の年収・貯蓄について
結婚時の年収・貯蓄について
平均年収約456万円に平均貯蓄約283万円。その一方「貯蓄ゼロ」の割合もおよそ6人に1人いる
結婚時の年収・貯蓄
最後に、結婚時の年収・貯蓄に関して。
まず年収を見ると、約456万円でIT・ハード系共に大きな差異は見られなかった。
ちなみに先に引用した「ゼクシィ結婚トレンド調査2007」によると、夫の年収が「400万〜500万円未満」が28%で最も高かったことからも、平均結婚年齢と同じく今回の調査ではおおむね、世間一般の平均を踏襲する結果となった。

一方、結婚時の貯蓄額に目を向けてみると既婚エンジニア600人の平均が約283万円であったうち、IT・ソフト系309.4万円に対し、ハード・素材系が256.5万円と約50万円の開きが出た。またさらに細かく見ると、「貯蓄ゼロ」の割合が600人中、15.5%とおよそ6人に1人の割合にのぼった一方、1000万円以上の貯蓄割合が約6.6%と「一定の格差」が表れた結果に。
ちなみに今回のアンケートでは、結婚時の最高年収が1300万円(結婚時年齢31歳・システム開発汎用機系)、最高貯蓄額が4億円(結婚時年齢31歳・サービスエンジニア)という驚くべき回答もあった。
まとめ エンジニアの「平均的結婚像」とは
以上、今回実施した既婚エンジニア600人に対するアンケート調査の結果をレポートしてきたが、改めて今回の結果から見えてきたエンジニアの平均的結婚像について総括したい。
(今回の調査による)エンジニアの平均的結婚像
●結婚相手との出会いのきっかけは“知人の紹介”が多く、何年か付き合ううちに“なんとなく”結婚を決める ●結婚時の年齢は“28歳”前後、相手との年齢差は約2歳で相手の職業は、“事務系の仕事”が多い ●ちなみに結婚時の年収は“456万円”前後で、貯蓄は“283万円”
これはあくまで今回の結果だけを参考に示したものだが周囲を見渡せば1人や2人、必ずいるタイプではないだろうか。
多くの独身エンジニアにとって、今回の調査結果が自分自身の“リアルな結婚”をイメージするひとつの参考にしてもらえたら、うれしい限りだ。
次回予告
引き続き、既婚エンジニア600人に「結婚後の実態」についてアンケート調査を実施!
「結婚による、仕事への影響は?」
「結婚して見えてきた、結婚のメリット&デメリット」etc.
仕事もはかどる?早く帰る人続出のエンジニア結婚事情
コラム 「ネットコミュニティ」「結婚費用は年々アップ」……世間一般の結婚トレンド2008
本編で触れたとおり、今回初めて「結婚」をテーマにレポートしたTech総研は、当然のごとく「結婚事情」には疎い……。
そこで同じリクルートを代表する結婚情報誌「ゼクシィ」のブライダル総研チームで、今回のレポートでも参考にした「ゼクシィ結婚トレンド調査」の調査グループでもある中村氏に、最近の世間一般の結婚トレンドについて伺った。
出会いのトレンドは「ネットコミュニティ」
中村基孝氏
株式会社リクルート
ブライダルカンパニー
事業推進室ブライダル総研チーム
事業開発室

中村基孝氏
今回のエンジニアの調査結果と同様、私たちゼクシィの一般向け調査でも、出会いのきっかけの上位は「友人・知人の紹介」「会社の同僚」「学生時代の同級生」などが占めています。
その中で「ネットコミュニティ」の存在が、出会いのきっかけのひとつとしてここ数年、注目を集めています。
「ネットコミュニティ」とはいわゆる「出会い系サイト」と違って、SNS(ソーシャルネットワークサービス)のような同じ趣味・趣向性をもった人同士がネット上で情報交換する場。
年齢や居住地などの制約がない自由な環境で、同じ価値観をもった人同士が出会い、気軽に集まってコミュニケーションできるのが、人気の理由かもしれません。
結婚の鍵を握るのは、女性。そして……
一昔前まで“結婚するのが当たり前”という時代が長く続いていましたが最近は、“したいからする結婚”という自由な風潮が主流になりつつあります。
そのひとつが「晩婚化」という形で表れているわけですがその一方で、「家族をつくりたい」「子供が欲しい」という欲求は年々、男女問わず増えつつあるんです。
そのことが結婚に対するひとつの動機づけにもつながっていますが、結婚の最も大きな原動力になるのは、女性やその周りの親・友人
結婚して家庭を築きながら生活していくということは、単に夫婦2人の関係だけでなく、2人を取り巻く親や友人(特に女性側の)など周りの影響も大きなものになります。
今回の調査結果でも「相手の意向」を結婚の理由に挙げたエンジニアも一定数いましたが、今後結婚を考えている方は、特に相手の親御さんのお気持ちを察することも大切です。
2007年調査で平均414万円。結婚資金は年々、増えている
さまざまな障害を乗り越えて「いざ結婚!」ということになった場合、気になるのが結婚に掛かる費用。
「ゼクシィ結婚トレンド調査2007」によると、結納・婚約〜新婚旅行までにかかった費用総額平均は約414万円で、昨年(2006)に比べて17.4万円のアップ、さらに一昨年(2005)と比べれば32.4万円のアップと年々、増加傾向にあります。
これらの要因として、結婚式に対して“こだわり”をもつカップルが増えていることが挙げられます。例えば「招待したゲストにとことん楽しんでほしい」「おもてなしをしたい」「感謝の気持ちを表したい」との思いから、ユニークな演出やお料理を工夫することでより「自分たちらしい結婚」を表現する傾向も。

ただこうしたさまざまな結婚トレンドとは別に、生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことのない人の割合)が最近、増加傾向(男性15.96% 女性7.28% 人口問題研究所調査)にあることも事実です。
結婚は人生にとってかけがえのない価値をもたらしてくれるものだからこそ、現在独身のエンジニアの方にはぜひ、これを機会に結婚について考えてみてください。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
山田モーキン(総研スタッフ)からのメッセージ 山田モーキン(総研スタッフ)からのメッセージ
わがTech総研でも最近、めでたく結婚したスタッフがいますが、自分も含め、なぜか“いい歳”なのに独身のスタッフの割合がとても高いのです。その原因がどこにあるのか? これからプライベートで今度、独自調査してみるつもりです。

このレポートを読んだあなたにオススメします

同僚を出し抜き、上司からは祝福される

やっぱり社内が一番!?エンジニア的社内恋愛術

毎日、仕事に追われ、彼女なんてつくる暇もない……。えっ、本当に? でも大丈夫。コツさえつかめば少ない時間でもきっと、彼…

やっぱり社内が一番!?エンジニア的社内恋愛術

未婚率上昇に拍車をかける「独立派」「損得派」「面倒派」とは?

彼女欲しいけど…エンジニアの78%は“待ち”の姿勢

30代の未婚率が増えている。仕事が忙しく、職場に異性が少ないといわれるエンジニアだが、恋愛・結婚感はどうなっているのか…

彼女欲しいけど…エンジニアの78%は“待ち”の姿勢

既婚者の9割近くが「結婚相手は仕事に対する理解がある」と回答

仕事もはかどる?早く帰る人続出のエンジニア結婚事情

前回に引き続き、既婚エンジニア600人に対するアンケートから今回、“結婚後の気になる家庭事情”についてご紹介しよう。このレポート…

仕事もはかどる?早く帰る人続出のエンジニア結婚事情

SE兼マンガ家よしたにの「理系の人々」

ひとりでも楽しい!幸福論は理屈で語れ/理系の人々

SE兼マンガ家よしたにの「理系の人々」だんだん暖かくなってきましたね。春といえば恋と出会いの季節。大好評連載中、「理系の人々」の第13回目は、ちょっと切なくなってしま…

ひとりでも楽しい!幸福論は理屈で語れ/理系の人々

Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック

SEって、家庭を大事にしないよね?

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニックプロジェクトが佳境になると、やっぱり仕事で帰宅が遅くなっちゃう。家に帰っても仕事のことが頭から離れない。そんなSEに「家庭と仕事…

SEって、家庭を大事にしないよね?

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP