• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問 Vol.18 ここは職場!? ゲームを“真剣プレイ”する仕事の魅力 訪問先 株式会社タイトー
今回訪問した職場に足を踏み入れたとき、そこに広がっていたのはアーケードゲーム機から各種キャラクターグッズをはじめ、まさに“エンターテインメント空間”。ゲーム大好きのきゃんちの目には、どう映るのか?
(取材・文/宮尾有希 総研スタッフ/山田モーキン)作成日:07.08.28
テックハニー“きゃんち” テックハニー“きゃんち”とは?
「エンジニアにとってこれ以上ない、理想の職場を探し出すこと」を使命に、鋭い突っ込みと癒しの笑顔を使い分け、その職場の特徴を浮き彫りにするTech総研公認レポーター。
家電やモバイル製品など最新の技術に関心が高く、さらにアニメやゲームをこよなく愛する“アキバ系”の素顔には、エンジニアとの共通点も多い。
そんなテックハニーも2年目を迎え、衣装も新しくパワーアップ。毎週エンジニアのことを学習しているブログもグッと深みをましたテックハニーから、今年も目が離せない!?
「ハニー“きゃん”ディー」とは?
天然のはちみつに、“きゃんち”の癒しの想いが込められた、程よい甘さのキャンディー。
効能:疲労回復 モチベーションアップ
テックハニー“きゃんち”の素顔はこちら http://www.girls-record.jp/artists/kyan_art.html
エンジニアのみなさん、こんにちは! テックハニーきゃんちです。お盆も終わって、残暑が厳しい季節になりましたね。みなさん、夏休みは取られました? 夏バテで体力を失いやすい時季ですから、お忙しい中でも時間をやりくりして、ちゃんと体を休めなきゃダメですよ〜。

今回突撃する企業さんは、お休みにぴったりのエンターテインメントを提供しているところです♪ 家庭用ゲームソフト、携帯電話向けコンテンツ、ゲームセンターのゲーム機まで、開発分野は多種多様。幅広い世代に親しまれるゲーム開発のヒミツに迫ってみたいと思います。では、行ってきます☆
今回訪問した企業:株式会社タイトー
アーケードゲーム機器開発・販売、アミューズメント施設の企画・運営、家庭用ゲームソフト開発などを行っている総合エンターテインメント企業。携帯電話向けコンテンツなどのネットワークコンテンツ開発や、新しい分野の事業にも積極的に取り組んでいる。
http://www.taito.co.jp/
今回案内役のエンジニア:布 央さん
今回ターゲットとなるエンジニアはAM事業本部AM開発部VG開発グループ企画チーム所属の布央さん。2006年に新卒で入社してからずっと、アーケードゲーム機の企画に携わってきた。仕事としてテストプレイを繰り返す作業を「楽しい!」と言い切る、やり込み系ゲーマーな一面をもつ。
クローズアップ1:お仕事の中身 予算内でいかに面白いゲームを作るか。「企画」の仕事はゲームの企画だけじゃない!?
お仕事の中身:注目の3ショット!
(1)布さんの仕事はズバリ、コレ! アーケードゲーム機「アクエリアンエイジ」 (2)説明はそこそこにまずは早速、チャレンジ! 「楽しい!!」 (3)企画開発の裏には、無数の試作品の山が・・・・・・
きゃ:
こんにちは、テックハニーきゃんちです。さっそくですが、布さんのお仕事について教えてください!

布 :
ゲームセンターに置いてあるゲームを作る部署で、企画を担当しています。タイトーは、アーケードゲームだけでも、ドライブゲームやガンシューティング、メダルゲームなど、いろいろなジャンルのゲーム機を開発していますが、私が手がけているのはこちら(1)の、カードを使った対戦ゲームです。「アクエリアンエイジ」ってご存じですか?

きゃ:
知ってますよ〜! もとは有名なトレーディングカードゲームですよね。すてきな美少女絵を描いている作家さんが大勢参加されていて、大人気なんです!

布 :
おお〜、さすが詳しいですね(笑)。私は、そのアクエリアンエイジをモチーフにしたオンライン対戦型アーケードゲーム「アクエリアンエイジ オルタナティブ」を担当しています。ちょっとプレイしてみますか?

きゃ:
きゃ〜☆ ぜひ、やってみたいです! カードをプレイスクリーンに置いて動かすと、ゲーム画面上でカードのキャラクターが対戦するんですよね。ではさっそく、カードをこう動かして……えいっ!(きゃんち、しばし夢中でゲームをプレイ) やったあ、勝った〜! もう1回! ……いけない、テックハニーとしての使命を忘れるところだったわ(汗)。ご覧のように(2)、熱中ぶりが伝わってくるでしょ? すっごく楽しいし、グラフィックもカードの絵もきれい。はまっちゃいそうです☆

布 :
ありがとうございます。そんなに真剣にプレイしていただけると私もうれしいです(笑)。

きゃ:
布さんはゲームの企画をなさっているんですよね。企画って、どんなことをされるんですか?

布 :
まず、どんなゲームを作るのかという企画を立ち上げます。企画といっても、いろいろです。少ない予算で大きな利益を上げたいゲームもあれば、大きな予算をかけて、先端技術を駆使したCGをメインにする場合もあります。予算やスケジュールも含めて企画なので、難しいですね。特に予算の壁にはいつも苦労させられます。

きゃ:
どんなゲームを作るかは、会社の売り上げを左右する重大事項ですよね。企画開発の裏には、こちら(3)のように試作品の山も……。

布 :
業務内容はそれだけではないんです。企画に沿って社内の別チームや協力会社の方にソフトや筐体を作ってもらうのですが、スケジュールの管理をしたり、時には軌道修正したりしながら、ひとつの製品にまとめ上げるのも企画の仕事です。プロデューサーのような役割ですね。

きゃ:
デザイナーやプログラマや、いろいろな人たちをまとめながら製品を作り上げて、しかもリリース後も運営を続けるなんて、大変なお仕事ですよね。

布 :
確かに責任重大だと思います。私はまだ新卒入社して1年数カ月なので、先輩について手伝いながら企画の幅広い仕事を学んでいるところです。製品が出来上がったあとも、私たち企画が、店舗やお客様からのご意見をまとめて、バージョンアップなどの運営をしていきます。

きゃ:
このゲームでバージョンアップというと、例えばどういうことですか?

布 :
新しいカードを追加したり、カードの強さの設定を変えてゲームバランスを改善したり、夏休みだからキャラクターが水着に着替えるアイテムを用意して季節感を出したり、いろいろです。

きゃ:
企画チームは、ゲームの内容を決められるんですね。楽しそう♪

布 :
ええ、ゲームの立ち上げから運営まで、通してかかわるので、ゲームへの愛着はどのチームにも負けませんよ。ゲームセンターでお客様が実際にアクエリアンエイジをプレイしているところを見ると、本当に感動します。それに、とにかく仕事をしていて飽きないですね! 最初の立ち上げ段階と、企画が走り始めてから、完成間近、完成後……と、やるべきことが変化していきますから、「ずっと同じことの繰り返し」という退屈とは無縁です。

きゃ:
仕事の内容がどんどん変わるなんて大変なことなのに、それを楽しめるなんて、布さんは企画に向いているんですね。すごいです☆

クローズアップ2:お仕事の職場環境 ゲーム好きにはたまらない!? まるでゲームセンターのようなオフィス
職場の環境:注目の3ショット!
(1)デスクのある同じフロア内に、多くのアーケードゲーム機が。 ここはホントに職場? (2)こちらが本来!?の布さんのデスク。でも周りにはゲームグッズが満載! (3)ゲームのしすぎ!?でちょっと休憩。なんとこちらはお酒も飲める、とか……
きゃ:
布さんが普段お仕事をされている場所をご案内いただいてもいいですか?

布 :
はい、こちら(1)が、私の机があるフロアになります。

きゃ:
すごい、ゲーム機がいっぱい!私もテックハニーとしていろいろな企業さんに突撃しましたが、こんなのは初めてですよ〜、とても職場とは思えません(笑)。

布 :
このフロアにあるのは、すべてタイトーで開発中のアーケードゲーム機です。担当するゲームの開発フェーズによりますが、一日中ゲームをテストプレイしているときもありますね。デバッグにもなるし、企画の段階ではわからなかったことにプレイしていると気づきます。操作しにくい部分や、まだまだ工夫の余地のあるところを練って仕様に反映し、改善していくのは、大切な仕事です。

きゃ:
ゲームをするのが仕事! う〜ん、ゲーム好きとしてはうらやましい(笑)。でも、プレイヤーとしてゲームをするのと、開発するのでは違いますよね。ずっとゲームをしていると、イヤになったりしませんか?

布 :
今はまだまだ、プレイヤーとして楽しい感じですね。もともとゲームをやり込むのが好きで、学生時代も格闘技ゲームとかにハマっていました(笑)。だから、プレイヤーが何を不満に思うのか、よくわかるんですよ。予算などのこちらの事情は、お客さんには関係ないんだから、楽しんでもらえる、いいものを作っていきたいです。

きゃ:
素晴らしいです☆ ところで、布さんの机はどこですか?

布 :
このゲーム機の奥がオフィスです。このフロアには、企画、CG、ソフトウェア、ネットワークの各チームが入っています。こちらが私の机です。

きゃ:
こちら(2)の机ですね。ゲームグッズや、ゲーム関係の雑誌がいっぱいありますね〜。

布 :
タイトーのゲームについて論評してある雑誌は取っておいているんです。机で遊んでいるわけじゃないですよ(笑)。ただ私は、あまりこの机にはいません。先ほどのテスト機でゲームをしたり、実際に外のゲームセンターに足を運んでお客さんの反応を見たり、市場調査をしたり。あとは、CGチームやプログラムチームに行って打ち合わせをしていることも多いです。あちこちを飛び回って折衝するのが企画の仕事ですからね。

きゃ:
毎日、お忙しいですか?

布 :
そうですね。ただ、一定の残業時間を超えると、産業医の先生との面談がありますし、調子の悪いときにちょっと休んだりできるスペースもありますよ。

きゃ:
保健室みたいなものですね。社内にあると心強いですよね! 休憩はどちらでとられているんですか?

布 :
お昼は社内にある食堂でとります。食堂は、メニューが日替わりでボリュームがあって、おいしいですよ。

きゃ:
食堂、広々としてますね! 食堂の端のほうにラウンジみたいなところがありますが……。

布 :
こちら(3)の場所は、けっこう遅くまでやっていて、お酒も飲めるんです。

きゃ:
設備も整っていて、いい環境ですよね。私もここに就職したーい! テスト機で思う存分ゲームを楽しんで、このラウンジでまったり休憩して……そんな社員はダメですか?(笑)

クローズアップ3:お仕事の人間関係 基本は仲良く、ゲームの企画会議では妥協せず徹底的に白熱した議論を!
きゃ:
では、気になる人間関係についてお聞きしたいのですが、布さんのいる企画チームはどんな方がいらっしゃるんですか?

布 :
企画チームは20〜30代が中心です。仲はいいですよ。全員で同じゲームを作るのではなく、ひとり1ゲーム担当、という形で仕事をしています。

きゃ:
じゃあ、お仕事は、企画チーム内の方とではなく、他部署や他社の方と進める形なんですね。

布 :
情報を共有したり、アドバイスをし合うための話し合いは、企画チーム内でも行ってますよ。ある程度はすべてのゲームに共通するフォーマットもありますし、発売時期も同時発売するよりはずらしたほうがいいので、チーム内の連携も大切です。

きゃ:
ミーティングも、よく行われるんですか?

布 :
企画チームのミーティングは、月に2回くらいですね。基本的には報告をする場ですが、新しいゲーム企画の品評会が行われるときもあります。

きゃ:
新しいゲームが生まれる瞬間に立ち会えるんですね! いいなあ、私も参加したいっ(笑)。でも、それぞれがゲーム大好きな人たちが集まって、企画の品評会……厳しそうですねえ〜。

布 :
まあ、企画を出した時点で「なんて素晴らしいゲームなんだ!」とは言われませんね、絶対(笑)。みんなゲームが好きだし、思い入れもあるから、白熱しますよ。時にはケンカ腰になることもあります。いいゲームを作るためには妥協をしてはいけませんからね。

きゃ:
そんな品評会のときに、まだ新卒入社1年数カ月と経験の浅い布さんでも、話の中に参加できるんですか?

布 :
もちろん。ベテランの人に求められるのは製作サイドからの意見ですが、私はまだそれはできないので、「自分だったら、こういうゲームはやりたくない、このほうが面白い」と、プレイヤーサイドから意見しています。どんどん口を出してくれ、という雰囲気がありますから、いつもガンガン意見を言ってますよ。

きゃ:
実際にお仕事をする、ほかのチームのみなさんとはいかがですか?

布 :
私の担当しているゲームは、ソフトの部分はほかの会社の方に製作していただいています。メールや電話だと誤解なく伝えるのが難しいので、相手の会社まで足を運んで、顔をつき合わせて話し合うようにしています。ほぼ毎週、打ち合わせに行っていますよ。

きゃ:
布さんのほうから足を運ぶんですね。

布 :
ええ。今は先輩と一緒に、先方に伺っています。ギリギリになって仕様が変わって修正してもらう必要が出たり、作ってもらったのにカットしなければいけない部分が出てきたりと、どうしても無理なお願いをしなければならないこともあるので、大切なのは信頼関係を築いていくことです。会社の壁は関係ない、みんなでひとつのゲームを作っていくんだという協力関係が大切だと思います。おかげで、今はいい感じで回っていますね。人間関係で苦労したことはありません。

きゃ:
中途採用の方もいらっしゃいますか?

布 :
ええ、もちろん、中途採用の方もいますし、社内の他部署から異動してきた方もいます。タイトー全般に言えることだと思いますが、生え抜きの社員じゃないと仕事がしにくいような雰囲気はないですね。働きやすい職場だと思います。

きゃ:
仕事の内容が大好きなゲームで、人間関係も良好で、言うことなしですね。今日は楽しいお話を、ありがとうございました☆ これ、ハニー“きゃん”ディーです。どんどん楽しいゲームを生み出してくださいね。個人的にも期待してますっ(笑)。

布 :
ありがとうございます。いただきます!
布さんの『エンジニアの野望』
 「アクエリアンエイジ オルタナティブ」は、入社以来ずっと手がけているゲーム。思い入れも大きいので、まずはこれを円満な形で終了させたいですね。次の目標は、バージョンアップではなく、まったく新しい「アクエリアンエイジ2」を作ること。今からいろいろとアイデアを温めています。ここでは言えませんけど、面白いゲームになります!(笑)。 そして、いつかは新しい企画を自ら立ち上げて、最初から最後までゲームを作りたいと思っています。「これは私が作ったゲームです」と胸を張れるものを、世に出したいですね。まだ具体的な案はありませんが、きっと実現させます!
テックハニー“きゃんち”の『今日の発見』
 新しいゲームがプレイできて、とっても楽しかったです! さすがだなあと思ったのは、私がこのテックハニーの服装で会社の中を歩いていても、通りすがりの社員の方々にも、ごく普通に接していただけたこと。エンターテインメントを創造しているせいでしょうか、みなさん、感性が柔軟というか、いい意味でノリがいいんでしょうね。
  私はゲームがすごく好きで、ゲーム会社に勤めたいと思ったことがあるんです。好きなことを仕事にするのは、大変なことも多いとは思いますが、布さんからは、本当にお仕事を楽しんでいらっしゃるのが伝わってきました。やっぱり楽しそうだな〜、ゲーム会社に勤めたいな〜と、また野望が膨らみました(笑)。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

Tech総研公認会社訪問レポーター、テックハニー“きゃんち”。萌えるコスチュームに身を包み、エンジニアが憧れる職場をご紹介します。

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

このレポートを読んだあなたにオススメします

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

日本発で世界を熱中させるゲームを生み出す職場って?

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問今回のテーマは、ワールドワイドに活躍の場を広げ、ヒット作品をリリースし続ける新鋭ゲーム開発企業の裏側を探ること。テック…

日本発で世界を熱中させるゲームを生み出す職場って?

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

学生も活躍!iPhoneアプリ開発で世界に挑む

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問なぜかガレージのついたユニークな職場に足を踏み入れると、そこには学生をはじめ、若さと好奇心旺盛なエンジニアたちが生き生きと開発し…

学生も活躍!iPhoneアプリ開発で世界に挑む

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

アフロでエフェクト!?ユニーク開発する職場の魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問訪問したテックハニーを待ち構えていたのは、巨大アフロ!? ほかにも個性的なエンジニアがたくさんいる職場で日夜、開発されている技術…

アフロでエフェクト!?ユニーク開発する職場の魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

モンスターハンター開発できゃんちもアイデア勝負!!

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問今年の春に発売されて大ヒットしたPSP用ゲームソフト「モンスターハンターポータブル2ndG」。今回、その開発現場に突撃訪問したハ…

モンスターハンター開発できゃんちもアイデア勝負!!

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

体育座りで会議?気軽に集まりスピード開発できる職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問テックハニーが訪れた職場では、歓迎の拍手の嵐!そしてさらに見渡せば、技術書に混じり、釣り本にゲーム、そして地べたに座ってミーティ…

体育座りで会議?気軽に集まりスピード開発できる職場

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP