• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
厳選★転職の穴場業界 第16回 RFID 究極のトレーサビリティシステム、いよいよ発進
無線を使ってIDなどの情報を管理するバーコード代替技術、RFID。ここにきてようやく先行開発から実用化の段階への移行が見えてきた。会計が一瞬ですむ、流通管理の手間を大幅に省くなどメリットは数知れず、普及への期待は各業界でふくらむばかりだ。
(取材・文/伊藤憲二 総研スタッフ/高橋マサシ)作成日:06.09.13
業界動向 将来は27兆円市場に!? 流通から娯楽まで広がるRFID
 チップに読み込まれた情報を非接触でデータベースとリンクさせるRFID(Radio Frequency Identification:無線による識別システム)の業界が今、あらたな局面を迎えようとしている。
 RFIDといえば、昨年の愛知万博における予約システムなど実証実験の段階というイメージがあるが、実はかなり一般化が進んでいる。JR各社の乗車カードやキャッシュカードといった非接触ICカードはその一例で、今、脚光を浴びているのは、それら非接触ICカード用ユニットよりさらに小型の無線ICタグである。
 小型化や耐久性向上などの改良が進んだことで、物流管理、小売店での会計システム、クリーニングや旅行手荷物など預け入れ管理といった分野で、いくつもの試験運用が始まっている。

 RFIDが注目を浴びるのは、何といっても高い利便性に尽きる。例えばスーパーの買い物は、現状では全商品のバーコードを赤外線で読み取らなければならない。が、RFIDを使用すれば、商品を籠ごと読み取り装置にかけることで瞬時に会計をすませられる。
 流通業界でもバーコード方式に比べ、物流管理やトレーサビリティを高精度で実現できるうえ、タグを読み取ったり荷札に概要を書き込んだりといった手間が省けるとあって、今後の期待は大きい。

 総務省はRFID市場について、2008年には1320億円、2013年には4310億円に拡大するとの予測を発表している。また、利用が想定される分野としては物流、販売・流通、情報流通、道路交通、食品、金融、医療・薬品、環境、高齢者・障害者対策、教育・文化、情報家電、エンターテインメント、ロボット、建設と、きわめて広範にわたる。それらの分野におけるRFIDを使ったサービスをトータルすると、2013年には27兆円規模に達する可能性があるという。
 RFIDがバーコードに代わるためには、コストや信頼性などさまざまな問題をクリアする必要がある。が、利便性がきわめて高いことから、それらの問題が解決するに従って、加速度的に普及が進むものと思われる。需要が本格的に立ち上がるのも時間の問題だ。
注目企業 世界最小の無線ICタグをつくったスターエンジニアリング
 RFIDの進化のカギとなるのは、タグの小型化、信頼性の向上、送受信距離の延長、エラー削減、コストダウンなど。これらの課題をいっぺんに解決して全く新しい超小型無線ICタグをつくったのが、茨城県のモーターメーカーであるスターエンジニアリングだ。
■巻き線方式による超小型無線ICタグ ■カード向け極薄無線ICタグ
巻き線方式による超小型無線ICタグ カード向け極薄無線ICタグ
右が5mm径、左が世界最小となる3.8mm径の無線ICタグ。上の米粒と比較すると、その小ささがはっきりとわかる。コアテクノロジーは、無線IC(中央の四角部分)に人間の毛髪並みに細い0.07mm径の銅線を、被覆を損ねることなく渦巻き状に正確に巻く技術と、ICを熱で焼損させることなく銅線を溶接する技術。ICは112バイトの記憶容量をもち、書き換え可能な回数は約10万回。 アンテナに銅線を使ったICタグは、ほかの形式に比べて格段に薄型化できるという特性をもっている。写真は超薄型ICタグで、ICチップに銅線のアンテナを装着(カードの左側)し、それを不織布で挟み込んだ構造。ロボットで自動的に生産できる世界で最も薄いRFIDだ。プリント基板アンテナに比べて製造公差が非常に小さく、送受信性能が安定しているのも特徴。
極細銅線アンテナ実装技術で極小サイズと高性能を両立

 アンテナ部を含め、直径わずか3.8mm。米粒よりも小さいという超ミニサイズのRFID向け無線ICタグをつくったのは、もともと電気モーターの開発を主事業としていたスターエンジニアリングだ。ICチップに銅線をアンテナとして渦巻き形に実装することで小型化を果たした。固定ID方式で、データ処理のすべてをサーバー側に依存する日立製作所のミューチップを例外とすれば、目下世界最小のICタグである。
 スターエンジニアリングの星勝治社長は、「耐久性、送受信距離、安定性といった性能と小型化を両立させたという点では、ベストの製品という自信をもっています」と、技術力に自信を見せる。
 構造そのものはきわめてシンプル。使用するICチップはフィリップス、I-CODE、SLIなど、どこのメーカーでもOK。そのICチップにアンテナとなる銅線を溶接し、そのアンテナ線を渦巻きのように巻いてつくられる。だが、構造はシンプルでも、実際の製造にはきわめて高度な技術を要する。

「アンテナに使う銅線は髪の毛より細い太さ0.07mm、ミクロンレベルの薄い電線膜をもつ銅線です。これを切ったり膜を破損させたりせずコイル状に巻き、ICに溶接するのは簡単ではありません。うちは超小型モーターの巻き線技術をもっており、製造装置も自社開発していたことから、工程をすべてオートメーション化することに成功しました」
 銅線をアンテナに使うのは実現が難しいとされていたが、ICへの攻撃性が低い合金溶接や巻き線をすべて自動で行う製造装置を、1年かけて開発した。生産技術さえ確立できれば、銅線はアンテナに最適な部材なのだという。ただ、メリットは小型化だけではない。
「巻き線方式であるため製造段階で共振周波数を調整することが可能で、システムに合わせたチューニングを簡単に行うことができる。電波の送受信可能距離も長く、形状の変更も容易です」
 銅箔、アルミ箔をエッチング加工してコイルパターンをつくる通常のICタグのアンテナに比べ、性能や耐久性は高く、フレキシビリティに優れ、不良率も低いと、いいことずくめだ。

200度の高温にも耐えるタフさでドライクリーニングでの運用も

 この超小型無線ICタグを使ったシステムも既に運用が始まっている。ユニークなのは、クリーニングチェーンにおける商品管理だろう。ドライクリーニングの環境は洗濯液の温度が100度を超え、振動も常時加わるなど、きわめて過酷である。
 丸いセラミック板で挟み込んでタブレット状に加工されたスターエンジニアリングの巻き線式ICタグは、200度以上の高温や強い衝撃に耐え、衣料品にタグを直接付けて商品管理を行うことができるという。また、他社のICタグが水分によって不具合を起こした養豚用トレーサビリティの実証実験でも中途採用され、成果を上げているという。
「ほかにも、バスの整理券をRFID化して乗客管理をより高度化させたり、医薬品のびん底にICタグを付けて管理を強化するといった実験に参画しています」

 RFIDをめぐっては、政府が2004年から2カ年計画で1個当たりのコストを5円以下に収める「響プロジェクト」を推進したのをはじめ、コストダウンがトレンドとなっている。が、星氏はそうした動向とは一線を画している。
「RFID用タグを1個5円以下にといった数字が一人歩きしていますが、そんな価格で月産数億枚といったビジネスは当分成立しないでしょう。また、そのコストでは固定ID方式になりますが、それだと最近急速に増えたQRコードとも競合してしまいます。ウチは1個100円程度の価格で、月産10万〜20万枚。流通、図書館、食品など、トレーサビリティを必要としている業界を中心に展開し、利益もきっちり確保していく」

 ビジネスが立ち上がってまだ日が浅いRFIDは、今後どのくらいの期間でどう発展していくのか読みにくい部分がある。「新しいモノというのは、発明されてから製品化に10年、それが世の中に浸透していくにはさらに10年はかかるものです」(星氏)というスターエンジニアリング。RFIDエンジニアには、長期的視野に立った技術開発も求められるようだ。
星 勝治氏
スターエンジニアリング株式会社
代表取締役

星 勝治氏
福島県出身。高校卒業後、モーターを製造していた日立グループの下請け会社に入社。その後スターエンジニアリングを設立し、テープレコーダーやビデオデッキ向けマイクロモーターなどで成長した。バブル崩壊後、モーターの需要減少に対応するためRFID、生ゴミ処理機などの新規事業を立ち上げる。経済産業省の「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定された。
ICタグ用のICに0.07oの銅線を溶着した拡大写真
ICタグ用のICに0.07oの銅線を溶着した拡大写真。楕円状につぶれている個所が溶着ポイント
びん底貼付用のICタグ
びん底貼付用のICタグ。円形に巻いたアンテナとICがシールの裏に張られ、シールをびん底に張る
穴場求人 現在の人材ニーズはソフト中心。今後はハード関連に拡大
 RFIDはこれまで先行開発という色彩が強かったが、そのメリットは既に広く知られ、流通を中心にニーズも高まっている。今後は本格的な求人情報の増加が予想されるが、もちろん現時点でも人材募集は行われている。リクナビNEXTでは「RFID」「ICタグ」などをキーワードに検索すれば、求人情報をゲットできる。

 エンジニアに求められるスキルは、ハードウェアとソフトウェアで大きく分かれる。現在、求人が多いのはデータベースやアプリケーション開発など、RFIDのシステムを構成するためのプログラマ、システムエンジニアなどだ。
 業務用、パッケージ問わずソフトウェアの要件定義や仕様書作成など、ソフトウェア開発の上流工程を経験していることが望ましい。データベースはPL/SQLのプログラミングやマニュアル作成などをひと通り経験していればOKだろう。

 無線ICタグやリーダー・ライター(読み取り・書き込みを行う装置)など、RFIDのハードウェア開発については、コアテクノロジーをもっている企業がある程度限られているため、求人はソフトウェアに比べると少なめだ。ただ、実用化が急がれているだけに、人材ニーズは増加傾向にある。
 即戦力として生かせるのはアンテナや無線入出力など、無線関連の経験。誤作動や干渉などのトラブル解消のためには、無線まわりの技術がもっとも大切なものだからだ。リーダー・ライターの開発では電子回路設計、ファームウェア設計も重要なスキルだ。
  RFIDの本格的な用途開発はこれからが本番。現場でどのようにシステムが使われているかといった情報をフィールドワークで積極的に組み上げていく、フットワークの軽さも要求される。設計は堅実に、発想は大胆にという精神が大切だ。
RFID業界のエンジニアニーズ
・ RFIDの普及は始まった直後だが、人材ニーズは増加傾向にある
・ ソフトやデータベースの経験をもつSE、プログラマは転職に有利
・ ハードウェアは無線、電子回路などのスキルが要求される
・ ソフト・ハードを問わず、用途開発のアイデアを常にもっておきたい
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
 高橋マサシ(総研スタッフ)からのメッセージ 
高橋マサシ(総研スタッフ)からのメッセージ
星社長の話が面白い! 技術屋魂を感じさせるテクノロジーの話はもちろん、優良な中小企業が大手企業にのみ込まれないためのサバイバル術や心意気を、ユーモアと優しい笑顔とで語っていただきました。同社の立地は海岸に近く、取材の後は教えていただいた「おさかなセンター」で刺し身を買って帰りました。星さん、ありがとうございます!

このレポートの連載バックナンバー

厳選★転職の穴場業界

転職するならこれから成長する業界へ。その中核となる企業に取材し、ブレイク必至の業界動向とエンジニアニーズを探ります。

厳選★転職の穴場業界

このレポートを読んだあなたにオススメします

厳選★転職の穴場業界 無線ブロードバンド

ユビキタスの扉を開く無線ブロードバンド

厳選★転職の穴場業界究極のIT社会とは、いつでもどこでもネットワークに接続できるというユビキタスな世界。そんな未来社会の実現に向けた第一歩になると言…

ユビキタスの扉を開く無線ブロードバンド

厳選★転職の穴場業界 リサイクル技術

循環型社会を生み出す高性能フロン回収装置

厳選★転職の穴場業界地球に優しい循環型社会を目指す機運が、世界中で高まっている。環境、ゴミ、資源、エネルギーなど、解決困難とされるさまざまな課題をク…

循環型社会を生み出す高性能フロン回収装置

厳選★転職の穴場業界 太陽光発電

エコ発電の代表選手!進化を続ける太陽電池

厳選★転職の穴場業界風、光、海の干満、地熱など、自然のパワーを使う再生可能エネルギー利用技術。中でも太陽光発電は、インフラの整備や安定度などさまざま…

エコ発電の代表選手!進化を続ける太陽電池

厳選★転職の穴場業界 次世代フラットパネルディスプレイ

美しさ極まる!次世代FPDに注がれる熱い視線

厳選★転職の穴場業界デジタル放送の本格化やBlu-Ray、HD-DVDなど次世代高精細メディアの登場で注目を浴びる次世代FPD。今年の国際フラットパ…

美しさ極まる!次世代FPDに注がれる熱い視線

厳選★転職の穴場業界 パワーエレクトロニクス

高効率な電力を使って地球温暖化を阻止せよ

厳選★転職の穴場業界地球温暖化の原因物質とされるCO2の削減が叫ばれるなか、省エネ、環境関連のコアテクノロジーと目されるのがパワーエレクトロニクスだ…

高効率な電力を使って地球温暖化を阻止せよ

広める?深める?…あなたが目指したいのはどっちだ

自分に合った「キャリアアップ」2つの登り方

「キャリアアップしたい」と考えるのは、ビジネスパーソンとして当然のこと。しかし、どんなふうにキャリアアップしたいのか、…

自分に合った「キャリアアップ」2つの登り方

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP