• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
人気ロボットベンチャーZMPのカリスマ社長がスカウトしたい人材とは  ロボット技術者『究極のレジュメ』(2)どう自己PRする?
ロボットベンチャーZMPが求める人材像を探るレポートの後編。今回は「希望条件」「自己PR」「キャリアプラン」について、明らかにしていく。どんな人材を求めているのか、「究極のレジュメ」を紹介しよう。
(取材・文/中村仁美 総研スタッフ/宮みゆき)作成日:06.05.24
 Part1に引き続き、ロボットベンチャーが求める人材像について語ってもらったのは、株式会社ゼットエムピー(ZMP)の代表取締役・谷口恒氏だ。Part1で語ってもらった次世代戦略。その中で谷口社長は、「従来のロボット観をまったく新しいものに変えていきたい」というだけに、柔軟な考え方ができる人、新しいロボットを創造できる人を求めている、と語っていた。

 そのような資質は、リクナビNEXTスカウトの登録項目の「自己PR」「キャリアプラン」で見分けられるのではないか。そこで今回は、「自己PR」「キャリアプラン」に加え、希望条件の詳細を明らかにする。谷口社長はこれらの項目において、どんな記述に着目するのか。それをレジュメという形にすることによって、今後、ロボット産業が求める理想の人材像を明らかにしていこう。
株式会社ゼットエムピー 従来のロボット観から脱却し、新しいロボットを作っていける人
事業概要 「nuvo」など、二足歩行を代表とする民生用ロボットの開発、販売を行っている。さまざまな大学、研究機関が持つ研究シーズや技術、アプリケーションをインテグレーション、製品開発に特化している。また教材用二足歩行ロボット「e-nuvo」を大学や高専などの教育機関、企業研修向けに販売するエデェケーションロボティクス事業、キャラクター・パテント、ロボットレンタル事業なども展開している。
PROFILE
代表取締役社長 谷口恒氏
株式会社ゼットエムピー
代表取締役社長
 谷口恒氏
群馬大学工学部卒業後、自動車関連メーカーに入社。ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)やASR(アンチスリップ・レギュレーション)など、制御システムの設計を担当する。その後、商社に転職し、レーザー機器などの貿易営業業務に携わる。2001年1月、ZMPを設立し、代表取締役社長に就任。
電気・電子系、ソフト系、それぞれの求める人材をレジュメに落としてみると……
希望条件 転職意欲の高い人から順にレジュメを閲覧
電気・電子系 デジタル回路設計
転職意欲 いいところがあれば会いたい
業種 家電・AV機器・ゲーム機器(メーカー)、自動車・輸送機器(メーカー)
従業員数 1001〜5000名
職種 回路設計(デジタル)
勤務地 東京23区
年収 こだわらない
ソフト系 組み込み系ソフトウェア開発エンジニア
転職意欲 積極的に多くの企業と会いたい
業種 家電・AV機器・ゲーム機器(メーカー)、自動車・輸送機器(メーカー)
従業員数 11〜100名
職種 ソフトウェア設計開発(制御系)
勤務地 東京23区
年収 希望条件 600〜699万円
谷口恒氏 転職意欲は高いほうが、やはり来てもらえる可能性も高まるのでレジュメの閲覧順序は先になります。しかし大手メーカー勤務の場合、その中でも特に電気・電子系の場合は、勤務先の安定性からそれほど転職意欲が高い人が多いとは思えないので、いいところがあれば、というぐらいの控えめな人からチェックしたい。当社はベンチャーなので、年収にはそれほど執着していない人が理想。むしろ「やりたかった仕事ができるのなら、お金なんて関係ない」という、新しいロボットを開発する意気込みをみせてほしいですね。
自己PR 自分の経験・知識をもとに、やってみたいことのアピールを
電気・電子系 デジタル回路設計
自己PR  大手家電メーカーで、DVDプレーヤー向け電源制御回路の開発を6年間担当してきました。4年目からは、仕様の検討という段階から担当しています。これまでの経験、技術を生かして、DVDプレーヤーという記録装置の範ちゅうにとらわれることなく、現在の生活をより便利にするエレクトロニクス製品の開発に携わりたいと考えています。むしろ、いままでとは異なる製品分野で、自分の力を試してみたいと思っています。
 開発の信条は、コストと品質のバランスを取ること。コンシューマ製品にとって、価格は非常に重要な要素だからです。このことは常に心がけて、回路設計を行っております。
ソフト系 組み込み系ソフトウェア開発エンジニア
自己PR  中堅ソフトウェア開発会社でデジタルテレビ向け組み込みソフトの開発に携わってきました。ビデオドライバやAVドライバ、音量コントロールやチャンネル表示のためのX Window Systemなどの開発を担当しました。コンシューマ向けの組み込みソフトでは、制御の正確さはもちろん、使い勝手も重要なポイントです。チャンネル表示のX Window Systemの開発では、プログラムの正確さだけではなく、見た目のわかりやすさを追求しました。
 私がプログラミングに興味を持ったのは小学生のときです。簡単なゲームソフトを作り、それが実際に動くことに感動し、その魅力にはまりました。今ではプログラミングの知識に関しては誰にも負けない自信があります。より日々の生活が便利になる、社会に役立つシステムを開発していきたいです。
谷口恒氏 当社が開発するのは、1〜2年後に製品として市場に出ていくロボット。従って、研究しかしません、という人は求めていない。現在までに蓄積してきた技術や経験を生かして、どんなことができるのか、どんなことに携わりたいのかをアピールしてほしい。仕事以外に興味を持っていることなどを記述してもよいが、例えば、ラジコンカーやロボット格闘技などに趣味で携わっているというのは、PRポイントとはなりません。むしろ従来のロボットに搭載されていない、機能や技術を探求したい人を求めます。当社のロボット開発は、ビジネスです。趣味のように特殊なこだわりのロボットを作るのではなく、製品レベルの高い技術力を求めます。先述したように数年後には製品として市場に受け入れられるロボットの開発者を求めています。
 これからのロボットには、さまざまな技術が必要になる。「この分野なら負けない」という技術分野があれば、しっかり記述して伝えてほしいと思っています。
キャリアプラン 今の技術をどう高めていきたいと思っているのかを明確に
電気・電子系 デジタル回路設計
キャリアプラン  これまではずっとDVD向けの回路設計に携わってきました。今後は、これまでの経験を生かして、商品企画などにもチャレンジしていきたいと考えています。新しい分野で新しい製品づくり、特に現在の生活を変えるようなインパクトのある製品づくりに携わっていきたいと思っています。
 最新技術を追求しながらも、「製品化」にこだわった技術を追求するエンジニアを目指していきたいと思っています。
ソフト系 組み込み系ソフトウェア開発エンジニア
キャリアプラン  現在は、デジタルテレビ向けの組み込みソフトの開発に携わっています。画像処理系の制御は、今後、携帯電話をはじめ、様々な家電分野でも必要になる技術だと考えています。今までとは異なる製品分野で、現在の制御技術を生かしていきたいと考えています。
 興味のあるのはロボット分野。工業向けではなく、家庭向け。しかも単機能型ではなく、複合的な機能を持ち、生活を便利にするロボットの制御に携わってみたい。これからもエンターテインメント性あふれる製品向けの組み込みソフト開発に、携わっていきたいと考えています。
谷口恒氏 キャリアプランはそんな先のことまで書く必要はない。2〜3年後に、現在の自分が持っている技術をどう高めていくかが明確に書かれていれば十分です。
 ロボット開発に携わりたいのであれば、今の技術をどうロボット分野に融合させるかについて、ぜひ、記述してほしい。コアとなる技術に立脚したキャリアプランは重要だが、その分野のみを追求していくような姿勢が見えれば、マイナスイメージを与えてしまう。当社のようなベンチャー企業の場合は特に、ある技術だけを追求していくようなポジションは少ないからです。応用力や柔軟性が感じられるような書き方もポイントとなります。
 また新しいこと(製品)へチャレンジする意欲について、アピールされていると、好印象を受けます。
今まで培ってきたキャリアを生かして、何を生み出したいか、が重要
 これまで見てきたように、レジュメの中で重要なのは、まずは経験職務をきっちり書くこと。そしてこれまでに培ってきた技術を生かして、今後、どんなことができるのか、どんなことに携わりたいのか、「自己PR」と「キャリアプラン」を明確に書くことである。特に新しい分野に挑戦する意欲、チャレンジ精神については、ぜひ、これらの項目でアピールしたい。「ロボット」はまだ「ロボット産業」といわれるまでには成長していない。つまりこれから「ロボット産業」をつくっていこうという時期である。だからこそ、チャレンジ精神は欠かせないのだ。

 ロボット開発というと、ロボット好きが集まっているというイメージがあるかもしれないが、ZMPが重視しているのは「好き」だけではなく、これまで培った技術とそれを応用して新しいものを生み出す創造力である。つまり、電気・電子系でも組み込みソフト系でも、新しいものを生み出す意欲のあるエンジニアが求められているのである。これはZMPに限らず、ロボット産業の成立を目指す企業であれば、どこも同じだろう。そこをうまくアピールしたレジュメを作ることが、ロボットに携わる第一歩である。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
  宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ  
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
[]
[]
宇多田ヒカルのプロモーションビデオに出演していた「PINO」や、一般向けの量産モデルとして販売された人型ロボット「nuvo」などで、ロボットエンターテインメントの先端を走るZMPのカリスマ社長・谷口氏の取材は非常に楽しい時間でした。実際にZMPで働く技術者たちはユニークで予想もつかない発想や、技術を次々と生み出しているのだとか。ぜひ、そちらもご紹介していきたいと思っています。
[]
[]

このレポートの連載バックナンバー

【究極のレジュメ】経験・スキルはどう書く?

各業界の採用担当者が今後求める人材像をリクナビNEXTスカウトの「究極レジュメ」として紹介。職種、スキル、業界などさまざまな角度から探ります。

【究極のレジュメ】経験・スキルはどう書く?

このレポートを読んだあなたにオススメします

あなたのキャリアはココが見られている

企業にスカウトされるレジュメ作成術【キャリア編】

リクナビNEXTスカウトのプライベートオファーにある「キャリアプラン」の欄。果たして何を書くべきか? 書いてはいけない…

企業にスカウトされるレジュメ作成術【キャリア編】

あなたのキャリアはココが見られている

企業にスカウトされるレジュメ作成術【自己PR編】

自分のキャリアを匿名で公開し、企業からのメールを待つリクナビNEXTスカウト。プロフィール、職務経歴、経験職務チェック…

企業にスカウトされるレジュメ作成術【自己PR編】

携帯ベンチャー社長が今すぐスカウトしたい人材とは

SE『究極のレジュメ』自己PRは?キャリアプランは?

【究極のレジュメ】経験・スキルはどう書く?携帯電話業界が今後求める人材像を探るレポートPart2。携帯業界のベンチャー社長2人の話から、求める人材像をリクナビNEXTスカ…

SE『究極のレジュメ』自己PRは?キャリアプランは?

人気ロボットベンチャーZMPのカリスマ社長が欲しがる人材とは

ロボット技術者『究極のレジュメ』経験・スキルは?

【究極のレジュメ】経験・スキルはどう書く?2005年の愛知万博でも数多くの最新ロボットが展示されたように、ロボットビジネスに参入する企業が増えている。そこで必要とされるの…

ロボット技術者『究極のレジュメ』経験・スキルは?

あのカリスマ経営者が今すぐスカウトしたい人材とは

ITコンサル『究極のレジュメ』自己PRはどう書く?

【究極のレジュメ】経験・スキルはどう書く?ITコンサル業界が求める人材像をレジュメ形式で紹介するレポートの第二回。ITコンサル企業のカリスマ経営者たちは、レジュメの「希望…

ITコンサル『究極のレジュメ』自己PRはどう書く?

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP