• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
決定!エンジニアが思わず涙したアノひと言大賞2004
多忙な毎日、容赦ない顧客。めまぐるしく追われる激務の中で、ふと耳にした思わぬひと言……。思い返せば今もじんわり。今年1年間、忍耐の精鋭エンジニアたちが思わず感動した、こころに響いたその言葉、その瞬間を大公開!
(取材・文/ハタジュン 総研スタッフ/山田せいめい イラスト/岡田丈) 作成日04.12.22

エンジニアを取り巻く環境は、近年ますます厳しさを増している。過酷な状況の中、それでも必死に取り組むエンジニア。そんな彼らにも一筋の光明が差す瞬間がある。それが、苦境の中で顧客からかけられた感謝の言葉だ。今回はそんな目頭を熱くするひと言をアンケートで募集。総勢300人から寄せられた、「感動のひと言」の中から、Tech総研でおなじみの3人の審査員が、最も感動した6つのエピソードを厳選してご紹介する。
「エンジニアが涙したひと言大賞」審査員プロフィール
平林氏
平林純氏
平林純氏
人気サイト「hirax.net」を運営し、同サイト内でエンジニア的課外活動を精力的に展開 している。Tech総研ブログ上では、「平林純@『hirax.net』の科学と技術と男と女」を掲載中。今回はエンジニア代表として、現場の視点から審査していただいた。
前川
Tech総研編集長 前川タカオ
1989年リクルート入社。『住宅情報』などの編集担当を経て、『ケイコとマナブ』『仕事の教室』『ビーカム』など社会人向け学習誌の編集長を歴任。04年4月より現職。エンジニアの成長やキャリアデザインに通ずるひと言を中心に選んだ。
テックエンジェル
テックエンジェル"テックエンジェル"
テックエンジェル
12月より開始した連載企画「テックエンジェルの突撃!会社訪問」でデビューした、Tech総研の新キャラクター。今回は、エンジニア応援チアリーダーとして、「こんな言葉をかけてあげたい」と思うひと言を選んでもらった。
思わず涙したひと言 最優秀賞 「ありがとう。あなたたちのおかげです。」(27歳・システムエンジニア)
エピソード
銀行合併による双方のシステム統合のプロジェクト。顧客管理のデータを扱う非常にデリケートな業務で、私はそのプロジェクトの途中から参加しました。
依頼先の会社に常駐しプロジェクト終了までの1年間、毎日顧客と顔を合わせながら仕事を進めていきました。常日ごろから、顧客からの度重なる仕様変更の要求に悩まされながらも無事プロジェクトを成功させることができた後、チーム一人ひとりに対して顧客が声をかけたときの、ねぎらいのひと言でした。
平林氏 平林氏
エンジニアは全体で仕事をしているということをしっかり意識すべき職業だと思っています。自分の功績だけではなくプロジェクトの全員を認めてもらうことが必要ですよね。その点でこのひと言が心に残りました。
前川 前川
仕事は一人ではなし得ない。チームワーク、全体として取り組むことを常日ごろ意識しているためにこの言葉が出てきたのでしょう。このような恵まれた環境で仕事ができることはなかなかありません。一見当たり前の言葉ですが、とても示唆に富んでいます。
テックエンジェル テックエンジェル
「あなたたちのおかげ」という言葉で感動したこの方は、まさにチーム全体として仕事をしている意識をもっているのだと思いました。自分がつらいとき、きっと周囲にも同じ苦しみを味わっている人がいるのですね。
ビル・ゲイツ氏
思わず涙したひと言 優秀賞 「こんなに早く終わるなんて考えてもなかった。もっと最初から頼めばよかったよ。」(30歳・システム開発)
エピソード
数千台のオーダーで、ある仕組みをネットワーク配布するプロジェクトに途中参加しました。
しかし不具合が続出、しかも納期をずらすことは絶対にありえない。圧縮されたスケジュールだったので、そのままのやり方では到底達成は無理と判断し、急きょほぼ独断でツールを作成しました。
相当粗削りなツールなので扱えるのは私を含め数人でしたが、工数を3分の2ほど圧縮するのに成功しました。
前川 前川
納期、品質、コスト。これはエンジニアの仕事にとって、どれひとつはずせない重要なものです。その三つのポイントを確実に押さえて期待値以上のものをあげていく。それが次回の向上へとつながっていくのだと思います。
テックエンジェル テックエンジェル
人間、締め切りがないとなかなかそれに伴った仕事をできないと思うんですよ。だからこれはとても見習いたいです。これ以上のものはない、という気持ちで作ったのでしょうね、絶対の自信を感じます。素晴らしいです。
平林氏 平林氏
締め切りを守れるエンジニアは決して多くはない。というのは、時間はもちろんクオリティーを少しでも高めたいという思いがあるんですよね。エンジニアとしては前川さんとエンジェルの言葉が耳に痛い限りです(笑)。
ビル・ゲイツ氏
“思わず涙したひと言”優良賞 「あなたから送られてきた手紙を、子供が寝るときも離さずに持っています。」(32歳・システム開発)
エピソード
「子供がペット育成ゲームで遊んだところ、キャラクターに『大キライ』と言われて落ち込んでいる」と、その子のお母さんから手紙をいただきました。そこで、別のキャラからその子供へという形で「本当は○○ちゃんのこと、キライになったんじゃないんだよ。思わずそんなことを言っちゃったんだって。だからすごく落ち込んで泣いているんだ。ごめんなさいって謝ってたよ」とフォローの手紙を送ったところ、今度はこんな手紙が。
「子供は元気になりました。温かい手紙をもらって感動しました。旦那も目頭が熱くなってました」
そこにはそのお子さんからの手紙も同封されていました。非常に喜んでいただけたので、私も目頭が熱くなったのを覚えています。
平林氏 平林氏
出発点はクレームに近いものですよね。それを、相手の立場へたった対処、そしてユーザー側への配慮を盛り込んだ彼の機転で、相手に感動すら与えているのが見事です。なかなかできることじゃない!
前川 前川
自分たちの作ったもの、そのユーザー側の立場、利用シーン、そして心理を踏まえて見事な機転を利かせています。これは紳士的なものを感じますね。そしてそのユーザーからの反応に、だれもが幸福な気持ちになっています。
テックエンジェル テックエンジェル
会社側の指示ではなく、この方が個人的にこの対応をしようと考えたのだとしたらとてもすごいことだと思います。人間的な魅力のある体験談で、読んでいて非常に心を打たれました。
ビル・ゲイツ氏
平林審査員特別賞「君はもう帰りなさい」(27歳・システム開発)
エピソード
システムリリース後、トラブル続発で2日間一睡もせずに対応していたとき、お客様からかけていただいたひと言。まだ、トラブルは完全にシュートされていなかったが、私の体調を気遣ってくれたのがうれしかった。
平林氏 言った相手の懐の大きさに感動します! とてもカッコいい人と仕事をしていますよ。つらい場面でこのように相手を思った言葉をかけることはなかなかできない。双方の関係性が見える言葉で、思わずグッときました。
編集長特別賞「あんたを信じる」(30歳 サービスエンジニア)
エピソード
マシンが何度も壊れてしまうという現象が起こり、返品希望をしてきた顧客でした。しかし、こちらが必死の対応とそれに伴う説得を続けると、返品を取り下げ、修理に応じてくれました。そのときにいただいた言葉です。
前川 信頼を得ることができると、人は信頼を与えてくれた人に、持てる力を最大限に引き出し、最良のものを返したいという気持ちになる。こういった中で頑張れば非常に良い仕事ができるでしょう、とても粋な言葉です。
「技術だけではなく、誠意あふれる対応をいつもありがとう」(35歳・運用/監視、テクニカルサポート、保守)
エピソード
私の勤務先では、エンジニアも事務職と同じように電話を受けます。技術や知識のあるものが電話を取りますので、担当者に取り次ぐワンクッションがありません。そのためクライアントが同じ内容を何度も説明する必要もなく、すぐに具体的な対応、および作業に取りかかれるのです。そんなときにかけていただいた言葉です。
テックエンジェル エンジニアとして技術を褒められることはあっても、内面的な部分を評価されることは少ないのでは。エンジェルとしては、やはり人間的な部分も含めてこの仕事に就いている人たちを応援していきたいですね!
惜しくも受賞を逃した、最終審査まで残った厳選ノミネート作品7本
次に大きな仕事を予定しているけれど、それに君を指名させてもらうよ。
この製品ができたおかげで、現代の医療が前進した。
あなたがいちばんこの製品のことを理解している。あなたがいないと成り立たない。
いろいろ無理を言ったけど、予算内で希望のシステムが提案できた。どうもありがとう。
あなたがたの協力なしにはこの期日に完成させることは絶対に不可能だった。
あなたなしでは成功しなかった。
君がいたおかげで会社が潰れないですんだよ!
審査を終えて・・・
平林氏 平林氏
エンジニアの一人として、こういった温かい部分に触れられたのはとてもうれしいです。若い人たちの情熱を知ることもできましたしね。僕らには何が重要で何が大切なのか……今回はそれを教えてもらいました。
前川 前川
仕事をする人間の原点というのでしょうか。こういう結果を見ていると、特にエンジニアが大切にしているのは心だったり、人と人とのかかわり合いだったり、形にできない感動であったりするのですね。それを再確認しました。
テックエンジェル テックエンジェル
なにげない言葉ですが、状況によってその重みがまったく変わってきますよね。ひと言ひと言の意味を大切にしていきたいものです。技術だけではなく、みなさんの内面的な部分も応援していきたいと思いました!
ビル・ゲイツ氏
コラム:最優秀賞受賞エンジニアに聞く、“思わず涙したひと言”の舞台裏
 ありがとう。あなたたちのおかげです。
 若き女性エンジニアであるM.Sさんが体験した、心を動かす顧客の言葉。壮絶な日々を乗り越えプロジェクトが最終日を迎えたとき、顧客が口にした「ありがとう」のひと言。そのシンプルな言葉がこんなにも心に響いたわけとは……?

「エンジニア?まったく興味ありませんでした」
そう言って笑う彼女は、若き女性エンジニア。大学卒業後、ほかの会社はなんだかピンとこなかったという理由からこの業界に足を踏み入れる。彼女が身を置くのは金融系のシステム開発。まったく右も左もわからぬ中で大小さまざまなプロジェクトにチームの構成員として携わりながら、チームリーダー、プロマネジャーを目指すための日々を重ねてきたという。

入社5年目、あるプロジェクトの話が舞い込んできた。
銀行合併による双方のシステム統合。顧客管理のデータを扱う非常にデリケートな業務である。彼女は入社5年目で、その企画の中盤から任務終了まで、プロジェクト推進チームリーダーとして参加することとなる。依頼先の会社にフロアを新たに設け、プロジェクトが終了に至るまで、毎日顧客とともに過ごしていく。その中に女性は彼女、ただひとり。

特につらかったのが最終段階の1週間。システムが正式に動き出すまであとわずかという時期に、特別体制として夜間待機がしかれるのだ。顧客ともども近所のホテルに缶詰になって、ストレスの多い状態で生活しなくてはならなくなる。女性の身としては、つらい。長い間緊張にさらされ、真夜中でも動ける体制をとっていなくてはならないため、体力的にも精神的にもギリギリの状態。辞めたいと思ったことも何度もあったという。

それでもようやくすべての工程が終わると、予想以上にトラブルが少なかった。サービス開始当日も、滞りなく業務は進行した。顧客スタッフと彼女たちは、障害報告の書き込まれるホワイトボードの前で、そのクオリティーの高い仕事のあがりに、互いに肩をたたき合って安堵の言葉をかけ合ったという。

M.Sさん
プロフィール M.Sさん
大学卒業後、大手IT関連SIerのSEとしての道を歩み始めた、女性エンジニア。入社6年目の今ではプロジェクトリーダーとして、現場をとりしきる才能も発揮している。

「ありがとう。大成功を収めたのはあなたたちのおかげですよ」
顧客の一人が、涙ながらに彼女の手をとりその言葉を口にしたのは、プロジェクト終了当日の、打ち上げの席でのことだった。任務に携わったほぼ全員と固い握手を交わし、労をねぎらう男の姿に彼女はとまどった。
「感動していたんです。素直にうれしかった。あんなに感情的に、心のこもった言葉をいただいたのは初めてだったんですよ。みんな事務的なあいさつばっかりで。後にも先にも、あんなに強烈な感謝といたわりの言葉はなかったですね」

何も知らずにこの業界へ飛び込んでしまってからはや6年。幾多の困難を乗り越えてきた彼女は今、こんな言葉を話してくれた。
「これからですか? うん、もう一度あんな気持ちのこもった言葉を言ってもらいたいです。それくらい人の気持ちを動かせる仕事をしてみたいですね」

この先彼女は、何度となく「ありがとう」という言葉を耳にしていくのだろう。

 
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
山田せいめい(総研スタッフ)からのメッセージ
ご紹介した「感動のひと言」の多くはありきたりな言葉なんですけど、それにまつわるエピソードに触れると、なぜかそのひと言が心に響くから不思議です。今年1年、みなさんは顧客からどれだけ「感動のひと言」をもらいましたか? 来年はもっと多くの「感動のひと言」をご紹介したいと思っているので、みなさんにとって実りある年になることを祈っています。

このレポートを読んだあなたにオススメします

現場を知らない上司に捧げる!

現場を知らない上司に捧げる!壮絶☆修羅場 総決算

短期開発、人員短縮、開発費削減……。そのためにたとえ連日徹夜しようが、相次ぐ仕様変更をこなそうが、会社は「できて当たり…

現場を知らない上司に捧げる!壮絶☆修羅場 総決算

Tech総研3周年記念「職場の名言」スペシャル

これで明日も頑張れる!顧客に言われて嬉しかった名言

エンジニア☆職場の名言Tech総研3周年記念企画、エンジニアの「職場の名言」大賞の審査会も、今回がいよいよ最終回。クレイジーエンジニア塚本教…

これで明日も頑張れる!顧客に言われて嬉しかった名言

金返せ!上司出せ!それでもプロか?にもうタジタジしない

暴走顧客をサラリとかわす!エンジニア的言い訳大作戦

顧客から容赦なく浴びせられる不条理なクレームの数々。「必死に頑張ってるのに」と思えば思うほど、言い訳はしどろもどろ。つ…

暴走顧客をサラリとかわす!エンジニア的言い訳大作戦

理想のコーディングができた、1週間SQLを流し続けるetc

「よかった」「辞めたい」エンジニアの本音100連発

エンジニアという職業を選んだことで喜怒哀楽、さまざまな経験をすることになる。そこで今回、エンジニアとして経験した数々の…

「よかった」「辞めたい」エンジニアの本音100連発

資料・マニュアル作成、上司・顧客の朝令暮改etc.

もうキレそうだ!やりたくない仕事のストレス最小化法

「やりたくない、やりたくない……」とブツブツ言ってもその仕事はなくならない。そこで「今一番やりたくない仕事とその乗り切…

もうキレそうだ!やりたくない仕事のストレス最小化法

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP