• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

転職する「ベストタイミング」とは?

転職決意の翌日から行動を起こして内定を勝ち取ったA・Uさん

運用サポートエンジニアの派遣社員として顧客先に常駐し、多忙な毎日を過ごしていたA・Uさん。だが冬のボーナス査定時、一度も顧客先の現場に来ない派遣元の上司に低い評価を下されて転職を決意。翌日にはもう人材紹介会社に登録し……。
(取材・文/長谷川恵子 総研スタッフ/山田せいめい) 作成日:03.12.17
転職決意の翌日から行動を起こして内定を勝ち取ったA・Uさん
キッカケ編
3年間、一度も現場に来なかった上司に理不尽な評価を下される

賞与査定の面談で転職を決意

 上司と面談し、今年(99年当時)の冬のボーナス査定について聞かされる。予想外の低い評価と金額。自分の業務内容とかかった工数をいくら説明しても、まったく取り合ってもらえない。
 実は、顧客先で業務範囲外のことを頼まれてしまい、間に入っている仲介会社に「契約上、それは受けられない」という話をしたのだが、そこの担当者が、僕の勤務態度に問題があるかのように派遣元の上司に伝えたらしいのだ。

 この上司は僕が入社して3年間、一度も現場を見に来たことがないうえに、仲介会社の話をうのみにしてこんな評価をしている。そう思ったとき、自分の中で何かが切れた。

企業選び編
とにかく行動。コンサルタントに素直な気持ちで相談

翌日、大手人材紹介会社に登録

 翌日、以前から名前を知っていた大手人材紹介会社に出かけた。
 基本的に転職をする気が少しでも起きたら、エージェントに登録するとか、コンサルタントに会うとか、何らかの行動に移したほうがいいと思っている。それによって自分の転職意思が確かなのか、できればしたい程度なのかが確認できるからだ。

外資系企業に行きたい!

 今回の企業選びのポイントは2つある。
 ひとつは外資系企業であること。英語を使った仕事がしたいからだ。大学時代は貿易学科で外国語のコースをとっていたし、IT系商社にいたときは公私ともにけっこう英語を使っていた。将来は、できれば海外で仕事をしつつ、大学院で勉強して専門を強化したいと思う。

 もうひとつのポイントは、仕事のやりがい。システム運用管理という仕事でいちばん困るのが、繁忙期とヒマな時期との落差が激しすぎることだ。自分はコンスタントに仕事をして、少しでも何かをつかんで帰りたいタイプ。それでヒマなときにはバレない程度に職場で情報処理関係や英語の勉強をしていたが、次の仕事はもっとやりがいがあり、ステップアップにつながるような仕事がいい。

MISに的を絞る

 人材紹介会社の担当は、ITに詳しく、経験豊富そうな年配のコンサルタント。登録手続きを済ませた後、仲介会社と契約問題でもめたことや、現在の悩みを正直に洗いざらい打ち明けた。職種についても相談したところ、「あなたは企業のコンピュータシステムの集中管理を行う部門(MIS)にピッタリだと思う」と提案してくれた。これまで知らなかった仕事だが、やってみたい。8社の候補のうち、外資系の3社を選んで応募することにした。
PROFILE
外資系ソフトウェア会社
テクノロジーコンサルタント
A・Uさん(35歳)

大学卒業後、大手ソフトウェア開発会社に入社。その後数社でシステム開発、営業支援、システム運用管理サービスなどを手がけ、2000年2月、現在の会社に転職。
A・Uさんの転職活動DATA
前勤務先
(業種)ソフトウェア
 
(職種)運用サポートエンジニア
転職した時期
2000年2月
活動期間
(決意から退社まで)
約75日
転職理由
自宅から離れた客先に常駐していたので通勤がきつく、現場に対する上司の理解もなかったため。
会社選びで優先したこと
スキルアップ、ステップアップにつながる仕事ができること、英語が生かせる外資系であること
実際に応募した社数
3社
内定社数
1社
落ちた社数
1社
辞退した社数
1社

応募からの日数
 A社(外資系ソフトウェア会社)
 B社(外資系ハードメーカー)
 C社(外資系ソフトウェア会社)
 
A社
(書類選考
で落選)
B社
(辞退)
C社
1次面接
 
7日
14日
2次面接
 
最終面接
 
14日
21日
内定
 
15日
35日

活動編
これは運命?最初の面接でいきなり仮内定

ハードメーカーの面接

 外資での勤務経験がある職場の同僚に添削してもらい、英文レジュメを提出して1週間。書類選考の結果が出始めた。ソフトウェアA社は残念ながら落ちていたが、ハードメーカーB社からは1次面接の通知をもらった。顧客先から派遣元の会社に戻り、夜8時からの面接に出かける。人事の人が出てきて会社概要や求める人材の説明をしてくれた。メーカーらしく、誠実な対応。B社は伸び盛りの元気な会社で魅力的だ。

最初と話が違う

 1週間後、B社の2次面接。現場のマネジャーから「フィールドエンジニアとして顧客先へ行き、収益を上げてほしい」と言われる。最初と話が違う……。希望に合わない仕事はやはりやりたくない。しかしその場では断りにくいので、「考えさせてほしい」と答えておく。
いきなり社長面接

 ソフトウェアC社からも一次面接の連絡がくる。夜7時半、オフィスに出向くと、いきなり社長と1対1の面接となる。社長は会社の事業内容やビジョンを説明し「日本で会社の事業を的確に運営していくためには、それにふさわしい情報マネジメントが必要。その役割をぜひ担ってほしい」と熱く語ってくれた。給与とインセンティブの話もされた。思わずその場で「やります」と答えてしまった。

 先方は困っているようなので、仕事では十分貢献できそう。それに社長直属の業務なので自分の業績を直接評価してもらえる。頑張ればインセンティブももらえるし、言うことはない。こんなに人に高く評価されたことはなかったので、うれしかった。

実質的に内定

 その1週間後、C社の2次面接。といっても形式的なもので、人事規定や業務内容の確認と、必要な書類を提出するのみ。B社にはこれから断りの連絡を入れよう。

無事、円満退社へ

 年明け早々、正式にC社に内定。すぐ顧客先に退職の意思を伝え、「残念だけど、いい仕事をしてくれてありがとう」と言ってもらえた。派遣元の会社にも退職願を出し、受理された。2月からは新しい生活が始まる。

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア☆マル秘転職活動記

エンジニアが転職を決意してから入社するまでのプロセスを日記形式で紹介。行動、感想、入社後の反省点などをリアルに綴る転職ドキュメントです。

エンジニア☆マル秘転職活動記

このレポートを読んだあなたにオススメします

IT企業を渡り歩き理想と現実の間で苦闘

IT企業を渡り歩いて今でもその次を目指し奮闘中・30歳

エンジニア☆マル秘転職活動記ベンチャーIT企業を皮切りに大手SI企業に転身、現在は大手ソフトウェアベンダーの日本支社で活躍するM・Hさん。華麗にキ…

IT企業を渡り歩いて今でもその次を目指し奮闘中・30歳

「今できること」を生かすための転職とは?

「今できること」を英文レジュメでPR・31歳

エンジニア☆マル秘転職活動記UNIXとネットワーク技術を扱うエンジニアとして、意欲的に仕事をしていたN・Mさん。しかし、派遣元が突然方針を変更し、…

「今できること」を英文レジュメでPR・31歳

システム開発最前線から運用マネジャー職へ

将来性と年齢に見合ったポジションを選択したA.Yさん

エンジニア☆マル秘転職活動記season.2モノづくりの高揚感や、カットオーバー後の達成感……新規開発プロジェクトは、多くのシステムエンジニアが目指す主戦場だ。しかし、開発…

将来性と年齢に見合ったポジションを選択したA.Yさん

若きベンチャー経営者があえて転職市場に挑戦!

大企業→外資系に選社基準を転換して再転職/E・Yさん

エンジニア☆マル秘転職活動記E・Yさんは大学在学中にホスティングの会社を起業し、軌道に乗せた経験をもつ。一度は社会を知ろうと転職サイトを使って電力…

大企業→外資系に選社基準を転換して再転職/E・Yさん

営業職から会社立ち上げまで多種多様な経験は無駄ではなかった!

5回の転職を経てITコンサルとして活躍するK・Mさん

エンジニア☆マル秘転職活動記大手医療法人の情報システム部マネジャーという現在のポジションに就くまで、5回もの転職を重ねたK・Mさん。過去の職歴を見…

5回の転職を経てITコンサルとして活躍するK・Mさん

僕たち私たちの転職忍者の術★31

バレないようにコッソリ転職活動したいでござる の巻

在籍中に転職活動をする場合、今の会社にバレないようこっそり慎重に進めたいもの。ときには家族や友人にも内緒で活動したいケ…

バレないようにコッソリ転職活動したいでござる の巻

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP