• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたは転職時の選社基準をどう決める?
知人の情報収集から転職条件を決めたS・Tさん
コンサルタントとして活躍していたS・Tさん。以前から中途採用の情報に触れていたものの、いざ転職を考え始めるといろいろ迷いが出てきた。そこで、とにかく経験者から話を聞こうと友人・知人に積極的に声をかけ始め……。
(取材・文/長谷川恵子 総研スタッフ/山田せいめい)作成日:03.10.29
THANKS! いざ転職を決意しても、「自分に何ができるのか」「将来なにがやりたいのか」といった自己分析を怠って失敗を招くケースも多いようです。今回はそんな方への転職条件作成のケースをご紹介します。
 
キッカケ編 このままでは来年の
住宅ローンが返せない?

こんなに働いているのに

 ほかの部門の同期と飲みに行く。給与の話になったとき、彼らと自分の年収がほとんど変わらないことがわかった。ショックだった。

理由ははっきりしている。うちの会社は部分的に年俸制を導入していて、僕のいる部門はその対象になっているが、彼らの部門は対象外なので、残業代がつく。僕は仕事で成果を挙げ、毎年一生懸命上司と交渉して年収を確保しているのに、彼らは長い時間会社にいるだけで同じ金額がもらえるのだ。


尊敬する上司が辞めてしまった

 直属の上司が会社を辞めてベンチャー企業に転職した。またまたショックだ。この人から得るものは本当に大きかった。教育研修制度にも評価制度にもイマイチ納得がいかないし、これ以上この会社にいて、得るものがあるのか?とさえ思ってしまう。

来年の給与が危ない!

 子供が生まれ、ほぼ同時に住宅ローンも抱える身になって、一家の主としての責任を感じるこのごろ。会社の評価制度の内容は全部わかっているので、今年と来年の給与をシミュレーションしてみた。年収レベルで100万円ぐらいの変動幅があるので、見通しを立てておくことは大切だ。

 やってみると、今年は住宅ローンに十分に対応できるが、来年はかなり危ないことがわかった。現在の仕事の状況がよほど劇的に変わらないかぎり、必要な金額に届かない。このままではまずい。やっぱり転職を考えなければ、と思う。
PROFILE
コンピュータメーカー コンサルタント
S・Tさん(35歳)

大学卒業後、大手シンクタンクに入社。製造業のBRPに関するコンサルティングを手がける。2000年12月、メーカーに転職。
S・Tさんの転職活動DATA
前勤務先 (業種)シンクタンク(職種)コンサルタント
転職した時期 2000年12月
活動期間
(決意から退社まで)
約180日
転職理由 教育制度が充実していて、給与面でも納得できる会社に行きたい。
会社選びで優先したこと 業種と、教育制度が充実していて給与が安定していること。
候補として考えた社数 3社
内定社数 3社
落ちた社数 0社
辞退した社数 2社

応募からの日数
 A社(自動車メーカー)
 B社(IT系ベンチャー)
 C社(外資系コンサルティング会社)
  A社 B社 C社
1次面接 105日 7日 10日
2次面接 14日
最終面接
内定 1日
(2次内定)
1日
(1次内定)
1日
(1次内定)
 
リサーチ編 2カ月間で10人の話を聞き、自分自身を棚卸し

まずは経験者に話を聞こう

 実を言えば、入社当時は希望とまったく違う部門に配属されたため、いつも転職のことを考えていた。試しにいくつかの会社に応募したこともあった。

 数年経て今の部門で仕事ができるようになり、転職活動はやめたが、日曜日の新聞の求人欄はずっと見ていた。ヘッドハンティング会社や人材紹介会社からもよく声がかかり、直接話も聞いていたので、転職市場でコンサルタントは人気があることも実感していた。

 しかし、転職自体にまだ迷いがあるし、方針も決まっていない。まずは転職経験者にいろいろ話を聞いて、よく考えてみようと思った。


メーカーに行った友人の話

  メーカーに転職した元同僚に会った。彼は「またコンサルティングファームに行くのはやめたほうがいい。競争は激しいし、ポジションも給与も安定しないし、きっとまた転職することになるぞ」と言う。これはけっこう強く印象に残った。

 確かにそうだなと思う。独身のころは気にならなかったが、結婚して子供が生まれ、家を持つと不安定な環境はいやだと思うようになった。


自分はどうしようか?

 この2カ月で、元上司や元同僚、友人など、10人以上に話を聞いた。ほとんどがコンサルタントなので、やや偏っている面もあるが、情報収集してみてよかった。この期間は、自分には何ができるのか、将来どうしたいのかなど、いろいろなことを考えた。いわば自分自身の棚卸しだ。自分を見つめるいい機会だったと思う。

 改めて、「コンサルタントは世の中で売れているんだな」ということもわかった。
けっこうもんもんとしている時期でもあったが、結局自分で決めないとだめだな、という当たり前のことがよくわかった。転職の理由ひとつをとっても、人によって違う。必ずしも「こうすべき」と言えるものじゃないし、自分以外の人間には決められないのだ。

 こうして決めた方針は次のようなものだ。コンサルティングの分野でまだやりたいこともあるので、職種は変えない。ターゲットは、コンサルティングファーム以外の企業。そして、アウトプットばかりで自分がすり減ってしまわないように最新の技術スキルのトレーニング環境が充実していること、コンスタントな収入が得られるように給与の変動が少ないこと。
 
活動編 たて続けの内定、その後A社に決定!

中吊り広告を見て思わず応募

 電車の中で、転職情報誌の中吊り広告が目に留まる。メーカーA社が人材を募集している。以前からいいなと思っていた企業だ。さっそく駅の売店で情報誌を購入、家に帰ってから募集要項を熟読した。

上司の転職先にいきなり内定

 転職の相談に乗ってもらった元上司から、その人の転職先であるベンチャー企業B社に誘われた。1時間ほど面接を受け、その場で内定をもらってしまった。しかし急には決められない。返事は当分待ってもらうことにした。

別の知人からも誘われる

 以前、社外で知り合って親しくなった人からも、自分のいる外資系コンサルティング会社に来ないかと言われる。彼はそこの責任あるポジションで「君さえよければいつでも入ってほしい」と言ってくれた。とてもありがたいが、事前に決めた方針に従ってやはり保留ということに。

A社の1次面接で頑張る

 応募してから3カ月。ついにA社の1次面接の日がやってきた。
 面接官は人事と募集部門のライン長。現在の仕事内容、志望動機などを聞かれる。どう言えば好印象になるだろうと考えつつ、A社の魅力や募集内容の魅力についていろいろ語った。

 面接が終わると、次のステップに進むなら会社説明会と試験を受けてほしいと言われた。もちろん「お願いします」と言った。


2次面接で内定を告げられる

 1次面接の2週間後に試験を受け、それから2日ほどたって2次面接の連絡がきた。今回は事業部長クラスと人事の人が出てくる。面接の内容は1次とほぼ同じ。面接の最後に「では来てください」とあっさり言われた。決断の早さにびっくりしたが、心の中でガッツポーズを決めた。

 「A社に受かっちゃったよ」と家に電話すると、妻もとても喜んでくれた。業種も職種も希望どおりだし、給与も自分の考えているラインを確保できる。もう迷わずA社に行くことに決めた。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア☆マル秘転職活動記

エンジニアが転職を決意してから入社するまでのプロセスを日記形式で紹介。行動、感想、入社後の反省点などをリアルに綴る転職ドキュメントです。

エンジニア☆マル秘転職活動記

このレポートを読んだあなたにオススメします

若きベンチャー経営者があえて転職市場に挑戦!

大企業→外資系に選社基準を転換して再転職/E・Yさん

エンジニア☆マル秘転職活動記E・Yさんは大学在学中にホスティングの会社を起業し、軌道に乗せた経験をもつ。一度は社会を知ろうと転職サイトを使って電力…

大企業→外資系に選社基準を転換して再転職/E・Yさん

ユーザークレームから逃れたい一心で、転職先が決まらないうちに辞表を提出

ユーザーサポートからヘッドハントで開発職へ・29歳

エンジニア☆マル秘転職活動記H・Tさんがいた証券会社のトレーディング部門では、毎日の売買時間中のシステムトラブルが微塵たりとも許されず、少しでも障…

ユーザーサポートからヘッドハントで開発職へ・29歳

転職にあたって、今の自分に足りないものは?

ネットワーク技術と英語力を3年間磨き転職

エンジニア☆マル秘転職活動記ソフトハウスで開発業務に携わっていたが、社内システムの矛盾と将来への不安を感じ、転職を決意したT・Nさん。登録した人材…

ネットワーク技術と英語力を3年間磨き転職

「できること」より「やりたいこと」を優先するには?

面接のキャリアPRで職種転換成功・32歳

エンジニア☆マル秘転職活動記半導体業界にいるけれど、情報システムへの興味が募る一方だったN・Wさん。そんなとき、会社がM&Aのターゲットとなり、今…

面接のキャリアPRで職種転換成功・32歳

「なぜ今の会社にいるのか」、ふと疑問がわいたら、どう動く?

昇進を辞退しハードメーカーに転職・28歳

エンジニア☆マル秘転職活動記忙しい毎日を過ごすうち、「なぜこの会社で働いているんだろう?」と疑問を持ったK・Yさん。そんな中、上司から切り出された…

昇進を辞退しハードメーカーに転職・28歳

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP