• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
アプリ開発プログラマがインターネットサービスのトップ企業へ
「Yahoo!メッセンジャー」にほれたエンジニアの情熱トーク
ヤフーが募集する技術職は18職種だが、社内ではさらに細分化されて約50種に及ぶ。今回の応募者はコミュニティーサービスの中の「Yahoo!メッセンジャー」の開発を希望。ヤフーならではの希望重視の採用と選考方法に注目!
(取材・文/須田忠博 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:03.06.18
THANKS! エンジニアの転職にはひとつの特徴があります。それは、「この会社でこの仕事がしたい!」という思いから、転職を決断する場合が多いことです。今回はまさにそのケース。若いエンジニアの熱い思いをご紹介します。
応募したエンジニア 企業の面接担当者
井原正博さん(当時27歳)
メディア事業部 シニアエンジニア 中谷武史氏
当時の職種 アプリケーション開発プログラマ
募集職種 コミュニティーサービスエンジニア
業務の内容 PDAのJavaエミュレータ開発。リーダーとして全工程を担当。
仕事内容 掲示板やメッセンジャー、ゲームなどコミュニティーサービスのサーバー、クライアントソフトの開発。
職務経歴 ソフトハウス2社でPC・Webアプリ開発4年、携帯電話・PDAエミュレータ開発7カ月。
応募資格 C、C++、Java、Perlなど開発言語の1つ以上の実務経験、UNIXマシン上での開発経験など。
志望動機 膨大な数の一般ユーザーに利用される、ヤフーの高度なサービスシステムを手掛けたい。
募集背景 事業拡大、サービスの拡充に伴うエンジニアの継続的な増強。
書類選考
最初に人事部が、応募資格や採用要件と大きなミスマッチがある応募者をスクリーニング。次に部門の採用担当者が厳選する。
人事・技術面接
人事部採用担当者、技術部門長、技術チームリーダーの計3人が面接。所要時間は30〜40分。通過率は約4割。
最終面接
事業部長(または役員)、人事部採用担当者の計2人が面接。所要時間は20〜30分。ここでの通過率は9割以上。
条件説明・内定
内々定を伝え、給与・評価制度を説明して待遇のすり合わせを行う。合意後、正式に内定を通知する。
Part1 職務経歴と志望理由

多くのユーザーにPCの楽しさを伝えたい!

中谷:
 それでは、よろしくお願いします。【Point1】まず、これまでの職務経歴を簡単に説明してください。


井原:
 前職ではクライアントアプリケーションの開発を担当しました。一般ユーザー向けの表計算や情報検索などのソフトです。
 3年ほどして会社の方針転換があり、サーバー側のアプリケーション開発に変わりました。Linux上で動くコミュニティーサービスシステムをJSP、サーブレットなどで開発しました。
 その後、現在勤めるソフトハウスへ転職。携帯電話やモバイル情報機器で用いるアプリ開発をするための、動作環境やツールを開発しています。プログラマとしては、前職での新人研修期間を含めて計4年7カ月の経験です。


中谷:
 【Point2】当社への転職を望む理由を聞かせてください。


井原:
 前職は一般ユーザー向けのアプリの開発。現在は、開発者のための開発環境の開発です。この2方向のどちらを本当に望んでいるのかと、自問自答しました。その結果、PCの深い知識がないユーザーにも、PCのより楽しい使い方を伝えたい、という気持ちのほうがはるかに強いと思えたのです。
 そこで、多くのPCユーザーを持つ企業への転職を考えました。おのずと御社が思い浮かび、高い技術レベルにも興味をひかれました。それが志望理由です。


「Yahoo!メッセンジャー」への熱き思い

中谷:
 井原さんはコミュニティーサービスシステムを希望していますが、特に担当したいサービスがありますか?


井原:
 ぜひ、「Yahoo!メッセンジャー」を担当したいです。それ以外であれば、ユーザー間のコミュニケーションを生み出せる、サービスシステムに携わりたいです。


中谷:
 理由を聞かせてください。


井原:
 【Point3】「Yahoo!メッセンジャー」には、私なりの思い入れがあります。実は、妻が朝の早い仕事なのですが、私のほうはどちらかというと夜型。すれ違いの生活です。そこで、平日はメッセンジャーを使って連絡をし合っています。自宅と会社の間でも密度の濃いコミュニケーションができるこのソフトに、私は感動しているのです。
 同時に、これをより高度に、使いやすくする技術力が、自分にはあると思います。なぜなら、技術経験と重なる部分が多いからです。

ぜひ、チャレンジしたいと思います。
Point 1
[面接官] 必ず最初に職務経歴の説明を求めます。これまでの仕事内容のイメージをつかみ、後から突っ込んで質問する、材料を探すのです。ヤフーで役立ちそうな技術経験に重点を置いて、的確に話してほしいですね。
 
[応募者] 面接の最初が職務経歴の説明であることは予期していました。実は、『THCH B-ing』誌でヤフーの「面接現場潜入リポート」を読んでいました。答え方はある程度考えてありました。

Point 2
[面接官] なぜ弊社を志望するのかは重要視します。入社後の、力の入り方に影響するからです。また、志望理由をきちんと語ろうとすれば、転職の動機にも触れることになります。転職の動機と志望理由に一貫性があるかどうかもチェックします。



Point 3
[応募者] この答えは強力なアピールになると思いました。応募者からすれば「おいしいネタ」で、面接官の心を揺さぶるだろうと期待していました。もちろん、これは事実であって、作り話ではありませんよ。
 
[面接官] 当時、「Yahoo!メッセンジャー」の担当は私だけ。ひとりで作っていたのです。だから、早くメンバーが欲しかった。そんなときに、こんな思いを持つ応募者が現れたのはうれしかったですね。情熱面は二重丸の評価にしました。
Part2 応募者の技術力を探る

経験ゼロから必死で覚えたプログラミング

中谷:
 プログラミングの技術は、社会へ出てから覚えたんですね?


井原:
 はい。大学は経済学部でした。


中谷:
 【Point4】初めてプログラミングの実務に就いたとき、どのようにして始めたのですか? 例えば、先輩から懇切丁寧に教えられながら作業をしたのか? それとも、かなりの部分を自分で調べながら作ったのか?


井原:
 ゼロからのスタートで、技術研修は3カ月でした。配属直後は先輩について作業をする形でしたが、1から10まで教えてはくれません。独学で必死に覚えました。


WindowsとUNIX系、OS経験はかなり幅広い

中谷:
 前職で多く使った開発言語は何ですか?


井原:
 オフィス系のアプリを作っていたときにはC言語とVC++です。MFCのような、Windowsアプリ開発で標準になっているものを使いました。サーバー系へ移ってからはJavaとShellScriptです。




Point 4
[面接官] 私としては後者のような、つまずきながらも独力で調べて前進していくタイプを採用したい。弊社の技術現場は大変忙しく、周囲が手取り足取り教えられる状態ではありません。従って比較論でいえば、入社時の技術力が若干低くても、自ら伸びていける力を持つエンジニアのほうがよい。
 
[応募者] 質問の意図がこういうものだったとは気づきませんでした。私は、とっさに過去の事実を話しただけです。

中谷:
 【Point5】MFCを使わずにWindowsアプリを開発した経験は?


井原:
 あります。私が開発業務に就いたとき、会社はまだMFCを導入していませんでした。また、【Point6】MFCを真に使いこなすには、Windowsの基本的なAPIを知っている必要があります。MFC導入後も、MFCオンリーで開発してきたわけではありません。


中谷:
 前職の後半の数カ月はサーバー側のアプリ開発で、OSはLinuxですね。【Point7】Linux以外に経験したUNIX系のOSはありますか?


井原:
 Solarisには若干、触りました。


中谷:
 Linuxはどういう形で使いましたか?


井原:
 開発環境として使っていましたし、開発するアプリ自体がLinuxで動くものでした。


中谷:
 個人用の開発マシンとして与えられ、自分でシステム管理まで行っていたのですか?


井原:
 はい、そうです。個人用に2台です。


中谷:
 Linuxマシンのシステム部分を、深くいじったりすることは可能ですか?


井原:
 そう深い知識があるわけではありませんが、操作に関しては問題ありません。自宅でもメインのOSにはLinuxを使っています。


Javaでの具体的な開発実績

中谷:
 【Point8】Javaはどういう形で使いましたか?


井原:
 サーバーアプリを作っていましたから、データベースがあり、Webサーバーがあり、その出力をJSPやサーブレットで行う形でした。あるいはデータの加工をするなど、機能の開発で使いました。


中谷:
 Javaのコンパイラはどこ製でした?


井原:
 SunのJDKです。


中谷:
 バージョンは?


井原:
 「1.3.1」です


中谷:
 JavaコンパイラにはVJ++もありますが、使ったことはありますか?


井原:
 VJはありませんが、Linux上だとIBMのJDKがあります。Sun製よりも性能がよいと聞き、試してみました。


中谷:
 職務経歴書には使用言語がたくさん記されています。どれが得意ですか?


井原:
 C++とJavaです。


中谷:
 HTMLを含めたスクリプト系言語なら?


井原:
 あえていうなら、JavaScriptです。


Point 5
[面接官] MFCを使うと、Windowsアプリが簡単に作れます。しかし、できることが制限される。よいものを作ろうとしたときは、MFC以外のものが必要です。彼がメッセンジャーの開発を希望している以上、MFCを使わずにWindowsアプリを開発した経験が必須なのです。
 
[応募者] この質問の狙いはすぐわかりました。VC++を使ったWindowsアプリ開発の、技術レベルを聞いているのだと思いました。

Point 6
[応募者] Windowsアプリ開発にMFCしか使ってこなかった人は、Windowsプログラミングの肝を理解していない危険性があると思います。自分はそうではないことをわかってもらいたくて、こういう言い方をしました。
 
[面接官] この言葉によって、VC++を使ったWindowsアプリ開発の技術力が、一定以上だろうと判断しました。

Point 7
[面接官] ヤフーはFreeBSDを使っています。その経験があればなおよい。それを確かめたくて尋ねました。
 
[応募者] ヤフーが使っているOSは、FreeBSDだと聞いていました。私はFreeBSDのインストールすらしたことがありませんが、引け目は感じませんでした。基本的な操作はLinuxと同様だろうと考えていたためです。むしろ、新しいプラットホームでの開発は、よい経験になると前向きに捉えていました。

Point 8
[面接官] CとC++が使えて、アプリ開発をWindows上でもLinux上でも経験している。メッセンジャーの開発者として採用する最低の技術要件は、これだけで十分です。
 しかし、彼はJavaも経験しているので、参考に尋ねました。わざと「どういう形で使いましたか?」とボヤけた聞き方をしたのに対して、彼は具体的に答えようとしています。これは実務で使った証拠。これに続くやりとりも、それを裏づけています。



現在はモバイル作成のためのシミュレータを開発中

中谷:
 現職は7カ月程度で、担当はエミュレータの開発ですね。どんなエミュレータですか? デバッガーでしょうが、ソフトウェアシミュレータに近いのか、ハードウェアエミュレータに近いのか?


井原:
 ソフトウェアシミュレータです。


中谷:
 PC上で動くものですか?


井原:
 はい。携帯電話やPDAのアプリを作製するためのシミュレータです。


中谷:
 通常、デバッガーにはトレースストップやゴーストップがあります。どこまでの機能を盛り込んだものを作っていますか?


井原:
 ここで止める、ここから動かす、ブレークポイントを決める、といったレベルです。


Part3 人物像を判断する

社内LANの構築はボランティアで担当

中谷:
 【Point9】今、社内LAN、Webサーバーの環境構築や管理もしているようですが、これはひとりで担当しているのですか?


井原:
 いいえ、3人で行っています。


中谷:
 管理しているサーバーは何台ですか?


井原:
 10台程度です。


中谷:
 OSはすべてLinuxですか?


井原:
 そうです。


中谷:
 社内LANとして、どんな機能がありますか?


井原:
 メールサーバー、Webサーバー、DNS、NISといったところです。


中谷:
 ボランティア的な立場なのでしょうか?


井原:
 担当者がいないので、まさしく社内ボランティアです。


中谷:
 LANをいじっていて楽しいですか?


井原:
 ええ、楽しいですね。


Point 9
[面接官] この質問に続く一連の質問は、技術や知識を探るものではありません。人物面を把握するのが狙いです。弊社では、積極的に物事へかかわっていく姿勢が必要。そういう面を知りたかったのです。





理科系出身者には絶対に負けたくない

中谷:
 それでは、最後の質問です。井原さんの、人にこれだけは負けないというところを教えてください。


井原:
 吸収力と適応力です。私は文科系出身でIT業界へ入り、エンジニアを目指しました。理工系出身者と比べて、スタート地点がはるかに遅かったわけです。けれども、【Point10】彼らには絶対に負けないぞと、どんなことも積極的に吸収してきましたし、開発現場に適応してきました。この点に関しては自信があります。


(このあと、中谷氏は井原さんからの質問を促した。井原さんは「FreeBSD以外のUNIX系OSを使っているのかどうか」を尋ねた)

Point 10
[応募者] 長所については聞かれると思い、答えを準備していました。というのも、応募時に自己アピール文を書く際、過去を振り返って「誇れる点」を自己分析していたからです。
 
[面接官] 長所を尋ねると、いろいろな答えが返ってきます。人物像の一端が見えてきて、面接官としては面白いところ。井原さんの答えに評点をつけるとすれば、満点です。

面接官はここを見た!
●希望するサービスの開発に必要な技術スキルセット
●積極的に独力で前進していける力
●希望するコミュニティーサービスに対する情熱の強さ
 ヤフーのコミュニティーサービスには4分野があり、必要な技術スキルセットはそれぞれ異なる。「Yahoo!メッセンジャー」の場合は、Windowsアプリの開発経験、UNIXサーバー上のプログラミング経験、CとC++の使用が最低条件です。技術スキル以外では、技術ポテンシャルと意志の強さ、積極性などを総合した「独力での前進力」を見る。希望するコミュニティーサービスに対する情熱が何に基づき、どれほどあるのかも審査対象になる。
井原さんはコレで決めた!
「ヤフーに対して非常によいイメージを抱いていた私を失望させず、
むしろ楽しませてくれました。
やっぱりヤフーは他社と違う! と入社の意志が強くなりました」
 面接に臨む前から私は、ヤフーに対してものすごくよいイメージを抱いていました。いざ面接を受け、愛着のある「Yahoo!メッセンジャー」を作った本人と話ができた。コミュニケーションのためのソフトを、人間味のあるエンジニアが作っていました。この人は好きで作っているんだと直感しました。話はよくかみ合い、面接なのに楽しくさえ感じられました。私を失望させるところがなかったのです。やっぱりヤフーは一味違うと思いました。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
高橋マサシ(総研スタッフ)からのメッセージ
 井原さんは転職する際、『TECH B-ing』誌の「面接現場潜入リポート」を参考にしたそうです。それこそ、この「面接現場の舞台裏」の前身! 私は「面接現場潜入リポート」も担当しており、前回、ヤフーさんを取材したのも私でした。ライターの須田も同様です。
 彼は、記事の一問一答を読んで面接に臨んだと語ってくれました。これほどうれしいことはありません! あなたが知りたい企業の「面接現場」を教えてください。第二の井原さんをお手伝いしたいのです。

このレポートの連載バックナンバー

面接現場の舞台裏

転職を果たしたエンジニアと面接官が当時を再現。応募者と面接官それぞれの言葉の真意や、面接でチェックされるポイントをレポートします。

面接現場の舞台裏

このレポートを読んだあなたにオススメします

携帯電話メディアの技術発展にかけるWebアプリSEの転職

多方面でモバイル事業を展開するシーエー・モバイルへ

面接現場の舞台裏シーエー・モバイルはモバイルビジネスに特化し、コンテンツ、広告、コマースと多方面でユーザーに最適なソリューションを提供する。同社…

多方面でモバイル事業を展開するシーエー・モバイルへ

3年半の経験をもとにステップアップを図るアプリ開発SEの転職

独自路線のビジネスを創造するサイバーエージェントへ

面接現場の舞台裏サイバーエージェントはインターネットを軸にメディア事業と広告代理店事業、投資育成事業の3つを柱とする。ネット広告代理店としては国…

独自路線のビジネスを創造するサイバーエージェントへ

理工系米国大卒者が実務未経験で挑む選考面接

Java技術者集団・日本インサイトテクノロジーへ

面接現場の舞台裏独立系のITベンチャー・日本インサイトテクノロジーは1998年に設立された。Java技術に特化し、今や社員150人を擁…

Java技術者集団・日本インサイトテクノロジーへ

顧客対応型の開発プロジェクトを希望して若手SEが転職

コンサルとSIの融合アビームシステムエンジニアリング

面接現場の舞台裏住商情報システムとアビームコンサルティングの提携で誕生したアビームシステムエンジニアリング。両者の強みを融合したコンサ…

コンサルとSIの融合アビームシステムエンジニアリング

スマートフォンからデジタル家電へと拡大する新しい波

Androidの時代!業務系から制御系SEへの転身

システム開発やアプリ開発などの業務系SEと、携帯電話、自動車、家電などを制御する制御系SE。両者では仕事の内容も必要な業務知識も…

Androidの時代!業務系から制御系SEへの転身

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP