恋人の仕事が忙しすぎて心配。転職を勧めたいけれど…【シゴト悩み相談室】

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩みを、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!今回は、お付き合いしている彼があまりに激務で心配している、28歳女性からのお悩みです。

曽和さんメイン写真
曽和利光さん
株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『人事と採用のセオリー』(ソシム)など著書多数。最新刊『コミュ障のための面接戦略』(星海社新書)も好評。

頑張りすぎな彼…角を立てずに転職を勧める方法はある?

 

<相談内容>
CASE46:「恋人の勤務先がどうやらブラック。転職を勧めるのはアリ?」(28歳・広告代理店勤務)

付き合って3年目、そろそろ結婚を考えている同じ年の彼がいますが、彼があまりに激務すぎて心配しています。

彼はネット系の広告代理店で営業をしています。勤務先はまだ新しいベンチャーで、ワークライフバランスとは無縁。1人で抱えるクライアントの数も多く、帰宅は毎日終電近くのようです。土日出勤することも少なくありません。

忙しくてなかなか会えないのは仕方ないのですが、とにかく彼の体が心配です。たまの休みは家で爆睡…グチを言うタイプの人ではないので、一人で抱え込み過度なストレスを抱えていないか不安です。

今の仕事自体は好きなようですが、いかんせん業務量が多すぎます。私は同業界で営業をしていますが、適正な業務量でオンオフメリハリを持って働けていますし、リモートワークも許可されています。仕事は好きなのであれば、同業界の別の企業に転職すれば、もう少し人並みの生活を送れるのではないか…と思うのです。

彼に転職を勧めたいのですが、「余計なお世話」と思われないか不安です。どうすれば角を立てずに、転職を勧められるでしょうか?(営業職)

 

まずは激務からくる副作用に気を配り、サポートするのが先

曽和さんインタビューカット

結婚を考えている恋人といえども、転職を勧めるというのは僭越(せんえつ)な話です。

28歳と言えば、仕事にもすっかり慣れ、顧客との関係性も構築し、営業として最も脂が乗っている時期でしょう。今後のキャリアを考えたうえで「今が踏ん張りどころ」と捉え、キツくても頑張っているのかもしれません。そんな彼に「もっと楽なところに転職したっていいんじゃない?」と言うのは、ある意味、悪魔のささやきです。

相談者は彼と同業界・同職種で、メリハリある生活を送れているとのことですが、会社によって状況は異なりますし、適正な業務量も人によって異なります。早く一人前になって出世したいと考えていたり、近い将来に起業を考えていたりして、「人と同じ業務量をこなしていては夢を叶えられない」と思っている可能性もあります。そんなときに安易に転職を勧められたら…「俺を理解してくれないのか」とがっかりされるかもしれません。

激務によるストレスへの対処方法は、退職や転職などでストレス源そのものを取り除くか、もしくはストレスからくる副作用に対して対処療法を行うか、のいずれかです。

彼のためにどうしても何かしたいのであれば、後者をお勧めします。例えば、疲れが取れないならばマッサージをしてあげるとか、家が荒れ果てていたら掃除をしたり、ワイシャツをクリーニングに出したりするとか、栄養のある食事を差し入れるのもいいかもしれません。ただ、爆睡している彼を優しく見守るだけでも十分だとは思います。少なくとも、「せっかくの休みなんだから遊びに行こうよ」などと無理を言って、あなた自身がストレスの源にならないようにしてください。

 

彼の夢や目標を聞き、本音を語らせよう

とはいえ、これらはすべて想像によるアドバイスです。「彼はグチを言うタイプの人ではない」とのことですから、本音は辛くて逃げ出したいのに、ぐっと我慢している可能性もあるでしょう。

彼の真意がわからないのであれば、恋人なのですからストレートに聞いてみてはいかがでしょうか?
「なんでそんなに働くの?」という否定とも取れる聞き方ではなく、彼を尊重しながらできるだけフラットに「いつも頑張っていてすごいと思っている。今頑張ることで何か叶えたいと思っている夢や目標があるのかな?」などと、普段の会話の中で聞いてみるといいでしょう。

好きな人に夢を聞かれるのは嬉しいものです。ましてや結婚を考えている恋人であれば、「自分の夢や目標を、一度きちんと話しておきたい」と思っているのではないでしょうか。

そして、夢や目標がわかったら、健康のことは心配しつつも「全力で応援する姿勢」を示しましょう。あなたという味方を得たことで、彼自身今までより健康に留意しつつも、より一層頑張ろうという気力が湧くのではないでしょうか?

 

転職を決断した場合は、「自己分析」のサポートを

曽和さんインタビューカット

もちろん、フラットに聞き出した結果、「本当はしんどくて逃げ出したいんだよね…」とネガティブな本音がポロリと出てくるかもしれません。今までは、恋人であるあなたにいい格好がしたくて言えなかったけれど、真剣に聞かれれば本音を打ち明ける…という可能性はあります。

この場合は、進んで転職をサポートしましょう。

彼にとっておそらく一番ありがたいのは、「自己分析のサポート」です。自分のことを一番知らないのは自分だったりします。あなたは恋人であり、かつ同業者なのですから、ビジネスパーソンとしての彼の長所や持ち味を的確に洗い出し、フィードバックしてあげられるのではないでしょうか?

後は彼に任せて、何かアドバイスを求められたら対応する、ぐらいがいいかもしれません。仕事と転職活動を両立する彼を見守り、希望通りの転職が決まったら一緒に大いに喜びましょう。

 

アドバイスまとめ

なぜそこまで頑張れているのか、
フラットに質問して本音を聞き出し、彼の思いを応援しよう。
くれぐれも、あなた自身がストレスの源にならないように

▶あなたの隠れた才能を見つけ出す。転職活動にも役立つ!無料自己分析ツール「グッドポイント診断」

 

EDIT&WRITING:伊藤理子 PHOTO:平山諭

Pagetop