仕事で「失敗もするが成功する人」と「失敗だけはしない人」の行く末とは?

あなたは自分の仕事に自信を持っていますか?自信がある人は、新しい仕事や楽しい仕事にチャレンジし、毎日をワクワク過ごしています。一方、自信のない人は「どうせ自分なんて」と思い、あらゆる場面で消極的。結果、すべてのことを諦めていくようになっているようです。まさに自信のあるなしで、毎日の生活ががらりと変わると言っても過言ではありません。そこで今回は広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、彼らの「自信の付け方」を研究している気配りのプロフェッショナル・後田良輔さんに「仕事で『失敗もするが成功もする人』と『失敗だけはしない人』の行く末」について話を伺いました。

プロフィール

後田良輔氏/ビジネス書作家・コラムニスト

後田良輔氏/ビジネス書作家・コラムニスト1972年生まれ。大手3大広告代理店に勤務し、「誰でも使える気配り術」を駆使する気配りのプロフェッショナル。これまで応対したVIPは、東証一部上場社長、世界企業のCEO、政治家、医者、弁護士、大学教授、大物俳優・女優、ミリオンセラー作家、世界No.1クリエイターなど総勢3000名を超える。この特別丁寧に接しなければならない顧客との交流で磨かれたスキルと「東京・名古屋・大阪」の現場勤務で身につけたリアルな経験を組み合わせた、独自の「誰でも使える気配り術」に定評がある。
著書に、『気配りの正解』(ダイヤモンド社)『<落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!>ぶっちぎり理論38』(ダイヤモンド社)、『逆境を活かす! 就活面接「エモロジカル理論」2015年度版』(実務教育出版)『1秒内定面接術」』(インプレス)など。これらの実績を買われ全国の大学や企業から講演・研修依頼が殺到。新聞・雑誌などメディア露出は50回以上。「世界からキャリアの悩みをなくすこと」をミッションとする。

自信は「シーソーと同じ」である

3000人のVIPを観察していて、発見したことがあります。それは、彼らは普通の人以上に数多くの失敗をしているということです。よく、天才は成功もするが失敗もすると言われ、秀才は安全策を好み、凡人はチェレンジさえもしないので失敗しないといわれることがありますが、これはひとえにチャレンジの差ともいえるのではないかと思います。売上をライバル会社に奪われるなんてことは日常茶飯事。「会社が破産する」「何かを持ち逃げされる」「親友に裏切られる」など普通の人なら、たったひとつでも自信を無くすような不幸に、あってしまう人もいます。

しかしそんな不幸にあっても、気持ちを切り替えて仕事に励んでいました。

その秘密は、自信の捉え方の違いにありました。彼らにとって自信とは「シーソーと同じ」だったのです。シーソーと同じですから「ネガティブな気持ち」が「ポジティブな気持ち」より重くなれば、気落ちすることになります。逆に「ポジティブな気持ち」が「ネガティブな気持ち」より、1グラムでも重くなれば、自信がある状態になるということです。

だからこそ彼らは常にポジティブな気持ちを少しでも大きくする工夫を仕掛けていたのです。一例ですが、その方法とは「自分がハリウッド映画のヒーロー」であると思い込むことでした。スターウォーズや、ハリーポッターなど、大ヒットした映画の主人公には必ずどん底の試練がやってきます。しかし誰もが投げ出したくなるその試練に打ち勝ち、ハッピーエンドを迎えます。VIPはこの法則を自分の人生に当てはめていたのです。

つまり自分はヒーローである。だからこそ試練がやってくる。しかしヒーローが乗り越えられない試練はない。しかもこの逆境を乗り越えれば、ハッピーエンドが待っているというような発想を持っていたのです。

こんな考え方を持っていれば、たとえ今がどん底の状態でも、自動的にポジティブな気持ちがネガティブを上回るようになるそうです。確固たる実績は自信を生み出します。

でもそんな実績がなくても、自動的に気持ちをポジティブに向かせる発想を持つことで、自信は生み出せたのです。

しかもこのVIPの自信を生み出す発想方法は、誰でも簡単に真似できるものでした。次からその方法をお話ししますので、ぜひあなたの習慣に取り入れてみてください。

ヒーローの発想法(1) 言葉を変える

嫌な出来事や失敗をした時、普通の人は「ヤバい」「まずい」という言葉を使います。しかし自信を生み出すヒーローはそんな言葉は使いません。仕事でピンチに陥った時こそ「面白くなってきた」と言うのです。問題が発生したという事実は変わりません。

でも言葉を変えるだけで、それに向き合う自分の心は180度変わるものです。「ピンチこそチャンス」と昔から言われますが、言葉を変えるだけで本当にチャンスに変わることは多々あるものです。

ヒーローの発想法(2) 発想を変える

言葉を変えても、どうしても失敗することはあり得ます。そんなときは失敗したという事実に対しての発想を変えましょう。

ネガティブに考える人は「失敗した」という現実で立ち止まります。しかしポジティブに変換できる人は「今回の学びは何だろう?」と考えています。例えば大学入試。入試で失敗し、浪人した人がいつまでもうじうじと受験に失敗したと考えていても点数は上がりません。

それよりも「どこができなかったのか?」「次にどう勉強すればよいのか?」と思い、「今回の学びは何だったのか?」と考えられれば、翌春は思い通り以上の結果を残す可能性が出てきます。起こってしまった現実は変えられません。でもこれから起こる未来は、発想次第でいかようにでも変えられるのです。

ヒーローの思考法(3) 取り組みを変える

VIPは得意不得意のバランスが悪い人も多くいるようです。

彼らは苦手なことは人に振り、自分にしかできない得意なことに注力する傾向を持っています。普通の人は失敗したとき、それを改めるべく苦手なことを克服しようとしますが、それよりも得意なことをさらに伸ばした方が良い場合もあるものです。

確かに苦手なことから逃げないことは大切です。でも仕事で結果を出すという視点に立つと、それが必ずしも正解とは限りません。

誰でも得意分野を伸ばす方が楽しく、ポジティブな気持ちで取り組めるものです。苦手よりも得意なことに取り組む。これも自信を持つために重要な思考法です。

ヒーローの思考法(4) 基準を変える

成功や失敗はどんな基準で決まるのでしょうか?その多くは他者との比較だと思います。Aさんより出来た・出来ない。昨年実績よりも売上が上がった・下がったなどが、わかりやすい例かと思います。

つまり成功や失敗は、他者と比べて上か下かという基準でしかないのです。しかしこの他者がそもそも正しいのでしょうか?Aさんや昨年の実績がそもそも正解かなんて、実は誰にも判断できないですよね。

ヒーローはそんな曖昧な他者を基準にしていません。自分にとって成功なのか?失敗なのか?という「自分の心」を基準にして仕事に取り組んでいます。他者ではなく、自分の心を基準にするのも、自信を深めるためには必要です。

まとめ

自信とは「シーソーと同じ」です。「ネガティブな気持ち」より「ポジティブな気持ち」を重くすれば、誰でも自信を持って仕事に取り組めるようになります。ハリウッド映画の主人公と同じように、逆境を楽しむ思考法を使えば、誰でも「ポジティブな気持ち」を重くすることができます。

「良い花はあとから」ということわざがあるように、失敗のあとには成功が潜んでいるものです。ほんの少しの気持ちの持ちようで人生は180度変わります。ぜひポジティブな気持ちを持ち、自信を取り戻してください。たったそれだけであなたの人生はバラ色に色づいていくと私は思います。

 

 

PC_goodpoint_banner2

Pagetop