あなたは何タイプ?認知行動療法テストで知る「人付き合いがちょっとラクになる」方法

人付き合いに疲れてしまい、コミュニケーションが苦手になっている皆さんへ。
これまで3000回以上のMCを経験されてきた丸山久美子さんに「上手にあがりを隠して、人前で堂々と話す・ふるまう方法」についてうかがうこの連載。今回は「ちょっと気持ちがラクになるコミュニケーションのコツ」を紹介します。

丸山久美子(まるやま・くみこ)
まるっと空気を掴むMC、展示会専門接客アドバイザー
1982年、和歌山県生まれ。「人前で話せるようになりたい!」という憧れを叶えるべく、20歳で展示会プレゼンターとしてデビューするも、本番中に手が震えてマイクを落とすなど、さまざまな大失敗を繰り返す。「あがりを克服する方法」や「緊張をなくす方法」を模索するが、改善どころか逆にあがりに拍車がかかり、体調にまで悪影響が。しかし、憧れを捨てきれず、「あがり」や「緊張」と向き合い独自のメソッドを開発。再スタートを図る。以来、展示会やイベントへ3,000回以上出演し、リピート率90%を超える人気MCに成長。2015年から講師活動を開始。「人前で話せるようになりたい!」と願う全国の人々へ、「あり方とやり方」の両面から具体的なノウハウを提供している。
Twitter:Kumiko Maruyama

こんにちは!まるっと空気を掴むMCの丸山久美子です。
私は、展示会や結婚式などのイベントで司会進行をするMCという仕事をしており、常に新しい人と出会い、ゼロからコミュニケーションを図っています。

価値観は十人十色。世の中にはさまざまな人が居るのだから、自分は自分で良いのだ。
と今でこそ理解していますが、最近までは現場で出会う人たちと関わる事がとても苦手でした。
「また一緒に仕事をしたい」と思ってもらうために、誰とでも明るくハツラツと仕事に取り組む姿勢を見せようと必死でした。どんなことがあっても誰にも言わず気丈に振る舞って、家に着いて鍵を閉めた途端、涙が出てくる日も…。人前でMCをする緊張感も重なり、嘔吐や眩暈などが当たり前になっていました。
それから10年、心と体を治そうと取り組み、今やっと楽に生きられる様になりました。そんな私が人とのコミュニケーションをとる際、軸にしている考え方とコツを紹介したいと思います。

自分でできる「認知行動療法」

認知行動療法とは、自分の考え方の癖を把握し、より善く生きられるよう行動し、習慣づけていく行為です。日本では、精神科や心療内科などで受ける事もできます。
私は「認知行動療法士」の資格取得のためスクールで学んできました。
今回はその一例をご紹介します。

【あなたはどのタイプ?】
まず、今のあなたの心の状態をチェックしたいと思います。
とある状況を想定した質問を用意しました。真っ先にあなたの頭に浮かぶであろう言葉をABCの中から1つ選んでください。

質問
混雑した駅の構内で見知らぬ人とぶつかった!真っ先に浮かんだ言葉は?

A:「ごめんなさい!」
B:「なにあの人!」
C:「この駅は混んでいるなぁ」

このチェックでは
「あなたがストレスを感じた時、そのストレスの原因をどこに向けるか」
その傾向を把握する事ができます。

Aを選んだ人:「自分」に向けるタイプ
Bを選んだ人:「相手」に向けるタイプ
Cを選んだ人:「社会」に向けるタイプ

Aを選んだあなた

Aタイプの人は自分に自信がありません。「ほかの人より上手く物事ができない」「人に迷惑をかけてしまう」と無意識に思っているため、何かあると原因は自分にあると判断し真っ先に謝罪の言葉が浮かびます。
コミュニケーションにおいて、謝罪を言える事は素晴らしい事です。
しかし、本当に自分に非がある謝罪なのか、それとも、相手が求めているから言った謝罪なのかを区別する必要があります。
人間は、謝罪の言葉を口にすると「自分のせいだ」という思い込みが強くなります。だからこそ、謝る前に1度、考える習慣をつけましょう。
実際、現実世界では、謝罪する事で円滑に進むシーンも多々あります。その時は、必要だったから謝罪したのであって、あなたのせいではないのです。
それを見極め、褒めてくれる人と出会えると楽に生きられます。ただAタイプの人は褒められる事に慣れていません。もし誰かが褒めてくれたら「ありがとう、嬉しいです!」と言葉で伝えてみましょう。

Bを選んだあなた

Bタイプの人はAタイプとは逆で、無意識レベルで自分に自信を持っています。過去に同じ事で成功体験を繰り返して、周りから褒められて生きてきた人が多いです。自分に自信を持つ事はとても大切です。リーダーシップに長けており、組織の成長に欠かせない存在と言えるでしょう。
そんなあなたの存在は、ほかのタイプの人にはとても眩しく映るため、コミュニケーションをとる際は2つの調整が必要です。
まず「相手に意見を求める」こと。真っ先にあなたが「こう思う」と主張すると、とくにAタイプの人は意見が言えなくなる傾向にあります。良質なコミュニケーションとは、双方の意見交換が必須です。自ら意見を言う前に、まず「あなたの意見も参考に聞きたい」と伝えコミュニケーションを図りましょう。
その上でもう1つ。もし相手と意見や価値観が異なった時、成功体験が多いBタイプのあなたは、ついつい「自分の方が正しい」と判断し、相手が自分に賛同するか、非を認めるまで説得してしまいがちになります。
自分の意見が必ずしも正しいとは限りません。上からではなく、横から並走する感覚で話してみましょう。

Cを選んだあなた

広い視野で物事を俯瞰する事ができ、トラブルを起こしにくいタイプですが、周りから見ると「何を考えているのか分からない人」と思われてしまう事もあります。
「嬉しい」「楽しい」「好き」「嫌い」など感情を表す言葉を意識的に声に出してみましょう。
このタイプの方に、お願いしたい事があります。全体を俯瞰できるあなただからこそ、Aタイプの人を見つけて、褒めてあげて欲しいのです。あなたが褒めてあげる事で全体がさらに良い方向へ動いていく事でしょう。

 

いかがでしょうか?このテストはひとつの例ですが、
自分の考え方の癖を知り対応することでストレスを軽減できます。
まずは、自分を知り、対策を考えてみることをおススメします。

【参考図書】

f:id:k_kushida:20180131125958j:plain

『上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法』

著者:丸山久美子 出版社:同文舘出版

 

 

 

Pagetop