リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

【英語学習】リスニング力upに役立つYouTubeチャンネル7選

f:id:kensukesuzuki:20150929150437j:plain

現在、巷にはTOEICの勉強法や、最短でスコアを伸ばす方法などの書籍やブログが溢れています。Googleで検索するだけでも「これでもか!」というくらい出てきますし、書店にいくと英語セクションの3割はTOEIC関連の本が並んでいます。

ただこれらは座学的な小手先の対策が多く、本当に使える英語のリスニング能力を養ってくれるものはごくわずかです。

 

今回はそんな本物の英語リスニング力を身につけたい人向けに、TOEICのリスニング対策としても役立つ7つのYoutubeチャンネルをご紹介します!

 

初心者向け

まず英語にほとんど慣れ親しんでいない初心者は、単語や文法の勉強をする前に”英語の音”に慣れましょう。

 

というのも、英語と日本語では使っている周波数が違うため、英語の周波数に慣れていない日本人の耳には「意味のない雑音」として聞こえてしまい、ひとつひとつの言葉を紡ぎだすのが非常に大変です。

 

リスニング力を鍛えるには、まず英語の周波数に慣れるためにただただ英語のを聞き流すというトレーニングがおすすめです。意味など全くわからなくて構いません。ただ音に慣れ、その中から聞き取れた音を自分で言い返してみるというトレーニングからはじめましょう。

 

おすすめYoutubeチャンネル その1:Yummy Japan

 

日本に住んでいる外国人たちが日本文化のすばらしさを英語で発信していくYoutubeチャンネルYummy Japanは、われわれ日本人に馴染みの深いものから、「なんでそんなこと知っているの?!」と驚いてしまうようなマニアックなものまで、さまざまな情報を取り上げてくれるので飽きることがありません。

 

またこうして外国人がどんな日本文化に興味を示すかを知ることで、外国人的な感性もより深く理解できるでしょう。

 

おすすめYoutubeチャンネル その2:Yoga With Adriene

 

Yoga With Adrieneは、ヨガインストラクターのAdrieneが誰でも一緒にできるヨガのポーズを英語でわかりやすく解説してくれるチャンネルです。

 

まだ英語の聞き取りに自信がないという方は、何も考えず、ただAdrieneのやっていることをそのまま真似しながら彼女の声の”音”にだけ耳を傾けましょう。そうしてしばらくAdrieneのビデオを見ながらヨガをし、”音”に慣れてきたら今度はその聞こえた”音”を自分でも言ってみましょう。

 

彼女は特に”relax”という単語をよく使うので、まずはそういった馴染みのある音からスタートし、徐々に彼女の言い方などを真似していきましょう。

 

中級者向け

ある程度英語の”音”に慣れ、自分でもその”音”を復唱できるようになったら、次は相手が言っていることの意味を理解できるように練習していきましょう。

 

ここで大切なのは、「決してすべての単語を聞き取ろうとしない」ことです。すべての単語を聞き取ろうとしていると、相手が全体として何を言おうとしているのかが見えてこなくなります。聞こえなかった単語を気にするのではなく、聞こえた単語だけでなんとなくどんなことを伝えようとしているのか想像しましょう。

 

おすすめ Youtubeチャンネル その3:youtubeで英語耳

 

youtubeで英語耳は日本人向けの英語学習用Youtubeチャンネルで、ラジオ風の音声コンテンツを日々配信しています。さまざまなプログラムがありますが、なかでもおすすめは『聞き流しリスニング』です。

 

パーソナリティのJeff McQuillan博士がロサンゼルスからお届けするポッドキャストで、非常にわかりやすいハッキリとした口調とユーモアを交えたトーク番組です。ひとつひとつの言葉を丁寧に発音しながら話してくれるので、英語の音に慣れてきた中級者にはうってつけのチャンネルです。

 

おすすめYoutubeチャンネル その4:The Daily English Show

 

The Daily English Showは、ニュージーランドに住むSarahが、日常で起きた出来事や時事ネタを交えながらトークを展開していくYoutubeチャンネルです。

 

ゆったりとしたやさしい語り口調が特徴で、トークのなかででてきた新しい表現や単語をその都度解説してくれます。さらに、チャンネルのオフィシャルサイトにおいてビデオのスクリプトを毎回公開しているので、ニュージーランドのアクセントに慣れず「ここの部分がどうしても意味がわからなかった」という方は、オフィシャルサイトで文字を見ながら聞き返すことで耳がさらに慣れていくでしょう。

 

おすすめYoutubeチャンネル その5:基礎からネイティブに教わろう!普段使いの英会話 Listn.me Beginners

 

Listn.me Beginnersは、ネイティブのThomasと日本人のYukaが、毎回外国と日本の文化の違いを紹介しながら、実践で使える英語のフレーズなどを教えてくれるYoutubeチャンネルです。

 

毎回楽しくなごやかな雰囲気で進められるトーク番組で、英語学習としてはもちろんのこと、ネイティブも非ネイティブも一緒になって楽しめるテーマを毎回ピックアップしてくれるため、飽きることがありません。

 

またビデオには毎回日本語の字幕がついていますが、リスニング力を鍛えたい方はまずは字幕をオフにして、Thomasの言うことに耳を傾けましょう。彼の口調は非常にやさしく、聞いていて疲れないので何度も聞き直してみてください。

 

上級者向け

英語のリスニングにも慣れてきて、ゆっくり丁寧に言われていることであれば大体は理解できるというレベルにまできたら、今度はネイティブ向けのチャンネルを観ながらネイティブたちの表現法や、間の取り方などに慣れていきましょう。

 

このレベルまできたら、言われていることを聞き取るだけでなく、ネイティブたちの表現法を積極的に盗むようにしましょう。盗んだ表現を自分の日常会話にも活かしていけば、リスニングだけでなくスピーキングのスキルもグッと上達します。

 

おすすめYoutubeチャンネル その6:TED

 

もはや知らない人はいないであろう、世界的スピーチの祭典ともいえるTED。「広める価値のあるアイデア」という精神のもと、毎回各界の著名人を招いて世界中を驚かせるようなアイデアや研究を発表していくコミュニティです。

 

TEDのビデオはどれも見ただけで自分がちょっと優秀な人間になれたかのような気分に浸れるだけでなく、見終わるとともに世界の見方が変わるようなスピーチが多々あります。

 

そんなTEDのスピーチの中から自分が特に興味あるものを選んで、字幕なしで聞き取れるか試してみましょう。もし字幕なしでも聞き取れたのだとしたら、今度はその登壇者がどんなスピーチスキルを使って観客の関心を引きつけているか、どのように声のトーンを変えてスピーチを展開しているかを研究しましょう。

 

TEDに登壇する人々は数ヶ月前からスピーチの練習をするというだけあり、すべて計算し尽くされたパフォーマンスを披露します。こうしたスキルを盗み、あなたの会話にも積極的に取り入れれば、話し方がグッとネイティブに近づくでしょう。

 

おすすめYoutubeチャンネル その7:REACT

 

REACTは、子供やティーンに昔大流行したものを見せたり、シルバー世代に現代の若者の間で人気のあるものを見せたりして、そのリアクションを楽しむ大人気Youtubeチャンネルです。

 

アメリカ人らしく、全員非常にわかりやすくオーバーなリアクションを取るうえに、子供たちが登場する"Kids React to"シリーズは誰でもわかるような言葉でリアクションを取ってくれるので、一字一句しっかりとリスニングができます。ただこのレベルにまできているのであればリスニング力を鍛えるだけでなく、出演者たちのリアクションの取り方を学び、実際の会話中でも積極的に使うようにしましょう。

 

また番組のテンポ感も早いので、ネイティブの思考スピードに慣れるにはうってつけのチャンネルです。

 

 

いかがでしたか?今回は3つのレベルに分けておすすめのチャンネルを紹介しましたが、これ以外にもあなたの趣味にあったチャンネルなどがあれば、それを積極的に取り入れて、耳を英語に慣らしていきましょう。

監修:ワンドロップス株式会社 代表取締役 村重 亮
防衛大学校・陸上自衛隊幹部候補生学校を経て渡米しゼロから英語を習得。その後4か国に駐在し、20か国以上と取引をした豊富なグローバルビジネス経験をもとに超実践英語道場
Spark Dojoを設立。
武道の「トレーニング」や「スパーリング」のような形式で日本人に圧倒的に足りない実績と経験値を補い、脳科学に基づいて日本人が世界で戦うために必要な自信・英語力・コミュニケーション力を鍛え上げる。