• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック(45) 試験やったらバグがゼロ!SEとしちゃ嬉しいでしょ?
「オレはバグなんか出さないぜ」。その心意気は当然なんだけど、実際に試験でバグが出なかったら? そりゃ「よかった」と喜ぶのが当然だと思うでしょ? バグを出さないなんてSEの「鏡」。そう思うあなたを、今回もきたみりゅうじがぶった切ります!
(イラスト・文/きたみりゅうじ 総研スタッフ/宮みゆき)作成日:07.11.09
バグがない!……もトラブルとなるときがアリ
 SEの泣けるシーンとして、よく取りざたされるのが「またバグが出た〜!!」という阿鼻叫喚図。となれば、普通に考えりゃ「バグが出ない」は嬉しい言葉に違いありません。「オレはバグなんか出さないぜ」という意気込みでガシガシとプログラミングをして、そして1件もバグが出ない。
 なんて理想的な結果でしょう。きっとSEであれば、誰もがそうした道を目指すはず。それが幸せ一直線!! ……なのかしら? それは以降の物語をご覧あれ。































各工程には各工程の意味がある





 要求をまとめ、設計をして、ガシガシと作り込み、品質を確認して、納品する。そういうシステム開発の現場において、各工程に求められるのは「その工程を全うする」ことにつきます。つまり、設計のときはちゃんと設計に集中する。コーディング中はそれに集中して、試験のときは「絶対バグを見つけてやるぜ」とこれまたやっぱり集中する。各工程にはちゃんと意味があるので、都度頭の中身を切り替えて、その工程にあった考え方をすることが大事なんだと思います。

 当然試験のときは、「バグなんてないよ」なんて考え方はもってのほかで、「ぜったいバグがあるはず、ないなんてあり得ない。そしてオレはそれを見つけてみせる」の気持ちが大事……ということになるのです。となると、「バグが1つも出なかった」という言葉は、「出なかった」じゃなくて、「見つけられなかった」なんですよね。喜んでる場合じゃありません。

 そもそも「これぐらいの規模のシステムなら、だいたいこんな量のバグがある」という基準値が現場にはあるので、それとあんまし乖離してるようなら、やっぱりその理由を分析する必要があるのです。「バグのない」システムをと思うんであれば、バグの数は多くても少なくても不安要因があると思うのが無難なんですね。

  え?そもそも現場に基準値がない? ……む〜ん。と、とりあえずですね、現場になくとも、自分の中にはこさえておいたほうが、後々間違いがないと思うでありますよ、多くは言いませんがね、うん。

Profile
Dr.きたみりゅうじ
ソフトウェア開発会社にて約7年間、企業システムの営業・設計開発、Windows向けパッケージ商品の企画開発などに従事。現在は、フリーのイラストレーターおよびライターとして活躍中。SE時代の七転八倒を描いたコミックエッセイ『新卒はツラいよ!』『会社じゃ言えない SEのホンネ話』に加え、 『Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック』が現在好評発売中。
http://www.kitajirushi.jp/
きたみりゅうじ

※好評連載中「Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック」より・・・
詳細はこちらから!
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ 宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
試験でバグを発見すると嬉しそうなSEが少なくないという話をよく聞きます。それって、単にSEはバグつぶしが好きな人が多いんだな〜と勘違いしていましたが、事前にバグがつぶせてよかったという安堵の喜びも多いんですね。実際に現場でつぶせるバグとつぶせなかったバグ比率とか、システム規模とバグの基準値があったら知りたいです。どんなもんなんでしょうか?

このレポートの連載バックナンバー

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニック

仕様変更する顧客は迷惑?好きなことをやれる会社は幸せ?そんな“IT業界の勘違い”をDr.きたみりゅうじが7年のSEキャリアをもとにぶった斬ります。

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニック

このレポートを読んだあなたにオススメします

Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック

社内SEの仕事って、受け身だし楽できていいよね?

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニック客先常駐や下請けで仕事をすることの多いSEにとって、社内SEは憧れの仕事。お客様にめんどくさいことを言われることもないし、社内の…

社内SEの仕事って、受け身だし楽できていいよね?

Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック

SEって、IT業界以外に転職すると価値ないよね?

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニックSEの最大スキルと言えば、プログラミング。でもそれって、IT業界でしか活かせないキャリアなんじゃない?なんて、自分のスキルや経験…

SEって、IT業界以外に転職すると価値ないよね?

Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック

なんかSEって、協調性ないよね?

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニック「SEって協調性に欠けるよね?」そんなこといわれちゃったことありますか? みんなで昼飯を食べに行くときも一緒に行かないとか、飲み…

なんかSEって、協調性ないよね?

Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック

SE業界って、カン違いネタが満載だよね?

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニック仕事の現場から、職場の人間関係、SEの生態、恋愛事情まで、SEに対するカン違いをぶった切る本連載がなんと70回を迎えました。今回…

SE業界って、カン違いネタが満載だよね?

Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック

資格もってるSEって、バリバリ仕事できるよね?

Dr.きたみりゅうじのIT業界勘違いクリニックSEのスキル評価としてよく挙げられる「IT系資格」。かなりの努力で知識を身につけないと取れないことから、資格を持っていると仕事に…

資格もってるSEって、バリバリ仕事できるよね?

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP