転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2024/4/19UP! 毎週水・金曜更新

【施設・設備系総合職】機械や通信の技術で高速道路を支える

【施設・設備系総合職】機械や通信の技術で高速道路を支える

  • 正社員

中日本高速道路 株式会社(NEXCO中日本 Central Nippon Expressway Company Limited) 企業ページ

締切まであと 6

掲載期間:2024/3/29(金)〜 2024/4/25(木)

NEXCO中日本の使命とは。

日本の大動脈である高速道路の維持・進化を一手に担い、日本の発展に貢献する。私たちNEXCO中日本が持つ使命のひとつです。その一翼を担うのが、施設系総合職。ポジション、仕事の醍醐味を紹介します。

日本の移動を支え、創造するキーパーソン。

私たちは、高速道路の維持・進化を目的に、下記4つの事業を展開しています。

<1>建設事業/高速道路の建設・設備の設置を担う
<2>保全・サービス事業/24時間・365日、円滑な移動を守る
<3>サービスエリア事業/快適で魅力あふれる休憩施設を実現する
<4>新規事業/高速道路の新しい姿を追求するべく、新しいビジネス・技術を創造する

上記すべてに携わるのが、施設・設備系総合職です。高速道路の維持・進化、日本の発展における一翼を担う存在でもあります。

たとえば、建設事業の場合。

高速道路の開通は、全国の移動に大きな影響をもたらします。どこに情報板を設置すれば分かりやすく伝わるか。ETCのレーンをどれだけつくるか。細かいポイントも含め、さまざまな点を考慮・検討して、移動、安全などの面で最善の環境をつくるのが、施設・設備系総合職の役割になります。

協働して、工事を終了まで導く。

その際、実際に工事を行うのは、グループ会社や協力会社の方々です。安全、スケジュールなどを加味して、進捗を管理し、的確に指示を出し、開通まで導くのが、施設・設備系総合職の役目。工事の発注者のポジションを担います。

たとえば、保全・サービス事業の場合。

道路をまもる、交通をまもる保全・サービス事業に目を向けると、施設・設備系総合職の新しい特徴がわかります。ここでは、補修計画の策定をはじめとした、最上流の工程から携わり、点検、工事、設備保守などをトータルにマネジメント。幅広い仕事に携われるのも、魅力のひとつです。

施設・設備系総合職/2019年入社

<1>入社のきっかけは?
子どもの頃、地元に新東名高速道路のスマートICが開通しました。それを機に、地域の活性化が進んだことを感じたのです。人々の暮らしを、もっと快適にしたい。そう思い、入社しました。

<2>仕事のやりがいは?
「高速道路をつくる」という巨大プロジェクトの実現に向かって、グループ会社やパートナー企業とタッグを組んで臨み、カタチになったときの喜びは格別です。新しい技術を活用することも多々あり、さらなる安全・安心を創造できるのも、仕事の醍醐味ですね。

<3>会社の魅力は?
ジョブローテーションを通じて、さまざまなセクションを経験できることです。知見を広げることで、地域活性に貢献できるのは、NEXCO中日本の魅力。普段の仕事でも、交通を支える醍醐味を感じられます。たとえば、交通量や降雪量の変化に応じて、施設設備の配置や運用も大きく変わります。最適な施設設備を考え、追求するのが、難しさであり、おもしろさでもあります。

施設・設備系総合職/2011年入社

<1>仕事内容は?
i-MOVEMETを担当しています。AIやビッグデータ、IoTなどを取り入れて、高速道路モビリティの進化を目指すもので、5つのチームを結成し、各チームの実証実験を実施しています。また、コンソーシアム形式に基づき、毎月、約100社の企業と勉強会を行っています。

<2>仕事のやりがいは?
i-MOVEMETプロジェクトに携わっていること自体が喜びです。これまでも、新しい技術が実現したことが何度もありました。たとえば、トイレの内部の人の動線や待ち位置をシミュレーションするソフトウェアの開発。今、グループ会社の外販に使用しています。

<3>会社の魅力は?
業務研究会で、自分の取り組みを発信する機会があります。提出される論文は1000点以上。審査を経て、受賞したものが社内に展開されます。自主的に論文を提出して発展に貢献する文化がある点に、積極性と挑戦心を感じます。

施設・設備系総合職/2019年入社

<1>入社のきっかけは?
通信にかかわる仕事にチャレンジしたいと思い、NEXCO中日本へ入社しました。今の仕事は、老朽化した通信設備の更新工事や改良工事などの企画・管理です。電波法を所管する関係省庁への申請手続きも私の仕事。入社動機を叶える喜び、幅広い仕事に携わる醍醐味を感じています。

<2>仕事のやりがいは?
工事完了後に大きな達成感を感じます。特に行政への対外協議関係は、工事の発注者である私たちが進めなければいけません。ミスや事故が起きたときは責任が問われますが、滞りなく完遂できたときの喜びは格別です。

<3>会社の魅力は?
工事の発注者とは言っても、デスクワークに限られるわけではありません。現場で設備を確認する。今後の更新作業を考える。自分次第で、活動のフィールドを広げられる自由さが魅力です。

柔軟に休暇を取ることでリフレッシュ。

毎年7月〜10月のあいだに、8日間の特別休暇を付与。半日単位で好きなタイミングで休暇を取ることができ、社員の心身における健康増進、家庭生活のさらなる充実を推進しています。他にも様々な休暇制度などがあり、「中日本高速道路に転職して、より充実したプライベートを送れるようになった」という声が、転職者から出ています。

家族を持つ方も安心のスタートを切れます。

勤務地周辺に独身寮や家族向けの社宅を用意しています。生活環境の良さを重視して立地場所を選定しており、安心して新スタートを切れる環境づくりを実現。引越しサポートなどの制度も、社員から好評です。

【施設・設備系総合職】機械や通信の技術で高速道路を支える

中日本高速道路 株式会社

この企業の他の求人(3 件)

詳細な条件から探し直す