転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2024/3/1UP! 毎週水・金曜更新

サーバの設計・構築・運用等◆119の評価項目で劇的な成長を

  • 正社員

【年休121日・完全週休二日】株式会社林電子 ≪大手メーカーが取引先・最先端技術のインフラ構築中心・直近5年はエンジニア全員が昇給・若手SEの定着率95%以上≫企業ページ

こちらは、 過去にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

株式会社林電子が、現在募集中の求人

株式会社林電子が、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

卓越した技術力のエンジニアと成長できる。
孤独にならず、活躍できる心遣いがある。

大手SIerの高度なシステム構築、保守案件に携わる林電子。

規模拡大のため、インフラエンジニアとして
新たに活躍する人材を募集しています。

◆卓越したスキルを持つエンジニアと働ける

当社の最大の魅力は
パフォーマンスの高いエンジニアと共に
はたらくことができる点です。

未知の分野へのチャレンジの仕方、困難な状況の乗り越え方、
エンジニア同士のコミュニケーションの取り方など
総合的にスキルを高められる機会に恵まれています。

◆エンジニアが孤独にならず、力が発揮できる環境を

ほとんどすべての仕事がチームでの仕事になります。
そのため、生命線になるのはコミュニケーションです。

どれだけ優れた技術、経験を保有しているエンジニアも
チームに溶け込むことができなければ活躍できません。

言いたいことを言いたい人に言えるか。
不安や戸惑いがあれば、相談できるか。

特に新入社員は遠慮しがちなので、
プロジェクトリーダーを中心に
みんなで気を配るようにしています。

例えば一人でぽつんと、スマホを見たり、
設計書を眺めているような光景を目にしたら
積極的に声をかけるように
心がけているエンジニアが多いです。

◆119項目の評価制度をもとにスキルアップ

当社では119項目に細分化した評価制度を活用し
エンジニアのスキルアップを支援。

技術力に加え、勤怠、会社施策参加、お客様アンケート等、
多面的な評価を細かく点数化しています。

総合点や伸び率のランキングで表彰を受けたり
昇給や賞与に反映されることがあるため、
モチベーションの原動力にもなっています。

◆その他のエンジニアの成長を後押しする環境・制度

・リモート環境で参加できる社内勉強会があります
・勉強会はプログラムを用意する講師側、参加する生徒側にそれぞれ手当が出ます
・技術以外にも、経営やマーケティングなどのプログラムにも参加することができます
・自社内に研修用サーバーなど学習環境が充実しております
・専門性を高めるための書籍購入、勉強会参加には手当が出ます

募集要項

TOP MESSAGE〜代表取締役社長 林 祐吾〜

どんな時代にも求められる、プロフェッショナルなエンジニア集団へ。

私自身、20年以上エンジニアとして数々のシステム構築に参画してきましたが、
私と同じようにITの最前線で戦ってきた技術力豊富なメンバーが数多く在籍しています。

現場で関わるのは、日本経済にとって重要なお客様のシステム群。

そんな環境であなたが成長し、力を発揮してくれることを期待しています。

会社としての体制も整ってきた中、今後はより戦略的に新たな領域にも挑戦しながら、
全社一丸となってさらなる成長を目指していきたいと思っています。

仕事の内容

インフラエンジニアとして、経験豊富なリーダーの下で最先端のインフラ構築・運用を担当

【具体的には】
shell、Perl、JavaやIBMミドルウェア(WebSphere、Edge、IHS 等) を使用し、
主にWeb基盤( 負荷分散装置、Web、アプリサーバー等) の構築・運用を行います。

◆ハイスキルのエンジニアが多数在籍

社長をはじめ上層部にスペシャリストが揃っているため
積極的に最先端のプロジェクトに参画することができ、
経験の浅い方でも上司のサポートのもとで多くを学んでいけます。

◆AIに代わらないスキルセットを獲得

・新規サーバの構築
・M/W設計
・既存システム保守
・異なるシステム環境の結合
・キャパシティプランニング(性能評価、稼働状況の分析)
・高度なエスカレーション対応
・スケジューリング管理(追加・変更・削除)
・お客様・委託元との折衝、報告等

など普遍的に必要とされる開発業務に特化しており
運用監視等のオペレーティブな業務は請け負いません。

また機器のH/Wのキッティング等、体力が必要な
物理的な業務も手掛けていません。

求めている人材

インフラエンジニア経験者◆年数不問(3年程度が目安)

【具体的には】
インフラ系エンジニアとしての経験がある方。
サーバ、ストレージ、ネットワーク等の
実務経験がある方を募集しています。

経験年数は3年を目安にしていますが、
相応の技術を保有していれば年数は不問です。

◆以下のような方はぜひご応募ください
・優れたエンジニアと働いてみたい方
・ワークライフバランスを大切にした働き方を実現したい方
・チームで活躍するためのスキルを高めたい方
・コミュニケーション力を高たい方
・自分のノウハウで、組織を成長させる経験をしたい方

◆歓迎する知識、経験
・Unix系サーバーでの作業経験
・Tera Term を使ったサーバーでの操作経験
・viエディタの操作経験
・インフラ基盤の設計、構築経験

勤務地

東京都内、仙台市内、札幌市内

※希望考慮
※UIターン歓迎
※転勤なし

→リクナビNEXT上の地域分類では……
札幌市、仙台市、東京23区、その他東京都

給与

月給:23万8000円〜60万円

【手当】
交通費全額支給
出張手当
資格手当(資格に応じて、毎月1,000円〜2万円までの手当を支給)
転勤手当(毎月の家賃代相当分を支給、また引越し費用も一時金として最大20万円を支給)
リーダー手当(役職・配下メンバー数に応じて毎月支給)
講師手当(研修講師を担当した場合に支給)
研修参加手当(研修に参加した場合に支給)

【昇給】
年1回
★エンジニアは直近5年、全員が昇給。昨年度の昇給額は1人当たり平均11万円/年

【賞与】
年2回
★4ヶ月分※業績により変動有

【年収例】
448万円/29歳(月給32万円+賞与)
532万円/38歳(月給38万円+賞与)
645万円/42歳(専任)(年俸額645万円+賞与(業績に応じ支給))

勤務時間

勤務時間:9:00〜18:00
(休憩時間 1時間00分)

★残業は月平均16.2時間(2022年実績)

休日・休暇

完全週休2日制(土日)、祝日

【年間休日】
121日

夏季
年末年始
有給/初年度10日(2022年の取得率68.8%)
慶弔
特別
育児・介護休暇

待遇・福利厚生

【試用期間】
3ヶ月〜6ヶ月
労働条件は本採用と同じです。

【保険制度】
・健康保険
・厚生年金
・雇用保険
・労災保険

退職金制度
資格取得奨励金(資格に応じて5000円〜5万円の合格一時金を支給、試験料も支給※初回全額/不合格時も年1回まで全額支給)
慶弔金
外部研修費用負担(1人当たり年間10万〜20万円)
借上社宅制度
健康診断(社員の健康第一です!)
社員旅行(2年に1度、全額会社負担)
食事会(四半期ごとに1人当たり5000円支給)
社員紹介制度(1名につき10万円〜30万円)
ベネフィットステーション
確定型拠出年金
マスク購入補助金

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ◆社長がすぐ横に!
    現在、私が配属されている現場には、社長もプロジェクトマネージャーとして常駐しており、隣の席にいます。トップとの距離が近いなんてものではなく、普通に毎日のように話をしますし、色々と教えてもらうことも多いです。そんな風通しの良い環境で、さらなるスキルアップをはかっていきたいです。

    第二システム部
    エンジニア
    入社2年目
    新卒

  • ◆「社長!手当を増やしてください」
    社内勉強会の講師の手当は、現在は1万5000円ですが以前は7000円でした。当時私は準備に費やす時間を考えたら安いと思い、社長に値上げを直談判。結果、社長もその思いを理解してくれて今の金額になりました。社員のためになる提案であればすぐに実現するのも当社の良い所です。

    第二システム部
    主任
    入社4年目
    前職:ネットワークエンジニア

  • ◆客先常駐でもしっかり休める
    現場によっては休日対応がありますが、必ずその代休を取得できます。ふだんもチームの先輩や上司が、「最近残業が多いんじゃない?」「終わらない仕事があるなら手伝うよ」と声をかけてくれます。仕事が一人に集中しないようにマネジメントしてもらえるので、見守られている安心感があります。

    第二システム部
    副主任
    入社4年目
    前職:雑貨販売

〜職場環境・風土について〜

当社ではエンジニアに利益を最大限還元するため、間接部門の人件費を圧縮。現在、本社には経理や営業くらいしかいません。そのため、セミナー等の採用活動や会社イベントの企画、福利厚生の見直し等は、有志が集まり行っています。実働分を残業代として支給することで、社内バイトのようなお得感がある上に、視野や知識が広がると好評です。今後会社が大きくなっていく上で、専任で担う人材が生まれることも期待しています。

採用企業情報

株式会社林電子

設立

1978年4月(昭和53年4月)

代表者

代表取締役社長 林 祐吾

資本金

3000万円

売上高

6億2200万(2023年3月)

従業員数

73名(2023年8月現在)

事業所

【本社】東京都墨田区業平3-16-5 アカルビル

業種

精密機器・計測機器【メーカー】/精密機器・計測機器【商社】/ソフトウェア・情報処理/その他IT・通信系

事業内容

●マイクロコンピュータ制御機器の製造販売、及びソフトウェアの開発販売 ●パーソナルコンピュータ制御機器、各種産業機械及び自動制御装置、イメージセンサ計測システム制御装置の製造販売 ●自動化省力化、各種機器のNC制御機器による設計製作 ●汎用プログラム設計および製作(VC,C,Java等) ●負荷分散装置、Webサーバ、アプリケーションサーバなどの基盤構成業務

連絡先

株式会社林電子(ホームページ
〒130-0002 東京都墨田区業平3-16-5 アカルビル
03-3624-8661/採用担当

サーバの設計・構築・運用等◆119の評価項目で劇的な成長を

株式会社林電子