転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2019/3/22UP! 毎週水・金曜更新

電動車・コネクテッドカーの機械・制御・システム設計

  • 正社員

株式会社本田技術研究所 企業ページ

掲載期間:2019/3/1(金)〜 2019/3/28(木)

開発テーマも担当領域も関係ない。
こだわるのは「世界最高性能」のみ。

1960年、日本で初めて研究開発部門が株式会社として独立しました。
それが、本田技術研究所です。

独立の目的は、短期の販売動向や収益状況等の影響を受けることなく、
役職に関わらずフラットに意見を交わしながら、
研究開発・デザインに没頭できる環境を実現すること。

この意思・風土は設立より脈々と受け継がれ、
現在も変わることなく技術者本位の開発が行われています。

電動車領域では、
HondaのDNAである「走り」の魅力に加え、
さらなるCO2削減・世界最高効率の燃費を実現するために
開発力を強化しています。

現在世界最高性能に拘りつつ、
2030年をめどに商品ラインアップにおける販売数の3分の2を
プラグインハイブリッドとハイブリッド
及びFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッション車に置き換えることを目指しています。

電動化の更なる加速に向けて
各コンポーネントの性能向上や制御技術の熟成など
開発テーマには限りがなく、経験を活かす機会が豊富です。

一方、四輪コネクテッドカー領域では
クルマならではの魅力をITの技術で最大化し
自動運転システム等の領域から新しい価値を創出して
ライフスタイルをより良くしていくことを目指しています。

例えばデータマイニング、機械学習をはじめとする最先端技術の結集により
自動運転やコックピットUIを更に進化させていく。
交通事故ゼロ社会・渋滞緩和等の実現により、社会問題解決に貢献していく。

このような夢の実現に向けて、
チャレンジの幅を自分次第でどこまでも広げていける環境です。

電動車もコネクテッドカーも自動車業界の経験不問です。

東京赤坂に2016年9月に開設された、HondaイノベーションラボTokyoには、
様々なバックボーンを持つエンジニアが在籍。

ディープラーニングの研究者や、
ビッグデータや統計解析のプロフェッショナル、
世界的なメーカーに勤めていた画像認識のスペシャリストなど、
多くのエンジニアと協業ができる環境です。

ロボットの開発部署や米国拠点といった、
他拠点との連携も頻繁に行われており、
社内の豊富な「知」へのアクセスが可能です。

自由な発想で、大きな未来を実現してください。

  • 安全運転支援システム「Honda SENSING」など、様々な最新技術を研究

  • 新型アコードでは信号情報活用運転支援システムを世界で初めて対応(自社調べ)

  • 「ASIMO」で培った技術もHondaの大きな武器です

募集要項

10年後も20年後もその先も、
世界中でより多くの人々に「移動の喜び」を提供するため、
日々進化を続けているHonda。
開発を強化するための仲間の募集です。

仕事の内容

電気自動車/ハイブリッド車/燃料電池車・四輪ネクテッドカーなどの機械・制御・システム設計

【具体的には】
◆電動車領域
●電動パワートレインの各コンポーネントの機械設計・研究開発
・インバーター/DCDCコンバーター/バッテリー/充電器/高圧配電部品等の設計
・電磁波適合性、振動騒音適合性の研究開発
・電磁波ノイズ関連技術構築(EMCのCAE技術構築)

●FCV(燃料電池自動車)の制御システム開発
世界Topレベルの燃料電池自動車の開発に向けた
・要求仕様からの制御モデル作成、制御設計等
・実走テスト、現地走行テスト、品質検証テスト等

◆四輪ネクテッドカー領域
●車載インフォテイメント(ソフト・アプリ設計)
快適、便利をお客様にお届けする車載インフォテイメント領域の
知能化技術によるコックピットUI進化(ユーザー意図理解と個人最適化等)を
実現するための
・IT技術開発プロジェクトマネジメント
・機械学習システムのアーキテクチャ設計/構築
・データマイニングエンジン開発
・機械学習を用いたアプリ開発 等

●先進運転支援システム/自動運転システム(ソフト・アプリ設計)
・画像処理・データマイニング・機械学習・ディープラーニング技術を
 応用した知能化技術創出
・データ解析技術を応用した課題解決手法
 (フローティングカーデータ解析、画像処理の改善など)考案
・最適化・確率推論・データマイニング 等
・自車位置推定技術と自車位置を中心としたローカルダイナミックマップの開発
・車両プローブ情報を活用した大量データ解析と運転支援活用 等

【開発ツール】
Linux、Android系のソフト開発環境
Hadoop、Java, Python, C,C++等
Matlab/Simulink, MBD系ツール(Rational、Rapsody等)

求めている人材

【業界不問】募集職種に関連する経験や専門性をお持ちの方

【具体的には】
以下いずれかの経験をお持ちの方

◆電動車領域
●EV/HEV/PHEV/FCVなど環境車関連の開発(設計・評価・適合)経験
●モーター/インバーター/コンバーター/バッテリー/高圧配電部品等の設計経験
●電磁波適合性・振動騒音適合性の評価、対策等の経験
●高圧回路の信頼性、耐久性及び耐環境性に関する知識・経験
●MATLAB Simulink を用いた制御設計、制御モデル構築経験
●EMC解析、電磁場解析等の解析経験
●駆動系部品の設計・開発経験 等


◆四輪ネクテッドカー領域
●機械学習、ディープラーニング等、AIの基盤技術に関する基礎知識または実務経験
●統計解析、多変量解析といったデータ解析技術に関する基礎知識または実務経験
●音声、画像など様々な認識技術に関する基礎知識または実務経験
●車載関連システム(制御、組込み、アプリケーション等)開発に関する基礎知識または実務経験 等

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】
●英語でのコミュニケーション能力
●プロジェクトマネジメントの経験
●車載機器関連の開発経験
●人間工学に関する基礎知識または実務経験
●安全運転支援システム自動運転システムの開発経験等

勤務地

東京都港区
栃木県芳賀郡芳賀町

※ご経験、専門性により勤務地が異なります

→リクナビNEXT上の地域分類では……
栃木県、東京23区

給与

月給23万5000円以上
※経験・能力などを考慮して決定

勤務時間

フレックスタイム制
標準労働時間8時間 標準勤務時間帯8:30〜17:30

休日・休暇

完全週休2日制(当社カレンダーによる) 
5月・8月・年末年始休暇 ※年間121日
有給・特別休暇

待遇・福利厚生

賞与年2回
社会保険完備
住宅・家族・残業・通勤・他各種手当
社宅・退職金・各種厚生制度
保養所

※試用期間 2ヶ月 条件変更なし

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ミッションによって異なりますが、CATIA V5、各種CAE、MATLAB、Labview、HILS、JMAG、ダイナモ、オシロスコープ、スペクトラムアナライザー、NV計測システム、Maxwell、EMCStudio、その他Honda専用ツールなどを使用する開発環境です。

    研究開発

  • Hondaには、新参者をリスペクトしてくれる風土が根付いています。もちろん、発信したことに責任を持ち、最後までやりきることが大前提ですが、「入社して間もない私が、ここまで言っちゃっていいのかな」というぐらい意見を言わせてもらっています。年齢や立場に関係なく、意志を尊重して期待して任せてくれるんです。

    コネクテッドカーのAIエンジニア

  • 現場レベルでも「お客様に対してどんな価値を提供できるのか?」を徹底的に議論した上で、研究開発に取り組むのがHondaの特徴。発信した意見に対して、先輩や同僚は自分のことの様に議論を尽くしてくれるので、常に原点を忘れることがなく、自分自身が納得した上で、日々の研究開発に取り組めます。

    コネクテッドカーのAIエンジニア

〜職場環境・風土について〜

「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を
創業から生みだし続けてきました。役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、
夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに
活躍できる職場です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後で
あっても大きな仕事が任されます。

  • 「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載したアコード

  • これからのスモールカー「Honda Urban EV Concept」

  • 世界最高性能にこだわり、新しいEV車を生み出しています。

採用企業情報

株式会社本田技術研究所

設立

1960年7月

代表者

代表取締役社長 社長執行役員 松本宜之

資本金

74億円

売上高

15兆3,611億円 ※2018年3月期

事業所

各R&Dセンター(二輪:埼玉 四輪:栃木、東京、埼玉 パワープロダクツ:埼玉 航空機エンジン:埼玉 R&DセンターX:東京、埼玉)

業種

自動車・輸送機器【メーカー】

事業内容

輸送用機器の研究開発 ※(株)本田技術研究所は、本田技研工業(株)の研究・開発部門が分離・独立した会社です。

この求人への応募について

応募方法

「応募画面へ行く」よりエントリーの上、ご希望の選考内容を1〜3より選択ください。 

★ご登録のレジュメを詳細な内容に更新してください。

採用までの流れ

◎「応募画面へ行く」よりエントリー  
▼  
◎人事書類選考

【希望者のみ】WEBセミナー(録画) 
▼   
◎部門書類選考  
※選考ポジションについては個別にご連絡致します  

以下1〜2いずれかの選考となります。
[1]平日個別選考
[2] 4/6(土)休日面接会  (応募締切:3/25(月)AM)   
※WEBセミナーご参加の方は[1]平日個別選考となります。  
※[2]について締切を過ぎてのご応募は[1] 平日個別選考となります。
▼   
◎2次面接  
※3次面接を実施することもあります  
▼  
◎内定  

※面接の際に発生する交通費は支給致します  
※場合により選考期間、回数等が変更になる可能性がございます

連絡先

株式会社本田技術研究所(ホームページ
栃木県芳賀郡芳賀町大字下高根沢4630
※お問い合わせは下記メールアドレスまで(本田技術研究所 採用事務局)
honda-saiyo@rs-career.com

応募にあたってご不明な点がおありですか?

応募後のメッセージのやり取りや、応募にあたっての不明点などはヘルプページにも記載がございます。

応募・問い合わせに関するヘルプ・お問い合わせはこちら

電動車・コネクテッドカーの機械・制御・システム設計

株式会社本田技術研究所

応募画面へ行く

この求人に似た求人をお探しですか?