転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/11/21 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 履歴書作成のコツ > 在職中に転職する場合の履歴書の書き方

在職中に転職する場合の履歴書の書き方

履歴書の画像会社を辞めずに、在職したまま転職活動を行う人は多いようです。リクナビNEXTの調査によると、転職経験者の約3/4が「仕事を続けながら転職活動を行った」と回答しています(※)。

今回は、会社に在職中の場合の履歴書の書き方についてご説明します。

在職中の場合は「在職中」「現在に至る」と記載する

履歴書を作成した段階で企業に在籍しているのであれば、職歴欄に記載した企業名の横に「在職中」と記載、または、企業名の1行下に「現在に至る」と記載し、「以上」と書いて締めます。

「在職中」の書き方例

勤務先及び職務内容
xxxx xx 〇〇株式会社 入社 在職中
xxxx xx 以上

「現在に至る」の書き方例

勤務先及び職務内容
xxxx xx 〇〇株式会社 入社
  第一営業部に配属 リテール顧客の新規獲得
xxxx xx 一身上の都合により退職
xxxx xx △△△株式会社 入社
新規事業開発室に配属 CRMツールの新規営業
現在に至る
以上

退職予定日が決まっているのであれば補足しておく

退職予定の従業員の後任採用や、事業拡大による即戦力採用など、中途採用の場合は「いつ入社できるか」ということを重視されるケースも少なくありません。そのため、すでに退職日が決まっているのであれば、職歴欄や本人希望欄で補足しておくと、よりわかりやすくなります。

職歴欄で補足する場合の書き方例

勤務先及び職務内容
xxxx xx △△株式会社(派遣元)に登録
  XX株式会社(派遣先)第二営業部に勤務
営業事務および顧客支援業務を行う
  (xxxx年xx月末日で派遣期間満了予定)
以上

本人希望欄を使用する場合の書き方例

xxxx年xx月xx日退職予定です。
xxxx年xx月xx日より勤務可能です。
※「リクナビNEXT 転職活動に関するアンケート」 実施期間:2017年9月11日~9月14日 調査機関:Fastask 調査対象:1年以内に転職した20~30代正社員 男女282名
記事作成日:2017年11月28日 EDIT:リクナビNEXT編集部