転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2022/04/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 職務経歴書の書き方 > 職務経歴書ノウハウ > Web・PCでの職務経歴書の作り方、作成時のポイント

Web・PCでの職務経歴書の作り方、作成時のポイント

PC・スマホ・職務経歴書・筆記用具のイメージWeb上では、無料で職務経歴書のフォーマットをダウンロードできたり、作成まで行えたりするサービスがあります。

こうしたweb職務経歴書の特徴、利用するメリットや注意点などについて、リクナビNEXTが提供しているサービスを中心に、組織人事コンサルティングSegurosの粟野友樹氏に話を聞きました。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

リクナビNEXTでの職務経歴書の作り方

「職務経歴書 フォーマット」「職務経歴書 テンプレート」などで検索すると、無料でダウンロードできるフォーマットが数多く見つかります。また、web上でフォームに情報を入力し、データとして出力できるweb職務経歴書サービスも存在します。

リクナビNEXTでもこのような、自分でフォーマットを準備せずとも職務経歴書の作成が可能なサービスを2通り提供しています。

1つは、職務経歴書のテンプレートを、自分のパソコンにダウンロードして作成するもの。

もう1つは、Web職務経歴書作成サービス「職務経歴書をかんたん作成」機能を利用して、Web上で情報を入力・作成するものです。

本記事でその使い方や特徴、メリットなどについて紹介していきます。

作成方法その1:テンプレートを自分のパソコンにダウンロードして作成する

Word形式のテンプレートを自分のパソコンにダウンロードし、内容を入力して仕上げていくこの方法は、リクナビNEXTへの会員登録をしなくとも利用可能です。

特徴は、一般的によく使われる「編年体式」「逆編年体式」「キャリア式」の3パターンのテンプレートが計6種類そろっていること。自分のキャリアをアピールするのにもっとも効果的なテンプレートをダウンロードし、作成することができます。書き方見本も紹介されていますので、参考にしましょう。

編年体式テンプレート01 編年体式テンプレート02 編年体式テンプレート03
編年体式テンプレート01 編年体式テンプレート02 編年体式職務テンプレート03
Word形式:A4(2枚) Word形式:A4(1枚) Word形式:A4(2枚)
ダウンロード ダウンロード ダウンロード
逆編年体式テンプレート01 キャリア式テンプレート01 キャリア式テンプレート02
逆編年体式テンプレート キャリア式職務経歴書テンプレート01 キャリア式職務経歴書テンプレート02
Word形式:A4(2枚) Word形式:A4(1枚) Word形式:A4(1枚)
ダウンロード ダウンロード ダウンロード

▼「編年体式」「逆編年体式」「キャリア式」の違いはこちらを参考にしてください

Word形式のテンプレートに入力していくこのタイプは、作業中に文字量や行数がわかるので、全体ボリュームを調整しながら加筆・修正していくのに便利。書きたい内容がほぼ頭の中でまとまっていて、仕上がりを目視しながら完成させていきたい人におすすめです。

作成方法その2:リクナビNEXTの会員となりWeb職務経歴書作成サービス「かんたん作成」機能で作成する

リクナビNEXTに会員登録し、Web上で「職務経歴書をかんたん作成」機能を利用して作成するこの方法は、パソコンでもスマートフォンでも利用可能です。

リクナビNEXTに、プロフィールや職務経歴などを入力すると、入力された内容に従って自動で職務経歴書が作成され、Word形式でダウンロードすることもできます。

ご登録はこちらから : リクナビNEXTに会員登録する(無料)
すでに会員の方はこちら : ログインする

職務経歴書完成イメージ

職務経歴書の書き方例
▲ご登録いただいた内容が職務経歴書になります

ご利用方法

リクナビNEXTにご登録後、プロフィールや職務経歴、自己PRなどを入力し、レジュメ登録を完了させてください。完了すると、「履歴書・職務経歴書画面」でダウンロードできるようになります。

ご登録はこちらから : リクナビNEXTに会員登録する(無料)
すでに会員の方はこちら : ログインする

無料テンプレートやWeb職務経歴書「かんたん作成」を利用するメリット

職務経歴書は、履歴書のように決まった形式がないので、イチから自分で作成していくと意外に時間がかかるもの。その点、無料でダウンロードできるテンプレートやWeb職務経歴書「かんたん作成」を利用すれば、どんな情報を記載すればいいのかがわかるので、かなりの時短になります。

リクナビNEXTのテンプレートはWord形式なので、PDFに変換して送信するのも簡単です(「かんたん作成」機能でもWord形式での書き出しが可能)。

また、テンプレートならデータを、「かんたん作成」なら入力した情報を保存しておけば、将来再び転職する際にも一部を加筆・変更して活用できる、ということが挙げられるでしょう。

 PCで職務経歴書を作成する際のポイントと注意点

テンプレートやWeb職務経歴書の利用は、手軽なだけに、記載ミスやコピペ(コピー&ペースト)ミスなどの安易なミスをしてしまいがちです。中には、更新前の古いデータを送信してしまったりする方もいます。

このようなうっかりミスをしないためにも、入力内容は一つひとつ、しっかりと確認しましょう。

web職務経歴書はスマートフォンで作成することも可能ですが、職歴や自己PRなど、多少ボリュームのある文章を入力する必要があるので、パソコンで作成するほうがいいでしょう。大きな画面で作業するほうが、入力ミスや入力漏れを見つけやすく、レイアウト確認も楽にできます。

また、テンプレートを利用していても多少のレイアウト変更は必要です。入力によるレイアウト崩れが起きていないことをきちんと確認して、見やすいレイアウトに整えるようにしてください。

職種別書き方例

応募する職種によって、効果的な要素のまとめ方やアピールポイントの打ち出し方は異なります。特に自己PRなどを書き分けると、より理想的な職務経歴書となるでしょう。

▼こちらの記事で職種別の書き方見本を紹介しています

まとめ

web職務経歴書の特長はその利便性にあります。数多くの応募先それぞれに相応しい職務経歴書を準備するには、こうしたサービスを利用して手間と時間を省くといいでしょう。その分、企業研究などに時間をかけることもできます。

必要に応じて、ご活用ください。

【オススメ】転職に関する疑問は、リクナビNEXTで解決!

リクナビNEXTには、転職を成功に導くための有益な情報が盛りだくさん。

転職活動を始める前に知っておきたいことから、応募書類の書き方、面接のポイント、円満退職のしかたまで、はじめての方でも役立つ転職成功ノウハウを紹介しています。

転職成功ノウハウトップ

他にも、会員登録をすると無料で使える自己分析診断、入力された内容に従って自動で職務経歴書が作成されるレジュメ登録機能など転職活動をサポートする機能も充実しています。

豊富な求人数や求人のオファーが届く仕組みもありますので、ぜひあなたの転職活動に活用してみてください。

ご登録はこちらから : リクナビNEXTに会員登録する(無料)
すでに会員の方はこちら : ログインする
記事作成日:2021年8月27日 WRITER:笠井貞子 EDIT:リクナビNEXT編集部

イベント・セミナー※リクルートエージェントに遷移します

RAGイベント

申込締切日が近いイベント・セミナー

イベント情報を更新中