• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
今こそグローバル化へ大きな一歩を
ソフトバンクの海外展開を支える、ITエンジニア
2013年7月に米国の携帯電話事業者スプリント・コーポレーションが加わったソフトバンクグループ。世界No.1企業を目指す同社の、本格的な世界展開となる。さらなる世界展開を見据え、情報システムにおけるグローバル化にも早速乗り出した。その最前線で働く社内情報システム部門のエンジニアを直撃した。
(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/伊藤理子 撮影/刑部友康)作成日:13.11.06
情報システム部門からも買収によるシナジー効果を生み出す

 米スプリント・コーポレーションが加わり、本格的な世界展開を行うソフトバンク。現在、米国携帯電話市場で3位のスプリントも新しい料金プランなどを展開している。今後は高速通信網の整備などが注目されるが、そうした技術投資の背後で見逃せないのが、グループによるシナジーだ。

 調達力向上によるベンダーへの交渉力向上などのシナジー効果の創出は、業務システムの融合など、情報システム部門にとっても新しいミッションになる。
 もちろん、海外企業がグループ入りしたからといって必ずしも業務システムまで統合する必要はない、という考え方もあるが、ソフトバンクは違う。販売・サービス、調達、ベンダー管理、ネットワーク構築支援などさまざまな面で、日本と米国の業務システムのシナジー効果を最大限発揮できるように検討している。
買収直後には、メンバーをスプリント社の本社がある米カンザス州に派遣するなどして具体的なリサーチを始めた。

将来のグローバルIT基盤を見据え、シナジーを

 この部分を支えているのが、大木壮一氏だ。着任早々、カンザス州にあるスプリント・コーポレーション本社に飛んだ。
「同じ携帯通信事業者であり、端末商品としてフィーチャーフォン、スマートフォン、iPhoneを扱っているという点もソフトバンクと同じ。業務システムも似ている部分もあると言えますが、商習慣、なかでも米国独自の州税など税制の多様さなどは、大きな違いですね」と語る。

「例えば一般論になりますが、日米で同様のシステムを持つことで、どちらからもメンテナンスできるとか、同時のタイミングで同一のサービス施策をスピーディーに展開できるなどのメリットも考えられます。それだけに私たち情報システム部門にとっては大きなチャレンジ。その第一歩を自分の足で印せると思うとわくわくします」
 と、同企画室の辻和人氏も、新しいミッションの前に高ぶる心を抑えきれない様子だ。

大木 壮一氏
ソフトバンク モバイル株式会社
情報システム本部グローバルIT企画室
担当部長
大木 壮一氏
英語+幅広いシステム・業務知識が不可欠
辻 和人氏
ソフトバンク モバイル株式会社
情報システム本部グローバルIT企画室
担当課長
辻 和人氏
大木 壮一氏

 この夏から秋にかけては双方の技術者は業務やノウハウなどの共有を行ってきたが、太平洋を往復し、テレビ会議やメールも駆使しながら業務システムの内容を点検した。
「システムのアーキテクチャを比べることはとてもいい経験となりました」と大木氏は言う。「また、電波状況を解析して基地局設計に活用するシステムなど、独自のノウハウがソフトバンクにはあります。スプリントに同種のものがあるかどうかはまだわかりませんが、もしこれが米国にも適用できるものであれば素晴らしいことだと思います」

 日米間のエンジニア同士の細かなすり合わせが不可欠だけに、この仕事には英語が必須だ。大木氏の場合、学生時代にアメリカに留学、ビジネス英語は前職の外資系企業で習得したが、とはいえ通信業界に特化した英語、とりわけ会議や文書で頻出する単語とは現在も格闘中だ。
 辻氏は幼少時にニューヨークに住んでいたこともあり、日常会話には困らないが、ビジネスで英語を本格的に使うのは今回が初めてだ。「いま必死でビジネス英語を特訓しています」という。

 必要なのは語学力だけではない。これまで自分が担当したシステム以外のことも幅広く知っておく必要がある。
「これまではコールセンターの入電応対管理や、ユーザーが契約内容を確認できる“My SoftBank”などのWebシステムを主に構築していました。ただ、米国の技術者と話すときはそれらの知識だけだと弱い。利用者の登録、料金収納などバックエンドのシステムについても知っていないと、そもそも翻訳できませんからね」(辻氏)

「国内のシステムだけでもどれがどのようにほかのシステムと連携しているかなど、幅広い知識が必要だと、痛感しています」と大木氏も言う。
 大木氏は外資系IT企業のエンジニアを経て、2012年に転職。当初はビッグデータ解析プラットフォームの構築を担当していた。統計解析ソフトやデータホルダーなど海外企業との交渉も任務の一つだった。そもそも外資系日本法人から日本企業へ移ったのは、「IT分野でもっと世界に出て行かなければ、これからの日本企業は危うい」という危機感があったからだ。そのグローバル志向性は、まさに現在の業務にうってつけだ。

世界企業を支えるITシステムへ。いくつもの跳び箱を越えていけ

 チャレンジャーとしての苦労は覚悟しながらも、二人は企業グローバル化の最前線で働けることに大きな喜びを感じている。
「スプリント・コーポレーションへの投資は、ソフトバンクにとって一つの大きなステップだったことは確かでしょう。そしてその向こうには、いくつもの跳び箱が見えています。世界No.1企業になるためには、まずは私たちのスプリンターとしての能力を鍛える必要があります。ソフトバンクグループが世界で闘うために、そのIT基盤を私たちの手で創り出したい。会社からの期待感もひしひしと感じています」(大木氏)

 日本の通信企業が世界に打って出る。エンジニアにとっては、世界企業を支える情報システムとはどういうものか、その知見を得るまたとないチャンスだ。それでなくても、これから日本のエンジニアにとってグローバルな働き方は必須となるだけに、その修練の場としてソフトバンクを選ぶというのは賢い選択かもしれない。
「英語力だけでなく、異なる文化に対応するための柔軟性を持つ人が求められる」(大木氏)「周囲の状況を自分で判断して動くことのできる、自律性がなによりも重要」(辻氏)など、グローバル化を支える人材について、両人はそのイメージを語っている。

ソフトバンク モバイル株式会社 情報システム本部グローバルIT企画室 担当課長 辻 和人氏

大手SIerでSEとして働いたあと、2007年にソフトバンクモバイルに転職。コールセンター応対システム、ユーザー向けWebシステムの構築などを経て、2013年7月より現職。

ソフトバンク モバイル株式会社 情報システム本部グローバルIT企画室 担当部長 大木 壮一氏

米国大学への留学後、外資系IT企業の日本法人に入社。2012年、ソフトバンクモバイルへ転職。ビッグデータ解析プラットフォーム構築などを経て、2013年7月より現職。

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

このレポートに関連する企業情報です

移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供続きを見る

あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

人気企業の採用実態

あの人気企業はいま、どんな採用活動を行っているのか。大量採用?厳選採用?社長の狙い、社員の思いは?Tech総研が独自に取材、気になる実態を徹底レポート。

人気企業の採用実態

このレポートを読んだあなたにオススメします

短期間で成長できそう・年収100万円UPできそうetc.

IT系300人に質問☆○○だと思う企業ランキング

転職をしたら年収が100万円アップしそうな企業は? 有休を自由に取りやすそうな企業は? ITエンジニア300人に聞いた企業のイメ…

IT系300人に質問☆○○だと思う企業ランキング

新たにスタジオ制を導入した狙いとは?

「エンジニア社長」池田氏が語る新生gloopsの開発体制

人気企業の採用実態国内トップクラスのソーシャル・アプリケーション・プロバイダーであるgloops(グループス)が、スタジオ制の導入を発表…

「エンジニア社長」池田氏が語る新生gloopsの開発体制

本格的なグローバル展開の屋台骨を支える技術者ニーズが急増

「攻め」の情報システム部門が描く“未来の姿”

人気企業の採用実態日本国内はもとより、世界の通信業界にも事業を展開するソフトバンクグループ。「情報革命で人々を幸せに」という経営理念を掲…

「攻め」の情報システム部門が描く“未来の姿”

前職の経験を活かし、転職して新たにチャレンジできたことは?

“SIer出身”エンジニアたちがグリーで活躍できる理由

人気企業の採用実態ソーシャルアプリビジネスをグローバルに展開するグリー。同社では、Web系、ゲーム系経験者だけではなく、多くの「SIer…

“SIer出身”エンジニアたちがグリーで活躍できる理由

初開催の「GREE Technology Conference 2013」に潜入

グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向

人気企業の採用実態グリーは2013年3月8日、IT業界の先駆者やGREEパートナーを招き、最新の業界動向について情報交換するイベント…

グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP