• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
大阪から世界を目指すため、優秀な人材を発掘へ
グリーが大阪拠点を新設、エンジニアの採用を拡大
世界で10億人のユーザー獲得を目指し、開発力の強化に乗り出したグリー。サンフランシスコ、ロンドン、北京、シンガポール、ドバイなどに続き、今年6月に開設されたのが大阪スタジオである。同社の採用戦略と大阪の開発現場を徹底取材した。
(取材・文/中村仁美 総研スタッフ/宮みゆき 撮影/濱野哲也)作成日:12.11.27
大阪発新規タイトルで世界のユーザーを獲得する

 2012年6月、グリーはソーシャルアプリケーションの開発拠点として、大阪にスタジオを開設した。これまで北海道と沖縄にサイトパトロール・センターを設置しているが、アプリ開発拠点の開設は東京以外では初めてのもの。9月に報道関係者向けに行われたスタジオのお披露目では、同社執行役員・吉田大成氏が「大阪から代表作となるゲームを一つでも多く発信したい」と話している。

 SNSなどのソーシャル・サービスはこれまで東京一極集中の傾向が強かったが、西日本に開発拠点を据えることで、何が変わるのか。大阪進出の意義を語るのは、メディア事業本部Worldwideスタジオ Osaka事業グループ・シニアマネージャーであり、スタジオ長を務める戸田伸一氏だ。
「大阪には2つの可能性があります。第一は優秀なソフトウェア開発人材がたくさんいること。第二は優秀なパートナー会社がたくさんあるということです。グリーとしても、ここを攻めないともったいないということで、大阪のスタジオ設立を決めました」

戸田 伸一氏
メディア事業本部 Worldwideスタジオ
Osaka事業グループ
シニアマネージャー
戸田 伸一氏

 東京にいると忘れがちだが、関西は実はコンソールゲームやアーケードゲーム、あるいはパチンコなどの遊技機分野では分厚い企業蓄積のある地域。任天堂は本社を京都市に置いているし、コナミやカプコンの創業も大阪だ。近年はソーシャルゲームを手がけるSAP企業も続々と誕生している。この地に開発拠点をすえて、人材の掘り起こしを狙うというのは当然の戦略といえる。

 大阪スタジオは、大阪の中心地、梅田駅から徒歩約5分のオフィスビル「梅田ゲートタワー」の中にある。戸田氏が、大阪スタジオの立ち上げ準備を始めたのは2012年3月のこと。当初は「4畳半ぐらいのレンタルオフィスからのスタートでした」と振り返る。準備を始めてから半年、毎月5人ずつぐらいの割合で人材が増え、現在はディレクター、エンジニア、クリエイターを含め約30人の陣容となっている。

 戸田氏自身は、2011年7月にコンソールゲーム開発会社からグリーに転職。大阪スタジオ長に就任するまでの数カ月は東京オフィスで「戦国キングダム」の運用に携わりながら、スマートフォン向け新ゲームの企画、立ち上げを行っていた。

 大阪スタジオの最大のミッションは、冒頭の吉田執行役員の言葉にもあるように、新規のヒットタイトルを生み出すことだ。大阪スタジオは、アメリカや韓国、シンガポール、イギリス、中国などで設立されたアプリ開発拠点とはもちろん、東京本社ともライバル関係になるという。

「東京本社との違いがあるとすれば、大阪はゼロから新規タイトルを立ち上げるため、よりチャレンジしやすい環境にあるということでしょう。その一例が大阪スタジオ初の新タイトル『Wacky Motors(ワッキーモーターズ)』。このゲームタイトルを世に出すにあたり、さまざまな挑戦をしました」(戸田氏)

これまでのグリーにはないアクション性豊かなゲーム──「Wacky Motors」

「Wacky Motors」はクールでスタイリッシュなキャラクターやマシンを育てながら、ギャングのお宝を狙って熱いバトルを繰り広げる3Dソーシャルレースゲームだ。単にスピード勝負だけでなく、マシンをぶつけ合ったり、ミサイルで吹っ飛ばしたりなど、アクション映画も顔負けのハードなバトルが繰り広げられる。

「これまでグリーは『探検ドリランド』を代表にカードゲームでヒットを出してきました。一方、『Wacky Motors』は見ればわかるとおり、コンソールゲームに負けないグラフィック性能とアクション性を楽しめることに加え、カードゲームの要素も盛り込んだ、これまでのグリーにはなかった新しいゲームタイトルとなっています」と戸田氏は、新しさを強調する。

 この「コンソールゲームに負けないグラフィック性やアクション性」のつくり込みこそが、大阪スタジオの第一のチャレンジだ。それは車の操作方法を見てもわかる。「Wacky Motors」は端末を左右に傾けてカーブを切り、タップしてドラフト、アイテム欄をタッチするだけで“特技”を繰り出せる。まるで実際にハンドル操作をしているような臨場感、キャラクターのレベルが上がるにつれ難易度が上がるコース設定が、ユーザーのドライブ感を刺激する。Google Playのレースカテゴリーで人気トップを維持している(2012年11月5日現在)のもうなずける。

世界最速のギャングを目指す本格レースゲーム!「Wacky Motors」

「Wacky Motors」が行った第二のチャレンジはグリー初の有料ダウンロードゲームであるということだ。
「リリース当初は500円でしたが、現在は99円で配信しています。ソーシャルゲームは無料で遊べるというイメージが定着しているのか、有料でユーザーを獲得するのはなかなか厳しいのが現状です。有料でヒットタイトルに育て上げることができるのか、現在も挑戦が続いています」(戸田氏)

 そのほかにも、世界中のユーザーに楽しんでもらおうと、海外でも受け入れられやすいキャラクターデザインを追求したり、最大8人まで同時対戦ができる通信バトル機能を搭載しているのも新しい試みといえるだろう。

 現在、大阪スタジオでは、この「Wacky Motors」に加え、同タイトルと同じキャラクターや世界観を再現した「Wacky Pilots(ワッキーパイロッツ)」のブラッシュアップにも注力している。さらに、新たなカードゲームの開発も始まっている。

「『Wacky Motors』や『Wacky Pilots』はまだまだ改善すべきところがあります。それらを改善していくことで、私たちが目指しているコンソールゲームに負けないソーシャルゲームが実現できる。もちろん新タイトルの開発も進めており、今年の冬までに、全く新しいタイトルを4本リリースする予定です」
 と、戸田氏。次にリリースされるタイトルにも、大阪スタジオならではの新たな挑戦が込められているにちがいない。

「青い炎」をたぎらせた、謙虚でアグレッシブなエンジニア求む

 大阪スタジオでは現在、エンジニア、ディレクター、クリエイターの3職種を募集している。いずれにおいても、新規ソーシャルゲームの立ち上げからリリース後の運用改善までを一貫して担当することが共通している。戸田氏の前職はコンソールゲーム開発のディレクターで、企画からリリースまで、ゲーム制作の一連の工程に携わってきた経歴を持つ。骨の髄からの“ゲーム屋人生”。そこから導き出された一つの人材像がある。ひと口でいえば“ガッツ”のある開発者だ。

「即戦力として活躍が期待できるのは、私のようにゲームコンテンツのプロデュース経験のある人やWebサービスの立ち上げ、運用経験のある人です。しかしそのような経験よりも、私たちがさらに重視していることがあります。それは、まずはチャレンジ精神旺盛であること。次に、成功するまで諦めない気持ちを持っていることです。大阪スタジオからはまだ、ヒットタイトルは生まれていません。しかしこのスタジオを盛り上げるには、かならずヒット作を生み出すことが条件です。そのために欠かせないのは、決して諦めない前向きさ。そんなガッツを持っている人にぜひ来てほしいですね」(戸田氏)

 とはいえ、前向きさのあまりに「おれも」「私も」と全員が自己主張ばかりだと、戦国バトルゲームのように「群雄割拠」状態に陥ってしまいかねない。チームでの開発には常に協調性が求められる。
「アグレッシブに、そして謙虚に。例えるならば、赤い炎ではなく青い炎のような人です。そんな人にこそ、このスタジオの仲間になってほしいと考えています」と戸田氏は語る。

 そのほかにも対人コミュニケーション能力や調整能力、社内外の関係者と円滑にプロジェクトを進める折衝力、論理的に自分の考えを説明できるロジカルシンキングの力なども必要だ。
「例えば個人でサイトを運営していたり、コミュニティで講演や開発をしたりしているなど、常に自己研鑽に努めている人などにも、ぜひ挑戦してきてほしいですね」(戸田氏)

欧米市場でヒットを狙う。さらにゲーム機が未普及の地域にもソーシャルゲームの楽しさを
大阪スタジオの様子
大阪スタジオの様子

 グリー大阪スタジオで働く面白さは何だろうか。それは戸田氏が転職先としてグリーを選んだ理由とも重なるものだ。
「ソーシャルゲームを開発・提供している会社は複数あります。その中でなぜグリーに決めたのか。私がここに転職したきっかけになったのは、グリーが提供するゲームのクオリティの高さです。ユーザービリティがしっかり考え抜かれているために、ユーザーがストレスなく遊べるのです。本当に楽しい気持ちにさせてくれるゲームが多いんですよ。それが決め手でここに転職しましたが、その印象は間違いではありませんでした。私たちは、常にユーザーに楽しく遊んでもらえることを念頭において、開発に取り組んでいます。大阪スタジオは東京とはちがって、まだまだ人数が少ない。ですが、その分だけ言葉でのコミュニケーションを大切にしています。東京よりは、アットホームな雰囲気があるかもしれませんね(笑)」(戸田氏)

 むろん、「東京が、大阪が」と、ドメスティックに競争する時代ではもはやない。大阪スタジオが狙うターゲットはグローバル・マーケットだ。
「まずは『Wacky Motors』と『Wacky Pilots』をさらに洗練させていき、なんとしても欧米市場でヒットさせたいですね。私たちの野望はそれだけにはとどまりません。世界には、コンソールゲームを楽しみたくてもゲーム機本体がなかなか手に入らない地域や国がまだまだあります。そんな地域や国の人たちも、スマートフォンなら持っているかもしれない。そんな国々に暮らす人たちにも楽しんでもらえるようなゲームを、いつかリリースしたいと考えています。世界に向けて新しいサービスを生み出したい、そのために失敗を恐れず果敢に前に進む──そんな人こそが、私たちの理想像です」

メディア事業本部 Worldwideスタジオ Osaka事業グループ シニアマネージャー 戸田 伸一氏

1980年東京都八王子生まれ。子供のころからゲームが好きで、大学卒業後コンソールゲーム開発会社に入社。企画からディレクション、プロデュースまでを担当する。「これからはソーシャルゲームの時代になる」と考え、2011年7月グリーに入社。2012年3月より大阪スタジオの立ち上げに携わり、現在に至る。

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

このレポートに関連する企業情報です

2004年2月に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) 「GREE」を公開、日本だけでなく米国・欧州などグローバル展開を進め、世界で億単位のユーザー数を目指すソーシャルメディア事業をはじめ、ソーシャルアプリケーション事業、プラットフォーム事業、広告・アドネットワーク事業等を展開しています。続きを見る

あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

人気企業の採用実態

あの人気企業はいま、どんな採用活動を行っているのか。大量採用?厳選採用?社長の狙い、社員の思いは?Tech総研が独自に取材、気になる実態を徹底レポート。

人気企業の採用実態

このレポートを読んだあなたにオススメします

シンプルなゲームロジック、バッグエンドの高い技術力、UI設計…

GREEの「釣り★スタ」が長年支持され続ける理由とは

人気企業の採用実態リリースから今年で6年目を迎え、いまなお人気の高い「釣り★スタ」。動きの早いソーシャルゲーム業界の中で、なぜヒットし続…

GREEの「釣り★スタ」が長年支持され続ける理由とは

GREE Platform Conference 2012で田中社長が語った

グリーが目指す世界共通のプラットフォーム戦略とは

人気企業の採用実態4〜6月にリリースが予定されているグローバル向けプラットフォーム統一に注目が集まるグリー。3月に開催されたグリーのパー…

グリーが目指す世界共通のプラットフォーム戦略とは

新規事業のスクラム活用、Flare、Haskellなどの最新技術を導入

世界中から集まるグリーエンジニアたちの技術力に迫る

人気企業の採用実態外国人エンジニアも積極的に採用しているグリー。国籍に関わらずエンジニアが働きやすい環境であるため、彼らも高いパフォーマ…

世界中から集まるグリーエンジニアたちの技術力に迫る

初開催の「GREE Technology Conference 2013」に潜入

グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向

人気企業の採用実態グリーは2013年3月8日、IT業界の先駆者やGREEパートナーを招き、最新の業界動向について情報交換するイベント…

グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向

最大169カ国のユーザーにアプリの配信が可能

グリーのグローバル向け「GREE Platform」開発舞台裏

グローバル向けワンプラットフォーム「GREE Platform」の提供を開始したグリー。5月にAndroidおよび…

グリーのグローバル向け「GREE Platform」開発舞台裏

応募者は「イケた!」と思ったのに……なぜ不採用?

スキルが高い人材でも「NG」を出した人事の証言

求人の募集要項にあるスキルは満たしていたのに、なぜか結果は不採用。そんな経験をした人も多いのでは? では、採用に至らな…

スキルが高い人材でも「NG」を出した人事の証言

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP