• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

超こだわりの“一筋メーカー”探訪記 この分野なら任せなさい!

ガリガリ君

アイス一筋81年!
ガリガリ君コーンポタージュ化計画

定番の「ソーダ」、季節限定の「梨」など、アイスキャンディーの定番「ガリガリ君」はエンジニアも大好き。今度は“コンポタ”が登場だ!「ガリポタ」を開発したのは若手エンジニアの2人。その味は……うまいです!

(取材・文・撮影 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:12.08.21

「ガリガリ君リッチ」に9月、「コーンポタージュ」が登場!

メイン担当の若手2人が「オススメの食べ方」を教えます

ガリガリ君

ガリガリ君の「コーンポタージュ」(9月4日発売予定)

「まずは普通に食べてみてください。そしてその次、僕のお勧めの食べ方はすりおろす。カキ氷をつくれるおもちゃ『おかしなカキ氷』(タカラトミーアーツ発売)でも、おろし金を使ってもらってもOKです。それを少し置いて少し溶けた状態にすると、コーンポタージュの冷製スープみたくなるんです。かなりうまいです」
こう語るのはガリガリ君「コーンポタージュ」を開発した、赤城乳業株式会社の開発本部開発部応用研究チームの岡本秀幸氏だ。企画から原料の選定、最終的な味づくりまで、まさに開発全般を行うが、ガリガリ君の新商品開発担当は実は彼ひとり。入社4年目、弱冠26歳の若手社員である。

「試作の段階で味や触感などを知るために何度も食べたのですが、食べれば食べるほど病みつきになりました。僕のお勧めは3本目。1本目はチャレンジ。最初は『え!』と思う人もいるでしょうから。2本目は確認。もう一度味を確認してください。そして3本目。すでにコーンポタージュ味にハマっています(笑)。それと、疲れが残る朝に食べると、元気が出ますよ」
技術部技術課で副主任を務める岡村哲平氏はこう語る。岡本氏の開発した「コーンポタージュ」の試作やライン化を担当しており、「開発と製造をつなぐのが僕の仕事」と語る。彼も入社6年目、28歳の若手社員である。

出来レース?10回以上の作り直しで納得できる味を試作

赤城乳業

赤城乳業株式会社
開発本部
開発部
応用研究チーム
岡本秀幸氏

ガリガリ君

ガリガリ君の「コーンポタージュ」

ガリガリ君の商品開発はプロジェクト体制を取る。岡本氏の応用開発チーム、岡村氏の技術課のほか、資材を調達する購買部門、品質保証部門、マーケティング部門、パッケージデザインなどを請け負うデザイン会社が連携して商品を開発し、社内のプレゼンに合格すれば商品化が決定する。
この「コーンポタージュ」は岡本・岡村コンビが中心となって完成したが、これまでのガリガリ君シリーズとは別の意味で困難が続いた。理由は今あなたが想像した通りで、周囲に「売れるのか?」と思われたからだ。しかし、岡本氏には腹案があった。

今年の春、ガリガリ君のプロジェクトメンバーは、新フレーバー商品のディスカッションを重ねていた。皆で案を出し、最終的に30〜40種類のアイデアが集まった。ここから5〜6種類を絞り込み、試作品で「予選会」を行い、最終的にコーンポタージュ味が選ばれた。
この予選会のための試作品をつくったのが岡本氏だったのだが、他のメンバーは知る由もなかったのである。そこに「えこひいき」が介在していたことを……。
「予選会の試作は1回目で思った味が出ることはまずないので、大抵2回でつくります。他の種類はこうしたのですが、採用してほしかったので、『コーンポタージュ』は10回以上作り直して完成度を高めました。後から岡村さんには、『それって出来レースだろ』と言われましたけど(笑)」

実は岡本氏は、企画会議の前から密かにコーンポタージュ味の試作をしており、以前から世に出したいと思っていた。通常のガリガリ君より価格の高い「ガリガリ君リッチ」なら、子供だけでなく大人もターゲット。大人にとって「懐かしい味」を提供すれば、喜んで食べてくれるだろうし、売れると感じてもいた。
そこで閃いたのが「うまい棒」やスナック菓子のコーンポタージュ味。「大学時代は菓子ばかり食べていた」という岡本氏の好物でもあり、温かい飲み物を冷たく食べるという発想も斬新に思えた。
「チャレンジしたいと思いました。今年でガリガリ君は31周年なのですが、実はこうした『歴史』や『伝統』を僕はあまり知らなくて、その意味ではしがらみがなく、つくりたいものをつくれたと思います」

コーンの浮上の問題発生!前代未聞の製造ラインを止めたテスト

「従来のレシピ」では完成しなかった、新しい味

まずは原材料の選定。コーンポタージュの100%粉末だとダマになるとわかり、スープタイプや顆粒タイプを選んだ。メーカー数社から合計十数種類を購入して味づくりを試す。また、アイスの中にコーンを入れることを思いついたが、しっかりした味を出したいとフリーズドライのコーンと決めて、複数社からさまざまなタイプを購入した。
もちろん、何でも選べたわけではない、食品衛生法などの規格や自社基準に合格した材料であり、かつ価格やロット数などの条件に合うことが前提条件となる。目指した味は「スナック菓子とコーンスープのそれぞれのよさ」を共存させること。

「簡単に言ってしまうと一般的なアイスは、果汁などの風味原材料、乳製品、砂糖をベースにして、香料で味出しを補ってつくりますが、こうした従来の方法ではコーンポタージュの菓子やスープの味は出ませんでした。そこでコーンの粉末に加えて、数種類の塩を混ぜ、調味料であるブイヨン入りの粉末を使い、砂糖も何種類かを組み合わせました。コーンは北海道産の質のよいものを使っています」
アイスにする前段階で味を確かめていくのだが、岡本氏が決め手とするのは「第一印象」。上記のように配合する原材料が多くなると試作のパターンも増えていくのだが、「第一印象」を見極めれば判断はぶれないという。

こうした試行錯誤を続け、1〜2カ月を掛けて納得できる「コーンポタージュ」が完成した。だが、工場の設備の1000分の1スケールの試作機でアイスにしてみると、思わぬ事態が発生した。
アイスキャンディーをつくるには、原材料となる液体を充填機に入れ、冷やして少し固まったところでスティックを差し込み、冷凍を続けて完成させるのだが、なぜかコーンの粒が液面に浮かんでいたのだ。

赤城乳業

赤城乳業株式会社
技術部
技術課
副主任
岡村哲平氏

ガリガリ君

アイスの中にはフリーズドライのコーン

頭を下げ続け、1分間に200個製造するラインでテスト

ガリガリ君

人気の「ソーダ」、ガリガリ君のパッケージは3種類ある

ガリガリ君

ガリガリ君の関連商品の数々

ガリガリ君

その理由は、水分のないフリーズドライのコーンの軽さにあった。だが、浮かんだままで商品化すれば、アイスの下部にコーンが集中してしまい、食べ始めても最初はコーンが出てこない。コーンが均等に散らないのは致命的な欠陥となってしまう。
岡本氏から相談を受けたのが岡村氏だった。彼は思い切った手に出る。
「小さな試作機で解決できる問題ではないと思いました。仮にここでうまくいっても、生産段階でミスが出たのでは取り返しがつきません。そこで、ラインの実機でテストがしたいと上司に直訴したのです」

1分間でガリガリ君を200個製造するという生産ライン。稼働中のこのラインを止めて、コーンポタージュのテスト専用に動かすというアイデアだ。しかも、原材料を納入するタイミングに合わせて、ラインを空けてもらうという無茶なスケジュール。
「上長はもちろん、製造現場の管理職、オペレータ、購買部門、在庫管理部門……いろいろな部署で頭を下げ続けました。私の仕事は開発と製造の橋渡しですから、『どうやって周囲の部署を巻き込むか』を常に考えています。それでもキツかった! 商品化できなかったことを想像すると、物凄いプレッシャーでした」
「実機ラインを使ったテストなど、過去になかったと思います。岡村さんだからできたことで、私が動いても無理だったと思います」(岡本氏)

2人はある程度、改良のためのポイントを絞っていた。原材料の配合レシピ、原材料を撹拌するための羽の形、タンクの大きさ、原材料に加えるクラッシュアイスのバランスなどだ。混ぜ方を変えたり、撹拌する速度を調整したり、クラッシュアイスのポンプでの送り方を調べたり……これらを実際に目で見ながら判断し、失敗すれば原因を調べ、成功すればその理由を検証した。
「試作は8パターンに絞っていました。1分で200個ができてしまうため、原材料がもたなくなるからです。テストは3〜4時間続け、原材料が合計で3000リットル、氷は1300kg以上を使いました。そして、ようやくコーンが浮かばずにすむつくり方と、満足できる味を実現しました」(岡村氏)

難関の社内プレゼン、社長の「ベリーグッド!」で商品化決定

タッグを組んだエンジニア2人、これからの夢とは?

商品化に向けた最後の難関は社内プレゼン。主に経営陣が味見をするのだが、そもそも「本当に売れるのか?」と心配されていた商品。岡本氏は「売れると思っていたのはプロジェクトメンバーだけでしょう」、岡村氏は「特に営業部門は不安がっていました」と振り返る。
実際、味見をした経営陣でも反対する人がいたそうだ。しかし、井上社長はガリガリ君「コーンポタージュ」を食べて、思わずこう言ったという。
「ベリーグッド!」
商品化が決まった瞬間だった。ガリガリ君「コーンポタージュ」は9月4日に発売予定である。

岡本氏は大学卒業後に赤城乳業に入社し、新商品開発チームに配属。約10種ものアイスの新商品を、企画、味づくり、容器のデザイン、商品名まで担当し、約1年前にガリガリ君の開発担当になった。
その後は、「シャリシャリ君」「ガリガリ君リッチのカフェオレゼリー」などを生み出し、「コーンポタージュ」を完成させた。現在は冬から来春に発売予定のガリガリ君を、3〜4品同時に進めている。
「アイスの可能性はまだまだあります。今回のように暖かいものを原材料にしたり、飲料をアイスにしたり。今までにない未知のアイスをつくることが僕の目標です」

岡村氏も大学卒業後に同社に入社し、生産ラインの管理を任された。2年目に品質保証を担当し、3年目から今の部署に配属。新商品のためのライン構築、設備の仕様決め、新しい設備の購入、納期やスケジュール管理などが主な仕事だ。
「現在は開発に合わせて設備を決めていますが、設備の技術進歩は激しいですし、アイス専用でなくてもアイスづくりに応用できる設備もあります。今後は『こんな設備を使えばこんな商品が開発できる』といった、開発チームへの逆提案をしたいですね」

私、取材の後で「コーンポタージュ」を食べさせていただきました。お世話になったから言うわけではないですが、「うまい!」。とろっとした触感で、甘みがあって、コーンポタージュの味もしっかりしている。そして、その味が全く嫌みではない。やっぱりガリガリ君はスゴいよ。

ガリガリ君

岡本氏が開発を担当した「シャリシャリ君」

赤城乳業

2人は仲良し

ガリガリ君

会社の受付で人を迎えるガリガリ君

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

超こだわりの「一筋メーカー」探訪記

一筋、一筋、○○一筋××年! ひとつの製品・分野を究め続けるマニアックなメーカーを訪ね歩き、その筋の「こだわり話」を聞き出します。

超こだわりの「一筋メーカー」探訪記

このレポートを読んだあなたにオススメします

超こだわりの“一筋メーカー”探訪記 この分野なら任せなさい!

チロルチョコ一筋51年!小さな1粒に込める世界観

超こだわりの「一筋メーカー」探訪記小さくてかわいいチロルチョコ。1962年に誕生してから今年で51年です。定番のチョコも美味しいけれど、次々と生み出され…

チロルチョコ一筋51年!小さな1粒に込める世界観

美味しいジェラートと冷たいフラッペが食べたい!

アイス、かき氷!夏を彩るCOOL☆マシーン

夏だ! 夏が来た! 夏と言えば何だ! アイスクリームとかき氷だ! どうやってつくっているんだ? 決まっているじゃないか、エンジニ…

アイス、かき氷!夏を彩るCOOL☆マシーン

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

ライン構築技術/世界が欲しがる日本の生産技術の要!

求人トレンド解析室日本が世界に誇る、隠れた巨大産業。それが生産設備の業界だ。コストダウン、フレキシブル生産などのニーズが高まるにつれ、内…

ライン構築技術/世界が欲しがる日本の生産技術の要!

愛車に対する感動から開発への参画を希望して転職を決意

生産技術の貢献度を武器に部品メーカーからスバルへ

面接現場の舞台裏水平対向エンジンやAWDシステムに代表される、独自技術を打ち立ててきたスバル(富士重工業)。「主張を持つエンジニア集団…

生産技術の貢献度を武器に部品メーカーからスバルへ

厳選★転職の穴場業界

食品も細胞も蘇生させる「魔法」を作りたい

厳選★転職の穴場業界モノを腐らせたり変質させることなく長期間貯蔵する技術。生鮮食料品の貯蔵や移植臓器の保存などは、人間にとってまさに夢のテクノロジー…

食品も細胞も蘇生させる「魔法」を作りたい

応募者は「イケた!」と思ったのに……なぜ不採用?

スキルが高い人材でも「NG」を出した人事の証言

求人の募集要項にあるスキルは満たしていたのに、なぜか結果は不採用。そんな経験をした人も多いのでは? では、採用に至らな…

スキルが高い人材でも「NG」を出した人事の証言

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP