• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

2011年「スマートフォン&タブレット端末」元年

沸騰するモバイルアプリ開発案件&
採用ニーズの全容

昨年はスマートフォンの普及が飛躍的にアップしたことで、以前より活況を呈していたモバイル向けアプリ開発ニーズもさらに高まっている。そこで2011年、モバイルアプリ開発の展望やそれに関連するエンジニア採用ニーズの動向について、専門家に詳しく聞いた。

(総研スタッフ/山田モーキン) 作成日:11.01.19

【ADVISER】

(株)アイ・ティ・アール<br />
シニア・アナリスト/甲元宏明氏

(株)アイ・ティ・アール
シニア・アナリスト/甲元宏明氏

クラウド・コンピューティングやSaaS・ネットワーク・ソフトウェア開発などの各種IT戦略の立案等を展開。2007年より現職。

(株)リクルートエージェント<br />
ITマーケット <br />
リクルーティングアドバイザー<br />
半田祥子氏

(株)リクルートエージェント
ITマーケット 
リクルーティングアドバイザー
半田祥子氏

(株)リクルートエージェント<br />
ITマーケット <br />
リクルーティングアドバイザー兼テクニカルアドバイザー<br />
大月英照氏

(株)リクルートエージェント
ITマーケット 
リクルーティングアドバイザー兼テクニカルアドバイザー
大月英照氏

エンタープライズ向けスマートフォン&タブレット端末の積極導入で、モバイルアプリ開発ニーズは飛躍的にアップ

2011年は「スマートフォン&タブレット端末」元年


 昨年、iPhoneに続いて「Android」端末の本格的な普及が始まり、さらに「iPad」に代表されるタブレット型端末の発売により、日本でも新しいモバイル端末の導入の動きが表面化した。そして2011年、「スマートフォン&タブレット端末元年」と断言するのは、エンタープライズ向けのモバイル導入事情に詳しい(株)アイ・ティ・アールのシニア・アナリストである甲元氏だ。

「昨年末実施した企業経営者向けのアンケート調査によると、回答企業の半数以上が今年、スマートフォンやタブレット端末を導入する意向を示し、これは一昨年の調査の時よりも飛躍的にアップしています。つまり今年、経営者のトップダウンで急速に新しいモバイル端末の導入がビジネス業界、特に流通・小売・サービス業などBtoCビジネスを展開している企業を中心に進展していくはずです」
 
このようにわずか1年で劇的に新しいモバイル端末への関心度が高まった理由として、甲元氏は「ユーザーエクスペリエンス、つまり直観的に楽しんで操作できるこれらの新モバイル端末の登場で、“これはビジネスで活用できる!”と直感した人が、ITリテラシーの高いエンジニア以上に、ビジネスサイドにいる経営者に多かったことが大きい」と分析している。

本命は「Android」端末。それによってAndroid向けモバイルアプリ開発ニーズが急増


 そこで今年、特に注目したいのが「Android」端末。アップル社が提供する「iPhone」や「iPad」の人気は高い一方、企業利用においては複数の企業から今年続々と発売が予定されているAndroidを搭載したスマートフォン&タブレット端末が普及していくことで、モバイル市場で大きなシェアを占める可能性が高いからだ。

そして端末が普及すれば、それに伴ってAndroid向けのモバイルアプリ開発のニーズも比例して増える。
「現に今も、Android端末を導入している企業から、専用の業務アプリケーションの開発を請け負ってくれる企業を紹介してほしいという依頼が、私のところにも多く届いています」(甲元氏)
 
しかしその一方で、こんな問題も甲元氏は指摘している。
「実はまだ、Android向けのアプリ開発に対応できるSI企業が少ないのが問題。もちろん、SI側もその点は重々把握していますので、今年多くのSI企業がAndroid向けのモバイルアプリ開発事業に力を入れていくはずです」
SI企業にとっても、モバイル向けアプリ開発は数少ない有望なビジネスチャンスであることから、甲元氏が指摘しているように今年、多くのSI企業が雪崩を打って参入してくることが容易に予想できる。特にモバイル向けアプリ開発の場合、低コストで高いスピード開発が求められるケースが多いことから、柔軟に対応できる中小のSI企業にとってはより大きなビジネスチャンスになりうるだろう。
ただし今年に限ってみれば、比較的小規模な開発案件が主流との見方が強く、「とりあえず、あるビジネス業務に特化したアプリ開発だけを頼んで様子を見る」企業が多いようだ。その後、徐々に大規模な案件にも波及していくと甲元氏は予想している。
 
まだスマートフォンやタブレット端末の本格的な普及は始まったばかり。今年を含めて少なくとも3〜5年の中長期的スパンで、モバイルアプリ業界の発展は続いていくはずだ。

SAP企業を中心に数十人単位の積極採用。応募条件もLAMPからJava・C経験のみでもOKに

2011年、スマートフォン向けソーシャルゲーム開発が一気に加速することで採用ニーズがさらに高まる


 「昨年、急速に普及したモバイル向けのソーシャルゲームは2011年も引き続き、右肩上がりで普及していくと予想される中で、ソーシャルゲームのアプリ開発ニーズも高水準を維持するはずです」と語るのは、リクルートエージェントの半田氏と大月氏。

モバイル向けアプリケーションソフトはゲーム以外にも実用系などさまざまある中で、現在は圧倒的にゲーム関連の開発採用ニーズが高く、2011年の夏以降はさらに加速するという。その大きな要因として挙げられるのが「スマートフォン向け開発」だ。
「2010年、日本でもiPhoneやAndroidを搭載したスマートフォンが急速に普及しましたが、その勢いは今年ますます高くなっていきます。その中で現在、主にスマートフォン向けのアプリケーション開発を積極的に行っているのは、大手SNS企業が中心です。さらに今年後半になると、大手SNSが作成したソフトウェアの関連ソフトの開発段階に突入することで、従来の携帯電話向けも含め、さらに人材の採用ニーズは高まるはずです」(大月氏)
 
では2011年、具体的にどんな企業がどれだけのエンジニアを採用していくことが予想されるのか。
「いわゆるSAP(ソーシャル・アプリケーション・プロバイダ)企業が、その中心の一つになります。現在も数十人単位で、主にSI業界のSEやプログラマーを中心に積極採用を展開している企業も少なくありません」(半田氏)
そして少なくとも2011年中に関しては、この流れは大きく変わることはないと半田・大月両氏は指摘している。

より多くのエンジニアに転職チャンス拡大!成果次第で百万円単位の年収アップも可能


 昨年から引き続き、携帯電話・スマートフォンを含めたモバイルアプリ開発の採用ニーズは高水準を維持するとの見通しだが、具体的にどんなエンジニアの採用に力を入れているのか?

「昨年前半までは、LAMP(Linux Apache MySQL PHP Perl Python)経験のあるエンジニア採用ニーズが高かったのです。しかしSNSやSAP各社が大量採用に踏み切ったことで、採用市場にLAMP経験者が圧倒的に不足する事態に。そこで採用各社は応募条件を緩和させ、JavaやCなどの開発経験があればOKという求人が昨年後半から急速に増えました」(半田氏)
 
LAMP経験者の不足に伴い、応募条件のハードルを下げることで各社、大量採用をなんとしてでも早い段階で実現させていくスタンスに変化しているといえる。その裏には「PHPやPerl Pythonといった言語は、JavaやCの習得者にとって比較的覚えやすいので、入社後半年程度経験すればキャッチアップしてアプリ開発に対応できる人材に育成できる」(半田氏)という事情も。
そして採用ニーズが沸騰している今こそ、転職する最大のチャンスだと大月・半田両氏は指摘している。
「特にソーシャルゲームのアプリ開発の場合、比較的短期間で開発・リリースしてすぐにその成果が見えるのが大きな特徴。もしそこで成果を出せば、入社後1年で責任者に昇進したり、百万円単位での大幅な年収アップをしたりすることも可能な世界です」(半田氏)
「またスペシャリスト志向で、技術を追求するタイプでもサービスを企画したり、マネジメント志向でも、活躍できるチャンスがあるのがこの業界の特徴です。今後、海外展開を積極的に推進していく企業が飛躍的に増えていくので、グローバル規模で活躍するチャンスもあります。つまりどんなタイプや志向のエンジニアでも活躍できる可能性がある、非常に有望な世界であるといえます」(大月氏)
 
今年スマートフォンの普及拡大によるアプリ開発ニーズが急速に高まることで、エンジニアの活躍チャンスは飛躍的に高まる気配がすでにある。この大きなチャンスを逃さないためには、早めに業界の動向をチェックして活動を展開するのが望ましい。

本レポートは総合転職サイト「リクナビNEXT」連動コンテンツです。 Supported by リクナビNEXT

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートを読んだあなたにオススメします

“シンプルかつリッチ”を目指すスマホ向け究極のブログサービス

Amebaの新スマホブログ「Simplog」開発秘話

サイバーエージェントがスマートフォン向けの新しいブログサービスを8月にリリースした。「Simplog」は“シンプルだけ…

Amebaの新スマホブログ「Simplog」開発秘話

来春には大阪、福岡に開発拠点を設置

サイバーエージェント、スマホ技術者の育成と採用強化

人気企業の採用実態サイバーエージェントのスマートフォン対応が急速に進んでいる。積極的な中途採用を展開してきたが、スマートフォン開発経験者はまだ市場…

サイバーエージェント、スマホ技術者の育成と採用強化

iOS VS Androidに、新たにWindowsPhoneが本格参入

スマホ3つどもえ時代到来!開発スタイルの特徴比較

今年に入って急速に普及しているスマートフォン。市場の盛り上がりに合わせて、スマホ向けのアプリ開発ニーズも活発化している。その上…

スマホ3つどもえ時代到来!開発スタイルの特徴比較

予約受付システム開発から、新事業サービス提案まで

過去最大規模!iPhone5販売予約受付システム開発秘話

人気企業の採用実態ソフトバンクモバイルの情報システム部門で開発を行う社内SEの仕事は、iPhone5を販売する際の予約を受け付けるための…

過去最大規模!iPhone5販売予約受付システム開発秘話

スマートフォン向け開発チームを率いる

ドワンゴ外国人エンジニアが語るイノベーションの現場

人気企業の採用実態「ニコニコ動画」「dwango.jp」などインターネットコンテンツ配信ビジネスが活況を呈するドワンゴ。そのシステムを支えるエンジ…

ドワンゴ外国人エンジニアが語るイノベーションの現場

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP