• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

大不況が何だ!逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

1年の休職ハンデを負った活動も、
1カ月で内定獲得!

不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。今回は前職を退職後、家庭の事情で1年間のキャリアブランクを経て転職活動を開始、苦戦しつつも1カ月で内定を獲得した33歳SEのケースを紹介したい。

(総研スタッフ 山田モーキン)作成日:10.05.21

長いキャリアブランク&大不況という逆風下での活動とは……

昨年4月、現職に転職した石田さん(33歳)。コンピュータの専門学校を卒業後、10年近くに渡りSEとして、ベンチャーから中堅規模のSIer企業に転職を何度か挟みつつ、勤務してきた。
しかし前職を退職後に、家庭の事情で1年間の休職を余儀なくされてしまう。
そして昨年2月、再び転職活動をスタートさせて石田さんを待ち受けていたのは、1年間というキャリアブランクと“リーマンショック”後の大不況という、2つの大きな逆風。
人材紹介を活用しながらも、当初は希望していた職種自体の募集がなかったり、また別の職種で応募しても書類選考の段階で落とされてしまうなど本人の予想以上に活動は難航した。しかし結果的にはその後、わずか1カ月で内定を獲得することができたのだ。

なぜ大きなハンディキャップを背負いながらも短期間で内定を獲得できたのか?その経緯について、本人に語ってもらおう。


転職エンジニア
ネイバージャパン株式会社
検索サービス開発室 
検索サービス開発1チーム
石田雅宏氏

1年間の休職後に転職活動を開始。そこで待ち受けていた厳しい現実とは……


2000年に専門学校を卒業してから現職を含め、4社でSEとしてキャリアアップしてきました。1社目は中堅規模のSIerで、VBやSQLなどを使ったシステム開発を2年ほど担当。しかしクライアントが大企業でかつ、お客さまと直接コンタクトをとれない中での開発でモチベーションが上がらず、また収入もぎりぎり生活していけるレベルだったので、転職しました。
2社目は社員数5人程度のベンチャー系SIer企業。1社目と違ってさまざまなクライアントを受け持って開発を進めていくスタイルなので、仕事に関しては満足でした。しかしその一方、ベンチャーならではの弊害と言いますか過重労働がひどく、このまま働き続けたら身も心も壊してしまう恐れがあったため、2年半ほど勤務して退職。
3社目はWeb系のシステム開発を行うベンチャー系SIer。以前から興味があったBtoC向けの開発ができるということで、高いモチベーションで仕事をしていこう、と思ったのですが……。なぜか経営者が積極的に事業を展開していく意欲がなく、このままここにいても将来性が見えず、残念ながら1年半ほどで退職することに。

「さあ、気を取り直して次のところに」と思っていた矢先、家庭の事情で1年間、休職せざるを得ない状況になってしまったんです。
そして前職を退職してから1年後の昨年2月、人材紹介に登録して本格的に転職活動を開始しました。
当初の希望は、休職していたこともあり安定した仕事ができる大企業の社内SEを目指したのですが、この不況の影響で全くといっていいほど求人はなし。そこで考えを改め、前職でも関わっていたBtoC向けで、なおかつゼロベースで新サービスを自社展開している企業に的を絞って6社程、応募しました。

しかし結果は、4社が書類選考すら通過できず……。理由は1年間というキャリアブランクだと人材紹介の担当者に告げられた時は、正直かなりショックでした。「書類選考くらいは通るだろう」という甘い考えが否定されたことで、改めて“キャリアブランク&不況下での転職活動”という厳しい状況に身を置く辛い現実を、まざまざと思い知らされました。

これまでのキャリア&休職期間中の活動をアピールが奏功し、内定を獲得



その後、書類選考の通った残りの2社の面接を受けたのですが、そのうちの1社は企業側の考えと自分のやりたいことの意思の疎通がうまくいかず、辞退することに。
そして最後の企業が、現在勤務しているネイバージャパンでした。
最初の面接では現場の技術開発部門の方から、矢継ぎ早にかなり突っ込んだ技術的な質問攻めを受け、答えるのにかなり苦労しましたね。ネイバーは主にJavaで開発しているのですが、その当時Java経験が趣味程度のレベルだったのでとにかくやる気をアピールしました。質問内容も非常に難易度が高く、結局、質問全体の半分くらいしか回答できず入社をあきらめていたところ、なぜか次の面接の連絡が。後で聞いてみると単純に現時点での技術レベルを確かめるための質問だったようで、Javaに関しても私がC♯など似たような言語経験があったため、それで対応できると判断したようでした。

その後、2回目の面接では開発部長と技術的な会話を交わしたり、また最後の面接では人事担当者と給与待遇面での話をしたのち、内定をいただくことができたのです。
気がつけば活動開始後、あれだけの逆境からわずか1カ月で内定を取れたことに自分自身も驚きました。今振り返ってみると、ハンデとなった休職中、趣味で家計簿サイトを開発&公開していた経験をアピールすることで、休職中でもWebサイトを地道に開発してきた姿勢や、それによって培った技術力も合わせて評価していただいたのかなと思います。

入社後は自社のマイクロブログサービス「pick」や、ユーザー参加型検索「NAVER まとめ」の開発を主に担当し、理想通り多くのユーザーに向けた新サービスを開発できることに、非常に満足しています。
今後は「高品質」「安定性」「スピード」、この3つの柱を軸に高次元での技術開発を突き詰めていき、プロフェッショナルなエンジニアを目指していくつもりです。

石田さん採用企業:ネイバージャパン株式会社の採用戦略


事業戦略室 
箭内智氏

ネイバージャパンはもともと、1999年に韓国で設立されたNHN Corporationが母体で、そのうち検索シェア世界第5位の検索サービス「NAVER.com」を中核に、日本での検索事業を推進するために2007年、設立された日本現地法人です。「探しあう検索」をコンセプトに、昨年7月から日本でも検索サービスを開始しました。ただ調べるだけだった従来の検索から、みんなで探し合うことで本当に知りたい情報がわかることがネイバーならではの特徴で、日本でも着々と事業を展開しているところです。現在は年に10人程度のエンジニア採用をしていますが今後、できれば30人程度まで採用を拡大させたいと考えています。

当社が求めるエンジニアは、作っては壊すのが好きといえるほど新しいものをつくる意欲が高い方。当社のサービスはすべて内製ですので、とにかく次々と新サービスを開発していける体制が整っています。そこで当社が重視するのは過去のキャリアよりも、今、何ができるかということ。
現在、採用の初期段階においてはすべての方にプログラミングテストを受けていただき、技術力を確かめた後、その方に合った開発チームの責任者を中心に面接してもらうスタイルをとっています。今回の石田さんのケースも1年間休職していたことよりも、今、エンジニアとして何ができるのか、そしてどんなサービスを開発したいのかを重視して面接をしました。その結果、当社の求める技術力を有し、また新サービスをつくる意欲が高い方でしたので、採用に至ったわけです。

まだ当社は日本で事業を展開してから日が浅く、まさにこれから本格的にさまざまなサービスを展開して日本における事業を軌道に乗せようとしている段階。その中で私たちと一緒になって新しいサービスを次々に生み出し、事業を大きくしたい意欲のある方であれば、過去のキャリアは問わず、どなたでも歓迎します。ぜひ一度、ご連絡いただけたら幸いです。

【転職活動のカギ】長期間ブランクがあっても、必ずしも不利にならないケースもある

1年間というキャリアブランクを抱えてしまった場合、多くの方は転職に不利だと考えるだろう。事実、そのことが原因で不採用に至ってしまうケースも多々ある。
しかし今回のケースのように過去のキャリアや実績よりも今、エンジニアとしてどんなスキルを有し、仕事に対してどんな目的や姿勢で臨もうとしているのかを採用のポイントとして重視する企業も決して少なくない。
そうした企業を見極めるためには求人情報を細かくチェックしたり、自分で限界を決めることなくチャレンジすることで、転職成功への可能性が少しでも広がるはずだ。

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

世界的な経済危機、求人数の激減…そんな逆境下でも転職に成功したエンジニアがいた!理想と現実のはざまで「働く」を探し求めたエンジニア一人ひとりの闘いの軌跡です。

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

このレポートを読んだあなたにオススメします

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

BtoBからBtoCへ!未経験ハンデを「応用力」でカバー

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。BtoCのWebサービス開発への思いを強く持ったエンジニアが、Webア…

BtoBからBtoCへ!未経験ハンデを「応用力」でカバー

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

未完成レジュメ登録からわずか1カ月でスピード内定へ

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。今回、不況が原因で希望する案件に携われなくなったことで転職を決意、その…

未完成レジュメ登録からわずか1カ月でスピード内定へ

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

基幹システムがやりたい!未経験からのERP転職成功記

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。基幹システムがやりたいという思いを強く抱きつつ、全くの未経験であった…

基幹システムがやりたい!未経験からのERP転職成功記

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

組込みからWebへ!50社応募から半年で7社内定獲得の道

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。組込み系のエンジニアがWeb系への転職を目指して50社に応募。半年間に…

組込みからWebへ!50社応募から半年で7社内定獲得の道

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

未経験で年収UP転職に成功したネットワークエンジニア

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。今回は不況の最中、未経験の職種に応募するという高いハードルを伴う転職活…

未経験で年収UP転職に成功したネットワークエンジニア

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP