• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
技術者たち、ニッポンの未来をよろしく Vol.5 森永卓郎/エンジニアはずる賢く、そしてかわいく
森永卓郎/エンジニアはずる賢く、そしてかわいく
経済アナリストとして、アキバ愛好家として、Tech総研で何度か取材をさせていただいた森永卓郎さん。テレビのコメンテーターに文筆業に大活躍ですが、長年の夢であった「B級グッズ博物館」も年内に完成を目指しているとか。エンジニアへの思いは人一倍強い方です。
(取材・文/総研スタッフ 高橋マサシ 撮影/三浦健司) 作成日:09.06.10
森永卓郎 森永卓郎
東京大学経済学部経済学科卒業後、日本専売公社入社、経済企画庁総合計画局、UFJ総合研究所などを経て、2006年から獨協大学経済学部教授。専門はマクロ経済、計量経済、労働経済。経済アナリストとしてテレビやラジオで活躍、新聞・雑誌などでの連載や著書も多数。ミニカー、フィギュア、景品などのコレクターとしても著名で、秋葉原文化にも造詣が深い。1957年東京都生まれ。
大不況ニッポンに明るい兆しが見えてきたか
不況の今こそ経営者は、「飲んで歌って踊ろうぜ」
 日本の景気は2月で底を打ったと思います。今後も足を引っ張る要因はいくつもあり、もちろん楽観視はできませんが、日銀も政府も景気判断を上方修正しています。それにそもそも、日本の経済はそれほど傷んでいないのです。

 原油高も穀物高も消えましたし、IMF(国際通貨基金)の4月の発表によればアメリカ、ヨーロッパ、日本を合わせた金融損失は2007年から2010年の累計で約400兆円ですが、そのうち日本は約15兆円と全体の4%もない。確かにアメリカやイギリス、ヨーロッパの数カ国は深刻な状態でも、インドやブラジルでは株価が戻り、中国ではリーマンショック以前より高いくらいです。

 日本の景気は後者に属しているはずなのに欧米のように悪化しているのは、日本人が心理的に落ち込んでいるからです。暗くなっているんですよ。業績の落ちている多くの企業では、損失を取り返そうと営業力を強化していますが、それもいけない。現実には「契約が取れるまで帰ってくるな」などと社員にハッパを掛けるわけですが、不況なので売れなくて、上司から責められてますます暗くなるという最悪の企業経営です。

 今はトップが、「まあいいじゃないか。とりあえず飲んで歌って踊ろうぜ」と社員に言えるかどうかがカギ。江戸時代のような「ラテンな日本人」に戻らないと、国として活気が出てきません。松下幸之助さんは石油ショックの後、「暴風雨の中で少しも濡れないうまい方法はない。多少は濡れてもいいから、新しいことを考えよう」というようなことを語っていますが、本当にそのとおりです。こんな状況で物がバンバン売れるなんてありませんよ。
景気回復を妨げるデフレの恐ろしさ
 また、「勝ち組不況」という原因もあります。ほとんど負けたことのなかった自動車や家電の大手メーカー、テレビ局や新聞社など、今までブイブイ言わせていた企業がみんなドーンと落ちてしまった。関連企業も引きずられて同じ目に遭ってしまった。でも、最初から勝ち組でなかった企業は相変わらずで、大手メーカーの工場を誘致した県とそうでない県の景況感を比べてみれば、それは如実にわかります。この不況を契機に勝ち組企業に乗らず、ほどほどの生活をしていくという方法もあると思います。

 ただ言えるのは、これからは日本もエンジニアも、安楽型モデルから快楽型モデルへと考え方を変える必要があること。それは私のライフワークである「狂気の研究」からも導き出されるのですが、その前に不況脱却の大きな妨げになっている、日本のデフレ志向についてお話ししたいと思います。

 私は事あるごとにデフレの危険性について訴えていますが、それは多くの人がデフレの恐ろしさを知らないからです。デフレでは物の値段が下がりますから、安くなっていいじゃないかと言う人がいますが、それは目先だけの話。物の値段が下がると自分や家庭の収入が減ることに気づかないのです。
景気回復を遅らせているのはインフレ恐怖症の日銀
今の日本は財政がアクセル、金融でブレーキ
 デフレが起こって、スーパーで食料品の値段が下がるとしましょう。すると、スーパーの売り上げも減りますが、スーパーにお客を取られた商店街の売り上げも落ちる。スーパーはただで値段を下げませんから、仕入先のメーカーにも値下げをお願いして、取引先企業の収益も減る。スーパーも商店街もメーカーも売り上げが落ち、ない袖が振れなくなったらそれぞれの従業員の給与を下げる。庶民の生活費が少なくなると価格先行が強まり、スーパーは値段を一層下げざるを得なくなり、ますます企業の収益が減っていく。この悪循環がデフレスパイラルです。

 景気を回復させる、あるいはデフレから脱却する方法は、財政出動と金融緩和以外にありません。日本政府は約26兆円の経済対策を、日銀は金融緩和を進めていると報じられていますが、日銀が行っているのは史上空前の金融引き締めです。現在は財政でアクセルを、金融でブレーキを踏んでいる状態です。

 例えば、今年4月のマネタリーベース(現金+日銀当座預金)は前年比8.2%増です。資金供給が増えているじゃないかと思うかもしれませんが、アメリカは123%増と2倍以上の増加です。だから円高になるしデフレにもなるのです。しかし、先ほど述べたように日銀の景気判断は上方修正されましたから、今後の金融緩和は期待できないでしょう。
バブルの悪夢から金融緩和ができなくなった日本銀行
 では、なぜ日銀はデフレを容認するのか。中央銀行とはお札メーカーです。自動車メーカーでも家電メーカーでも、そこで働く人は自分たちの商品であるクルマや電化製品の値段が上がると喜び、値崩れすると悲しみます。中央銀行も同じで、どの国の中央銀行でもお札の値段が上がるデフレを好むのですが、けた違いにインフレを恐れているのが日銀です。インフレはいいことではありませんが、先のようにデフレはその100倍も1000倍も始末が悪いのです。

 この傾向はバブル経済崩壊後から顕著になってきました。当時の日銀は、「金融政策をきちんとコントロールできていなかった」などとその責任を強く批判され、いわば生まれて初めて罵詈雑言を投げかけられたわけです。日銀にいるのは社会に出たことのないお公家さんのような人たちですから、それで金融緩和が怖くなって心を閉じ、以降は引き締め一辺倒になっています。

 そんな日銀に対して政界や財界は意見しようとしません。なぜなら、政治や経済を動かしているのはほとんどがお金持ちだからです。お金持ちはお金をもっていますから、日銀と同じくお金の値段が上がったほうが有利です。その結果としてデフレが起こり、資産価格が下がったら、動産や不動産を二束三文で買い占められます。
 一方の現役世代は物価が上がれば給与も上がりますから、インフレはさほど怖くありません。インフレをいちばん迷惑に感じるのは、働かないでお金だけもっているお金持ちであり、彼らにとってデフレは大歓迎というわけです。
「快楽」を提供するエンジニアなら、とがって、わがままに
まじめなエンジニアより遊び人のイケメンがモテるわけ
 バブル、デフレ、悪質商法、新興宗教、恋愛、結婚、悪女……私のライフワークは「人はなぜ狂うのか」という狂気の研究です。経済学には完全情報、完全競争のもとで自分の利益を合理的に最大化させようとする「合理的経済人」という概念があります。でも、こんな正気の人はどこにもいないんですよ。誰も合理的な選択なんてしないし、そんなことをしていたら恋愛なんて起こりえないでしょ。私はもともと理科系なので、科学で狂気の謎を解明したいと思ったんです。

 結果としてわかってきたのは、人間は安楽よりも快楽を求めるということです。以前から言われてもいますが、人間が求めるものは2つあって、ひとつは「安楽」。暑くも寒くもなく、無音でも騒々しくもなく、まぶしくも暗くもなく、すべてが程よく快適な状態です。エンジニアをはじめとして多くの人はこの安楽をつくる努力をしていますが、人間をとりこにするのは「快楽」なんです。

 安楽が適度な室温の部屋でお茶を飲むことなら、炎天下の砂漠に何時間もいた状態から一気にクーラーのきいた部屋に入り、キンキンに冷えたビールを一気に飲み干すのが快楽です。まじめで働き者で優しくてうそをつかないエンジニアがあまりモテない一方で、まともに働かないでウソつきでわがまま放題のちょっとイケメンに女性が集まるのは、彼女たちが快楽を求めているからです。
 そして、これまでの日本を安楽型モデルとすれば、今後は快楽型モデルに変えなくてはいけない。エンジニアにも発想の転換が必要になります。
技術の上に狂気を載せられるエンジニアになろう!
 私の知り合いに男性向けチャットサイトを運営している人がいます。男性会員がチャットに書き込むと女性が答えてくれる仕組みに課金して大儲けしたのですが、実は生身の女性ではなくAIが答えていたんですね。そこに人工知能の学者がかみついた。「現在の人工知能の技術レベルでは不可能だ」というわけです。

 知り合いに確認したところ確かにAIでしたが、相手の文章をざっくりとらえて、必ずしも正確ではない内容を返すというシステムでした。つまり男たちは、きまぐれで訳のわからない返事をする女性に夢中になっていたんです(笑)。

 同じような経験は何度もあり、私もプリクラが出たときは頭ごなしに否定しました。こんなに画質の悪い写真がマーケットに出るのは許せないと思いましたから(笑)。ご存じのようにプリクラは大流行。ユーザーにとって友達や恋人と一緒に写ったり、お互いに交換したりする写真の目的は、写真自体ではなく仲間内のネットワークづくりだったんですね。

 エンジニアとしてはレベルの低いAIを使ったり、画質の劣る写真を商品にするのは耐えがたいことでしょうが、そこは発想次第です。技術は当然のように大切でも、もっと「快楽」を提供する仕組みがあってもいい。そのためには、本人がワクワクドキドキしなくてはいけない。もっととがって、わがままに、ずる賢くなって、技術の上に狂気を載せるくらいの気持ちでいたほうがいい。安全で故障しない低価格の日本車より、スピードは出てもすぐに壊れるイタリア車のほうに何倍もの値段が付いているのは、そこに快楽があるからです。
不況下でも仕事を振られるのは「かわいいヤツ」
 そんな余裕のない人たち、リストラや派遣切りにあって毎日の生活に困っているような方々もいます。しかし、どんな状況であってもはい上がっていく人はいます。私がアドバイスをするなら、アルバイトでもいいから入って正社員になること。そのときのカギは「かわいい」です。雇われるのは能力が高い人よりかわいい人で、大切となるのは「距離」になります。

 知人のレストランに食事に行って、とても驚いたことがあります。私は食事中に店員にそばに立たれるのが嫌いなのですが、その店ではそんなことはなく、しかし料理を食べ終わって次を頼もうとすると、なぜかすぐ横にいるんです。その理由を尋ねると、店内を歩きながらお客さんの食べるスピードと残りの量を見て、常に「割り算」をしているのだそうです。お客は何人もいますし、全体が見えていないと対応できませんから、大変な技術と知恵です。

 いちばんかわいいのは、普段はいないけど必要なときに振り向くと後ろにいるヤツです。金魚のフンのようにいつも後ろにいられたらウザいし、仕事を頼みたいときに有給で休まれても困ります。そしてかわいいと思われたら、学歴が高くないとか、正社員経験がないなどは、ハードルにならないものなんですよ。
やりたいことがいっぱいある! もっと楽しもう!
Perfumeは謎の存在、大好きなのは横田美紀ちゃん
 私の研究対象のひとつは「悪女」ですが、彼女たちが男をひっかける手立ても同じです。合コンに行くとちょこまかとかいがいしく、みんなの世話を焼いている。いつの間にか隣にいて、優しくしてくれる。そして、「評判と違っていいヤツじゃん」と思って近づいていくと、取り込まれて袋だたきにされる(笑)。歴史上「悪女研究家」は何人もいますけど、誰もが志半ばで研究を断念しているのは、いつしか悪女に取り込まれてしまうからなんですよ。

 私はなぜだか悪女に夢中にならないし、残念ながら向こうもハマってくれません。悪女たちからよく言われたのは「無責任」とか、「私のことそんなに好きじゃないんじゃない?」で、いちばん痛烈だったのは「あなた、バカだからね」(笑)。向こうが引いていくんです。ちなみに、好きなタイプはツンデレです。頭がよくて、気位が高くて、冷たいんだけど、突然デレデレになる女性です。

 芸能人に例えると、ですか? 誰だろう……え、Perfumeが好きなんですか? もちろん私も知っていますけど、彼女たちは唯一の謎の存在なんですよ。なぜ彼女たちが魅力的なのかがわからないし、今まで自分が研究してきた人たちとは違う次元の生き物と感じています。

 失礼な言い方かもしれませんが、彼女たちは物理的に美形ぞろいというわけではない。しかし、とりこになっている人は私の周りでも多い。悪女って必ずしも美人ではなく、話しているふとした瞬間に「あ、こいつかわいいな」と思わせて、それが相手の心に麻薬のように広がっていくものです。そういう意味ではPerfumeは悪女タイプでしょうし、あなたも既にPerfume中毒患者です。

 私は(タレントの)チュートリアルと一緒にテレビの深夜番組をやっていて、そこで「\enガール」という6人組のアイドルユニットをデビューさせました。その中の横田美紀ちゃんという女の子が、大好きなんです。\enガールはもう解散したので、今は横田美紀をピンでアイドルにする活動をしています。ちなみに彼女は悪女ではないですよ(笑)。
博物館、コレクション、カメラ……無人島だって欲しい
 私にはやりたいことがいっぱいあります。この7年半は休みを取っておらず、今は稼ぎモードですが、今後は徐々に遊びモードに入ろうと思います。以前から計画していた「B級グッズ博物館」は、うまくすれば年内に完成できるかもしないし、ペットボトルのふたのコレクションも進めたい。

 このコレクターは世界中にいて、私の仲間も多いのですが、サイトにふたの写真をアップして「Trade OK. Contact me.」などと書くだけで、世界中からメールがくるんです。私はアフリカや南米に友達がいないのでぜひやりたいのですが、今は時間がまったくありません。

 また、ネット上でおもちゃ屋も開きたいし、釣りもしたいし、無人島も買いたいし、好きで撮りためた写真をアーカイブにしてネット販売もしたい。もう、いくら時間があっても足りないくらいです。
 エンジニアの方ももっと遊んで、楽しんで、ワクワクドキドキしたほうがいいですよ。
森永卓郎さんから
これからのエンジニアは安楽より“快楽”でいこう。森永卓郎
森永卓郎さんの最新情報
『森永卓郎の年収復活!』(マガジンハウス) ベストセラーとなった『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)。その後も経済や年収に関する著作を発表し続けている森永さんの近著が、『森永卓郎の年収復活!』(マガジンハウス)だ。

本書では「年収大暴落時代」に負けない、自力再生のための4つの手法を提言。ふろくとして現在の自分の実力を知る「年収アップ力検定」を収録しており、個人としてこの不況に立ち向かう術を教えてくれる。
横田美紀ちゃん 気になる横田美紀ちゃんの情報だが、何とCMに出演している。
ヒラカワコーポレーションの『ひんやりジェルマット』だ。
http://hirakawa-corporation.com/gelmat/

一生懸命がんばってるぞ!
エンジニアを愛する森永さんイチオシの美紀ちゃんだ。
ファンになるエンジニアが増えることを願う。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
高橋マサシ(総研スタッフ)からのメッセージ 高橋マサシ(総研スタッフ)からのメッセージ
モリタクさん、いつお話をお聞きしても面白い! しかも、Perfumeが謎の存在とは! 狩人バチの話もしてくれ(わからない人はググって)、私は生きたまま彼女たちに養分を吸い取られているようです。でも、いいではありませんか。皆さん、Perfumeと横田美紀ちゃんを応援しよう!

このレポートの連載バックナンバー

技術者たち、ニッポンの未来をよろしく

一見「技術」とは縁遠いものの、独特の個性や感性で時代を切り開く著名人にインタビュー。今、何に注目してる?日本の将来、そして技術者に期待することとは?

技術者たち、ニッポンの未来をよろしく

このレポートを読んだあなたにオススメします

伊藤直也、石井裕、石黒浩、高橋智隆、森永卓郎、堀江貴文…

著名な11人が送る言葉☆ 頑張れ、新エンジニア!

4月から社会人となった新エンジニアのみなさん、おめでとうございます! Tech総研ではみなさんに向けて先輩の方々、特に著名な技術…

著名な11人が送る言葉☆ 頑張れ、新エンジニア!

やっぱりエンジニアはオモシロイ!

エンジニアの技術と感性がアーティストニッポンを築く

ニュースステーションのレギュラーコメンテーターとしても活躍中の森永卓郎氏。経済アナリストとして鋭い分析を行うが、語り口…

エンジニアの技術と感性がアーティストニッポンを築く

エンジニアのための経済学最適インストール

経済学で戦争は止められますか?

エンジニアのための経済学最適インストール「そんなことをしても誰も幸せにならないよ」というのが、戦争。経済学で「そんなことをしても、誰も儲からないよ」ということになれば、…

経済学で戦争は止められますか?

やりたい技術が“地方”だったら転職する?

都心転職vs地方転職「勤務地食わず嫌い」のデメリット

エンジニアの転職には地域間移動を伴う場合が少なくない。住み慣れた土地を離れて見知らぬ土地へ行くのはだれだって不安。田舎…

都心転職vs地方転職「勤務地食わず嫌い」のデメリット

ボーナス、節電、女神、カリスマ、理系、TED、ももクロ…?

Tech総研「読まれたランキング」年間TOP10!

Tech総研のレポート年間ランキングです! 申し訳ないことに、年間ランキングは今まで発表していませんでした。対象期間は…

Tech総研「読まれたランキング」年間TOP10!

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP